FC2ブログ
野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP3日記015_集会所上位終盤1
2011年11月02日 (水) 12:50 | 編集
はい。
やってきました、ジンオウガ二頭。
張り切ってカウンターのお姉ちゃんに話しかけたら、まだジンオウガ二頭出てなかった。
ナルガ亜種もキークエやってんね。
忘れてた!!

けど、まぁ、ナルガ亜種は、ただ単にナルガがカエルを食べ過ぎたのかなーってくらいで、特に要注意な攻撃もなく、突進も交えて討伐!
MHP3で増えた尻尾グルン攻撃も含めてスキル無しでも回避できるからいいよねー。
お!俺ってウマイんちゃうん!?感が味わえるモンスターです。
(←うまくは無いけどね!)
ナルガは後退りしてきたりしないし、ええモンスターです。


さて。
そして出てきたジンオウガ二頭。
こいつらは二頭同時にさえなられなければ、特に問題はありません。
ジンオウガは比較的、二頭ペアになられて離れないなんて事は少な目な気がします。
でも最初の一頭と遭遇してからそのまま闘っていると、二頭同時になられやすい気がするから、一頭目と遭遇してから数発攻撃したら、二頭目に向かって、二頭目と本格的に戦います。
ジンオウガはやっぱり面白い。
怒り時に背中から落ちてくる攻撃さえ気をつければ、そうそう死ぬ事もないしね。

一頭づつ各個撃破で、めでたく討伐完了。
HR6、集会所★8までたどり着きました!!
防御力150ちょいでもなんとかなるもんやねぇ!
というか、インゴットSとかで楽々と高い防御力を手に入れて闘うよりも、遥かにスリリングで面白いわー!
かなり、やせ我慢入ってるけど。

しかし!
こないだ集めたハチミツもみるみる無くなっていって、また一度のクエストに持ち込む回復G10個分とハチミツ10個分が足りなくなってしまいました!
ハチミツがいっぱい取れそうな、渓流素材ツアーに出掛けて補給します。
これも面倒くさいといえば面倒くさいんやけど、MHP1では、よく消耗アイテムを集めるためにフィールドに出たよなぁ…とか思いつつ、少し懐かしい感じもします。

さて。
アイテムもひとまず何回か分集めたので、上位終盤のクエストをこなしていきます!

また、原種から。

ディアブロス。
こいつはウザイ。
尻尾のしなり方がウザイ。
怒り時の連続で3回突進とかもウザイ。
強いモンスターと、ウザイモンスターは違うよなぁ。
MHP2Gまでのディアは強いモンスター。
MHP3のディアはウザイモンスター。
ウザイながらも、仕方なく討伐してきました。
あー、面白くない。

お次は、ティガ。
こいつは、スッキリとガチンコで戦えるモンスター。
狂暴やけど、動きさえ把握してれば、そんなに苦戦はしない。
閃光、落とし穴も疲れてきた所を狙って討伐完了。

お次はアグナ。
こいつはウザイ。
基本的にゲリョスの血統を引き継いでいるのか、ゲリョスのアホ走りのように、火山をぐるぐる走り回る。
ゲリョスもそうやけど、このデモンストレーション、いる??
なんか、避けるのも楽やし、そうなると、緊張感なく、避けるだけの時間。
非常に無駄な時間にしか思えんねんけどなぁ。
これがまだ単発で、飛び出してきたところに攻撃チャンスがあるならまだええけどなぁ。
あ、ガンナーの優位性を確保するための動作かなー??

ま、でもランスならいざというときはガードもでけるし、キャンセル突きもそこそこ身につけたしで、そんなに問題もなく討伐。
1回殺されたけどね。
上位モンスターの一撃は、今の防御力ではかなり痛い。

さぁ、しかし、残るはキークエのみ。
アマツもだんだん見えてきました。

さぁ、もう一頑張り行きますかー!
スポンサーサイト
MHP2G日記022_G★3
2011年10月13日 (木) 12:17 | 編集
はい。
ついにランスの最終兵器、レイジングテンペストを完成させました。
これで、晴れて最終装備完成です。
ティガランスもそこそこ使えるねんけど、やはりテンペストの攻撃力に斬れ味、業物を足したときの火力には及びません。
素で紫ゲージ長いのに、それに業物まで付いてしまうわけですからね!!
そして何と言うてもカッコイイ!
これが一番大事かもしれません。

さぁ、じゃあ残りのG★3キークエをサクッと行きましょうか!

まずはグラビモス。
こいつはやはり爆弾使わなければ面倒でしょう。
ということで、大量の大樽Gを持ち込んだ…はずが…
カクサンデメキンを3匹しか持ち込んでなかった…
これは痛い!
序盤で気がついたので、即リセットしても良かったのですが、レイジングもあるし、やったるかーという気分になりまして、続行です。
まずはかなりのウザさを誇るガプラスをグラビモスが行きそうな場所を回って狩り尽くします。
が、円形の洞窟上だけはグラビがいるタイミングばかりで狩れなかった…
やはりウザいことされまくった。
まぁ、雑魚敵の役割を全うしてるんやな。
しゃあない、あいつらは、ウザいことするのが仕事柄やから。

で、グラビ。
相変わらず体力バカっぷりを発揮してくれて、しっかり一回殺されてきました。
やっぱりカスっただけで無強化防具やと、結構ダメージを喰らうね。
しばらく慎重に立ち回ったけど、大樽Gの素材を忘れて爆弾ダメージを稼げてないのを思い出したので、積極的に行ってみた。
ランス系は、ガード強化付けてれば、ガスもガードできて安定して腹下に居座れるねんけどなぁ。
ガード強化ないと、なかなか。
たっぷり35分針かけて捕獲させていただきました。

あとは、ティガ、銀レウス、金レイアのお三人は、サックりと狩って、シェンガオレンも、いつもどうりの戦い方で完了。
ティガは、やたら岩に噛みついてくれて、閃光玉も3発ぐらいしか使わなかった。
シェンガオレンは、いきなり天鱗出してくれたけど、イマイチ使い道が不明。
なんかええランスとかできるんかなー??
ま、レイジングテンペストできてしまったら、特にいらんしなぁ。

さてと。
いよいよ登場しました、ウカムルバス。
2Gで初めて会った時は、かなり苦戦させられたウカムさんですが、ランスのバランスを考えると、特に要注意な攻撃もないかなぁ。
念のためいにしえの秘薬セットを10個分持ち込めば、あとはひたすら足を突きまくりです。
残り時間、20:22。
大きな雄叫びを上げてウカムが地面にひれ伏しました。

いやー。
ランスはデカイ敵にこそ強いですよね。
ガードもできて、突進による全武器ナンバーワンの移動力。
そしてステップを使えば接近戦の回避もできる。
そしてピンポイントかつ上への攻撃が可能。
ほんまに強いわー!

はい。
そんなランスの強さを再確認するMHP1、MHP2、MHP2Gの再プレイでしたが、そろそろ2Gも残るターゲットはあと一つ。
村の最終クエスト『モンスターハンター』を残すのみとなりました。

しばらくは、村の消化クエストをこなさなければいけませんが、さぁ、頑張りますかー!!

しかし、どっぷりランス使いが身に染みてきました!
一番の苦手武器でしたが、今ではすっかりランサーです!
さぁ、明日も突進するどー!!!
MHP2日記011_雪獅子二重の咆哮
2011年09月09日 (金) 13:00 | 編集
またまた因縁のクエストにやって参りましたー!

ドドブランゴ2頭クエです。

これは、このブログの最初にも書いたんですが、最初のMHP2プレイ時のお話し。
ドドブランゴ2頭クエで大いに詰まった当時の私ですが、頑張りに頑張って50分タイムアップすれすれまで激しい攻防を続け、舞台は足を引きずったドドブラを追って、雪山の巣穴。
残り時間わずかのため、決死の特攻を試みるも、敢えなく時間切れ。
しかし、時間切れ間際に放った最後の一発が当たって、壮絶に倒れるドドブランゴ…
え?え?え?
倒せたの??
倒せなかったの???

…倒せてませんでした…

という、因縁のクエスト。

あの時はマジで悔しかった!
狙ってできるもんじゃないよね、そんなドラマチックな最後…


ていうか、このブログは、こんな昔の懐かしい思い出を語る場になりつつあるのですが、まぁ、どうしても懐かしいからそうなってしまいます!

今回は、その時のリベンジを兼ねて、先に防具を揃えずに、下位防具のまんまでドドブランゴを2頭討伐してやろうという訳です。
でも負けたらギザミS先に作ってこよっかなー!!

さぁ、そして、開戦です。
早々にドドブラに遭遇して戦います。
さすがに1対1なら、下位防具でも、ドドブラごときにはおくれを取りません。
ランスでお猿系を相手にするときは、徹底してインファイトに持ち込むしかありません。
以前にも書いたバックステップで行きたい方向の反対を向いて移動する方法ができるようになったら、お次は、体をたおしてドッシン!と地面を揺らすやつを、ステップで回避しましょう。
これは、耐震があれば問題ないのですが、難関クエストで出てくるラージャンを見据えて練習しといて損はありません。
回避性能も無くてもできるようにしておけば、そういったクエストで、防御系スキルを外しても戦えるようになります。
が、最初は回避性能+1あたりを着けて練習するのがいいかもしれません。
これは、お猿系に限った事ではありませんが、実際に目に見えてるのと、当たり判定は違うという事を覚えておくと、シリーズ全般を通して約にたつでしょう。
ナルガの尻尾降りなんかも、もう当たってるやん!?と、思ってから回避するぐらいで、スキルが無くても楽々避けられるようになります。
脱線ついでに書くと、ナルガを早く倒すには、この尻尾振り避けをナルガの頭向きに行うのが近接武器全てで基本となります。
これができれば、2Gでの村モンスターハンターや、武神闘宴をソロクリアも近づけるというものです。
それらのクエストやと、有効なアイテムは他の手強いモンスターに使いたいから、ナルガ当たりは、何も無しで勝ちたいですもんね、素早く。


さて。
今回のドドブランゴ。
開始5分ちょいで、キャンプに凱旋です。

…。

はい。
1アウトです。

偉そうな事を書いときながら、これです!
いやー。
下位装備でドドブランゴ2頭はキツかった!
仕方ない、仕方ない!

言い訳と、立ち直りの速さもモンハンでは必要なのでした。

さぁ!
まだ後一回死ねる!
行くぞー!

5分後…


再びキャンプにアイルーの荷車で帰還!!


なんでー!!??


何かドドブラ2頭、ラブラブなんですけど!!
どこまでも添い遂げるかのようにコンビプレー。
痺れをきらして、2頭同時のところをビット&エリアチェンジでダメージ稼ごうとして、サクっと狩られてきました!!!


うーん!

初回の時もこんな感じやったのかもしれません!
全く成長ナッシングぷりを発揮してます!

モンハンでは、我慢もハンターに求められるのです。

でも、こちとら、通勤ハンター。
電車に乗ってる30分ちょいで終われないと、仕事が手につかないのです!!

こんな時用に持ち込んだ肥やし玉も、空中に拡散するだけで、役に立ってくれません。
いつからモンスター単体に当てれるようになったんやっけ???

さて。
野球は2死から、モンハンも2死から!!
ハンター歴が長いと、自然と状況に応じて、各モンスターとの闘い方がセレクトできるものです。
あと一発入れてもなんとかなりそうやけど、早めに回避するとか、ギャンブル要素を減らして闘うわけですね。
はい。

今回の最大のギャンブル要素は、ドドブラ2頭同時なので、これは完全に避けます。
とはいえ、なんかこやし玉も効いてないっぽいので、そこは、別の方法で分断します。
多少運も必要ですが、2頭が揃っているエリアに入って、1頭だけ気づかせて、すぐに逃げます。
すると、2頭で状態が変わるので、動きも変わって、シンクロしてたエリア移動もズレるというわけです。
そして、今回は自マキついてない装備なので、ドドブラが来そうな雪山の上の残り2エリアを出たり入ったりして、未発見だったもう一頭のエリアチェンジを待ってから、先ほど発見させた方がいるエリアに行きます。
発見させた方に行かないと、いずれ警戒をといた1頭が元の行動に戻り、再合流される危険が高いので、お気をつけを!!

そんなこんなで、1頭になってしまえば、下位装備とはいえ、ドドブラには負けません。
ほどなく巣穴に戻った一頭目を討伐。
残り1頭もザクッと突きまくって完了です。

リベンジ完了!

しかし、モンハンはやっぱり追い込まれてからが面白いですね。
神経が研ぎ澄まされるというか、なんというか。
なかなか普段の生活では味わえない経験ができます。

さて。
んじゃ、ドドブラに下位装備でリベンジも達成したので、ギザミS装備でも作りに行くとしますか!

では、また次回!
MHP2日記008_死闘!蟹竜シェンガオレン
2011年09月06日 (火) 12:12 | 編集
はい。
本日もモンハンブログ更新です。
今回のお相手は、懐かしい蟹さん、シェンガオレンです。
いやー、ずいぶんお久しぶりです。
ラオシャンロンとはMHP1で再会を果たしましたが、シェンガオレンとは、MHP3を始めて以来の再会です。

しかし、MHPには何体か蟹系モンスターがいるけど、このシェンガオレンほど不味そうな蟹もいませんね!
一番美味そうなのは、間違いなくダイミョウザザミ。
倒した後に3回剥ぎ取りしてもうやめちゃうハンターを見て、『いやいやいや!剥ぎ取るのは素材じゃないやろ!あの割れた爪から見える白身!!鍋には最高な感じやん!!』
ポッケ村なんて万年雪の村に過ごしてれば、鍋物はかなりの頻度で食べてるハズやし、あれだけのデカさなら、村人全員で食べても、1週間ぶっ続けで食べれそうやん!
…と思うわけです。

思うわけですが、残念ながら今日のお相手はシェンガオレン。
お鍋はおあずけです。

さて。
グラビが雨の湿地帯に現れたため、余っていた大墫G5発分を持ち込んだので、各エリアの出鼻にシェンガオレンの足に当てていきます。
エリアぎりぎりよりちょい中側に置くのがミソです。
耐震もないので、ペイントボールで起爆。

あとは、シェンガオレンを追いかける形で、足を後ろから突き×3→ステップを繰り返します。
そういや、最初のMHP2プレイでは、シェンガオレン素材で作る大剣を愛用してたなぁ。
溜めると赤くなっていく刀身が格好良すぎた。

そんな思い出に浸っていると、二連続で足に踏まれて死んだーー!!
ぐはっ!
その場足踏みをすっかり忘れてた!!

さらに、最終エリアの1つ前のエリアでは、ダウンしたシェンガオレンの胴体を攻撃してたら、立ち直ったシェンの足の付け根当たりに当たって死んだーーー!

……。

余裕かまして、体力回復せずに戦うと、こんな事になってしまうのだ!

思いがけず二死になって、ちとビビりつつも、既に口の中で対巨龍爆弾も使ったし、足はも、いい具合に二段階目の破壊間際に調整したしで、なんとかクエスト失敗する事なく任務完了!
上位に突入やー!!


…しかし、3rdやりすぎて、2ndGまでの闘い方をだいぶ忘れてしもたんやろかー!

嫌やなー、それも。
2ndGは、歳をとって爺さんになっても現役ハンターでいたいもんです。
3rdは…まぁ、下手になってもいいかな!
モンハン歴(MHP3編)
2011年08月10日 (水) 12:52 | 編集
さてさて。
ついに半年前のMHP3にまでたどり着けました。

待ちに待った新しいモンハン!
ウキウキしながら、ウズウズしながら、予約して購入!!
ううー!!
やったー!

そして始まった3rdライフ!
とは言え、仕事が忙しい現場になったので、余り時間がさけない。
でも、せっかく時代に追い付いたんだから、グズグズしてたくはない。

そこで、一応、全武器をそこそこ使える俺が選んだのが『片手剣』なのでした!
何故これを選んだかと言うと…

①片手ならガードができる。
→知らない敵ばかりやから、最初はガードできる武器で敵の動きを観察できる。
②片手の毒武器は伝統的に幅広い敵に対応できる。
③時間的にあまり素材集めできなそうやから、一種類の武器で行きたかった。

ついでに、2ndの全武器ソロ制覇を3rdでも達成したかったので、手始めに片手剣ソロ武器縛りで行こうかなっと!

そして始まった新しい世界でのハンターライフ!!
ほぼ全て新しくなった世界での闘いは、めちゃめちゃ楽しかった!
出会う敵全て、いったいどんな動きをするのかも予想できず、まずは観察から、そして敵の動きから目をそらさず、隙を見つけては攻撃。
攻撃しすぎて反撃を受けたら、次からは少し早めに回避。
細かな動きを観察して、次にアイツはどんな動きをしてくるのか見極める。
既に動きを知ってるモンスターばかりでは味わえない、初めてモンハンを握った時のような新鮮さで、夢中になりながらプレーした。

特にメインモンスターのジンオウガ初対戦は痺れたなー!
動きが格好良すぎた!
思わずみとれそうになりながら、闘ったなー!
まぁ、一回目で勝ってんけどね!
それから暫くは無駄にジンオウガ連戦したなぁー!
10戦もしたら、かなり動きも把握でけたけど、まだ闘い足りん感じやったなぁ。

とりあえず、ジンオウガ含めて負けなしできたけど、ラオの代わりに参戦してきたジエンモーランは勝てんかったー!
初敗北を喫して、更には3連敗ぐらいしたかなー??
闘い方がわからんっちゅーのはキツイよなー!!
銅鑼とか、意味がわからんかったし、ジエンモーランの採掘できるあたりを弱点かと思い攻撃したり!!
そんなこんなで行き詰まった時にハタと思い付いたのは!
確か、ジエンモーランはwii版のトライでも出てたはず。
そして、うちの甥っ子がトライ版のモンハンをやっていたはず!
急いで電話をかけて、どう闘えばいいのか聞きました!
これとネットの攻略動画をじっくり見て闘い方を研究してようやくジエンを倒せたのでした。

その後は新モンスター達にもなんとかかんとか食らいつき、特に詰まることもなくアマツまで到達!
初のジンオウガ討伐も、アマツ討伐も、通勤電車の中やったー!

その後はお決まりの村クエ全クリアと、村のラストクエストも軽く終えて、ソロ縛りもやめて、kai 解禁でつなぎにいくも、プレーヤー多すぎで安定せずに、2~3回やってやめた。
集会所も全クリしたし。
さぁ、どうしようかなー、というところで、又してもあり得ない目標を立ててしまう。

『全武器ソロでアマツまで武器縛り』…


はい。
2Gと全く同じです。

しかし、平日はほぼ通勤電車の中のみに限られるし、ここ一月は毎週もれなく休日出勤で週休1日やしで、どえらーい長い期間かかってしまったが…

つい先日!
やり遂げてしまいましたー!
全武器制覇!!

いやー!
長かった!
この道のり!!
さすがに、半分ぐらいの武器終わった頃に、もうええかなぁ??
とも思ったものの、そこは生来のコレクター魂に火がついて、ここまできたんだ!やってやるか!!
っと、12種類の武器を一からやりなおしたのでした。
それぞれの武器をやりこんでみて、良く変わった武器としては、太刀や双剣、狩猟笛など、悪くなった武器はダントツにハンマー。新武器のスラッシュアックスは超イマイチ!というのが私の印象でした。

全部の武器の攻撃力が平均化された感じかな。
そのせいで、ハンマーなんかはただの使いにくい武器になってしまった感じ。
まぁ、やり込めば活路が開けるのかもしれんけどねー、スキルも専用のを揃えて…

あ、で、今3rdを始めたばっかりの人にアドバイス。
火山で掘ろう!
だいたいどの武器も鉱石メインのそこそこ使える武器があるし、下位上位ともに火山や凍土の素材メインで作れるインゴット装備を作れば、それだけでアマツ討伐までいけますよ!
あ、上位の武器はナルガ武器も使ったか、そういえば。
12武器全部ソロで制覇となると、イチイチいろんな素材を集めるのも面倒やから、たいがい武器防具はそれだけにして、1武器40時間ちょいでアマツまで討伐できました。
まぁ、武器はナルガ武器も併用したけどね。

さぁ、しかし、ここまでやってきて、MHP3は、何かこれまでのモンハンとは悪い意味で違うところが多い気が途中から、ずっとしてまして…
それが何なのか…
それがはっきりと見えなくて…

中古ゲーム屋で大量に売られたMHP3を見ながら、ある新たな決意をしたのでした。

続く!



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。