野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP2G日記010_お宝探頂戴いたします!
2011年09月29日 (木) 13:25 | 編集
はい。
そんな訳で、MHP1から一言も話しかけてなくて、いじけていたトレ爺に話しかけて、いざ、お宝探しへ!!

とは言え、MHP3への道のりの途中なので、そこはすべてのフィールドを1回ずつという縛りを設けてみました。
一回ポッキリかぁ。
でも、なんか悔しい事あったらリベンジするかも!
リベンジはモンハンのママです。

さて。
まず向かったのは、雪山。
ポッケ式雪だるま!
それしか覚えてない!

いやー。
初めてトレジャーやった時は、ちょっと目から鱗やったなー。
いつも、鉄鉱石とかが出てくるポイントを掘ったりしたら、なんか卵系が出たりね!
すごいワクワクした!
今回も、久しぶりに、いろんなお宝をゲットしてまわったどー!!
ポッケ式雪だるまも作ったし!

なんでこれ、MHP3で無くなったんやろなぁ。
逆にもっと発展させて欲しかったのになぁ。
もちろん、モンハンの粋を出ない範囲でやけどね。

今のままでも、かなり楽しめるし。

雪山はなんか、いきなり金冠ついたよ!

お次は、密林のトレジャーハンター!
こちらは、ピッケルの在りかがわからず、途中から少しロスがあって銀冠止まり。
うーん。
昔トレジャーハンターやってたときの自作地図が欲しい!

ま、あっても、電車の中で紙ひろげてモンハンはできんけどねー!
かなり、どこにイイお宝が眠ってるかまで書き込んであるねんけどねー!
ほんまに宝の地図やったのになぁ!

さぁて、これで朝の狩りは終了。

また、残業終わるまで、待ってろよー、お宝!!


ほい!
残業終わった!
いやー、お疲れさん!

さぁ、帰るどー!
帰りももちろん、モンハンです!
お次は沙漠、沼地のお宝をゲットしてきました!
沙漠はそこそこの成果を上げましたが、沼地は…
確か、あれやんねー?
沼地って、ピッケルやら、虫網やらを調合してやるやつ。

んでも、素材がある場所覚えてなくって、残念な結果に終わってしもたー!

トレジャーも、既にこのMHP2Gの時点でかなりいろいろ考えられています。
どちらかと言うと、トレジャーは、モンハンを使ったパズルゲーム的な要素が多いかな。
あそこで、これを取って、それから、次ここを回ってー、とかね。
モンハンの一つの方向性として、ユーザーが増えれば増えるほど、多様化させなアカンのに、なんでこれを3rdで削るかなぁ…

さぁ、お次のお宝は!??
お!
火山来たかー。
グラビを待ち伏せてキャンプ前で狩るやつね。
うーん。
しかし、ランスやと、尻尾斬るのはちとめんどくさいし、G級武器を持ってるわけでもないので、尻尾は捨てて、早めに討伐&他の採掘で稼ぐ事に。
火山もそこそこ稼げたかなー。

で、とりあえず、まだ樹海のトレジャーはできないみたいやから、ひとまず、次の森丘でラスト、トレジャーハンター!

ここは、夜家に帰ってからやったので、少し嫁さんに任せてみた!
嫁さんは、3rdを少し俺につきあってやってくれるぐらいで、全く2Gは初めてやったので、採取ポイントで○アイコン出ないのと、虫網やピッケルにアイコン合わせて□押さな採取できないのとで、大いに戸惑っていた!
3rdからモンハン始めた人は2ndGに馴染むのは難しいのだろうか!??

とりあえず、エリア1で虫網みでたんまり小宝をゲットしたから、一旦トレ爺に納品してきて、再び宝探し!
レウスに出逢ってさぁ、大変!

バトンタッチして、討伐して、剥ぎ取りを任せます。
卵系出ないかなぁ、と思ってたが出ず。
またしばらく任せてたら、お次はレイアが出てきて、さぁ大変!

またバトンタッチして、レイアを討伐して、剥ぎ取りから任せます。
またも卵系出ず。

どうやら、手抜きして、尻尾切断せんかったのがイカンらしい!

その後は、嫁さんが釣りをしたりして、まったりと過ごしてたのですが、残り時間20秒くらいで、待望の卵出現!
間に合うかどうか微妙やったけど、急いで行ったら……




キャンプ入り口でタイムアーーップ!!!

…卵がぁあぁあー!!




…っと、思ってたら…

…卵どころか、最初の虫網後に納品した虫以外、なーーーんも納品してねーーー!!!
7000ポイント…
少ねーーー!!


そんなバナナ!!!
(←懐かしの昭和ギャグ)




はい。
そんな訳で、トレジャーハンターとしても、優秀な成績を残せたので、次回からは、モンスターハンターに復帰です!!!
スポンサーサイト
MHP2G日記009_モンスターハンター引退
2011年09月28日 (水) 12:45 | 編集
MHP2Gも、ようやく集会所に突入です。
恐らくこのまんまG級序盤戦まで戦い抜く予定のブラックテンペスト&ギザミSが既に揃っているので、サクサクとキークエと緊クエをこなしていくだけとなりそうですが…。
まぁ、村もいろんなモンスター合計100匹討伐が終わってないから、金銀出てなくて、村アカムも終わってないんですけどね。
どのみち100匹狩るなら、キークエとかの絶対やらなアカンクエストをやってから足りない分だけ、下位のクック先生にお相手願いましょう。
しかし、この、意味もなく100匹狩るシステムはほんまに面倒くせーの一言ですよね。
まぁ、モンハン初めてのプレーヤーにとっては、良い練習になるかもしれませんし、初めてならいろんな属性武器も駆使して戦うやろうから、自然と100匹に近い数のモンスターを狩ってるかもしれませんが…

…というか、私のように、何度も何度も武器ソロ縛りでモンハンやりなおしてる方がおかしいっちゃあ、おかしいか!??

ま、それはそれ。
going my wayで。

それでは、集会所、行ってみましょー!

特に書く事もないので、ダイジェストで。

★3
ドスギアノス、山登りが面倒なだけ。
ドスガレオス、意外に打たれ強い子。
蟹、美味そう。
桃猿、ババ一回かけられた。

★4
白猿、小猿に石ぶつけられた。
魚、うるとら上手に焼いて食べてみたい。
鎌蟹、非怒り時のグルリン草刈りはステップで避けられるよーになってきた。

ここで通勤狩りの切れ目。
うーん。
狩ってる時間よりも、農場で採取してる時間の方が長いんちゃうか??
と、思うぐらいや。
でも、思ったよりも、集会所のモンスターって、体力あるねんな…
2ndやと、村下位を終えた装備で集会所下位を始めてるはずやけど、今回は上位装備で集会所下位を始めてるのに、以外に攻撃に耐えるなぁ。
もっと、サクッと死んでくれるかと思ってたのに。

ま、こんなもんなんかなぁ?

さて。
今日も仕事完了!
さぁ、狩るぞー!
…と、思ったら、今日のお相手は、ヤオザミ達、ファンゴ達、そして、ドスイーオス…
うーん…
でも、これが終われば、ティガや。
頑張るか!

ヤオザミ群、ファンゴ群、ドスイーオス、狩りながら帰りました。

このランクのクエストではヤオザミが一番てこずったかな。
ファンゴもやけど、20匹って…
まぁ、途中出てきたザザミと戯れて飽きはせんかったけど。

そういえば、ファンゴクエでは、待望の肉集めができました!
肉は現地調達と決めたので、ばあちゃんが生肉売ってくれるのを横目で見ながら、ひたすら固辞し続けて、こんがり肉の在庫は、村クエ終盤から、残り1個のまんまやったから、これはありがたい!
フィールドで、しばし肉焼きタイム!!
これで暫く肉には困らないどー!
集会所下位は携帯食料支給されるしね。


そして、★5の緊急クエスト、ティガレックス。
さすがに下位やから、アイテムは回復、肉、砥石くらいで楽勝。
でもやっぱり、思ったよりタフやなぁ。
まぁ、特に部位破壊もこだわらず、サクリと逝ってもらいました。

そして、そこから、何を思ったか、村上位のランポスやらゲネポスやらのクエストを二回受注。
ゲネポス素材を集めて、武器屋に駆け込みます。
さて。
その心は!?

武器屋から出てきた我が分身は、真新しいけど、ちょっとダサい格好になって出てきました。

頭…チェーンU
胴…レザーライトS
腕…レザーライトS
腰…CライトU
脚…コーヒージャージ


…この装備を見てピーンときた人は、かなりのMHP2G通、かつ、コレクターでしょう。

そう。
上位版のトレジャー用装備です!!
いえーい!

お宝やー!
お宝探すどーーーい!!

はい。
ちと、前からやりたくなってきていたトレジャーハンターをやることにしました!
以前にやってたキャラでは、2ndも、2ndGも、トレジャーハンターはどちらも勲章ゲットしたし、かなりやりこんだんですが、久しぶりにお宝探しがしたくなりまして!
ポッケポイントが足りなくて、農場で拡張できるのにしてない物がたくさんあるからではあるのですが。
まぁ、ポッケポイントだけなら、密林で採取しまくる方がよほど効率はいいんやけどもね。

でも、トレジャーハンターも、MHP2Gの大きな楽しみの一つ!

ちょいとばかし寄り道するのも楽しいでしょう!

そんな訳で、本日で、モンスターハンターを引退しまして、トレジャーハンターになりまーーっす!
もちろん、武器はガンランス……、は、持ちたいけど、ランスです!!
ランスも突進で岩壊せるから、ガンスほどで無いにしろ、トレジャーとの相性は悪くないからね!

さぁ、待ってろよー、お宝達!!!
MHP2G日記008_忘れられたランス
2011年09月27日 (火) 12:32 | 編集
ども!
力の爪もゲットした、通勤ハンターです。
いやー、ラオさんにはビックリさせられたよ。




……

んでも、まだ、何か忘れてる気がする…

何やろか??

…と、悩んだところで、ハッと気づいた!
せや!!
大事なモン忘れてた!!

ブ、ブ、ブ、ブラックテンペストー!!!!

せや!
村上位に上がったって事は、上位のディアに会えるって事やん!!!

真っ先に狩って、真っ先に手に入れなアカンはずのブラックテンペストさんを、事もあろうに、すっかり忘れてたーー!!
これさえ作っておけば、ティガもラージャンも、ラオも、もっと楽に倒せたのにー!!

大失態です。

こうしてはいられない!
さぁ!
すぐに狩ろう、ディアブロス!

と、いうわけで、村上位に出現していたディアブロス亜種二頭クエに行ってきた。
相変わらずよく吠える飛竜さんやけど、ランスの盾を持ってすれば、モーマンタイ!!

なんか、MHP2Gのディアブロスってさ、気のせいかもせれんけど、閃光当てた時、かなりおとなしくなってないかい??

なんか、MHP2やと、ぐるんぐるん回り続けて結構ヤッカイやったディアが、大人しく、その場でガオーってやるか、当りもしない噛みつき?みたいな事をしてくる事が多くて、結構サックりと倒れてくれる。
もしかして、もしかしたら、発売の時点で、武神闘宴に内定してて、閃光さえあれば楽に狩れるように調整されてたんやろうか??
なんか、スポーツ推薦で受験勉強皆が必死にしてるなか、遊んでるヤツみたいやーーん!
そうなの?
ディアブロスさん???

とかはまぁ、狩ってるときに感じたんじゃなくて、今文章書いてるときに、なんとなーく閃いただけなんやけどね。

とりあえず、二頭おるから、一頭は角折りしつつ討伐して、もう一頭は急所を執拗に突きまくって、さっさと逝ってもらいました。

で、上位素材は集まって、残すは下位でも出る黒巻き角一本。
さて。
サックリと頂いてきますか。

一回ではでなかったけど、二回目で、黒巻き角ゲーーット!
これで、念願の(忘れてたけど…)黒光りするカッチョイイ度No.1ランスの完成です!
いんやー!
かっちょええー!!!

やつぱし黒ディアのランスは一味違うよなー!
持ってて嬉しいランスやー!
しかも、嬉しい事にMGP2Gでは、更に強化して、最終兵器、レイジングテンペストにまでできるのだ!!
早く作りたいけど、その前に、集会所の、上位まで上がらないかん。

さぁ。
レッツハンティング!!!

…って、あれ??
残りの上位モンスター、シェンガオレンのみー??

ま、いっか。
まだ集会所の下位、上位がまるごと残ってるから、それは全部このランスで行く事になるしね。

さあ、頼むよー、ブラックテンペスト!


ということで、まずは、シェンガオレンやってから集会所行こうかな。

蟹食~べ行こう~♪
空~飛んで行こう~♪

さすがに特に書くことはないかな。
あ、でも、今回は、脚の二段階破壊後は、胴体を突きまくることにしてみた。
街ではなく砦をのしのし歩くシェンなので砦の耐久値を気にする必要はないしね。
ランスで突いてると、明らかに効果音が胴体の方が手応えあるからね。
しかし、ゲームなのに、音とエフェクトでプレーヤーに攻撃が効く部位の手応えを伝えるのは、ハンターにとっては既に当たり前になってるけど、凄いよなー。
うん。

ま、そんなわけで、討伐こそできなかったけど、楽々撃退。
もっと爆弾もちこめば討伐までいけたかなぁ!?
あ、そか。
剥ぎ取りに夢中に生って対巨竜爆弾を口内に設置し忘れたのが響いたかな!

別にいる素材でなくても、つい…。
ありません?
そういう事って??
ナチュラル物欲。
MHP2G日記007_忘れられたラオシャンロン
2011年09月26日 (月) 12:24 | 編集
はい。
今日も元気に狩りに生きております。
激闘の末に手に入れた待望の斬れ味+1装備、ギザミS。
こいつがあれば、火力は結構UPです。
あとは力の爪があれば。
どうやら、村の上位の大連続を全クリで上位のラオがお目見えになるらしいので、ちと寄り道しよかなー、と、思いつつ、キークエをこなします。

ヒプノック二頭。
こないだは、下位の無強化装備バリバリやからてこずったものの、今や上位のギザミSを身に纏っています。
恐れる要素はナッシング!
でも、しばし二頭同時の時はキツめやったかな。
まぁ、楽しめる程度。

お次はドドブラ連続。
ブランゴが多少ウザい程度で、楽勝かな。

残すはイャンガルルガ。
こいつは、ちょっとヤッカイな気がするので、一応、落とし穴3セット、閃光玉15セット持参で行ってみる。
確かにガルルガは、面倒だった。
兄鬼のような立ち回りができればええんやけど、まだまだ足元にも及ばんランサーなので、普通に戦う。
すると、気がつけてても、硬い部位にヒットすることもあり、そこをすかさず攻撃してくるガルルガ。
体力もけっこうあるしね。

そんな訳で、持ち込んだアイテムをフル投入して勝利はしたものの…
ガルルガはなんか、MHP3の臭いがするモンスターですなぁ!

さぁ、そして、ギザミは既に終わらせているので、緊急クエストです。

ナルガクルガ。
こいつに最初に会ったのは、MHP2引き継ぎの初回プレー時やったなぁ。
ナルガに会うた時の衝撃は凄かったなぁ。
まじで、どこに行ったのか、どこから攻撃されるのか全然わからず。
夢中になって狩りまくったよなぁ。
モンハンの代表格の飛竜は、他とは別格の動きをしてくる。
MHP2のティガ。
MHP2Gのナルガ。
MHP3のジンオウガ。
いろいろ不満たっぷりのMHP3のモンスター達だけど、ジンオウガだけは、文句なしの出来映えやったと俺は思うなー。

さて。
ナルガ狩るか!

まぁ、懐かしさはあるけど、既にMHP2G武神闘宴全武器ソロ討伐でもう数えきれないほど戦ったナルガは敵ではないよねー。
ステップ回避をまじえつつ、そこそこ華麗に葬ってあげました!

これで、いよいよ村クエストは最高レベルに到達です。
ふむふむ。
キークエは、
ティガ二頭、ラージャン、シェンガオレン、それでもって、金、銀、金銀二頭かぁ。
金銀はやっぱり村でも100匹狩りせな出てきてはくれんのやなぁ。
仕方ない。
シェンガオレンまでやったら集会所進めるとするかぁ。

まずは、ラージャンから。
火山での激闘。
やっぱり、ラージャンは緊張するなぁ。
んでも、時間に追われる大連続とかじゃないから、落ち着いて戦えば苦戦するほどの相手でもないか。
MHP2での最後の招待状で掴みかけた、突き&突進のコンビネーションも練習しつつ、討伐。
一回殺されたけどね!
ギザミSとはいえ、雷に弱いし無強化やから、油断は禁物な相手やったな。

お次はティガ二頭。
セオリー通り、戻り玉で戻って一匹を速攻で攻めて、早目に一頭狩ってしまえば、こっちのもの。
MHP2より二頭仲よしモードが控えめな気がしたなぁ。
ま、これ一回しかやってないから、何とも言えんけどね。

そして、シェンガオレンに行こうかというところで、ふと目についたのが、ラオシャンロン。
会社の休み時間にwikiを見てたら、なんと、下位のシェンガオレンを討伐したら、すぐに村で下位のラオシャンロンが出てくると書いてあるじゃああーりませんか!!!

えええー!??
ラオ!??
君、そんな所にいたの???
え?
え??
じゃあ、上位上がりたて…というか、上がる前から、力の爪をゲットできたっていうの???
え?
え??
MHP2ではいなかったよね??
ええー???

…じゃあ、ヒプノックと戦った時や、ギザミと戦った時にも、力の爪持てたっていうこと???

ええーー!
早く言うてよーー!!!
ていうか、村長!
ラオが出たよ、ぐらい教えてよーー!!
ボッケチケットなんかいらんからさぁ!!

はぁ!

というわけで、狩ってきた。

大爪3個も出しやがった!
欲しい時には1つも出さなかったりするのに、守りの爪&護符を使わない縛りの時に限って、ザクザク。
まぁ、これがモンハンにつきものの物欲センサーというやつですね!

ま、出たからいいか!
出なかったら、またラオやらなあかんし!

さぁ、しかし、皆さんも村下位終わったらラオ、忘れないよーに!!

では、今日はこれまで。
MHP2G日記006_将軍との激闘!
2011年09月25日 (日) 12:33 | 編集
ほい。
ようやく2Gでも上位に上がれたおやじランサーの物語りを本日もお届けします。

上位っつっても、まだ村やけどね!

でも、上位になれば新しい武器、防具が作れる。
さぁ、早くそこまで行かなきゃ!

ふむふむ。
上位の序盤のキークエは…

ブルファンゴ討伐かー。
サクッと素材集めしつつクリア。
バサル、フルフル、ババコンガ複数も、特に危なげなく完了。
とはいえ、こちとら紙切れ同然の防具やから。
フルフルの怒り電撃でも喰らおうもんなら、間違いなく一発昇天です。
慎重に。
いやー、この緊張感。
いい刺激になります!

ババコンガは、やはり怒り時の攻撃力は侮れなくて、絶対届かんやろう、と思う距離から大ジャンプしてくるのを確認して回復薬をゴクリと飲もうとしたら、ジャンプが届いて昇天させられたけどね。
しかも一匹目に。
ババコンガも村上位からブレス吹きまくりで、なかなかガードランサーには手強いけど、バックステップさえ上手く使えば、ブレス中に横にまわって突き放題やしね。

さて、お次は、二頭のモノブロさん。
ディア系は既にお手のものやから、ちゃっちゃと片付けた…、と、言いたいとこやけど、またしてもオトモを置いてくるの忘れてたーー!!

仕方ない。
ボチボチ狩りました。

さぁ、しかし、村上位も中盤まで来ました。
ここまで来たら、上位のギザミ君に会えます。
そして、斬れ味+1装備のギザミSが作れます!

やっほー!!!


ただし…
そのためには、バリバリ無強化の新米装備でギザミを狩りまくらねばなりません!!

何々…
ギザミさんは火山で複数出現クエストのみか。
今の火力では50分で10頭のギザミを狩る余裕は無いけど、2匹ずつ狩っていきますかー。

と、まぁ、気楽に爪破壊用の爆弾やシビレ罠を携えて火山にピクニックに行く事3回。
ぷはー!!
疲れた!!
精神的にキツいです。
下位の無強化防具で上位ギザミを狩りまくるのは!
ギザミがギザミたる所以は、あの、怒り時の鎌のスピードと、逃げる隙さえ与えないくらいの猛ラッシュやと思うのですが、ペラペラ装備やと、一回ダメージを喰らった後のラッシュを捌ききるのが難しい。
というか、ガードの殻に閉じ籠って耐えしのげば、耐えしのげない事はないけども、ちょっと、プレイヤー的にはそれもつまらんから、ちくと動いてみると、あっさりと葬られたりするわけです。
二度は、二匹を討伐したのですが、三戦目はあえなく撃沈、三死を喫して、貴重な通勤狩猟時間が無かった事にされてしまいました!!
くそー!
ギザミ!!
強いじゃん!!

そんな訳で、ギザミが怖くなって、ひとまず、今あるギザミ素材でできる防具を作るのに足りてない虫や鉱石を集めに出掛けて参りました!

いやー、ギザミさん、怖いんですもん!!

とりあえず、マレコガネは、森丘で虫網アホみたいに振ってきた。
そして、鉱石はギザミのクエストを採取だけして自殺して、集めた。
でも、ユニオン鉱石だけは、旧火山のお世話になった。

そして、作れる防具を作っていくと、まぁ、何と言う事でしょう!
足りないのは、鎌蟹の脚。
下位の素材だけではないですか!
んじゃあ、最後の3死は、いったい何のために…!!

最後の素材を集めるために、村下位の将軍ギザミを狩りに出掛けます。
あっさり狩れましたー!

…。

………。

でも…
でも、何か違う。
何か足りない。
というか、上位の将軍に負けたまんまじゃないですか。
クエストで負けただけではなく、気持ちまでも、キザミに負けたまんまじゃーあーりませんか!
これじゃあ、何のためにわざわざ貧弱装備でMHP2Gに挑んでいるのか分からないではありませんか!

立て!
立つんだ、じょー!!
(イビルジョーじゃないよ)

はい。
そんなこんなの葛藤が、オヤジハンターの中に沸き起こりまして、気がつけば、上位火山のギザミ連戦クエのフィールドに立っていた、私の分身がいました!

さぁ、狩るぞー!!!

ギザミさんのサイズにもよるけど、案外しれーっと、脚の下をランス構えて歩いていけば、楽々後ろを取れる事もある。
もちろん、ギザミの挙動には細心の注意を払って、攻撃が当りそうなら、ガード。
モーションがでかければ、反転してステップだ。
この装備やと一撃で狩りの流れを持っていかれかねないから、ハンターを操る指にも自然と力が入る。
でも、カチコチになってはかわせるものも、かわせなくなるから、そこは少しリラックマして、タイミングをはかります。
ギザミの鎌攻撃は、ステップでかわせたりすると、かなり俺すごくねー??って思えていいです。
一匹目、爪破壊で捕獲。

二匹目、突進を交えつつ、手に汗握る闘いの末、討伐間際の泣き声が漏れてきた。
よし!
後少し!
突いては回避!突いてはガード!
そして、二頭目も大きな断末魔を残して蟹さんは崩れ落ちるのだった。

よしー!
一度も死なずに狩れたぞー!
やればできるやん、俺ー!!

いつもは軽く狩れるギザミさんも、今回は苦労した分だけ嬉しさも倍増なのでした!
残りの鎌蟹の脚もこれで見事に揃って、念願のギザミS装備完成ー!!
やったね!
斬れ味+1が付いて、少し攻撃力もUPやー。
嬉しいなー!
今回のギザミS装備は、いつものギザミSと違って、少し誇らしい感じがするのでした。

あ、でも、砥石高速のための装飾品があと1個足らない。
ボチボチ揃えるか。
防御力マイナスは…
まぁ、このまんま行くかー!

さぁ、まだまだ、狩るどー!!
MHP2G日記005_ヒプノックの脅威
2011年09月24日 (土) 12:26 | 編集
どもども。
まだまだ狩りシーズン真っ盛りのリーマンハンターです!

さて、では、前回の続き。
村下位のラスト、シェンガオレンまでやってきました。
この、シェンガオレン。
実は、MHP2G始めた時に最初からアイテムボックスに入っている武器でも、討伐できてしまうのです。
その武器は、ヘビィボウガンのボーンシューター。

以前にMHP2G全武器ソロ縛りでやってた時に、ヘビィボウガンの火力が凄すぎて、最初からある武器でどこまでいけるか試してみてた処、このシェンガオレンまで討伐できてしまったのです!
この、溢れる攻撃力がヘビィボウガンの魅力やったのに、MHP3では、何か平均化されて、ライトボウガンと大して変わらない感じが使っててしました。
専用スキルの防具とか揃えたら、少しはマシになるのかなぁ??

まぁ、しかし、今はランス一筋でMHP1からのやり直し旅中です。
ヘビィボウガンを担いでいくわけにもいきません。
村下位とはいえ、討伐しよーとしたら、少し気合いを入れなければなりません。
爆弾もこさえて、いざ、街へ!

と、力んでみたものの、まぁ、シェンガオレンに剣士で挑むなら、やることは同じ。
揺らされないように、脚を突いて突いて突きまくり!

面白いように、砦攻撃時の爆弾で怯ませが決まりまくり。
ほとんど砦の耐久力も余裕を持ったまんま、残り時間2分。
シェンガオレン、討伐完了です。
やったね!
途中二回も全脚二段階破壊のダウンを奪えた。
やっぱりディアブロスの槍は強い!
剥ぎ取りできると、べつに集めてない素材でも嬉しい!

さぁ、村の下位終了。
となると、これまで無視されまくりやったネコートさんが、ようやく口をきいてくれます。
お!
そうか!
ヒプノックか!
すっかり忘れてたよ、眠鳥さん。
いやー、懐かしい。

MHP2を終わらせてのMHP2Gいちからやり直しやったので、やっぱりマンネリ感があったけど、途端に新鮮な感じがしてきた。
そうや、これ、2Gやったんやな!
さぁ、狩るかー!

舞台は樹海。
おおおぉーーー!
樹海や!
懐かしいー!!
樹海も名マップやよなー。

話はそれるけど、MHP3はマップも、なんかイマイチなマップが多い気がするなぁ。
とにかく、なんか道を変な地点と結びつけたり、不自然にしすぎ。
し難しくしすぎやよなぁ。
やってるうちに覚えるのは覚えるねんけど、直感的でない方向に繋がりすぎやよな。
ペイント着けたモンスター追いかけるのに、その方向に続く道入ったら、明後日の方向に繋がってるってさ…
まぁ、もう慣れたから地図なんてなくても、追えるけれども…
MHP3は、こういう、しょうもないプレーヤーをイライラさせる仕組みが多すぎる。
難易度調整どうこう以前に、楽しませようという視点が少なすぎる気がするのだ。

と、まぁ、3rdの愚痴はこの辺にして、今は樹海のヒプノック。
おー。
登場シーンも、なかなかいいね。
懐かしい。
ヒプノックが寝かしたランポス達をザクザクとトドメを指してまわったランサー。
懐かしさもあいまって、楽しくヒプノックと戯れます。

…が、その時間は、長くは続きませんでした。
ちと、調子に乗って、突進など繰り出してみましたところ、ヒプノック、バックジャンプ。
すると、突進したランス君が、バタッと眠り込んでしまうではありませんか!
え??
このバックジャンプて、催眠効果かったの???

と、思っていると、眠れるランサーに、ヒプノックが飛びげり攻撃してきます。
眠り中にドカッと吹っ飛ぶ私の分身のはずが…
吹っ飛びませんでした…
何故なら、力尽きたから!!

ええええー!!?
一発で!??

もしかしたら、多少は体力削られてたのかもしれんけど、それでも9割ぐらいはあったはず。
バックジャンプでも体力減ってたか??
ヒプノック、怒ってたか??
…しかし…
こうあっさり昇天するとなると…

さすがに無強化のバトルやギアノス、ゲネポスの駆け出しハンター防具セットで上位となると、ヤバイのかな…!

しかし、もう少し進めると、上位のギザミが出てくるから、今しばらくはこの装備で進めたいしなぁ…

…というか、今はヒプノックや!!
しかし、一撃のダメージがあっこまでデカイとなると、うかつな攻撃はできんな。
相手の動きを見極めて、大胆かつ慎重に!
ランスやと、突進に風圧無効がついてるから、ついつい風圧付きのバックジャンプのモーションとか見ると、着地先を予測して突進を繰り出すクセがついておりまして…
突進しないようにするのが、なかなか大変でした。
この辺りも、もうちょい練習して、突進してもダメージ喰らわずに間違いなく攻撃できるタイミングわつかまなきゃね。
フィニッシュ突きをする、しない、早目にする、で、いくらか調整はできるけどね。

しかし、神経を研ぎ澄まして、一発も喰らわないように、でも、早く討伐できるように戦うのは楽しい。
防御力が低い装備で戦うのは楽しい。
もちろん、一発も喰らわないでクリアするスキルは無いけども。
それでも、まぁ大概一発くらいは耐えてくれる。

モンハンを始めたばかりの頃は常にそうやった。
死と隣り合わせのスリル。
それはもちろん、操作もおぼつかない頃の大味な闘いやったからではあるけども、その感覚がモンハンにこんなにハマるきっかけだったのは間違いない。
今回の低い防御力で戦うというMHP2Gでの試みは、忘れかけていた、当時の気持ちを少し思い出させてくれたのでした。

こないだ、テレビで開高健という、旅と食と物書きに生きた人の番組をやってたんやけど、その中で『男は、危険と遊び。危険と遊びが男を成長させる。』みたいな事を言うてはって、なるほど、と思った。
モンハンはゲームではあるけど、プレイ中は、熱中してるからね。
キャラクターのダメージは、プレイヤーのダメージでもあるわけ。
そうすると、モンハンを楽しむためには、やはり、死と隣り合わせでなければいけない。
慣れて楽に倒せるようになってきたら、今度はハンター自身が調整して、ピンチが訪れるような状態で戦に挑まなければ、楽しみなんて訪れないのだ。
何か一つ。
モンハンを楽しみ続けるためのヒントが見えた気がしなくもない。


さて。
しばしのヒプノックとの闘いの後、ハンターの前には、ピクリとも動かなくなった眠鳥が横たわっているのでした。

ガシャン。
愛用の角槍を背中にしょいこんで、雄々しくガッツポーズを取るハンター。

さぁ。
まだこれから、村上位が始まったばっかりや。

行こうか!
MHP2G日記004_角槍完成
2011年09月23日 (金) 12:34 | 編集
ほい。
今日は休日。
朝一で一狩り。
サクッと昨日折りそびれた角を折ってきた。

お次はグラビ。
10分針。
先を急ぐので、爆弾攻めで逝ってもらった。
残る蟹二匹は回避の練習、阿呆鳥二匹は死に真似かと思いきや、本当に死んでたという…

お次は緊クエのレウス&レイア。
尻尾無視で、頭だけ狙うなら、暇潰し程度やなぁ。
防具無強化とはいえ、一発で死なない限り、そうそうダメージは喰らいません。

うーん。
やっぱりちょっと食傷ぎみ。
MHP2でついこないだクリアしたクエばっかやからなぁ。

しかもこの後は、MHP2やと、ラー、シェン、ラオ、アカム除くモンスター2匹づつ倒さな、シェンガオレン出てこないんでしょ??
…と思ってたら、MHP2Gでは、ここがキークエ制に変わってるらしい!
良かったー!!
ナイス改良!

何々…?
キークエは…
レウス亜種、レイア亜種、ディア2匹??

おー。
楽勝!
こんだけでいいの??
しかも、ディアはどのみち武器強化のために狩らなアカン相手やしね!!
さぁ、では、早速ディアブロ行こう!

さくっと2回ほどクリアして、角槍が完成!
まだ、カッチョイイ黒い槍にはなってないけど、下位武器としては、破格の攻撃力を誇る槍!
これができれば、上位でも戦える槍や。
残るレウス亜種、レイア亜種など、クック先生並の相手や。(ごめん、クック先生)

そんな訳で、この間約2時間。
休みの日とはいえ、ゲームばかりしてる訳には行かないので、本日は終了~!

サクサクと進むのはいいねー!

しかし…
よくネット動画で火事場で凶悪なモンスターを超短時間で狩ってる人いるやん??
あぁいう人達はホンマに天上人やなぁ。
なんであそこまで極まった動きができるんやろね??
こちらは、とてもそんなスキルも反射神経も無いわー!
無強化防具とはいえ、一発で死ぬ事は無いからね。
そうそう連続でミスらなきゃ、死ぬ事は無いけど、ネコ火事場なんて発動した日には、一発といわず、カスッただけで死んでしまうもんなぁ。
そんな人達にとっては、MHP3は遊び甲斐あるんやろうなぁ。
MHP3は全てかわすのが難しいけど、当たってもそんなにダメージが高くないって感じの調整やから、火事場で立ち回るのはかなり難しくなってる気がするからなぁ。
んでも、そんな凄いスキルの人達はいつの日にか火事場で何でも倒してしまうんやろなぁ。
とてとじゃ無いけど、真似できん!!!
というか、真似しようとも思わん!

そんな事を考えつつ、また次回!

次はシェンガオレンや!
MHP2G日記003_片角のマオウ?
2011年09月22日 (木) 12:32 | 編集
ほい。
また今日も狩りの通勤電車です。
いやー、しかし、MHP2Gは落ち着くなぁー。
ダウンロード版を使ってるだけあって、ロードは早いし、MHP1、MHP2と、ロード時間が多少ストレスになってたのに比べて、なんてサクサク進む事でしょう。
特に時間の限られるリーマンハンターにとって、かなりありがたいのです。
そして何よりモンスター達が戦っていてホントに楽しい。

さて。
本日の初戦は火山のギザミさん。
登場ムービーもなかなかギザミの個性がでてます。

てけとうに戦っても楽勝。
なんか、弱くなったか???
と思ったら、一つ心当たりが。
いつもなら、ドドブランゴを狩っても買い忘れる力の護符を速攻で買ったからかなー。
もう、十数回目にもなるMHP2Gの一からやり直しプレイですが(全武器ソロで最後までクリア済みなので…)、酷い時は、集会所の上位入ってから、あれー?何か弱いなー、この武器??て、思ったら、護符買うてなかった、なんて事もあるからなー。

まぁ、ドドブラ狩ったら護符、と、おぼえておきましょう。

お次は、火山の燃石炭集め。
支給品のボロピッケルを有効活用して、隅々まで掘るために、近場でボロピッケル使いきってキャンプに取り直し、また掘って、取り直し。
2度目は、キャンプに残ってるボロピッケルをゲットしたら、あとは火山の上の方に向かうつもりやったのに…
やったのに……!!
ボロピッケルを取ったついでにそれまでに集めた燃石炭を赤い箱に納入したらー!
クエスト、クリアしてもうたー!!!!

まだ何もいい鉱石ポイント回ってないのにーーー!!!


…ぐっすん…

ええもん。
鉱石なんかいらんし!!!
どうせ下位の石やし!!



まぁ、そんな事故もありつつで、時間が余ったので、緊急クエストのティガもついでに討伐に向かう事に。
もう、通勤電車も2/3ほど過ぎて、残り時間、10分ちょい。
間に合うかわからんかったので、一応、閃光5発と、落とし穴、シビレ罠を1つずつ持ち込んだ。
さぁ、狩るぞー!
頼むよ、ランパートさん!
(←現在愛用のランス)

颯爽と雪山テッペンでティガと対峙するランサー。

こちとら時間が無いんや。
さっさとかかって来いー!

討伐完了。

討伐時の残り時間は37:53でした。
使用した回復アイテムは応急薬1個だけ。

いかに、ティガとはいえ、時間の少ないリーマンハンターにかかれば、こんなもんです!!
リーマンハンターは時間に追われると本領を発揮するのだ!

…というか、ランスやからね。
ティガとの相性抜群。

まぁ、下位のティガやしね。
尻尾も一切狙わずひたすら頭を突き刺されたら、ティガもたまったもんじゃないでしょう。

そんな訳で、本日の出勤狩りはなかなかいいペースで狩れました。
サクサク進むのは気持ちいいね!

さて。
いよいよ、ディアブロスがお出ましかな??
今日の帰りの電車で狩るどー!!!
二頭くらい狩れるやろか??
帰りは特急やからモンハン時間短いからなぁ。


只今、定時後の休憩中。
さぁ、ディアブロスと戦う時間が近づいてきた。
ディアブロスとは一対一で戦いたいので、オトモを置いてくるのを忘れないようにしなきゃー!


…。
はい…
只今、退勤狩りを終えて、家に向かい中…

やっちまったぁ…
角折れずに討伐しちゃったぁ。
はぁ…
ちと、調子こいて尻尾の付け根を攻撃しすぎた。
終盤になって、頭狙いにシフトするも、片方折れてすぐにお亡くなりになられたぁあぁ!
ねじれた角が欲しいのにぃ!!

しかも、20分近く掛かって、もう一頭狩る時間もなく、意気消沈してMHP3で火山を一周して帰りましたとさ。
めでたし、めでたし!


めでたくないし!!!

片角のマオウ様は、俺みたいなハンターが産み出したディアブロスなんやろか??
MHP2G日記002_オジャマアイルー
2011年09月21日 (水) 12:44 | 編集
はい。
今朝の通勤のお相手は、ドドブランゴさん。
2nd、2ndGのお猿系は、やっぱりイイ動きをしてくれるのです。
なんというか、ラージャンの時に書いたけど、度胸試しみたいな感じがするよね。
動きが素早いから、縮こまってガードしてると、全然ダメージを与えられない。
けど、ステップを使って距離を調整すれば、結構隙だらけの攻撃で、反撃チャンスがある。
まぁ、これはランスでいくからであって、片手剣なんかでいくと、かなり余裕で戦えるけどね。
これも武器ごとの有利不利というモンハンの大切なゲームバランスの身軽系武器の優位を際立たせるためのモンスターでもあるのかな。

さて。
しかし、今回は無強化防具での挑戦でもあるので、少し気を引き締めて闘います。
すると、武器は制約無しなので討伐自体は早いものの、戦闘中は、上位で戦っているような、少し引き締まったプレイが楽しめました!
おおー、これはなかなかいいかも!

モンハンはプレイヤーのスキルが上がると、どうしても闘いに緊張感が薄れていくから、いい刺激になるかも!
しかし、このままやって行くと、G級ではどんな感じになるんやろ!??
ゲームバランスは進むほどに難易度が上がるから、ちょっとドキドキ&ビクビク!
何にせよ、既にMHP2GやMHP3はランス・ソロ縛りプレー済みやから、何かしら刺激がないとねー!
さぁ、どこまで無強化防具でいけるかなー??

あ。
そうそう。
村ドドブランゴを倒すと、力の護符&守りの護符が集会所で売り出されるけど、ここは、せっかく無強化でいくなら、守りの護符は買わずにやってみよー!!

…でも、いつかフラっと買うてしまうかもしれんけれども!!

そんなわけで、力の護符だけ購入して、お次は村のモノブロスさん。
ちとケチって閃光玉、音爆を5個だけ持ち込んだら、結構手間どった。
そして、アイテム以上に厄介者やったのがオトモアイルー君。
せっかくハンターが壁際にモノブロスを誘っているのに、明後日の方向で採取とかしてて、そっちにモノブロスを連れて行ってしまう!

うーん。
ケイマ君…

もうちょっと空気読んでー!!
というか、オトモ連れてきた俺が悪いか!??

あとは、何か微妙にモノブロスの肉質変わってる??
急所付近を突いてて、何度も弾かれるんやけど…
これまで(MHP1、MHP2)弾かれた記憶無い部位やなぁ??
武器弱いか??
ランパートやのになぁ??

ま、そんな事を考えながらも、尻尾切断、角破壊。
怒りやすくなってそろそろ捕獲可能かなぁ、というところで、朝の通勤狩猟時間はタイムアップ。
続きはまた帰りの電車やー。
ケイマ連れてきてなければ、もう終わってるはずやけど!
ま、んでも、オトモアイルーは憎めないよね。

そうそう。
オトモと言えば!
カプコンさんは、ポカポカアイルー村というアイルーが主役のゲームを作られましたが…
どうせアイルーが主役のゲーム作るなら、モンハンのフィールドで、おちゃらけないアイルーが主役のゲーム作ってくれないかなぁ。
MHP3なら、オトモアイルーにも武器防具ができたし、それをそのまんまでもいいから、アイルーを操作して、モンスターを狩るゲームというのはどうでしょう??
さすがにモーションやアクションとかは増やさないとプレーヤーが満足できるレベルにはならないやろうけど…
でも、フィールドやモンスターはそのまんま使えるし!
んで、ついでに、オトモハンターみたいなので、弱っちいハンターが逆にプレーヤーが操作するアイルーについてくるとか!
それなら、モンハンファンも喜んで着いてきてくれるはず!!
理想的には、ハンターが人間かアイルーか選べると嬉しいけどね!

それはいろいろプログラムや難易度調整に無理が出そうやけからボツかな。
どないです!?
カプコンはん!??

とりあえず、アイルーがかわいいのは、真面目なモンハンのフィールドで健気に無邪気にハンターに付き添ってくれるからであって、デフォルメされた変なアイルーだらけの村にいてカワイイとは思わんねんけどなぁ。

はい。
そんなこんな書いてるうちに、帰りの電車。
3分ほど戦うとあっけなく倒れてくれたモノブロスさん。

真紅の角も手に入れて、ブラックテンペストに続く槍ができました。
待ってろよー、ディアブロス!
また狩にまくってやるー!
でも、まだ出てきてないので作りかけの槍をしまって今暫しランパートさんに頑張ってもらいましょう!

お次はバサルモス。
火山の上の方の貴重な鉱石が取れそう地帯の採掘しつつ、バサルモスを突進で突きまくり。
ランスやと、バサルモスは突進で突き抜けて、毒霧されても当たらない位置まで抜けて、ステップせずに止まって、振り向いてまた突進ていうのが楽かなー?
弾かれたら反撃くらうからなぁ。
もしくは爆弾持参で早々と腹を割るか。
グラビは爆弾使わな時間かかってしょうがないけど、バサルモスくらいなら、突進戦法だけで楽勝やしね。
節約、節約。

さぁ、お次は火山のギザミさん。
こいつは又明日の通勤狩りで相手をしてもらいましょう。
無強化防具やと、ちと気をつけなヤバそうかな。
頑張って回避しよう!
MHP2G日記001_捨てられた…
2011年09月20日 (火) 12:14 | 編集
はい。
やって参りました、MHP2G。
いやー、もっと苦戦するかと思いつつ、案外サクッと行けたもんですね。

さて。
MHP2からMHP2Gへ移るとき、誰しも悩むのが、データ引き継ぎです。
それまで培ってきた武器、防具、アイテム、お金、クエスト状態を引き継いでいくのか、それとも、再び出直すか??
今回私は、2ndから一旦2ndGに引き継いで、そのまんま、更に2ndGから2ndGにデータ引き継いで、ちょっとアイテムやお金に余裕があるよ、という状態で始めることといたしました。
すると…

MHP1で買った肉焼きセットとMHP2で買うた肉焼きセット、両方捨てられたーーー!!!
全MHPで買うた肉焼きセットを1つずつ揃えてMHP3では4個の肉焼きセットを揃えて、毎回違う肉焼きセットをクエストに持ち込む夢があぁあぁあぁ~~……

夢と現実の壁を思い知らされました。

ま、それは置いといて。
とりあえず、再び愛用のブラックテンペストをこの手に取り戻すため、レッツ!ハンティング!!

MHP3からMHP2Gに戻ったらめちゃ懐かしいんやろけど、こちとら、MHP2をクリアしたてやから、とりあえず懐かしモードにはならずに済みました。

さぁ、狩りです。
ま、最初なので、村クエストも、『はじめてのお使い』レベルのクエストばかりやから、さくさくと進めつつ、鉱石集め。
モンハンの各レベル(下位、上位、G級)到達直後と火山到達直後の鉱石集めは定番です。
ちゃっちゃとこなして、とりあえず、パラディンランスまで武器を育てます。
村★2到達でバトルシリーズがショップに並ぶので、一式購入。
wikiで確認すると、頭腕がバトル、胴腰がギアノス、脚がゲネポス、武器スロ1あれば、ガード性能+1と砥石高速、自マキが発動する防具ができるのはMHP2と同じ。
さっそく、ゲネポスやクック先生にお相手してもらって、装備完成!
しかし、クック先生がなかなか耳を出してくれないから、6~7匹は狩ったかな。

んで、装飾品も揃えて、完成か…
と、思いきや!!

パラディンランスに武器スロが無かった!!
くそー、こうなりゃ、ランパートまで強化してやる!

と、意気込んだものの、ライトクリスタルがネック。
うーん。
沼地で地道に掘るか…
ゲリョスの頭破壊の報酬狙うか…

どのみち、上位の金銀出すために100匹狩りせないかんから、ゲリョスを狩って頭数稼いどく事にしました。
どうせ一回はキークエやから狩らなあかんしね。

まずは1匹、頭破壊で討伐。
破壊報酬じゃ出なかったけど、剥ぎ取りで1つライトクリスタルをゲット!!
続きは帰りの電車かな。
今日は祝日やけど、今の現場は祝日も出勤やから、早めに帰って狩るかなー!!!!
(この文章書いてるのは敬老の日)


早く防具揃えたーーい!

あ。
そうそう。
そういえば。
クック先生を狩る間にキッチンアイルーをクエストの合間に物色していました。
私はMHP2Gでは、5匹の食事では米と魚を愛用してまして、今回も米や魚の★3アイルーを探そうかと思ってたんですが、やっぱ防御力アップの効果は捨てて肉節約のため、乳か酒のアイルーを雇おうかと。

雇おうかと思ってたんですが…
ふとおばあちゃんに話しかけてみると、『オリガミ』ちゃんがいるではないですか。
オリガミちゃんといえば、確か逆鱗日和の角満さんのオトモと同じ名前??
というわけで、衝動雇いしてしまいました。
そして、クック先生を倒して村に戻ってみると、今度は『ラッテ』君がいるではありませんか!
確かラッテ君て、狩られ道の倉西さんのオトモがそんな名前やったのでは???
なんか嬉しくなって、また衝動雇い!!
いやー、なんか凄くないですか??
二連続でそんな有名人ならぬ有名猫(と同じ名前なだけ…)に巡り会えるなんて!!

で、早速、オリガミちゃんをオトモに転職させてクック狩に出掛けました…

…ました所…
オリガミちゃん…
爆弾オトモで、しこたまご主人を爆弾でふっとばしてくれました…


……。
その後…
ちゃんと、オトモアイルーとしてバアちゃんが紹介してくれたオトモアイルー『ケイマ』君を我オトモになってもらいました…


さて。
やっぱり、残業になってしまったのですが、ほんの少し早目に帰れました。
帰りの電車でゲリョスを狩る事、1匹!
意外にもすぐにライトクリスタルが出ましたー!
でも、ついでに大地の結晶も足りなかったので、密林に掘りに行ってきました。
うーん。
モンハンに石掘りは欠かせません。
んでも、大地の結晶なら、さすがにそんなに苦労はしません。

さくっと集めて、ひとまずは、武器と防具が完成です!!

そうそう。
防具は、こないだ自分で提案したように、無強化で挑む事にしました!

…ええーっと…

とりあえずやってみるだけで……、苦しくなったら、強化するかも…しれません!!!

では、また次回!
ご機嫌よう!!

追伸。
こないだMHP2のまとめでガン無視と書いたぽかぽかアイルー村…

…買っちゃった!
なんでも食わず嫌いは良くないからね!!

というか、中古で640円やったのでー!!
いつかやる日は来るのでしょうか!!??
MHP2日記021_MHP2まとめ
2011年09月19日 (月) 12:51 | 編集
はい。
いかがでしたでしょうか。
MHP2を、駆け足で駆け抜けてみました。
いやー、MHP1やMHP2は初めてセカンドキャラを育てた事になりました。

私の中では、この2つは、かなり難しいんだ…、というイメージがあったんですが、今回どちらもやり直してみて分かったのは、そんなに難しくはないと言うことです。
私の周りで、3rdは簡単すぎるという意見もよく聞かれたんですが、それは2ndGまでの経験者だからであって、3rdが初めてのモンハンだ、という人にとっては敵の動きの嫌らしさもあって、かなり難しかったのかもしれません。
500万本に届くか…という超人気ソフトにまで登りつめたモンハンの抱えるジレンマ…、それがユーザーのプレイスキルのバラつきなのかもしれません。
私が何度も書いた3rdモンスターの悪いところ(低い攻撃力で動きが嫌らしい)も、そういったプレイヤーのバラつきをふまえた上で、上級者も初心者もどちらも楽しめるように、という無茶なバランス調整の末の結論だったのかもしれません。
とはいえ、そのバランス調整が失敗だったのは変わりませんが…

あ。
話が3rdになってしまいました。

今回は2ndのまとめでした。

えーっと、では、MHP1の時のように、項目分けして評価しましょう。

■モンスター
3rdと比べて圧倒的に良いのがモンスター。
MHP1やとやはり数が少ない感じがしますが、2ndまでくると、ほぼ完成されてる。
ナルガがいないのは寂しいけど、それでも、古龍もいるし、ラオやシェンといった巨大モンスターもいるし、猿系、魚系、蟹系と、ほんとに飽きさせないモンスター達。
本当に素敵です。
外見が違うだけでなく、それぞれの行動パターンも個性的。
戦っていて飽きが来ない。
動きがゲームっぽい所もあるけど、これはゲームやし。
すごくリアルで複雑な動きを生きているようにするモンスターやったら、こんなに楽しめないと思う。
リアルとゲームの狭間の、ちょうどイイバランスのモンスター達。
それが2ndのモンスター達ではないでしょうか?
パターンがあって、そのパターンに合わせて攻撃したり防御したり。
その一連の攻防が楽しい。
攻撃は攻撃だけでなく、防御するかどちらかを選べる。
上級者になれば攻撃の割合が増えて速く倒せるようになってくる。
そんな攻防のバランスを10種類以上の個性的な武器でするなんて、正に神がかり的な調整です。
そして、その調整の甘さなのか故意なのかはわかりませんが、鉄板といえるような各モンスターに相性の良い武器があることが多い。
これは欠点ではなく長所。
使いなれた武器を置いて、他の武器を使ってみよかなーと思うのは、このモンスターにこれで行けば楽勝!
というパターンがあればこそです。

2ndに出てくるモンスター達は、強いけど、無茶な事をしなければ、ダメージをおさえれる、そして、基本的に疲れ状態とかのしょうもないシステムが無いため、素の状態での攻防が楽しめます。

■グラフィック
グラフィックは、ポリゴンがどうとか、テクスチャがどうとかではなく、イメージのコンセプトが、俺的にはMHPシリーズで一番好き。
青白いカラーを基調にしたナウローディング画面や、雪のポッケ村。
3rdのような、ケバケバしさが無いシンプルな落ち着いた雰囲気。
やっぱり2ndの世界が最高かなー!
グラフィックとなると、モンスターのデザインも含むのですが、3rdのあの変わり果てたレウス、レイアやディアブロスはいるのかねぇ??
なんか、あのグラフィック見ただけで引くなー…
2nd時代の、あのスマートかつ威厳を持った姿。
動きも違うんやから、もう、別人やし。
昔ながらのハンターからしてみたら、偽物にしか見えへんよなー。

■武器
武器も2ndでほぼ完成としていいんとちゃうやろか?
ランスもそうやけど、その他の武器たちも、2ndの操作が一番しっくりくるよなー。
そして、リアルなグラフィックの武器達に混じって、ちょいとクスリと笑えるような武器も混じっていて、ほんまにイイセンスやなぁ。
操作的にも、ランスで3連ステップが導入されたり、大剣の溜め斬りやら、太刀、狩猟笛、ガンス、弓が導入されたり。
そして、それぞれの武器で個性的な戦いはできるけど、決して複雑すぎる操作ではなく一つ一つの武器を見れば、非常にシンプルで。
3rdは、なんであんなんになってしもたんやろなぁ。
既存の、既に完成された武器をいじらんでも、増やしたければ、新しいカテゴリーでもなんでも勝手に追加すればええのに。
3rdでモンハンを引退した知り合いは、なんか最後まで武器が手になじまんかったらしい。
なんなん、突進したいのに、変な薙払いが出るのは!?
ってさ。
同感。

■防具
防具はMHP1に比べて発動できるスキルが増えてて、イイ感じです。
装飾品と防具のスロットが出来たのも、このMHP2から。
楽しみが広がりました。
でも、MHP3の護石システムは楽しみが広がるよりも、メンドクセーなーなシステムのように思えます。
スキルも山盛り付けれる=付けれる前提の難易度調整になるので、バランスが大切かな、と。
その意味でも2ndや2ndGは程よい印象を受けます。
また、防具の防御力を強化できるようになったのも2ndから。
これをもっと上手く使えば、いろんなレベルのハンターでの難易度調整でけるのになぁと思う。
何かの必須条件ではなく、ギルドカードに乗るだけの情報で、無強化防具でクエストに出た連続回数とかが出るようになれば、見栄っ張りな熟練ハンターさん達はこぞって無強化で狩りに出るようになる。
出撃したクエスト数=無強化出撃数とかやと、一切強化してない防具でしかクエスト受けてないてな事になって、おおー、お前すげえなぁー!
てなって、ベテランハンターさんも鼻高々。
そうすれば同じモンスターと闘ってても、ベテランと初心者さんで、自然に難易度が変わるというこのシステム!
どうです?
カプコンさん!!

■アイルー
アイルーが狩に出てくれるのは2ndGから。
なので、イイ面も悪い面も、2ndでは一人きりです。
イイ面としては、アイルーがウザイとか、そういう面ではなく、友達と狩に出なければ一人ボッチ、逆に言うと、友達と狩るときの恩恵、ありがたみが数倍あるという事でしょうか。
でも、まぁ、ソロプレイ専門だと、やっぱりオトモが着いて来てくれるのはありがたいよねー。
でも、ここ最近のモンハンの流れを壊しつつあるのもアイルーかな、という気も少しします。
アイルーがあまりでしゃばりすぎると、モンハンがモンハンでなくなる気がします。
ポカポカアイルー村とか…
古参のハンター方は、あれをどう見てるんでしょうねぇ…
まぁ、人それぞれあるから、まぁ、好きな人もいるんやろうけど、私はガン無視です!

■農場&アイテム
2ndで、農場やアイテムは劇的に便利になったと言えるでしょう。
農場にアイテムボックスが設置されたのはデカイし、アイテムボックスに送るが追加されたのもデカイ。
ストレスがかなり緩和された。
アイテムボックスの容量が増えたのもありがたい。
後は、1ではアイテムボックスを介さなければできなかったアイテム並べ替えもできて、かなりパワーアップでございます。
MHP1もかなり楽しめるソフトやけど、アイテム系が使い勝手悪すぎるからなぁ。
でも、3rdが至れり尽くせりすぎる気は、するねんけど、便利すぎが嫌なら、自分でわざと縛りを設けて不自由になればええから、やっぱりアイテムまわりに関しては3rdが一番優れてるかなぁ。
あ、んでも、フィールドの採取ポイントで○印が出るのは嫌やなぁ。
そのうち、一気に沢山採取できそうで怖いな。

あ、ちなみに、農場でアイテムを使う時は、イチイチ自分の持ち物にいれないといけません。
そして、持ち物が一杯の時に農場で採取すると、アイテムをどれか一つ捨てなければいけません。
惜しいなぁ。
もうちょい。

■難易度
難易度は、思ったほど難しくはなかった。
でも、2ndやと、レアな素材はまだまだレアな時代やから、全属性武器を揃えないとクリアできないレベルやと、結構キツいかもなー。
ただし、MHP1の頃の嫌らしい巻き込み風圧もなくなって、非常にバランスは取れてると思った。
どっちかというと、クエストが現れる条件を満たすのが難しい感じかな。
100匹狩らな、金銀出ないとかね…

■フィールド
フィールドは間違いなく最高レベルやと思うなぁ、2nd。
3rdで、無理に複雑にした凍土とか、ひどいよなー。
最初の頃は、地図なしでモンスターを追いかけるの苦労したもん。
そこへいくと、2ndはたまに意地悪な繋がりのフィールドもあるけど、基本的にシンプルな作りのフィールドやから、ストレスなく楽しめる。

■ロード時間
これは、データインストールやダウンロード版が無いため、かなり2ndや3rdに遅れを取ってるなぁ。
ま、MHP1ほどではないから、許せる範囲内ではあるけどもね。

■総評
総評は、◎でございます!
これが中古で2~300円とかで売られてるのを見たら、超お買得ですよ!
2~300円で軽く2~300時間は遊べます。
3rdからモンハンに入門した人なんかは、知らない敵ばかりの新作みたいなもんやから、是非とも一度2ndなり2ndGなりを遊んでみてほしいなぁ。
モンハンが本当に面白かった頃の名作です。



そういえば、MHP1の時に、少し縛りを決めました。
以下のものです。

①ソロで闘い抜く
②集会所ラスト緊急まで、村は最後の招待状相当のクエストまで。
③黒ディアのランスを作る

今回はこれに少しプラスしてみましょう。

④お肉は買わずにフィールドで調達してきて、更にアイルーに焼いてもらったりせず、自分でフィールドで焼く事!
⑤極力回避で避ける事

④は、MHP2からは行商ばあちゃんが売ってくれたりするんですが、MHP1をやり直してみて、やっぱりモンハンはフィールドで肉を調達して、自分で焼いてなんぼかなと、思ったからです。
2ndGや3rdのように至れり尽くせりなのは便利なんですが、不便さゆえの楽しさというのもあるのです。
自分で肉を調達して自分で肉を焼く。
そこにモンハンの原点があるのではないでしょうか!??
ただ、まぁ、肉を売ってくれたりする機能自体はいい機能やと思う。
これまで散々お世話になってきたし。
それがある上で、じゃあ、ハンターさん、どうするの?
というのをハンター毎に決めればいい。
中には私のように、肉は現地調達&現地焼きにこだわりだす奇特な人もいるやろけど、それはそうしたい人だけでいいかな、と。

更に⑤は、今回のラージャン戦での教訓を踏まえて。
もちろん今までも回避は使ってきてるけど、よりアグレッシブにステップを狙ってみようかなと。
やっぱりモンハンはプレーヤーが成長してこそ楽しいからね。
せっかくランス縛りでMHP1からやり直すならやり直すで、苦手武器やったランスを得意武器にしたいしね。

なんだか、MHP3の不平不満がもとで始めた今回のMHPシリーズ全部やりなおしの旅路ですが、『最後の招待状』のラージャンと戦ってから、少し心境の変化が訪れたような気がします。
なんでもかんでも、システムのせいにしすぎてたかもしれません。
MHP3では、かなりの面で至れり尽くせりな便利な機能とかが増えていて、昔のモンハンが村での生活やとすると、3rdは都会での生活みたいな気がします。
しかし、都会での生活は便利やけど、便利すぎて味気ない…
という気持ちに似たところもあります。
でも、それは、ハンターの心意気次第で、その便利さを使わなければいいのです。
生肉を買わないで自分で狩って、自分で焼く、というような縛りを設ければ、昔のモンハンのように、村での生活ができるわけです。
もしかしたら、MHP3まで辿り着いたら、どこが悪いのかを見つけるというより、MHP3をどうすれば楽しめるか?といった方向になりそうな気がします。
なんか、前向きなブログになってきてしまいました!
その上で、やはりどうしようもない悪いところもあるでしょうから、そこは駄目出しをしようと言うことで。

こんな気分になったのも、今回、MHP2でラージャンを始めとする懐かしいモンスター達と戦って教えてもらった事です。
MHP2、大事な事を気づかせてくれて、ありがとう!

はい。
そんなこんなで大満足のMHP2のやり直しプレイ日記も終了です。
次回から、歴代MHPの中の、名作中の名作の呼び声も高い、MHP2...
MHP2日記020_最後の招待状
2011年09月18日 (日) 12:44 | 編集
はい。
やって参りました。
最後の招待状。

このブログの最初の方で、昔、ファースト・プレイ当時の最後の招待状を大剣でクリアした時の記録を載せましたが、もしかすると、あれ以来かもしれません。
MHP2の本物の『最後の招待状』にチャレンジするのは。

少し前に、このクエスト用に猫飯を4人で食べようと書いた事がありました。
その種明かしは、アイルー食券並を使って、爆師珠を作り、ボマーを発動させて、火力UPを図り、楽々1頭目を狩るでしたー!
まぁ、ラージャン相手に爆弾を当てるタイミングがあるか?となると、微妙なのは、微妙なのですが…

でも、武神闘宴とちがい、ラージャンしか出ないクエストなので、恐らく難易度調整も最高峰の氷属性武器でしてあるやろうから、無属性のブラックテンペストでは恐らく無理があるやろうかと…
となると、そのギャップを埋めるためには、単純に爆弾&ボマーがいいかなーと、思った次第であります。
ランスで氷属性というと、クシャルダオラのランスになるわけですが、さびた塊をまず堀当てて、更に上位クシャルダオラを何頭も狩らねばなりません。
それをわざわざ、この一戦のためだけにやるのもアホらしいしなぁ。

そんなわけで、簡単にできるボマーに頼ろうとしたわけですが…

対ラージャン用のアイテムを用意してると、爆弾に割けるスペースは1枠のみでした…
流石に回復系はフルで必要やし、更には罠も大事な要素です。
鬼人薬G、硬化薬Gもこの日のために手をつけずに取っといてますし、調合書や爪&護符も外すわけにはいきません。

うーん。
せっかくボマーつけて2発の大樽Gのみというのも、なんか悲しいですが…
ま、とりあえず考えてばかりいても仕方ない。
ボマーと砥石高速をつけたギザミSで最後の招待状に挑んでみることにします。

しかし、ギザミS…
素晴らしい防具やけど、ラージャン相手には明らかに不利な耐性値です。
雷にめちゃんこ弱いやん…

まぁ、それぐらいはハンデをあげましょう、ラージャンに!


いざ!
ゴリラ二匹の待つ闘技場へ!!!


久々に訪れた闘技場は、相変わらず、旗が風にたなびいておりました。
今までに、何度も何度も訪れた闘技場。
また、今回も激しい闘いが予想されます。
おっと、そんな感傷にひたっている暇はなかった!
10分間で1頭狩らな、阿鼻叫喚の地獄絵図になってしまうのだ!
ドーピングの薬を飲んで、いざ、ラージャンの待つ闘技場へ!

闘う気持ちマンマンで闘技場へ入ったのに、デモムービーが始まります。
うわぁー、怖えぇ!!
サイヤ人になりはったー!!
しかし、そうは言うても、10分で仕留めるには攻撃あるのみ!

腕ぶんまわしを追いかけて、突進をお見舞いしてやります。
ファーストコンタクトは上々!

その3分後。
アイルーにキャンプに送還される私。

うーん!
やばい。
ラージャン、怒り中に攻撃喰らうと、体力半分くらい持っていかれる…
軽く一回腕ぶんまわしくらって宙を舞って起き上がりにジグザグジャンプを重ねられて、あっさり。

くそー!
強えぇ!
ていうか、ギザミS、弱えぇ!

気をとりなおして、再び薬物接種して、ゴリラの待つ檻へ。

そして更に3分後、再びキャンプに送還される私!
今度は怒りモード突入の咆哮くらってビビった後、目と鼻の先の距離で、飛び掛かられるかどうか?というところで、ガードしたら、直線ビームの体勢になられ、ガードを解けないまま、にじり歩きで避けられるかな…と思ったら、ギリギリ当たって昇天。
最悪やー。

そうやった。
ラージャンというモンスターは、ハンターのハートを試すモンスターなんやった…
向かっていく勇気を忘れて、気持ちが縮こまったハンターには勝利の2文字は訪れない。
正に、ハンターの度胸を試すためのモンスター。

知らず知らずのうちに、気持ちが負けてた事を知ってショックやった。
3rdを始めてから、しばらくご無沙汰していたからとはいえ、それこそ無数にラージャンとは闘ってきた。
その頃は完全に克服してた、ラージャンに向かっていく気概を、いつのまにか無くしてしまっていたのだ。

時間は無いけど、少し深呼吸して、目を閉じる。

ヨシ。
行こうか!

それからは、ガードの殻に閉じ籠らないように、いざというときには、ステップで交わしてやる、ぐらいの気持ちで、まぁ、攻撃も喰らうには喰らうけれども、攻め続けた。
大樽Gは一発は飛び上がり電撃で壊されるも、もう一発は、壁際に誘い込んで背後から突き回避で起爆。
見事にボマー付き樽Gを一回当てれた。
落とし穴は怒りになる度に一個づつ使用して3個使いきったし。
チラっと時間を確認してみると、残り2分くらいで2頭目が現れる。
後1分やって捕獲をためそうかな、っと思っていると、あっさり地面に倒れ伏すラージャン…

おぉ!
行けた!
さすが、ブラックテンペスト!
弱点属性でもないのに、流石の攻撃力です!

しかし、間髪入れずに現れる2頭目。
これも、このクエストのええとこやよなー。
一つ試練を乗り越えても、ハンターに余裕を与えない。
徹底して恐怖に打ち克つ事をハンターに求めるこのクエスト。
面白い!!

しかし、2死とはいえ、最大の難関である1頭目を10分で倒す事ができたわけやから、ほぼ8割方、勝利を手に入れたと言っても過言ではない。
さぁ、後はラージャン1頭に40分以上かけてもええんや。
もう、怒りモードは逃げ惑うよー!

基本的に怒り中は直線ビーム放出中とかのみ攻撃するという立ち回りをした。

…が…

や・ら・れ・た~~~!!!

さすがに間延びしすぎて退屈すぎたから、ちょこっと腕ぶんまわしに突進重ねただけなのにね、ラージャンたら酷いの!!
壁際に押し込まれて、逃げ惑う暇もなく、ダメ押しの3死目を計上してクエスト失敗!!!


うーーむ。

さすが最後の招待状。

悔しいけど、嬉しいけど、やっぱり悔しい!!

ここで、昔のラージャンとの立ち回りを思い出すために、MHP2Gの武神闘宴のランスソロで自分がどう立ち向かったのかを、このブログに載せてる記事を読み直して確かめてみた…
めちゃ苦手で、罠と爆弾駆使してクリアしてた…
参考にならーーん!!

参考にはならんかったけど、やっぱりランスでラージャンとうまく戦えないのは、攻撃後に前転回避ができないからでした。
メモってあったし!

こうなりゃ、あの時、逃げの戦法で突破したランスでのラージャン戦を、工夫してみるしかないでしょう。
ブラックテンペストの火力は、今闘ってみた感触やと、氷属性は無いものの、最後の招待状をクリアできるだけの火力はありそうです。

負けたその日は休日やったので、昼飯後に再びラージャン二頭が待つ闘技場にチャレンジしてみることにしました。
出先のカフェでの戦いです。

そうそう。
ボマーは外してきました。
しょせん2発しか爆弾スペースないなら、ボマーつけても意味ねー!!
その代わりとして、防御-30を消してきました。
これでどうにか二発ぐらい殴られても死なないかな…!

さて。
いざ!
リベンジでございます。

前回の戦いは、電源offしたので、またもや登場ムービーからです。
いくらビビらせようとしたって、怖くなんか、怖くなんか!
怖くなんかーー………

怖いーーーー!!!!

しかし、それに打ち克たないことには、最後の招待状はクリアできません。
今回も爆弾はなんとか一発は当てれたけど、一発は不発。
ま、一発分ダメージを稼げたらヨシとしましょう。

基本的に、立ち回りは同じですが、今回はガードの殻に閉じ籠らないで、ラージャンの動きを見て反応を切り替えるよう心掛けました。
後は、その場倒れ込みには、攻撃のディレイ受付中や、歩き状態から、ステップでラージャン側に回避して、そこから追撃。
ランスだと、この追撃後にどうするかが悩みどころですが、ラージャンの状態を見つつ、新戦法。
突き終わりに突進に繋ぐ事で、ラージャンの後ろに抜けます。
これが、以前の前転回避で尻尾側に抜けられないことへの回答でした。
突進に繋ぐのを3発目にするか、2発もしくは1発目にするかで、ラージャンの行動に合わせて調整します。
これがなかなかイイ具合。
前に抜けれないジレンマが解消され、更に突進した方向に逃げバックジャンプをしてくれる事もあり、その場合は方向を微調整して、頭に突進できることもありました。

とはいえ、相手はラージャンです。
もちろんこちらも無傷でいることはできず、反撃もくらいます。
まだまだ立ち回りを煮詰めたら、ランスでも軽くあしらえるようになるのでしょうか??

しかし、今はできる限りの力を出すことのみです。

今回はダメージを受けたら早めの回復を心掛け、特に危うい場面を迎えないまま、二頭目の登場時間が近づきます。
時計は残り2分。
1分残しくらいでシビレ罠を敷いて捕獲してみる予定。
慎重かつアグレッシブに戦います。
残り1分少し。
もうあとすこし、あと少し攻撃したら捕獲を。
そう思って残り1分を少し過ぎた頃。
空を引っ掻いてラージャンが崩れ落ちます。

よーーし!!
捕獲セット残し&無死で二頭目を引きずり出しました!
回復Gはこまめに飲んだけど、あと10個ちょうど残ってます。
まずは、二頭目と距離を取りつつ調合を済ませ、調合素材も前に詰めます。
3rdでは調合の仕方も便利な方法も増えましたが、2ndGまでを下手くそになりたくなかったので、ずっと昔ながらのアイテム並び順を調整して進めてきたので、違和感なく行えます!

そして、二頭目。
こいつも、まだ無死なので、怒り中だらうがなんだろうが、できる限り攻撃します。
これはティガとの戦いで身につけたのですが、突進をかわした後で追撃をするときは、なるべくモンスターの到達点を予測して、最短距離に近く走り寄るよう心掛けます。
すると、なんとか1発攻撃して離脱する時間があったりするので、これをするのとしないのでは、討伐時間もかなり違ってきます。
細かいダメージの蓄積ですからね、モンハンは。

しかし、さすがのラージャンです。
アグレッシブに攻めれば攻めるほど、被弾する回数も増えます。
そして、怒り中などは、そのあと、怒濤の畳み掛けを裁ききれず、起き上がりに平気でビームを重ねてこられて、敢えなく一死。

うぬぬぬー!

でも、まだ一死!
まだまだアグレッシブに行くでー!!

3分後。
ガラガラガラ…
アイルーにキャンプに再び放り出されます。
怒濤のハメを喰らいました。
闘技場隅で攻撃を食らって、立て直そうとするところを、地震グラグラされて、さらに廻りバックジャンプアタック!


いやー。
一気に前回と同じシチュエーションになりました。

でも。
今回は前回とは違う。
不甲斐なくガードに縮こまって死ぬのはゴメンやー!
というか、死ぬのはゴメンやー!

なので、ほどほどにアグレッシブに戦います。
まだ完成度の低い突き→突進はひとまず封印して!
地味にチクチクとたたかいます!
怒りモードは完全な攻撃チャンスのみ攻撃。
そして、小まめに回復です。
まだこちらには、死んだ時に1個づつ飲んだいにしえの秘薬が8セット残ってます。

そして闘うことしばし。
二頭目のラージャンの脚が大きく空を引っ掻いて崩れ落ちてくれました。

残り時間を確認してみると、27:02でした。
わずか23分です。
23分の戦いに、これだけ集中力と熱意と勇気を振り絞って戦わなければならない相手、ラージャン。
いやー、面白すぎるでしょう!
このラージャンも含めて2ndのモンスターの面々が改めてモンハンの面白さを伝えてくれた気がします。


さて。
まだ、トレジャーやら訓練所やら、たくさんやり残した事もありますが、今回は先を急ぐ旅路のまだ中間点です。
まだ2ndGと、3rdが目の前に控えているので、そろそろ2ndとはお別れの時期が近づいてきました。
短い時間わ駆け抜けましたが、この2ndでの初のセカンドキャラと歩んだ狩りの記憶は忘れられそうにありません。

私にとっての、モンハンの楽しさを教えてくれた原点ともいえる2nd。

多少、農場やら、アイテムボックスやらに不満は残るところですが、間違いなく名作です。
今日のMHP人気のスタートラインと言うても過言ではないでしょう。


では、次回は、2ndのまとめ編をお贈りして、いよいよ、2ndGに突...
MHP2日記019_塔の金さん銀さん
2011年09月17日 (土) 12:43 | 編集
はい。
いよいよ終盤戦です。

残すとこ、集会所は金、銀、シェン、アカム。
村は、ラージャン2頭。

いやー。
この嫌がらせ的な100匹狩りとか、全モンスター2匹づつ討伐とか、面倒やったなー!!!

でも、達成できてしまえば、それもイイ思い出になるから、モンハンは不思議です。

さて。
まずは塔の銀レウスから。
この銀レウスには特別な思い出があります。
初回のMHP2プレイ当時。
すっかり大剣に魅せられていた私は、何度も何度もこの銀レウスを狩りに塔へ登ったのでした。
それは、別に勝てなかったわけではなく、素材を集めていたわけでもありません。
ただひたすら、格好良くレウスを狩るために、何度もソロで戦ったのです。
大剣でダントツに格好イイ瞬間は?と、聞かれたら、私は即答します。
モンスターの狂暴な一撃を逃げるのではなく、溜めてカウンターを狙う時です。
当たればもちろん最高ですし、相討ちでも充分なんですか、もう、溜めてるだけでカッコイイ!!
俺は逃げないぞ!!
その姿勢だけで、もう既に格好イイ!

特にカッコイイのは、ティガの突進に溜めぎり。
たとえば、その溜めてる大剣のすぐ後ろに攻撃受けて寝転がってるガードできないガンナーさんとかいた日には、もう、失禁してもおかしくないレベルのかっちょ良さでしょう!!!


そして、かっちょ良さでは、ティガの突進に並んで格好イイのが、レウスの空中からの滑空攻撃に対する溜め斬りです。
これまた、涙ちょちょぎれる格好良さです。

村のレウスで、一度だけ溜め斬りで撃墜できた時がありますが、もう、シビレまくりました!!

はい。
そんな思いで深い銀レウスと戦ってきました。
塔に登るのは面倒くさいのですが、まぁ、今回は一度だけですし、懐かしさもあって、苦になりません。
2ndではヤマツカミもでてきてたなぁとか感慨にひたりつつ、屋上へ。
さっそく銀レウスと開戦です。
MHP1をやりなおした時にも戦っていますが、やっぱり銀レウスには塔頂上が似合います。
音楽もすごくいいですよね!
塔のレウス&レイアは。
なんか重厚な感じがして、ほどよく神々しい感じがして。
音楽も俺は2ndとかの音楽が好きやなぁ。

さて、で、しばらくはアイテム無しで闘った後、サクっと閃光玉も使って勝ちました。
やっぱりアイテムつかったら、ちゃんと効果のでる2ndGまではいいです。

お次は金レイア。
またまた塔に登ります。
何か、この、ターゲットに会うために塔を登るという儀式も、今にして思えば、なかなかイイ雰囲気を醸し出しています。
銀レウスも金レイアも、特別なモンスターなんだよ、という雰囲気が出ています。
100匹狩らないと出てこない。
出てきても、あっちから来るんではなく、こちらが出向かないといけない。
そして、独特のBGM。
2nd、2ndGには、ゲームを越えた思想というか、世界観というか、何かがいろんな所に息づいている気がします。

そして、レウスと同じく塔の頂上でハンターを待ち構える金レイア。
こいつにも思い出があります。
ネットの仲の良い狩り仲間さんと、もう一人、たまたま一緒に行く事になった新米ハンターさん。
新米君が大剣を練習中というので、立ち回りを教えてあげて、と、狩り仲間に言われて、レイアに溜めを当てれるタイミングをフルコースで見本見せてあげたなぁ。
あの新米君は、それっきり会う事もなかったけど、3rdまで続けたんやろうか??
モンハンって、なんか、いろんなレベルの人が、いろんな役割を担えるというか、体育会系の、先輩後輩みたいな役割が演じられるのも魅力やよねー。
経験者が初心者に狩りのイロハを教えてあげたり。
それは、実社会での上下とは全く別次元であって、たとえば、上司だろうが、モンハンしてるときは、新米ハンターとしてビシビシしごいてみたり…。

さて。
そして、金レイア。
こいつも、なかなか手強いんではあるものの、立ち回りは知り尽くしていると言っても過言ではありません。
空中にやたら飛び上がるレウスよりも、地上戦をしかけてくるレイアのほうが闘いやすい気がします。
注意すべきはサマーソルトですが、それも、そうそう喰らうようなタイミングで攻撃しなければ、危険な事もありません。
20分針ぐらいで討伐。

さて、続くシェンガオレンも、特別なモンスター…

あれ?
そんな事もないか。
美味しくなさそうな蟹ってぐらいの印象かな!
でも、ラオとならんで、モンハンで闘う巨大モンスターの一角で、ガンナー超有利な、ハンターをガンナーに誘う重要な役割を担う一匹でもあります。
やっぱり、2ndはモンスターのキャラがたっていますよね。
そういや、2ndの初回プレー時のお気に入り武器のガオレンズホオビーは、この蟹さんの素材で作る武器で、溜めると赤く刀身が変色していく、カッコイイ武器でした。

とりあえず、上位も終盤のシェンガオレンということもあり、一応爆弾も持参で挑みましたが、特に危うい事もなく撃退。
倒しきれはしなかったものの、何発ぐらい足を攻撃したら怯むかを最初の1~2回目くらいで感触をつかんで、怯む前に攻撃をやめ、砦を攻撃しに来たところを爆弾、足りなければ攻撃で怯ませるオーソドックスな方法さえ知ってれば、ブラックテンペストぐらいの攻撃力あれば問題なく撃退できます。


さて、お次はアカム。
こいつは、日記一回分使うかなーと、思ってたのですが、あっさり討伐できてしもて、拍子抜けしたので、今回まとめて書いてしまいました。
龍属性武器でもないので、念のため、手こずる事も考えて、いにしえの秘薬調合10セット分や大樽G2発分も持ってきてたのですが…
闘っていると、不意にアカムが死んでしまった。
え?
何で??
って感じです。
残り時間を見ると、28:10…
回復G使用数、わずかに3…

ええー!??
アカム、こんなに弱かったのー???
確かに、ランスはアカムとの相性バツグンではありますが…

やっぱり、初回プレイ時になかなか倒せなかったのは、闘い方が未熟やったからなんやね…

うーん。
そうかー!
今回MHP1からやり直してみて、以外にそれほど難しくはなかったんやー、と思う事は珍しくはない。
しかし、アカムはもっと手こずると思ったんやけどなぁ…
そうかぁ…
ちょっと嬉しいような悲しいような…

ま、クリアできればOKか!

さぁ!
いよいよ、残すは村のラスト!
最後の招待状を残すのみやー!
行くぞー!!!
MHP2日記018_消化クエ
2011年09月16日 (金) 11:47 | 編集
ほい。
どもども。
今日も明日もモンハン通勤!
ほら!
あなたの前の電車のシートでPSPにかぶりついてるサラリーマン、それが私かもしれませんよー!!

とかなんとか、余計な前ふりは、うっちゃって。
本日もMHP2日記を更新です。

です…が…。
只今、村の消化試合に突入してまして、特に書くことがない…

5分とかでさっくりと終るクエ。
歯応え無さすぎです。


と、いうことで、今回は今の時点で、何故MHP3が面白くなく感じるかを研究してみました。

もう、全国のハンターが涎を垂らして待ちに待ったMHP3。
どれだけ待っていたかは、その爆発的な売れ行きを見ればわかるでしょう。

そして、新たなフィールド、まだ見ぬ新たなモンスターにドキドキしながら、愛用の武器で狩りに勤しむハンターたち。

それはそれは、夢中になって狩った事でしょう。
私も狩りました。
夢中になって狩りました!

しかし。
いつ頃からやったか、何か3rdをしてて、あまり楽しんでいない自分もいて…

それが、このブログを書くキッカケにもなったんですが…

うーん。
その理由をこれまでも、何度か書いてきたので、既に書いた事は置いといて。

最近思うのは…
やっぱり、プレーヤー自身がモンハンのシステムに飽きてきてるんじゃないのかな?ということ。

一昔前の、私が高校から大学にかけての頃流行った、対戦格闘ゲーム。
あれも火付け役になったのは、モンハンと同じカプコンが出したストリートファイターというゲームでした。

あの当時、全くもって、斬新すぎるシステムに全国の中高生あたりは、きっとハマリにはまったことでしょう。
それが今では、それほど注目を集めるジャンルでもなくなっています。
私も当時はハマリましたが、今では全くやる気もしません。
モンハンも、似たようなゲームも結構出てきてますし、そもそも、モンハン好きな人は、他のゲームでは考えられないほどの時間をついやしています。
そうなると、やはりゲーム自体に慣れてきて、初めて見る敵でも、一発で倒せてしまったり、昔なら各属性武器や、様々なスキルの防具を作ってようやくクリアできてたような難易度のクエストも、間に合わせの無属性武器などでクリアできてしまいます。
そうなると、素材はいらなくなり、物欲が無くなると、狩り自体に目的も少なくなります。
それでも、モンスターの質が良ければ、モンハンのプレイ時間の大半を占める狩りに熱中できていいのですが…
モンスターと闘ってると、何かが違う。
2Gまでのモンスター達と闘ってる時の感覚と何かが違う。
この点については、今回のMHP1からやり直した後のMHP3プレーで何が違うのか明らかにできるかな、と、思う。

そして、もうひとつ気になるのは、懐の広さだ。
MHP2Gであったトレジャーハントが無くなってしまったり、と、退化してる。
MHP2Gから始まった大連続狩猟クエストがイベントクエストとして大量に出てきてるけど、ユーザーにとっては何か新しい楽しみ方ができるというわけではない。

これだけ多くのユーザーができたわけだから、遊びの種類を増やさないといけない筈なのに逆に減ってしまってる気がするのだ。

これは、メタルギアのピースウォーカーとかアーマードコアを見習って欲しがった。
あれは実に様々なミッションがあって、楽しめた。
同じシステムを使っても違う目的を設定することで、ゲームに幅ができていた。
もちろん、モンハンの要となるのはモンスターと闘う事以外に考えられないけれども、あれだけの世界観を持っているんだから、やろうと思えばいくらでも発想ができそうやけどなぁ。

例えば、メタルギアにあったようにプレイしてる画面を写真として保存できたりしてもいあかもしれない。
そこから、それをアルバムのように保存できたり、モンスター図鑑のみたいなものをユーザーが自由に作れてもいいかもしれない。
モンスターのあんな瞬間やこんな瞬間をカメラにおさめるとか、ハンターでは無い生き方も許容できてもいいと思う。
もちろん、それは、絶対やらなきゃ駄目なものになってはアカンけどね。

あとは、例えば、地図を自分でメモを書き入れれるようにして、オリジナルな便利な地図を作れるようにしたり、敵の弱点属性をまとめてメモを作れてもいいし。
自由に編集できなくてもいいから、何か通常の採取とは違った宝探し的な方法で攻略本に載ってるような情報をゲーム内から見れるようにできてもいいかもしれない。

無くなってしまった、トレジャーハントも工夫次第でもっと面白くなると思ってたのに、そもそも無くなってるのもショックやったなぁ。
あれも、通常の狩りとは違ったクエストの楽しみかたができて、良かったのになぁ。

最近のアイルー村やらMHP3での画面デザインやらを見ると、女性客を増やそうとしてるのがわかるけど、女性プレーヤーにこそ受けるシステムやったと思うけどなー、トレジャーハンティング。

宝探しも、トレジャーハンティングみたいな一回完結なものじゃなくてもいいかもしれない。
例えば、今だと、間違えて話しかけてボタンを連弾するためにしか存在してない村人とかが、何かを探してて、それを引き受けるとレーダーみたいなものがもらえて、何かのクエストの中で手掛かりを掴めたりして、サブイベント的に宝探しができたりしてもいいかもしれん。

はたまた、全然別のアイデアとしては、自宅や農場にに捕獲したモンスターをペットとして飼育できてもいいかもしれんよね。
別にグラフィックスなんてアイコンでいいし、名前とかを付けれるぐらいでいいから。
そしたら、農場のアイテムと同じように、定期的にそのモンスターのレア度の低いアイテムが手にはいるとかさー。
『俺、農場にレウス狩ってるねん!』『うちはディアブロスやわー』とかね。
そんで、部位破壊もそのペットの状態に引き継げてもいいかもしれない。
ペットとして飼育するなら、なるべく部位破壊しないで捕獲するとか。
それはそれで、狩猟のしかたも幅ができていいよなー。
…まぁ、理想的には、捕まえたモンスターのなつき度を上げて一緒にクエストに出られたらベストやけどなぁ。
それはプログラムが大変すぎそうやから、そこまでは求めないけど…
おともレウスと狩りに出たら、なついてたハズが野生に戻って、クエストのターゲットのモンスターと一緒にハンターに襲いかかってきたり、どっかに飛んで逃げてしまったり。
逃がしたモンスターはランダムでどっかのクエストとかに乱入してきて、もう一回捕まえてペットにしなおすこともできるのだ!
うーーん。
いかん。
夢が広がりすぎるぞ、このシステム。
でも、ほんまにこんなのあったら、それだけで半年ぐらい楽しめそうやよな!
迷子のうちのペットやった『ポチ』を探してたら、4人で協力プレー中に現れて、再捕獲しようとしたら、狩り仲間が誤って?故意に?討伐してしまった、とかさ。
めちゃドラマが生まれそうやよなーー!

そして、そんな時のために、ハンター同士の対決システムもありかな!
うちのポチの仇とかで、闘技場で戦える。
普段は仲間の攻撃ではダメージをくらわないけど、この時はハンター同士の攻撃でダメージを受けるのだ。
そして、ほかのプレーヤーは賭けができる。
どっちが勝つか?
武器や防具でオッズが違ってくるのだ。
ガンランスとかはオッズ低そうやなー!


まぁ、しかし、ちょっくら調子にのり過ぎた気もしないでは無いが、モンハンのシステムを使ってゲームの幅はまだまだいくらでも広げられると思うけどなー。
でも、そんな必須ではないお遊びもあってもいいかなーと、思った。

あ!
プレーヤーの食べる食糧も、いろいろ調合?料理?できてもいいかもね。
サシミ魚と黄金米を調合したらサシミ定食になるとかさ、別に食べるときの画像はお肉のまんまでいいからさ。
そういうお遊びはいかがかなーっと。

あ。
だいぶん今日の趣旨と違ってきたから軌道修正。

もひとつ大きな事は、非常に個人的な話になるけど、俺自身の環境の変化。
忙しい職場になってしまって、ほとんど協力プレーができなくなってしまった事もある。
また、周りの狩り仲間も結構引退してしまった事。
そんなこんなで、協力プレーをする機会が減ると、俺もなんか、そろそろモンハン卒業(中退?)かなぁ…とも思ってしまう。
モンハンの場合、プラスの連鎖も大きいが、マイナスの連鎖も大きいのだ。

そして、気になるのが、私のまわりで3rdを境にモンハンを辞めてしまう人が多い事。
それまであんなに熱中して2ndGとかやってたのに…

だから、モンハンを作っている人に伝えたいのは、『売れた=受け入れられた』では無いということ。
特に3rdのように一気に売れたゲームの場合、そのゲームが売れたのは、内容がいいからではなくて、前作が素晴らしいから売れたのだ、という事。
ここまで長い時間、モンハンに夢中になっていたプレイヤーが私の周りでMHP3でハンター引退している人が多くいる。
たまたまなのか、全国規模でそうなのかは知らないけれど、そうさせる何かをMHP3は持っている気がする。
MH3GやMH4を3DSで発売するというアナウンスがこないだあったばかりだが、そんなお遊びをしてる場合なんやろか?と、思ってしまう。
モンハンが売れて、PSPが売れた。
でもPSPの性能、ボタンがあってモンハンはできた。
モンハンとPSPはお互いに持ちつ持たれつな関係なはずだ。
それを別のハード、別のプレーヤー層のゲーム機に移すというのは、そうそう簡単な事ではない。
mhp3で武器のキー操作が結構変えられていて、それもMHP3の悪いところだが、次は別ハード。
同じ携帯ゲーム機とはいえ、その差は大きい。
そんな事をしている間に、PSP、PSVなどの、モンハン好きプレーヤーが集まったハードにもっと注力して、モンハン離れに歯止めをかけなければアカンのちゃうやろか…、と、俺なんかは思ってしまうけどなぁ。

まぁ、一ファンの戯れ言です。

しかし、MHP3がたくさん売れたからこそ、MHP3でモンハン引退したハンターの数も多くなってるんじゃないかと心配してしまう。


何にせよ、MHP3が受け入れられたかどうかは、MHP3Gなのか?MHP4なのかは知らないけど、続編の売れ行きで初めてわかるのかなぁ、と思う。
相当気合いをいれて改善しないとヤバイ気がするなぁ。
昔のモンスター総復帰ぐらいせな、ヤバイかも。


いやー、しかし、今日のブログはえらい長くなった!!


MHP2日記に話を戻そう。
只今…
消化クエ…

全部終わったー!
そして、100匹に足りなかった狩猟数はイベクエのクック先生10人切りを2回半で完了ー!!
村はシェンガオレンも討伐して、最後の招待状が出現!
集会所は金&銀が出現ー!!
いよいよ、MHP2も最後の山場に差し掛かってまいりましたー!!

とりあえず、村ラージャンは一番最後にしたいから保留。
まずは集会所の金、銀、行ってみますかー!

では、今日はこの辺で。
サラバ!
MHP2日記017_古龍三昧
2011年09月15日 (木) 12:31 | 編集
はい。
どもども。
そろそろ最後の招待状も視野に入れて準備しとこかなー、という辺りまできてます。

よく考えたら、MHP2までは武器縛りでプレーした事が無かったので、ランスで本物の『最後の招待状』をクリアした事はないのでした。
2GではG級装備に身を包んで戦ったかもしれませんが、それでは余裕もいいとこやからなぁ。

ラージャンか…
そういや、このブログにも載っけたけど、MHP2G武神闘宴をランスソロでやった時も、ラージャンが苦手で苦手で、どうしようもなくて、罠を温存しまくってようやく勝てたんやったなぁ…

ん?
そうか!
その手があったか。
よし。
アイルーキッチンの猫を4匹にして村クエをこなそう。
さて、その心は!?
いつか書くだろう最後の招待状編をお待ちください。

後は、MHP2Gへの引き継ぎも視野に入れたいところやけど、こっちは、まだ迷い中。
そもそも、データ引き継ぎをどうするか??
普通に引き継いだら、MHP2でクリアしたクエストも全部引き継がれるからなぁ。
MHP2Gにデータ引き継いで、それを更にMHP2Gに引き継げば、お金に換算でけるけどなぁ。
どっちでいくかで、準備も変わってくるからなぁ。

ま、ぼちぼち考えればいいか!

とりあえず、行きの通勤電車でナナのもう一つのクエストをクリアした。
こちらは一発討伐してしまった前回とうってかわって、何故か非常にてこずった。
回復薬も全部飲み干して、残り2分ぐらいの間を体力半分ぐらいの状態で逃げ回っていました。
死んだら塔の上まで登ってくる時間は無いし、報酬も減るし、せっかくちょんぎった尻尾の剥ぎ取りもできなくなるしね!
しかし、下位とは言え、討伐を急ぐとこうなるから要注意やね!

さぁ、残すところ村の古龍もテオとキリンさんくらいか。

お。
テオ出てる。
通勤時間半ばやから、ちょっくら火山のテオと戯れて、帰りの電車で撃退+もう一個のクエで討伐といきますかー。

火山のてっぺんで待つテオ。
古龍も初登場デモムービー格好いいよね!
特にこのテオと雪山クシャのデモは痺れるねー。

軽くテオとお手合わせして、会社に向かう朝の通勤中の狩猟はおしまい。
あぁー、帰りの電車が待ち遠しい!!
でも、今日も残業なのだ!
待ってろよー、テオ!


はい。
ただいま、帰りの電車の狩りを終えて、電車おりたとこです。
いやー、テオ。
ナナもそうやけど、腹立たしいけど、ズルくはない、実にいい動きをしてくれます。
MHP3のモンスターは腹立たしく且つズルい動きをするやつらが多いですもんね。

さて、今日のテオ狩りはなかなかにドラマチックでした。
最後の逃げるテオを追いかけて行った時点で残り2分ほど。
爆発をかわしつつ、隙を見て攻撃!
この時は鬼神が乗り移ったかのように、回避を決めまくり、ステップきって攻撃が決まりまくりで、討伐してしまいましたー!
時計を見たら、なんと!!
残りは1秒で逃げられるところでした!
さすがブラックテンペスト!
無属性なのに村とはいえ、テオを討伐してしまうとは!
やっぱブラックテンペストは最高やね!

そんなわけで、帰りの電車の時間が余ったから、火山のドスイーオス行ったら、2:32で終わっちゃった!
もういよいよ時間が無くなってきたのでドスランポス2頭行ったら1:34で終った…

なんだかなぁ。
1やと、結構強かったのになぁ。
ドスランポスなんか、ランポスと間違えたぐらいの早さやし!

まぁ、さくさく終るのもたまにはいいかな。

あ。
でも、今気付いた。
村のシェンガオレン出すには、ラージャン、シェンガオレン、ラオシャンロン、アカム以外のモンスターを2頭以上狩らなあかんのやった…
それって、古龍もやんな…
あらら。
ほな、クシャやナズチももう一頭づつ狩らねば!
うーん。
めんどい。
アカムやらアルバとリオンやら、ミラボレアスとかの隠しクエストを出すのが厳しいのはええけど、キークエとか出すのに条件いるのはやっぱ面倒やなぁ。
ま、それを言い出すときりがないし、実際、ある方がいいのか、無いほうがいいのかわからんから、これ以上は書かないけど、めんどい!!
そういや、3rdは、こんな怪しげな条件はキークエとかでは無かったかな?
亜種を出さなあかんとかはあったけど。
これはいい改良点やなー!

さ、でも今はMHP2や。
狩るしかないか!

とりあえず、出てきてたキリンさんを大樽Gを13発使いつつ15分で討伐。
続いてテオのもうひとつが出たので大樽G5発持参で対戦中にまた朝の通勤電車降りる。
またまた待ってろよー、テオ!

テオは待たせてばっかやな。

…。
只今、定時後の休憩中に、この文章書いてます。
あと3時間ほど待ってろよー!
テオ!!!
しかし、アンドロイド版のモンハンとか出たらヤバイね!
携帯でモンハンとか!
昼休みに同僚と一狩り行ってしまうやん!!
そんなの!!
そんなの!!!
そんなの出たら間違いなく飛び付くで!
ただし、キー配置は、絶対PSPと一緒じやなきゃアカン!
そしてiPhone版みたいな、モンハンを語っただけの別のゲームじゃアカン!
グラフィックスは多少しょぼくてもモンハン魂を引き継いだものならOK!!
出ないかなー、そういうの!
出るなら即買いするで!
よろしく、カプコンさん!!


…。
21:00、残業完了!
さぁ、狩るどー!!
と、今日は通勤狩りの臨場感溢れるリポートにしてみました!
これから、駅のホームに着いたらPSP起動です。
あれ?
何と戦ってたんやっけ??
あ、そやそや。
テオや、テオ。
忘れてた。
1回で狩れるかなー??
ま、でもよく考えたら2回に分けて討伐の方が、撃退の分の報酬だけお特か??
ま、いいや。
なるようになれで。

さて。
只今、自宅の駅に着いて、通勤狩りを終えたところ。

結局テオ君は、暴れに暴れてくれて、討伐できませんでした。
街でもないかぎり、テオに爆弾は当てるタイミングがみつからないばかりか、爆弾置くタイミング伺うだけ無駄に時間を消費するだけでした。
片手なら、武器しまわずに置けるからいけるかもしれんけどなあ。
高速設置もないし、2nd。

さて。
古龍クエも一通りはクリアしたし、あとは消化試合をこなしていきますかー。
MHP2日記016_自マキは楽チン
2011年09月14日 (水) 12:14 | 編集
はい。
相変わらずのモンハン通勤生活です。

さて。
前回にブラックテンペストが完成して、もう欲しいものは無いと書きましたが、もう少し欲しいものが出てきてしまいました!
クック先生の耳で作る、千里珠です。
業物が付いた事で、それほど戦闘中に砥石を使う必要も無くなったのと、村をすすめるならそれほど火力もいらん、というわけで、いつでもどこでもボスの居場所がわかるという自マキを付ける事にしたのでした。
クック先生なら100匹の対象モンスターやしね。

そんなわけで、村のクック先生二頭クエを4回ほどこなして見事完成。
さっそく、自動マーキングでクエストに出ます。
いやーーー!
超便利。
探しまわらんでいいから、ストレスゼロで狩れるね。

うんうん。
これは二頭クエなんかでも楽勝やね。

そんな感じで村の★1~4の途中までをサクサクと進めてみました。
すると、ふと気付いたら、村のクシャルダオラとかも、もう既に出てたんやなー。
いつから出てたんやろ?

とりあえず、村クエ全制覇のために、いつ出てくるかランダムな古龍は先に狩っとこう、ということで、早速クシャ行ってみた。
雪山。

久しぶりやねー、クシャルダオラ!
…と、話しかけても、ヤツは知らん顔で襲いかかってくる。
せやな。
ハンターとモンスターに挨拶はいらん。
激しい攻防こそが唯一の挨拶やね!

そんなわけで、クシャと戦った。
ランスでクシャ。
初めてな訳ではなかったけど、これまでランスをかついでに古龍と戦う時には既に龍風圧無効装備とかを持っていたので気にならんかってんけど…

…ランスの突進は龍風圧には負ける!!!

初めて知ったよ!!

これだけモンハンしててもまだまだ知らない事はいっぱいあるねー!
ランスの突進は風とは無縁と思ってたのに!
こりゃあ、この先のナズチやナナ、テオにも苦労させられそうやなぁ!
ま、とりあえず、クシャは閃光玉たんまり持ち込んだので、飛んでは落とし、飛んでは落とし、を繰り返してるうちに、逃げ去って行ってくれました。

そして、続いて密林にもクシャがやってきたので、連戦。
さぁ、戦うぞー!と、気合いを入れて向かったのに、すぐさま討伐になってしまいました。
なかなか、この逃げ去りシステムは面白いですよね。
明らかに他のモンスターとは違う別格なモンスターって感じが伝わってくるし!

クシャから取れた鋼の龍鱗で、ギザミUの胴と腕を作ったら、防御マイナスも消えて、かなりイイ装備がでけそうやけど、MHP2Gではスキル構成が変わって、ギザミSと業物スキルが被らないので作成は見送りかなー。
装飾品作るのも面倒やしね。

さぁ、クシャのクエも2つ終わったし、お次は…

お!
ナズチが出てるから、ナズチ行こー!
ナズチも久し振りやなー。
相変わらずノソノソ動いてるんやろなー。

ナズチも、何か最初に会った時はえらくワクワクさせられたなぁ!
だって、消えてしまうんですもん!
ゲームの世界とはいえ、モンハンの世界では、ハンターも、モンスターも、生きているようにそこに居て、戦うわけです。
それが忽然と目の前から消えてしまうのですから、それはスゴイ衝撃やったなぁー!
まぁ、慣れてしまえば、全然平気なんですが!
同じエリアで戦ってる時に消えてしまっても、武器を納刀して走れば、敵に向かっているときだけ、焦り走りじゃなくなるので、おおよその方角もわかるのでした。
地味なウンチク。

そんなワケでエリアさえわかれば、特に何の問題もなくナズチ撃退。
残り2分ちょいで撃退というところで、スタミナ0になる霧を浴びちゃったので、サクッと茸狩りをして帰宅。
厳選キノコないから、あまり美味しくなかったなぁ。

その後はナズチ追撃しよかと思ったのに、クエ出てなかったから、ナナちゃん行ってきた。
ひさびさのナナちゃんは、今日も青い顔してた。
適当に戦ってたら、討伐してもうたー!
まだもう1つクエあるのに、また最初からやらなアカンー!!!
ま、ナナやテオは戦ってておもろいから
イイか!

ナナの次に、ナズチのも一つのクエが出たので、討伐。
二回目のクエは早く終わっていいね!

では、今回のブログはここまで!
村も残りわずかになってきた!
MHP2日記015_ブラックテンペスト
2011年09月13日 (火) 12:13 | 編集
ほい。
ついに、2ndも集会所の最高ランクに到達です!
いやー、長かった!
ようやくです。
ようやく、念願のブラックテンペストを作れます!

村の下位終盤で角槍ディアブロスを作って以来の武器作成。
ここまでずっと使ってきた角槍が、やっとこさ黒光りするイブシ銀の上位装備に変身できるのです。
これが喜ばずにおれますかー!!
既に必要な素材はかなり前からチェック済みです!

黒巻き角は下位素材やから、足りなければ下位ディアの角を折りに行けば良さそうだ。
そのほかの素材を上位黒ディアさんに出してもらうとしましょう。

まずは、キークエにもなってる黒ディアを一回クリア。
その後は、なんとなくお得かなーと、3回ほど四本の角をクリア。
ディアは捕獲可能になってからが面倒なので、サクサクっと捕獲。
これで、残すところ下位黒ディアの角折りのみになりました。

いやー、さすがに、MHP1から毎回ブラックテンペストを作ってると、ディアブロスについて書くことも、特になくなってくるよね。

サクっと角を岩に指して、急所付近を突きまくりです。
ごめんね、ディアブロス…
めちゃ痛そうやし!

まぁ、特にディアブロスに言うことはないねんけど、ここに来るまでに、力&守りの爪欲しかったなー!
せめて力の爪だけでも調合できれば、もうちょい楽できたのになー!

あのアホラオが1つすら大爪出しやがらんから!!!


ま、そんなこんなはあったものの、特に何のドラマもなく、ブラックテンペスト完成~!
やっぱし、このランスが一番格好いいよねー!
MHP1ではブラックテンペストできあがって、すぐにMHP2に引っ越しになってしもたから、作ったのにほとんど使えなかったけど、今回はまだまだクエスト残ってて、思う存分振り回せるぞー!


さて、と。
これから、どうしよかなー??
集会所はキークエの金銀出すまでが長いし…
村は全クエクリアせな最後の招待状出てこんし。

…。

モンハンはこれが面倒くさいよなぁ。
100匹狩らな出てこんとかさ…
全クエストやらなあかんとかさ…

とりあえず、村の★1や★2で卵運んだり魚釣ったりしてて気付いた。

せや!
ラオ狩ろう!
大爪をもらおう!
前回は斬れ味+1も無かったし、武器も下位のやつで撃退しかできんかったけど、今なら武器も防具も上位や!
狩れるんちゃうかな??
剥ぎ取りできれば、大爪も1つ2つ出てくれるやろう!!

ということで、上位ラオシャンロン行ってみた。
もちろん、日頃使わない大樽G12発分持参で。
戦ってても明らかにラオシャンロンにダメージが通ってる感じで、残り2分くらいで討伐!
剥ぎ取りで2個、報酬で1個の大爪が出て、晴れて力&守りの爪をゲットでございます!!
しかし、MHP1から引き継いだお金と怪力の種の金稼ぎで最後まで金欠にならずに済んだなぁー。
もうこれ以上は特に欲しいもんも無いし、クエスト消化で貯まる一方かな。
何か趣味で武器作ってみよかなー!

装備が整ったので、集会所のキークエで試し斬り。
蒼桜、黒グラビ。
なかなかの斬れ味。
そして、業物も着いてるから、長いとは言えないブラックテンペストの斬れ味でも普通に使えるし。
いいねー!

しかし、黒グラビはちと苦労した!
あのおっさん、体力ありすぎやし。
ま、個性的やけどな。

そんなわけで、ひとまず、村クエ全クリと、いろんなモンスター合計100匹討伐以外やることがなくなってもうた。

仕方ない。
狩るか。
さしあたり、村クエをこなして、その後は足りない分、イベクエのクック先生10匹狩りでもするかなー!

そろそろMHP2Gも視野に入れて準備するかー!
MHP2日記013_赤フル、金冠出ないかなぁー??
2011年09月11日 (日) 12:16 | 編集
ほい。
今日も元気に2ndのフィールドを駆け巡っているオヤジです。

いやー!
やっぱりモンハンは止められませんなー!
飽きひんし!
3rdはかなり飽きたけど!
他のゲームでもしよかと思ってやってみても、何かこんなんして遊ぶくらいなら、モンハンで素材集めでもせな、時間の無駄や!とか思ってしまうんですよねー!!
ハタから見たら、どっちもゲームやん、て言われるやろけど!!

さて。
本日の退勤電車のお相手は、赤色のシャア専用フルフルです。

この赤フル。
2ndをやりこんだ人なら、きっと相当数クエストを受注して、そして、相当数リタイヤした事でしょう。

私も同じくなのですが、こいつだけは、目的を達成できないまんま残ってしまったターゲットでもあります。

ま、出ないもんは出ないで仕方ない。

それが、2Gに行くと、キリンとのコンビのイベクエで10回もせずに出てくるんだから、ありがたいやら、俺の青春を返せやら…

ま、とりあえず、今回は倒せればいいので、関係ないけどね。

んで、出来立てのギザミに身を包んでみて、ハタと思った。
フルフルかぁ…

着替えたばかりの装備を、元の装備に変えた。
やっぱ、フルフルにはガ性能+1でしょう!!

と、いうわけで、下位装備で挑む赤フル。
明らかに金冠ではない普通サイズ。
そして、2回殺された!
下位装備やと、サクッと電撃一発で死ねます!!
しかも、討伐までに40分くらいかかったし!
うーん。
早いこと武器を強化せな、精神衛生上よろしくない。
まぁ、もっと腕が良ければええねんけどね!

続くガノトはまぁ、多少攻撃力が怖いけど、特に問題なく討伐。
ガード性能が無いギザミに変えてはいるものの、防御力が上がってるから、多少の削りはなんとか耐えられる。
そして、レウスは悪いけど閃光づけになってもらって、飛ぶ度に墜落してもろた。
バサルは爆弾で速攻で腹割って、弾かれ知らずの突進であっさりと逝ってもらった。

2Gまでのモンハンでは、こういう必勝パターンみたいなのがあっていいよね。
もちろん、ガチで何も使わないで闘う事もあるけど、面倒な時や、素材集めで何度も狩る時には、特にソロやとパターンにはめないと面倒くさくて嫌になる。
今回は武器縛りでやってるからあれやけど、その他の武器も使っていいなら、もっと楽に仕留めていくことも可能だ。
でも、3rdは何を血迷ったか、このハメを無くそうみたいな思想があるような気がしてならない。
それはゲームとしての楽しさを無くす事に等しいような気がする。
どんな闘い方にせよ、武器を使いこなすには練習が必要やし、それなりのテクニックもいる。
でも、欲しい素材を集めるためには、この武器やと圧倒的に楽に戦えるとなると、練習しがいもあるし、それは、たくさんの武器を用意してあるモンハンの懐の広さが無ければ出せない奥行きやのに。
ゲームバランスというのは、どの武器でも同じように戦えるというのではなくて、粗さがあってこそのものやと思うけどなぁ。
それがあったからこそ、2ndや2ndGは、普通のゲームではありえないぐらいのプレー時間楽しめるスルメのようなゲームやったのに。


…っと、勝手にいろいろ語ってみた。

ま、とりあえず、集会所★7も完了。
★8の緊急クエストは…っと…



……。

ティガ2頭同時…

そうかー!
あったなぁ、こんなん!

モドリ玉でキャンプ戻るパターンのやつやー!

これは、熱いクエストになりそうや!
MHP2日記012_憧れのギザミS
2011年09月10日 (土) 12:51 | 編集
はい。
どもども。
今回はようやく、上位の防具作成のお話です。
途中ドドブラに寄り道したものの、ようやく上位の中盤なので、ギザミさんにお目にかかれるわけです。

それにしても、ギザミS…

使えすぎるでしょう!!?

斬れ味+1と業物ですぜ、旦那!!
てやんでい!
べらんめい!
てなもんです。

最初のMHP2プレイの時は、MHP2Gに移るまで、ずーっとレックスSのお世話になってて、そもそも斬れ味+1?業物?なにそれ?
って感じで、自マキ最高!自マキ無しでは生きていけない!て感じやったんですが…、過酷なクエストをこなしているうちに、近接武器に必須なのは、斬れ味+1やと悟ったわけです。
斬れ味が長くなると、研ぐ回数が減るばかりか、たいがいの武器はダメージ上がるは、弾かれにくくなるわで、かなり討伐時間が短くなる。
更に、斬れ味+1よりは地味な存在ではあるものの、業物があれば、そのいい状態を長く維持できる。
砥石使うのも、やはりタイミングを見計らう必要もあるし、攻撃できるチャンスを見送る事になるし、悪い時には研いでる最中にダメージくらって、回復するタイミングまで必要になったりする。

それを考えると、この2つが揃う防具、ギザミSが作れるか否かで、通勤狩猟の快適さも大幅に違ってくるというものです。


さぁ作ろう、今作ろう!

というわけで、キークエでもないギザミ1頭クエを早速受注したのでした。

そして見事、2回殺されながらも討伐。
相変わらず、蟹はいい動きをしてくれます。
回避で避けれる攻撃は多々あれど、ちょっとタイミング間違うと、フル下位装備バリバリのハンターの体力などゴッソリ持っていきます。
特に怒り状態など、ヤバイ。
かといって、ガード主体になると、明らかに手数が少なくなる。
モンスターとの戦いには、この恐怖感が必要です。
これがあるから、プレイが引き締まる。
そして、ゲームの中ではありますが、その恐怖感を持ちながら、立ち向かってゆく勇気を出す。
そして、幾多の経験を経て、戦いの経験値を、RPGのような数字の経験値ではなく、自分のハートに、頭の中に、指先に貯えていける、それがモンハンの魅力なのでしょう。
はい。

脱線しましたが、ギザミさんです。
シリーズ防具一式揃えようとしたら、1匹2匹倒したぐらいでは素材は集まりません。
そうなると、数をこなすしかありません。
数をこなすなら、一頭クエより二頭クエ。
一匹ずつは若干弱いし、二匹ぶん剥ぎ取れるしで、若干ウハウハです。

ギザミ二頭クエをこなす事3~4回。
毎回一匹はシビレ&大樽Gで爪破壊して、更に捕獲することで、早くしとめる&捕獲素材狙いです。
かなりギザミ素材も集まったところで、他に必要な素材を確認。
紅蓮石、獄炎石は火山のツアーでげっと、虫系ではマレコガネが大量にいります。
そういや、昔、マレコガネを集めるために森丘で虫網をふりまくったような記憶が…
記憶を頼りに森丘で網を振りまくりますが、なかなか出てくれません。
ネットで確認しても、やはり森丘が一番良さそうです。

しかたないので、生肉&フン調達がてら、森丘素材ツアーで、エリア1のみ採取をくりかえしますが、5~6回もまわって、たったの1匹です。
あ、ちなみに、生肉はばあちゃんが売ってくれるのですが、生肉は買わない事に決めました。
ハンターたるもの、生肉は現地調達、現地調理が基本だと、MHP1で教わったからです!

まぁ、今回の話とは全然関係ありませんが!

しかし、うーん、困った!
というか、めんどくさい!
マレコガネめー!
2Gではざくざく出て、モンハン小話では、どこがマレやねん!と突っ込まれてたのに!


ここで、よく見ると、農場の虫網ポイントがまだ1つ拡張できてないのに気付きました。
どのみち農場は拡張しときたいので、どうせならと、密林素材ツアーを2回フルに採取して拡張します。
すると、まぁ、なんということでしょう。
農場でマレコガネが出るわ出るわ!
攻略本に載ってる5%という数字とは明らかに違うペースでマレコガネが出てくれます。
体感で15~20%くらいの確率で、ビシバシ集まってくれて、サクッと必要な素材が集まりました!
ビバ!農場!!

このあたりで、作れるギザミSのパーツを作れるだけ作ってみると、残りはガミザミの小殻だけ。
しかも、下位でいいとの事なので、村のガミザミ10頭クエで余裕で揃い、ついに完成!!!

おおー!
ほんまに斬れ味+業物やー!
すげー!!!
あとは、砥石高速つけるために、ちょちょっと村のドスギアノスを何回か瞬殺してきて、完成!
あとは余ったスロットに防御の珠つけて、防御マイナスを若干緩和。
元が下位装備やから、多少防御が下がっても、全然おつりが来ます。
防御力も、今ある素材分だけ強化します。

やったー!
これで、まずは防具は上位になったどー!
あとは武器や。
これは、上位の次のレベルのディアブロスを狩らなあかんから、しばしおあずけ。

でも、装備が完成すると嬉しいね!!
MHP2日記011_雪獅子二重の咆哮
2011年09月09日 (金) 13:00 | 編集
またまた因縁のクエストにやって参りましたー!

ドドブランゴ2頭クエです。

これは、このブログの最初にも書いたんですが、最初のMHP2プレイ時のお話し。
ドドブランゴ2頭クエで大いに詰まった当時の私ですが、頑張りに頑張って50分タイムアップすれすれまで激しい攻防を続け、舞台は足を引きずったドドブラを追って、雪山の巣穴。
残り時間わずかのため、決死の特攻を試みるも、敢えなく時間切れ。
しかし、時間切れ間際に放った最後の一発が当たって、壮絶に倒れるドドブランゴ…
え?え?え?
倒せたの??
倒せなかったの???

…倒せてませんでした…

という、因縁のクエスト。

あの時はマジで悔しかった!
狙ってできるもんじゃないよね、そんなドラマチックな最後…


ていうか、このブログは、こんな昔の懐かしい思い出を語る場になりつつあるのですが、まぁ、どうしても懐かしいからそうなってしまいます!

今回は、その時のリベンジを兼ねて、先に防具を揃えずに、下位防具のまんまでドドブランゴを2頭討伐してやろうという訳です。
でも負けたらギザミS先に作ってこよっかなー!!

さぁ、そして、開戦です。
早々にドドブラに遭遇して戦います。
さすがに1対1なら、下位防具でも、ドドブラごときにはおくれを取りません。
ランスでお猿系を相手にするときは、徹底してインファイトに持ち込むしかありません。
以前にも書いたバックステップで行きたい方向の反対を向いて移動する方法ができるようになったら、お次は、体をたおしてドッシン!と地面を揺らすやつを、ステップで回避しましょう。
これは、耐震があれば問題ないのですが、難関クエストで出てくるラージャンを見据えて練習しといて損はありません。
回避性能も無くてもできるようにしておけば、そういったクエストで、防御系スキルを外しても戦えるようになります。
が、最初は回避性能+1あたりを着けて練習するのがいいかもしれません。
これは、お猿系に限った事ではありませんが、実際に目に見えてるのと、当たり判定は違うという事を覚えておくと、シリーズ全般を通して約にたつでしょう。
ナルガの尻尾降りなんかも、もう当たってるやん!?と、思ってから回避するぐらいで、スキルが無くても楽々避けられるようになります。
脱線ついでに書くと、ナルガを早く倒すには、この尻尾振り避けをナルガの頭向きに行うのが近接武器全てで基本となります。
これができれば、2Gでの村モンスターハンターや、武神闘宴をソロクリアも近づけるというものです。
それらのクエストやと、有効なアイテムは他の手強いモンスターに使いたいから、ナルガ当たりは、何も無しで勝ちたいですもんね、素早く。


さて。
今回のドドブランゴ。
開始5分ちょいで、キャンプに凱旋です。

…。

はい。
1アウトです。

偉そうな事を書いときながら、これです!
いやー。
下位装備でドドブランゴ2頭はキツかった!
仕方ない、仕方ない!

言い訳と、立ち直りの速さもモンハンでは必要なのでした。

さぁ!
まだ後一回死ねる!
行くぞー!

5分後…


再びキャンプにアイルーの荷車で帰還!!


なんでー!!??


何かドドブラ2頭、ラブラブなんですけど!!
どこまでも添い遂げるかのようにコンビプレー。
痺れをきらして、2頭同時のところをビット&エリアチェンジでダメージ稼ごうとして、サクっと狩られてきました!!!


うーん!

初回の時もこんな感じやったのかもしれません!
全く成長ナッシングぷりを発揮してます!

モンハンでは、我慢もハンターに求められるのです。

でも、こちとら、通勤ハンター。
電車に乗ってる30分ちょいで終われないと、仕事が手につかないのです!!

こんな時用に持ち込んだ肥やし玉も、空中に拡散するだけで、役に立ってくれません。
いつからモンスター単体に当てれるようになったんやっけ???

さて。
野球は2死から、モンハンも2死から!!
ハンター歴が長いと、自然と状況に応じて、各モンスターとの闘い方がセレクトできるものです。
あと一発入れてもなんとかなりそうやけど、早めに回避するとか、ギャンブル要素を減らして闘うわけですね。
はい。

今回の最大のギャンブル要素は、ドドブラ2頭同時なので、これは完全に避けます。
とはいえ、なんかこやし玉も効いてないっぽいので、そこは、別の方法で分断します。
多少運も必要ですが、2頭が揃っているエリアに入って、1頭だけ気づかせて、すぐに逃げます。
すると、2頭で状態が変わるので、動きも変わって、シンクロしてたエリア移動もズレるというわけです。
そして、今回は自マキついてない装備なので、ドドブラが来そうな雪山の上の残り2エリアを出たり入ったりして、未発見だったもう一頭のエリアチェンジを待ってから、先ほど発見させた方がいるエリアに行きます。
発見させた方に行かないと、いずれ警戒をといた1頭が元の行動に戻り、再合流される危険が高いので、お気をつけを!!

そんなこんなで、1頭になってしまえば、下位装備とはいえ、ドドブラには負けません。
ほどなく巣穴に戻った一頭目を討伐。
残り1頭もザクッと突きまくって完了です。

リベンジ完了!

しかし、モンハンはやっぱり追い込まれてからが面白いですね。
神経が研ぎ澄まされるというか、なんというか。
なかなか普段の生活では味わえない経験ができます。

さて。
んじゃ、ドドブラに下位装備でリベンジも達成したので、ギザミS装備でも作りに行くとしますか!

では、また次回!
MHP2日記010_上位ラオ亜種
2011年09月09日 (金) 09:39 | 編集
お!
昨日ブログの更新忘れてたから、朝イチで更新しとこう!
自動車業界関連の仕事を担当中やから、9月いっぱいまで木金休みで、休日やったので忘れてたのだ!

では、昨日更新予定やったブログ。


はい。
やってきました、上位のラオ亜種。
このラオシャンロンは、一番最初にモンハン始めた頃に、はじめて見たラオシャンロンだったのです。
MHP1村レウスで中断→MHP2と来たからね。

なので、こいつはラオシャンロン亜種ですが、私の中ではノーマルのラオシャンロンはこの青い色したラオであって、原種を見るとなんかそっちが亜種のような気分になるのです。
こいつを初めて見た時はホンマにぶったまげたなー!
攻略本で、絵は見てたものの、実際に目の前に現れられると、本当にハンターなんてアリンコみたいなもんです。
モンハン初プレイの時は、クック先生でデカイ!と思い、レウスはモンハン界の神様で討伐なんて大それた事は考えもしなくて、ただただ、卵を運ぶ間は眠ったまま眼を覚まさないでくだせぇ、と念じてたぐらいのものやから、ラオを初めて見た時のビビりようは、説明するまでもありません。
ちなみに、同じくデカイ、シェンガオレンですが、こっちは、元々視点操作がおぼつかない頃で、上下に視点を調整なんて絶対ムリ!!という事もあり、基本的に足が1つずつの生き物が4体並んで移動してる感覚だったので、プレイ中にそれほどビビる事はありませんでした。
まぁ、登場シーンやエリアに来る前には全身見えるけどもね。
遠くやから、そのデカさが気にならなかったというような。
シェンの全身像が把握できるようになったのは、MHP2Gでガンナーもできるようになって、ナルガのヘビィで貫通撃ちまくれば楽勝というのを知ってからなのでした。

まだもうちょい話を脱線させると、このシェンガオレンとラオは、MHP2Gまでで、ハンターをガンナーに目覚めさせる重要な任務を持ったモンスターだったのです。
3rdでは、そんなモンスターいるのかなぁ??
ドボルベルク?
ジエン??
どちらもガンナーでも闘ったけど、そんなに有利に戦えた記憶がないなぁ。
まぁ、3rdはそんなにいろいろ攻略法を調べたりしてないし、よくわからんなぁ。
ま、いいや。
とりあえず、前置きが長くなったけど、今日のお相手は、上位のラオなのでした。


さて。
しかし、前置きが長くなったわりに、特に何事もなく、撃退完了。
近接武器のセオリー通り、腹下に陣取って、攻撃攻撃の繰り返しです。
ランスは大バックステップがあるので、尻尾方向向きながらもラオの前進に合わせていくのが結構楽です。
攻撃回数と、大バックステップ、通常バックステップを調整し、たまに腹横に追いやられたら、横にステップしたり、歩いたりで位置調整すればOKです。

あとは、初心者さん向けのアドバイスとして、ラオの腹下では、視点をいつもより上(クエスト開始の視点)に合わせると、腹下での動きが取りやすくなるのでした。


MHP1とちがい、バリスタも縦に動くし、快適、快適!

そんな感じで、ラオ撃退(討伐はできんかった!)で、お楽しみの報酬画面…

………。

…少っ!!!

もちろん、大爪ナッシング!


うーん。
さすがにラオを連戦する気には…なれん!!
通勤ハンターは時間がないのだよ!
ラオ!!
ky!!!
MHP2日記009_さぁ上位や!一採取行こうぜ!
2011年09月07日 (水) 12:38 | 編集
はい。
シェンガオレンに苦戦していやな汗かきつつも、上位に上がったオヤジハンターです。

いやー、しかし、モンハンでクラスが1つ上になれると嬉しいですよねー!
フィールドで取れるアイテムも激変して、2ndの上位やと、その辺の草むらのキノコをガサゴソと漁れば、厳選キノコなんか出てきてくれるわけです。
さぁ、漁るどー!!!

2nd上位なりたてやと、必然的に密林を漁りたくなるわけですが、素材ツアーだと、湖の向こう岸に行けないから、ドスランポス2頭クエに行くわけです。
1頭軽く倒しておいて、まったり採取を…と、思ってたんですが、何を血迷ったか、2頭揃ったのに逃げずに戦ってしまい、敢えなく戦死…
しかも2度も!!!

くそー!
ドスランポスめぇーーー!!
シェンガオレンに続いて、いいとこなしのベテランハンターでしたが、落ち着いて1頭倒して採取。
めでたくクリアいたしました。
それにしても、そろそろバトルとギアノスやらゲネポスやらの寄せ集め防具をなんとかしたいもんですが、間もなく上位のギザミさんと会えるので、面倒な素材集めはギザミS だけにしたいので、今しばらく我慢です。

何度か素材ツアーなどでポイントも集めれたし、サクサクっと、キークエをこなします。
さすがにベテランらしく、油断しなければ、ババコンガやザザミ、クックあたりには負けません。
というか、下位の武器とはいえ、さすがはディアブロス素材で作っただけあって、角槍ディアブロスは強い。
これなら、上位終盤のディアブロス亜種を狩って、ブラックテンペストに強化するまで、他の槍を作る必要も無さそうです。
中盤でギザミS作れば匠がついて、青ゲージも現れるし!

さぁ、そして、いよいよラオシャンロンです。
こいつが大爪を1つでいいから出してくれれば、力の爪ができて、攻撃力もUPできます。
さぁ、頼むよラオさん!!
MHP2日記008_死闘!蟹竜シェンガオレン
2011年09月06日 (火) 12:12 | 編集
はい。
本日もモンハンブログ更新です。
今回のお相手は、懐かしい蟹さん、シェンガオレンです。
いやー、ずいぶんお久しぶりです。
ラオシャンロンとはMHP1で再会を果たしましたが、シェンガオレンとは、MHP3を始めて以来の再会です。

しかし、MHPには何体か蟹系モンスターがいるけど、このシェンガオレンほど不味そうな蟹もいませんね!
一番美味そうなのは、間違いなくダイミョウザザミ。
倒した後に3回剥ぎ取りしてもうやめちゃうハンターを見て、『いやいやいや!剥ぎ取るのは素材じゃないやろ!あの割れた爪から見える白身!!鍋には最高な感じやん!!』
ポッケ村なんて万年雪の村に過ごしてれば、鍋物はかなりの頻度で食べてるハズやし、あれだけのデカさなら、村人全員で食べても、1週間ぶっ続けで食べれそうやん!
…と思うわけです。

思うわけですが、残念ながら今日のお相手はシェンガオレン。
お鍋はおあずけです。

さて。
グラビが雨の湿地帯に現れたため、余っていた大墫G5発分を持ち込んだので、各エリアの出鼻にシェンガオレンの足に当てていきます。
エリアぎりぎりよりちょい中側に置くのがミソです。
耐震もないので、ペイントボールで起爆。

あとは、シェンガオレンを追いかける形で、足を後ろから突き×3→ステップを繰り返します。
そういや、最初のMHP2プレイでは、シェンガオレン素材で作る大剣を愛用してたなぁ。
溜めると赤くなっていく刀身が格好良すぎた。

そんな思い出に浸っていると、二連続で足に踏まれて死んだーー!!
ぐはっ!
その場足踏みをすっかり忘れてた!!

さらに、最終エリアの1つ前のエリアでは、ダウンしたシェンガオレンの胴体を攻撃してたら、立ち直ったシェンの足の付け根当たりに当たって死んだーーー!

……。

余裕かまして、体力回復せずに戦うと、こんな事になってしまうのだ!

思いがけず二死になって、ちとビビりつつも、既に口の中で対巨龍爆弾も使ったし、足はも、いい具合に二段階目の破壊間際に調整したしで、なんとかクエスト失敗する事なく任務完了!
上位に突入やー!!


…しかし、3rdやりすぎて、2ndGまでの闘い方をだいぶ忘れてしもたんやろかー!

嫌やなー、それも。
2ndGは、歳をとって爺さんになっても現役ハンターでいたいもんです。
3rdは…まぁ、下手になってもいいかな!
MHP2日記007_集会所下位
2011年09月05日 (月) 12:16 | 編集
ほい。
MHP2の村も終えて、いよいよ集会所です。
とはいえ、しょせんは下位なので、全く詰まりもせず、サクサクと進み、★3、★4、★5と進みます。
うーん。
素材的には既に村で集めたし、完全に消化試合です。
しかし、この間もこまめに農場拡張と消費アイテムを貯めとけば、上位になった時に在庫やお金をあんまり気にせずに使えます。
蓄えまくるでー!


…と、えらいハショリまくったのには、訳がありまして。
休みの日に雨降りやった事もあって、結構な時間モンハンをしてたので、ほとんど記憶に残ってないのでした。

しかし、2ndGや3rdは、全武器をソロで制覇したので、何人も新キャラ作って0からやりなおしてたんですが、1や2ndは今回のチャレンジでほぼ初めて2度目の挑戦になるんですが、思ってたほどは難しくないです。
やっぱり、初心者の頃にやつたから、勝手に難しいような印象が残ってただけなんでしょうね。

ただし、ドドブランゴさんだけは少し苦戦した。
3rdやってたおかげで、猿系のモンスターとの闘い方をちと忘れてるかも!!
ヤバイ!!
でも早くラージャンには会いたい!!

あ、そういえば、グラビを爆殺しようと思って、大墫G13発分準備してたら、クエスト情報みたら、湿地帯の昼……
雨降りやん!!
出発前に気付いて良かったー!
こんな時用に買うといた爆雷針を持って行った。
最初のMHP2プレイでは、よく雨の湿地体に爆弾持ち込んでもてあましたなぁ。
ヤバイ、ヤバイ!


ま、そんなこんなで、お次はいきなり集会所下位最後のシェンガオレンなのでした。

うーん!
超はしょりまくり!
MHP2日記006_村完了
2011年09月04日 (日) 12:26 | 編集
ほい。
前回、ディアブロスを狩って、お次はゲリョス2頭、ザザミ2頭。
どちらも、サクッと完了。
やっぱ、蟹系と猿系はなかなかいい動きするよなー。
なんで3rdでおらんのやろう??
あれだけ、ハンターを楽しませてくれて、いろんな闘い方を提供してくれるモンスターを作るのは大変やったやろうに、あっさり切り捨てるなんて!!

ま、いいけど。

お次はグラビ。
さっくりと倒すつもりが、結構苦戦させられた。
やっぱり体力デカイなぁ。
んでも、2ndやと、それも含めて見た目だけじやなく個性的なモンスターがいっぱいやから、狩ってて飽きないね。

でも、グラビモスといえば、思い出すのは、この2ndのイベクエで、闘技場舞台に2頭の黒グラを倒すというやつ。
最初は確定報酬の延髄が欲しくてはじめたものの、攻略法を探したら、分断してガンスでガード突きを繰り返すやつを見つけて、それの練習が楽しくて、最終的には延髄が5~60個は余裕で溜まってたなぁ。
懐かしい。

グラビもキャラ的に、必要なモンスターやと思うけどなぁ。

ディアブロスは現役バリバリの近寄りがたい任侠?みたいな感じで、グラビはプロレスラーかお相撲さんか、でかくでのろいけど、動きはシンプルでパワー全開なオヤジ。
ドボルベルクではちと、グラビの穴を埋めるには役不足かなぁ。
やつも、鬱陶しい後退り体当たりしてくるしなぁ。

とは言え、グラビもクエストを失敗させるほどでもなく、討伐。

緊急クエストのレウス&レイアは、サクッと完了。
レウスやレイアは、それこそアホみたいに、何度もこれまで討伐してるから、さすがに負けはしないかな。
二頭同時になると手強いけどなぁ。
それにしたって、天と地の怒り系のクエストも何度もやってるから大丈夫!


さてと。
村はこれでひとまず終了かな?
と、思ったら四本の角だけはやって、上質なねじれた角はゲットしとかなー!

という事で四本の角に行ってきた。
怒りまくりのディアをお構いなしに角を壁に誘導して討伐。
たまに2頭同時になられるも、弱い原種から集中的に狙って残った亜種も1頭なら余裕、余裕!

いやー、しかし、こういう明確な攻略法、明確なこの武器なら楽に勝てるというのはいいよね。
どれでも、同じくらい苦労するなら、他の武器を使う意味がないし。

で、上質なねじれた角は1回で出てくれたからいいけど、他の素材が微妙に足りなくて、村のディアブロス原種1頭クエを1回行って、めでたく角槍ディアブロス完成!

村の緊急クエストは、いろいろやらなアカンから、上位装備を揃えてから消化することにして、いよいよ集会所でございます!

早く上位になりたいなーっと!
MHP2日記005_ディアブロス再び
2011年09月03日 (土) 12:39 | 編集
さて。
本日も張り切ってブログ更新です!
ティガとの宿命の闘いを終えたら、お次はディアブロスです。
今回のMHP全シリーズ・ランスの旅の決まり事として、すべてのシリーズで黒ディアのランスを作ることに決めたので、必然的にこいつとは戦う宿命なのです。
そうと決まれば、早く戦って、早く武器を強化するに限ります。

いざ、勝負。

あっさり勝てた。

あれー??
MHP1よりなんか曲者度がだいぶ下がってるような。
て、いうか、これが普通ぐらいの強さかな?
1は、なんか特別な飛竜オーラが出てたもんな。
ディアブロス。

尻尾も切ったし、角も折ったし。
で、ねじれた角はゲットしたけど、角竜の甲殻が4つ必要なのに1つ足りなくて、再戦。
1つ足りないと嫌やよなー!
ま、2回戦目も、さっくりと終わり、ブロスホーンができあがり。
ランパートさんはひとまず引退で、ブロスホーンをメイン武器に。

しかし、武器スロットがなくなって、自マキがなくなったー!
うーん。
便利やったけど、攻撃力が100くらい違うからなぁ!
ま、各モンスターが行きそうな所は知り尽くしてるし、なんとでもなるでしょう。
角槍への強化には上質なねじれた角が必要なんやけど、ディアブロス亜種の角破壊の方が出やすいらしいので、村★6の四本の角まで待とうかなー。
あれなら、原種、亜種で2頭分の角破壊報酬もらえるし。

しかし…
今回ディアブロスを狩ってて思ったのは、アイテムが効きまくるって事。
ランスなので、アイテム無くても充分余裕を持って戦えるんやけど、早く倒そうとしたら、やっぱり閃光や音爆で動きを縛るのが一番。
これに比べて、3rdやと、効果が有効な時間が減っていくし、そもそも効果のある時間が少ないしで、イマイチな使い勝手。

でも、どっちがええんやろなー?

閃光で少しハメちっくになるけど、攻撃力は強いから、ちょっとミスると結構なダメージをくらう。
かたや、3rdのように閃光の効きは悪いかわりにダメージは控えめ。
確かに、大勢で絶えず閃光玉を当てた状態にして狩るとかは、面白くないのはないねんけど、アイテムがよく効くというのは、モンハンの重要なポイントだったはず。
初心者には戦ってる最中にアイテムを使うのは難しいけど、使うと有利に戦えるから、練習して使えるようになる。
閃光玉にしても、きちんとピヨらせるのは難しいから、各モンスター毎に、こうすれば当てれるかなー?とか、いろいろ工夫する。
そして、ちゃんとアイテムを使えるようになったら、次はアイテム無しでも戦えるように練習する。
たいがいのモンスターの攻撃は回避なり、ガードなりで防げるし、手数も、今まではただ逃げていた敵の攻撃をかわした後に近づいて攻撃して離脱、など、攻撃のチャンスを増やしていく。
そうこうしてる間に、腕も上達していく。
すると、その後には、村のラストクエストや、武神闘宴などの難関クエストにでくわす。
そうなってくると、制限時間との闘いでもあるので、いかに無駄なく、いかにアイテムを配分して効率よく戦うか、という側面も出てくる。

確かに大勢でアイテム使いまくられた日には、モンスターがカワイソウなぐらいな時もあるんやけど、それはそれで、モンハンのように同じ敵を何度も倒して素材を集めなあかんゲームでは、ありな要素やと思うしね。

あと、少し話はそれるけど、ハメ技みたいなのも、同じ理由でありやと思うしなぁ。
2Gやと、代表的なとこで、テオを火山岩ハメヘビィボウガンとか、マガティガを闘技場の壁際突進待ちのランスやガンスで倒したり、2ndやとキリンを雪山の洞窟くぐった先で散弾撃ちまくりで倒したり。
素材集めの友として以外にも、新しい武器を試してみようという、大きな機会になってたよなー。
ハメがあんまり無いのは3rdの悪いところかな。

…まぁ、おれが知らないだけでいろいろあるんかもしれんけど!

はい。
そんな感じで、途中からディアそっちのけで語ってしもたけど、とりあえず、ディアブロスは完了!

うん。
岩に刺さりまくってくれるディアはある意味、素敵やね。
男らしい!
MHP2日記004_絶対強者
2011年09月02日 (金) 15:03 | 編集
さぁ!
いよいよ、やってきました。
ティガレックス。

一番最初にティガとやった時には、何度も何度も跳ね返された、因縁のクエストです。
当時、MHP1からここのティガまでずーっと片手剣を使ってきてたのを、大剣に持ち換えるきっかけになったクエストでもありまして、ここからMHP2Gに移るまで、ずっと大剣を愛用することになった思い出深いクエストでもあります。

さて。
今の成長した俺の腕をティガに見てもらうとしますか!

でも、一応…落とし穴フルセットと閃光玉×5と、いつもは置いてくるハチミツ×10も懐に忍ばせてみた。
あと、買ったばかりの力&守りの護符も!
だって、だってなんだもん!!

さて。
では行きますかー!

雪山のテッペンでポポさんをお食事中のティガ。
やっぱり初登場デモシーンを見てると何かドキドキするよね!

さぁ、では、開戦!
ティガはこちらとの距離や方向によってアクションがだいぶ変わる。
昔はティガの鼻先に立とうなんて思いもしなかったけど、鼻先脇あたりにいると、結構その場回転を出してきてくれる。
回転の終わり際が頭を狙うチャンスだ。
伊達にMHP2Gで全武器ソロで武神闘宴をクリアしたわけじゃないよー!

尻尾もちょんぎりたいので、尻尾も突進ガード後振り向いて尻尾をついたり、支給品のシビレ罠を使って狙ったり。
しかし、3rdでは攻撃判定がユルユルになったけど、2ndのティガは回転アタックを余裕でガードめくってきたりと、少し油断すると、結構なダメージを喰らう。
やっぱりティガとの闘いはこうでなくちゃ!

そして戦ってる最中にティガの頭が雪山の岩にめり込んだ。
そうやそうや。
ティガは雪山の壁に歯が刺さるんやった。
こんな時は躊躇せず、壁前待機で突進を誘発するのだ!

使えるものは何でも使う!
ゲームの中だけだけどね。
ゲームの外で改造とかは絶対あかんけどね。


あとは、ランスでは大剣のようにティガの振り向きに合わせて溜め斬りを当てる事はできないけど、振り向き前の尻尾めがけて突進し、そのまんま振り向いた向こう側の尻尾まで突き抜けて更に尻尾に追い討ちもできるのだった。

さぁ、そしてエリアチェンジしたティガを追いかけると、暫くツンツクツンと突っついてると、ティガが足を引きずった。

少し寂しさを感じつつ、一目散に巣穴へ。
ティガは何か、キャンプ近くのエリア経由で巣穴に来た。
何か最後に見たい景色でもあったんかな??

ほぼ同時に巣穴に着いたので、とりあえずギアノスは無視して、せっかく持ってきた落とし穴を設置。
このままやと、剥ぎ取り時に棄てることになりそうで勿体無いからね!
すぐさま引っ掛かるティガに突き、突き、突きー!

穴から出る前に、力尽きてしまった、ティガ。
目的を達成しました。
時間にして10:51の束の間の再会でした。

横たわるティガを見つつ、感慨深いものが込み上げてくる。

なぁ、ティガ。
俺は、あん時、何度も何度もオマエに倒されたハンターだよ。
俺、ちょっとは強くなれたかな?

ティガは返事をしてくれません。
でも…

知らせが無いのは良い知らせ。
ここで横たわっているティガが一番の彼の返答を物語っているのです。

『オマエ、強くなりやがって!』


そう無言で語るティガの横でランスをジャキーンと構えるハンターの前に、クエストクリアーの判子が押されるのでした。
MHP2日記003_楽しいモンスター達
2011年09月01日 (木) 12:32 | 編集
さて。
村も★4までやってきました。
キークエは、モノブロ、ギザミ、バサル、燃石炭というところ。
モノが出てきたので、早速狩ってきた。
MHP1を終えた時に決めた決まりで、必ず黒ディアのランスを完成させるというのがあるので、さっそくその過程で作らなあかんランスのキー素材を集めようというところ。
サクッと閃光玉も使って角折って討伐。
真紅の角は、部位破壊で100%らしい。
楽チンチン!

お次はバサル。

こいつはなにもいらんか、と、ピッケル以外は基本アイテムだけで挑んだけど、なかなか固かった!
腹、あんなに弾かれたっけ???
結局弾かれ知らずの突進を繰り返して討伐したら、腹の破壊せずに倒しちゃった!

ランスは、いろんな敵に合わせた戦略が即座に取れて、片手剣をしのぐオールラウンドっぷりがあるのだ。
中でも突進は攻守に渡ってランスの一番の魅力。
後退りする敵に一直線で追撃できるのが素敵すぎるね。

で、バサルを終えて、ギザミ。
ギザミも本当に良くできたモンスター。
隙がありそうでない、無さそうであるモンスター。
また、2ndや2ndGでは、匠装備への最も近道なのがギザミ君の防具。
ギザミさえ得意になれば、それ以降の狩りも非常に楽して進めるという、正に中堅のキーモンスターなのでした。
今回は特に素材も集めてないので、サクッと討伐。
サクッと…と書いたものの、結構苦戦した。
ギザミの動きもだいぶ忘れてしもたんやろか??
3rdのせいやな!

残りは燃石炭集め。
出てくるギザミは自マキでガン無視して、鉱石集めつつクリア。
火山での鉱石集めはモンハンを楽に進める上で、全シリーズ通して重要なので、よほどヤバイ相手でもないかぎりピッケルを忍ばせて火山参りします。

そんなこんなで、村★4のキークエも終了!

次回はいよいよ、最初にプレイした時に大ブレーキをかけてくれた、アイツとの闘いとなります。

早く闘いてぇーーー!!!



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。