野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初・成都
2005年03月01日 (火) 23:59 | 編集
map50301.png
電車の中で天真爛漫なオヤジたちが真夜中に大盛り上がり。
女子高生並みのはしゃぎ方である。
ウザイ。
でも、ちょっとイイ。
日本のように大人は大人らしくしなきゃ…ってゆーのがここには無い。
いいやん。
大人やって、素直にはしゃいだってサ。
でも、やはりウザイもんはウザイのである。
眠れない。

眠れんので旅ルートを練る。
成都から四川西側のスポットを周って青海、甘粛、新疆と周るルート。
rt503011.png

それとも九賽溝から甘粛、寧夏を見て新疆入りするルート。
rt503012.png

もうちっと考えてみよう。
旅ルートを練るって楽しいな。
こう、おじさん、年甲斐もなくワクワクしちゃうよ。

PM2:30頃、定刻通り成都に到着。
早速次のチケットを買いに行くが…
ウルムチ、蘭州ゆきは全滅。
電光掲示板には5日まで全て完売の文字が。
後でタクシーの運ちゃんから聞いた話では、春節を成都で過ごした新疆で出稼ぎしてる人たちが帰って行くラッシュがまだ続いているらしい。

しゃーない。
九賽溝ゆきのバスを探そう。
九賽溝からバスで蘭州に抜けれるかもしれん。
街でおねーちゃんに聞くと、新南門のバス停へ行けって。
バスの路線まで教えてくれる。
こっからは大都市にあんま寄りそうにないから人民元2000元を引き出す。
バスは1日1本、早朝発しかないらしい。
バス停近所の招待所に泊まる。30元。
PDR_0810.jpg

ちょっと休憩して三国志ゆかりの武候祠へ。
バスがよくわからずタクる。
俺は中国のタクシーの運ちゃんと話すのが結構好き。
何人かでタクシー乗った時も、よく運ちゃんと話込む。
運ちゃんはその町の事詳しい人が多いし。

運ちゃんの四川自慢は果てしなく続いた。

目的地到着。
運ちゃんの話やと、隣にある古い成都を再現した通りがイイってゆーんで、先にそっちを見てみる。
オヤツがいろいろ売ってる。
小奇麗な通り。

PDR_0813.jpg
ブラブラして武候祠へ行くが閉館30分前らしく、今入ったら損やでってチケットのねーちゃんが言うんでやーめた。
またいつか行く事もあるやろ。
…その後なんどか旅の途中で成都に寄るが、結局毎回忙しく、武候祠に入る機会は無しに今に至る…。
まぁ、いいや。
なんでも縁や。
武候祠とは縁が無かったんや。

タクシーでイトーヨーカドーへ。
またタクシーの運ちゃんと話込む。
こん時は四川の辛さと貴州の辛さの違いについて、運ちゃんは熱く語ってた。

「貴州のヤツらは生のトウガラシを食いやがる。
 おりゃついてけんよ、マジで。
 やっぱ四川料理が一番やで、ホンマ。」

イトーヨーカドーの地下でアンパンを1.2元。
ここのアンパンは旅してる友達が絶賛してたんで、一度は食いたかったのだ。
そういや、2005年春の反日活動盛んなおり、成都のイトーヨーカドーも襲撃されたらしいが、ここやろか?
成都にはいくつかイトーヨーカドーがあるからよくわからん。

りんご買ったりして歩いて帰る。
新南門の長距離バス停の2階にはネットカフェがある。
知り合いにメール出しまくる。
九賽溝情報も仕入れとく。
10時前にはやめて買い物して招待所に帰る。
招待所でイトーヨーカドーのアンパンをいただく。
PDR_0815.jpg
ウマイ!
日本の味がする。
もう中国生活1年以上やけど、俺はそんなに日本食が恋しくならん。
けど、やっぱ日本の味に出会うとホッとするなぁ。
あ、吉牛の牛丼は恋しくなるな。
後に、中国沿海部旅で中国各地の吉牛で牛丼を食べまくることになる。
中国まで来て何してんねん、オレ!?
まぁ、こんときゃそんな事知らんし。

さぁ、明日は早起きせな。
寝よ、寝よ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。