野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国物産に埋もれて幸せ!?
2005年10月30日 (日) 16:32 | 編集
S5103001.jpg
2005年5月30日

本日は、突然、中国物産に囲まれている野良人…。
なぜ???


昨日、毎週週末の定番となった図書館へ行った。
そこで発見。
中国漫画があった!

さっそく借りた。
漫画たち。


1.「火鳥」(火の鳥)



2.「金田一少年の事件簿)


ちなみに有名なあのセリフは、中国語ではこうなっていた。

・じっちゃんの名に賭けて!

 →「為了不負我爺爺的名声!」

・謎はすべて解けた!

 →「一切謎底…都解開了!」

3.「」(ドラえもん)



ちなみに、ドラえもんは他にもいろいろ言い方がある。




そして、次がビックリ!
こんな漫画まで中国語版あったんや!

4.「暖暖日記」(ぼのぼの)



いやー、こんなのまであるねんね。
昔良く読んでた。

ちなみにシマリスくんの例の言葉。
「いぢめる?いぢめる?」
は。
「ni会欺負我ma?」だ。
そしてぼのぼのの返事、「いぢめないよ~」
は。
「我才不会ne。」
であった。

個人的には、あらいぐまくんの罵り言葉をこれで勉強したい。


さて。
ではココで一休み。

昨夜のオレのデザート。

種なし柿。
種を気にせずガブッと食べれるスグレモノだ。
いったいコレは誰が作ったのだろうか…?
作った人に野良人は物申したい!!!

「柿の種なくす前に、マンゴーの種なくしてくれ!!!」



…ゴホン。

さて。
では引き続き中国物産。
今朝ランニングのコースを少し変えて、池袋の西口あたりを走ってみた。
池袋西口の北の方。
そこは結構中国の物が帰る地帯だ。
そこで、店発見。

ここはかなり安い!

デカイ黒酢が1瓶147円。

青島ビール1瓶(中?)が200円。
そしてそして。
懐かしいヤツに出逢ってしまった。
そして買ってしまった。
中国硬座旅の友!

クワズ(ヒマワリの種)!
上野のアメ横で400円で売られてて、ちょっとエラそうに売られていたクワズくんが、ここでは230円だ!
300g。
これは買うしかないでしょう!
買った。
久しぶり、クワズくん!

でも買ってから家で食ってるとちょっと気になる点が…。
袋の後ろに…。

2005 06 15:46
の文字が…。
これは賞味期限??
2005年6月までなの???

とりあえず美味しく食えてるから、ま、いっか。



そして中国物産第3弾!


大阪の実家から荷物が届いた!
分厚いフトンと共に、頼んでおいた中国の本などが満載されている。

ちなみに。
黒ネコヤマトさんで大阪→東京間であれば、25kg、縦横高さの合計が160cm以内なら、なんと1700円ぐらいで翌日届くのだ!!!
安い!

さて、中に入っている本。

1.シャーロックホームズ


中国で買った3冊組の本。
まだ全然読んでなかったのだ。
これ、かなり面白い。

2.中国旅行本


これは福建省で客家の土楼を見た後の街でみっけた旅行本。
中国は今、いろいろ旅の本が出てるケド、中でもこの本はオススメ。
一般的な観光地の情報が的確にまとめられてる。
更にオススメなのが、各省毎に書かれている「特別推薦」のコーナー。
ここに紹介されてるトコはホンマにオレ好みのイイ観光地。
例えば江南の水郷や、すでに紹介した「鳳凰」、福建省の「土楼」などなど。
中国全体の旅行本として、かなりすぐれた本である。
中国にいる人にオススメしたい。
…本の中に書いてある門票の値段は…かなり違う気がするが…。

3.中国古鎮関連



最近、中国では古鎮が静かなブームだ。
古鎮とは、現存する古き良き中国の街を総称したモノらしいが、これは結構オレも好きやから、イロイロ参考にさしてもらった。

緑色の方の本には、雲南の元陽を初め、かなりスバラシイ景色の場所が紹介されている。
そして黄色の方の本は分厚く、紹介している街の数もとても多い。
どちらも、オレが旅の目的地を決める際に、立ち読みしまくった後、多くの本の中から選抜した選りすぐりの本である。
もし、オレの書いた旅の目的地に興味があったら、是非これらの本を読んでみてほしい。
情報量も豊富である。

元陽の記事。


開平の記事。


4.中国DVD/VCD

2度にわたる留学中、たーーーくさん、中国ドラマ・中国映画のDVDやVCDを買ったが、ほとんど実家に残してきてた。
今回はその一部を送ってもらった。

ほんの一部を紹介しよう。

・流星花園

いわずと知れた(?)台湾ラブコメドラマ。
原作は日本の少女漫画のなんとかってヤツらしい。
これ、すげー面白い。
これは絶対ハマる。
特に女性の方々。
第2回中国留学中にも、全部見たなー。

・少林サッカー

いわずと知れたチャウシンチーのアレ。
やっぱ周星馳はおもろい。
第1回留学中は、これを相互学習相手と見て勉強してた。
もう2~30回は見たよ。

・還珠格格

まだ途中までしか見てない。
ドタバタ宮廷ドラマ。
超有名スター・趙薇が主演。
これはなんと1と2が一緒になった全集だ。

・射英雄伝

これもチョーおもしろい。
中国で武侠片と呼ばれる剣劇ドラマ。
オレが見たのはこれとは別の俳優さんのバージョンだが、これも見てみたい。
中国ではとても有名なお話で、こないだの周星馳の「カンフー・ハッスル」でもこの続編の登場人物を使った会話のやりとりが自然にされてるほど、中華圏で有名な物語だ。

・最佳情人

これもラブコメ。
ちょっとスラムダンク似の主人公の名前のバスケ青春ドラマだ。
これも全部見たが、まぁまぁ面白いと思った。

・天龍八部

これもチョー良かった。
射英雄伝に同じく「金庸」という有名な香港の作家が書いた物語。
これもいくつかバージョンがあるんかな?
オレが見たのは、この写真のバージョン。
CGもほどほどに良くできてて、イイかんじ。

・大話西遊

ご存知西遊記を題材に周星馳が作った映画。
これもとーっても有名。
中国人の友達たちと一緒に見たら、皆ゲラゲラ笑ってたけど、オレの中国語レベルでは、その笑いを理解できるほどではなかった…。
思うに、語学で最高レベルに達するって事は、その国のお笑いを見て笑えるレベルになる事とちゃうかなー?
それぐらいに熟知してないとお笑いっつーのは理解できんと思う。
…まぁ、お笑いの種類にもよるが…。
だから日本の漫才とか見て笑ってる外人さんは、きっとスゲーのだ。

・アニメ

名探偵コナンやら、クレヨンしんちゃんやら…。
特にクレヨンしんちゃんは、中国留学中にこれでよーく勉強したのだ。
勉強なのかどうかは…微妙ではあるが…。
ちゃんと中国語吹き替え版やから、ちょっとは勉強になってるでしょ!?

5.水筒


最後に水筒。
これがタダの水筒ではない。
中国の硬座旅で苦楽を共にした水筒だ。
…と、言っても4~5代目ぐらいだが…。
水筒って安いし、手放して置いとく事が多いから、よく失くしませんか?皆さん??

で、こいつのスグレてるとこは、中に網の部分がついてて、その下にお茶葉を入れて網を中にセットして、そしてお湯を注げば茶葉が出てくる事はない。


そして、中国のお茶は、朝のみはじめてから、何度も何度もお湯さえ注げば味が出るから、火車の中でも、これで何度も何度もお茶を飲めたのだ。
これ、中国火車・硬座の旅・必携のアイテムですよ!
あと日常でも。

これで、オレも、毎日気楽にウーロン茶が飲める!!
謝謝!


さて。
荷物は朝9時過ぎについたが、クワズを食べてると…。
どーしても「もう1つの火車硬座の友」も食べたくなってきたんで、さっきの店にもう1回行ってみる。
あった、あった!
280円!

よし。
買おう!
小姐とひさびさに中国語をしゃべれて良かった。

第二の旅の友。

それがこの「豆腐干」だ!
別名「麻la豆腐」。
ムチャ辛い!

でも。
その辛さが…。
イイ!!!


くぅーーー!
辛い!!!
日本でこの辛さが味わえるなんて!
シ・ア・ワ・セ~~!!!
辛ウマイ!!!
でも、ちょっと薄いかな…。
もっと分厚い豆腐干が食いてぇ…。

日本の甘い麻婆豆腐なんて、麻婆豆腐じゃないしね!
ウマいけど。

雲南省で、雲南省に合った舌に改造された野良人であった…。
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/08/06(土) 23:45 | | #[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。