野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
船旅・大連
2005年05月22日 (日) 23:59 | 編集
map50522.png
2005年5月22日

AM6:30、自然に目が覚める。
あー、よーねた。
昨日の食い残しの果物食ったり、旅立ちの用意したり。
AM7:30に退房(チェックアウト)。
このマンション招待所もなかなか快適やった。
30元やし。

1元で火車駅へ。
ダイエットコーラ、タバコで6元。
いつもの電車。
AM8:45から約4時間。

「煙台」に到着する。



「煙台」は普通の街。

こんなマイナーチックな街に立ち寄った理由はただ一つ!
船に乗りたい!
とゆーか…。
もう火車に乗りたくない!

だって、見てや。

青島から電車で大連行くなら、こーーんなに列車乗らなアカンもん!

こんなに電車乗ってられん。


港は駅のすぐ側だ。
81元で大連へいける。

PM3:00発らしい。

駅出てすぐ変なオヤジが寄ってきてウルサイ。
オマエはどこ行く?
ここの船がええぞ。
休憩するなら、ウチの宿に来い。
それが狙いだ。

適当にあしらって、まだまだ時間あるから煙台をブラつく。

南大街とかゆーあたりへ。
葱餅1元。
マズイ快餐3元。
だし巻き卵に外見だけ似たモノ1元。

マズイ。

暇つぶしにマクドへ。
コーヒー4.5元。

ヒマや…。



2時すぎまで時間をつぶして駅近くで船用買い物。
船用と言っても火車用と別に変わらん。
ビスケットとタバコで11.5元。

近くのスーパー前でウェディングドレスのショーをやってる。



PM2:30頃、港へ。

すぐに乗船する。


…。
なんやろう。

海が近い街ってえーもんやな。
海が近いだけで、何か気持ちにゆとりができる。
なんか悩みとかあっても海に来れば、そっから無限に広がる気がする。
他にもいろいろ海の側の街は通ったけど、ここは特にそんなカンジがする。
海の側のくせして、そんなに大した街でも無いから、他の目を惑わすよーなデカイビルや繁華街が無いから海が目立つんやろか?
なんか皆、海を頼りにしている気がする。

いいな、海ってサ。



コレがオレの乗る船。
小さい。
でも乗るとナカナカでかい。
さすがに海に繰り出すだけある。


PM3:00すぎ、船は港を出る。

ボーーー!

汽笛を聞きつつ、オレもボーーーっとする。
海の風が気持ちイイ。

船の上で、いろいろ写真を撮る。




太陽がどんどん落ちていく。




空と海。



360度、周りは他に何もねー。

皆、しばらくはデッキに出て外を眺めていたが、寒くなってきたのか室内に入っていく。

そういえば、船のチケットもランキングがあり、オレのはもちろん。
言うまでも無く。
最低ランクのチケットだ。
どうやら座席が指定されてないチケットらしい。

いいよ、オレ外で景色見てるから。

ずーっと外にいた。

日が沈むまで。

火車と違い、外におれる移動。
すんげー新鮮である。

ヒマワリの種を食べたり、写真を撮ったりしているウチに、太陽は西の空に沈んでいく。


…。

ボーっとするには、こうゆー空と海しか見えない景色ってゆーのはイイな。
最高の贅沢やん。
何も無い。
何も無いっつーのは、何でもあるって事でもある。

…。

…どう?どう?
なかなか深いやろ!?


そうこうするウチに、太陽の代わりに空にはお月様。

キレイな月や。


…。

…でも、さすがに寒い。
室内に入ろう!


部屋を出たり入ったり。

そんな事を繰り返していると明かりがもうすぐ側に。

大連到着。
PM9:30。

火車でばっかり移動してる野良人にとって、贅沢すぎる、気持ち良すぎる移動であった。




船から下りる人々。


無料バスに揺られて大連火車駅へ。
20分ぐらい。

火車駅はすでに閉まっているので宿を探す。
結構歩いたが、本日は一発で宿確保。
40元だ。
都会にしてはまぁまぁのライン。
かなり泊まれる安宿を探す嗅覚が養われてきた。
もう、ハンターである。
安宿ハンター!

…同じハンターするなら、もうちょっとマシなモンをハントしても良い気もする…。

本日の宿は、何故かちょっと病院っぽい宿であった。
日本人やっつーと看護婦さんのよーな服を着た服務員が驚いてた。
残念ながらおばちゃんや。
もうちょっと早く(2~30年前)に会いたかったね、おばちゃん!

あまりに腹が減ってるのでコンビニに買出しに行く。

毛毛虫(毛虫)と呼ばれる中国定番の甘いパン2元。
ダイエットコーラ2本で4元。
アイス1元。


でだ。


本日は船で悟りを開いた。

もう中国全省制覇を目指すのはヤメた。

なんか全部の省を周ろうと思いだしてから、旅が楽しくなくなった気がした。
江西の景徳鎮のように、行きたいトコでも無いのにワザワザ寄ったり。
無理して義務のように行く目的地が面白いハズもない。

最近もまた、黒龍江に寄らな…とか、あっこも寄らな、あっこも…。
とか考えてると、旅が面倒になってきてた。


もうやーめた。
明日、秦皇島(山海関)へのチケットを買いに行こーっと。
東北地方はまた今度、冬に行きたい。

なんか気が楽になって、旅の意欲が復活してきた。

それもこれも、今日の船旅のおかげや。
やっぱり行きたいトコに行くんでなきゃ、金も時間も無駄やし。
な。
うん、うん。
勇気ある撤退や。


さっきのコンビニ買出しのついでに2輌連結バスを目撃。

10年前の上海でも見たタイプのバスだ。
懐かしいような。
古くさいような。
そして、どこか楽しいカンジがする。

これは今住んでる東池袋を通っている都電荒川線に似てるかもしれん。
コメント
この記事へのコメント
船の中はどうでした?
快適?
一度港までは行ったことあるけど、乗ったことはないなぁ。
大連から、どこだかを経由して上海まで行こうとたくらんだこともあったなぁ。
2005/11/10(木) 14:25 | URL | ぶーすか #-[編集]
船の中
どもどもー。
ぶーすかさん。
船の中は良かったよー。
オレは火車硬座ばっか乗ってるから、大海原ってだけでドキドキ、ワクワクした。
ま、波も無いし、日本で言ったら琵琶湖の遊覧船みたいなモンかもしれんけど…。

船に乗りたいってのじゃなく、移動の手段として火車と比べると、かなりポイント高かった。

一度、大阪→上海とか大阪→天津を船で行きたいけどなー…。
勤め人となった今は時間がねー…。
またいつか…。
いつの日か…!
2005/11/11(金) 23:34 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。