野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野望への道(08):葛飾柴又
2005年11月20日 (日) 18:12 | 編集


2005年11月19日

恒例の土曜日。
遠出や、遠出。
今日はなかなか天気も良いので携帯電話(カメラ用)を持参。

目的地。

やっちゃった…。

目指してしまいました…。

ちゃーーーん、ちゃららららららら~…。
私生まれも育ちも葛飾柴又です。
帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎。
人呼んで、フーテンの寅と発します!


…。
池袋→葛飾柴又…。
あきらかに乗り物に乗らずに行く場所ではない。

ちょっと遠いのだが…。
まぁ、東京やから、どっかでリタイヤしても電車乗ればえーだけでしょ。
とりあえず第一リタイヤスポットとして、都電荒川線の終点・三ノ輪橋。
こっからなら荒川線一本で家まで帰れる。


そして、野望へ向けて遠出する時も、あくまで目的はダイエットやったので、片手に1.5kgずつ、計3kgの重りをつけて走っていたのだが、もうダイエットは完了なので、今日から遠出の時は重りなしで走る事にする。
それもあって、葛飾柴又をターゲットに選んだのだ。

さ。
とりあえず出発。
ルートを考えてて、今日は少し遅くなった。

ちなみにその際書いた今日の地図。

…。
別に近所のスーパーまでの地図ではない。
この簡単な地図に必要十分な情報が書き込まれているのである。


ウチそばの「ガタガタ広場」で出発記念撮影。

後ろに映っている時計、AM7:00過ぎだ。


走る。
大塚へ一直線、そっからまっすぐ「王子」に向かう。

すると地図をよく見ればわかるのだが、このルートは巣鴨に出る一直線ルートやった。

よし。
これから巣鴨にたい焼き食いに行くルートが開拓できた。

まだ走る。

「王子」通過。

ちょっと特徴のある都電の駅。
ここから早稲田方面に向かう少しの間、荒川線は普通の車道と共用の道路を走る。
車と一緒に信号待ちする電車。
うーん。
カワイイ。

さ。まだまだ序の口。
走る走る。
三ノ輪橋到着。


荒川線の終着駅だ。

いつかこのコーナーで、早稲田駅から三ノ輪橋までランニングしたい。


さて。
もう少しいくとなんと、泪橋。

中国から帰ってきてすぐに泊めてもらった友達の家がこのすぐそばだが、泪橋の交差点の1本があの池袋駅前を走る明治通りやったとは、今日はじめて知った。

また少し走ると隅田川。
橋を渡ると墨田区である。

橋でちょこっと写真を撮っていると、ジャージにサングラスで白髭のおじいちゃんが話しかけてきた。
カメラの話をしながら橋を渡り終わり、挨拶して走りだす。

ちょこっと走ると、ついに水戸街道。

左折。
さぁ、ここまで来たら行くしかない。

重りをつけてない分、今日はかなり楽や。

すぐ荒川通過。




ちょこっと走ると標識が立っている。

日本橋まで12kmだ。

うーん。
ちょっと遠くにきすぎた感がある…。


水戸街道を松戸方面にひたはしる。

…と…。

どっかで見たような地名が…。



し…、「新宿三丁目」…???

なんで葛飾に新宿があんの???

と思ったら、発音は「しんじゅく」ではなく「にいじゅく」らしい…。


ただただひた走ると…。
ようやく最後の曲がり角、「金町」に到着。
こっから1駅で、ついに葛飾柴又や!

一直線に伸びる電車脇に紅葉が。



到着ーーー!
柴又駅!
はるばるやってきたでーーー!

駅。

AM7:05に出発して、到着AM9:40である。



すぐ脇のコーヒースタンドの名前は「さくら」。
さすが柴又である。

そして駅には。

おーーー!

寅さん!




一緒に記念撮影。

私も野良人・寅を名乗る男。
当然、その元はフーテンの寅さんだ。
いわば、オレは寅さんの海賊版、バッタモンである。

いやー、でも嬉しい。
男はつらいよ、大好きやもんな。
柴又は、いわば、野良人inチャイナの聖地である。
今日始めて来たのではあるが…。

柴又駅。

どこかオレの故郷の大阪の阪急三国駅の昔のたたずまいに似ている。
さすが聖地。
何か懐かしさすら感じるホームである。


さ。
じゃ、ランニングは休憩して柴又観光としゃれこもう。


帝釈天参道の近くに駄菓子屋が。

ちょこっと覗くと、駄菓子がいっぱい売っている。
でも…。
どこか懐かしくない。
…大阪と東京では昔の駄菓子もちょっと違ったんかな?
1つ懐かしかったんは、モンチッチを売ってた事。

これはオレの姉貴やったか妹やったかが、小さい頃気にいって持ってたなー。


そして、いよいよ帝釈天参道。
さすがに寅さんっぽい雰囲気があふれている。

映画で使われたこともあるという草だんご屋さん「とらや」。



近くの店でせんべいを2枚買う。


おー、なかなかやね。

そして帝釈天。





帝釈天も少し裏にまわるとガラス張りの建物になっている。

うーむ。
近代化。

境内でおみくじをひく。
無人のおみくじだ。


「凶」


…。

この結果。
…ちょこっと思い当たるフシが無くはない…。
ごめんね、帝釈天。


参道の帰り道に、朝飯代わりに草だんご。


おーーー!
これは、マジでウメー!!!

なにコレ?

すげーうめーよ!


が、この日の夕方、組長(昆明時代の友人)に会った時言うと、そりゃ3時間も走った後やからですよ。…といわれた。

…うん…。
しばらく甘いもん食べてないしね…。

でも、超うまかった。
他の人が食べてどうとか、関係ねーし。
オレがうまけりゃ、それでいいのだ。


帰り際、空がキレイやったんで、もう1回、寅さんと記念撮影。


また来るよ、寅さん。
あばよ!






と、ちょっと格好をつけてみる。

でも。
寅さんが柴又に与えた影響はでかいんやろな。
寅さんが守ってる部分もあるやろし、寅さんが変えてしまった部分もあるんやろう。
それほどに影響のデカイ映画やったもんな。

地元に住んでる人にとって、その変化がどうなのかは知らんけど、今日、はじめて柴又来て、オレはすごい好きになった。
また来よう。
野良人の聖地・葛飾柴又へ。


さて。
帰ろう。
AM10:25出発。


南がわ、京成高砂経由で水戸街道に出て、帰る。
帰る途中、四つ木というトコでちょっとスーパーを覗くと、えっらい安かった。

グレープフルーツ5個100円?
バナナ10本ぐらい(普通の大きさの)で100円。
安いよ、ココ。
こんな店が近所にあればえーのに!

また少し走ると、こんな看板。

「ふりきろう、甘いささやき悪魔のさそい」
…そうやで。
若者諸君、少年諸君。
おかーちゃんの言う「勉強して、いい大学入って、良い暮らしをする。」
そんな甘いささやきはふりきって、自分のやりたい事をやるのがえーで!
やりたい事をやりたい時にするのが一番。
せっかくやりたい事があっても、我慢してるウチにどーでもよくなったりするんは勿体無い!
遊びでもスポーツでも、やりたい時にやりたいようにやるのがイイのだ!
勉強もちょっとはやらんとイカンけどね。

…とかくと、ウチのおかんが、どんなに勉強ママやったんや?と思われるかもしれんが、ウチは別にそんなにヤイヤイ言われんかった。
いいでしょ!


さぁー、まだまだ走る。

鶯谷のあたりで山手線を通り過ぎる。

今日はまだ走れる。

そっから不忍通りをめざしていると、こんな店をみつける。


「オー ギョー チィ」?
漢字があるとこを見ると中国系やろか?
だが、明らかに中国語の発音ではない。
ちなみにショーウィンドウを見ると、並んでいる。

こいつが「オーギョーチィ」らしい。
うーん。
特にウマそうではない。
が、ウマイかどうかわ食べてみないとわからない。
が、とりあえず、食べてみようという気は起きない。
台湾語か何かやろか?
この発音。


不忍通りを横切り、本郷通りや白山通りを経由して、再び不忍通りへ。
さすがにバテバテ。
しかも寒いので、また筋断裂とかせんように、ところどころでストレッチしながら走る。

不忍通りで、ボスが倒れているのを発見。

ボスとは、缶コーヒーのBOSSだ。

もちろん缶コーヒーの空き缶が倒れているのではない。



自動販売機が倒れていた。
車にでも当てられたか?
BOSS?
ま、自販機もいっつも立ってると疲れるやろから、たまには横になるのもイイかもしれん。
心なしか、気持ちよさげである。


うーん。

東京もなかなか楽しい場所やね。


さ。
そして、更に走るとついに「池袋」の文字が標識に!

不忍通りと春日通りの交差点前だ。

ここまで来たら、もうすぐ家。

おつかれさーーん。

家到着はPM1:00。

柴又観光を含めると6時間だ。

いやー。
我ながら、もう、変態の域に入ってるね。
普通走らないよ。
6時間…。


距離は正確にはわからんが…。
もしかすると、フルマラソンぐらい走ったのかもしれない。
40kmはいってへんかな?
よーわからん。
ま、どうでもいいや。


そうそう。
マラソンといえば、職場の隣の席の人がマラソンする人で、来年の荒川マラソンに誘われていたのだが…。
この日走って、不参加に決定。
遠いから不参加ではない。
参加に金がかかるからだ。
4000円も払って走るらしい。
ありえへん。
何で走って金払わなアカンねん。

走りたくなったら、今日みたいに、自分で勝手に走ればいいねん。
道なんかいくらでもあるし。
そんな信号待ちとか気になるほどタイム出すわけでもなし。
自分で勝手に好きなだけ走るよ。

それでこそ野良人にふさわしいでしょー。

さー、来週はどこ走ろー?

もしや、重りなしなら、すでに山手線一周できるんちゃうん???
重りなしで走った感想は、スピードは変わらんけど、持久力は重りありの時より1.5倍ぐらい発揮できた。
かなり体軽かったもんな。
これから結構遠出できそうや。


ほいでは!
コメント
この記事へのコメント
いいなぁ、寅さん
実は、私も寅さんの大ファンです。
中国でも、けっこう放映されているのだけど、DVDは見たことがない。日本の戦国武将のDVDが数多く発売されるようになってきたので、寅さんシリーズが発売される日も近いか・・・。発売されたら全部買うね。間違いなく。
実は、寅さんのファンでありながら、東京に出てきて長い間(5,6年?)、浅草を帝釈天だと勘違いしており、友人たちにも「これが寅さんがいた街だよ」と紹介してた。寅さんに興味がある人は少なく、誰も気づかなかったけど。
 寅さんに近い生き方をしている寅(?)さんが羨ましい。
2005/11/23(水) 07:34 | URL | 華南の靴 #-[編集]
柴又…。
愛玉は、台湾の夜市には必ずあるデザートですよ。読み方は普通に「アイユィ」だけど、台湾語なら「オーギョーチィ」って読むのかも知れん。
味は、はちみつレモン味ゼリーです。夏暑いときに飲むらしい。解熱効果があるんだって。でも屋台は年中ありますよ。

しかし…、今までオモリ持って走ってたの?すごいよ!
そりゃあ、タイヤキやお団子がおいしいはずだよ!
あ~タイヤキ食べたーい!
2005/11/23(水) 10:36 | URL | じゅうめい #-[編集]
男はつらいよ
華南の靴さん、ですよねー。
中国で寅さん全集出してほしい!

柴又は浅草よりもこぢんまりとした落ち着いた下町でした。
寅さん(渥美清さん)の歌う歌とか流れてたし。

寅さんに近い…ですか?
うーむ…。
でも寅さんの潔さはスゴイと思う。
あそこまで潔くはなかなか生きれないですね!
まぁ、わたしは私でオリジナルな生き方をしたいと!
2005/11/23(水) 23:31 | URL | 寅 #-[編集]
じゅーめいさん
愛玉子ってやっぱ台湾やったんや。
はちみつレモンかー。
そういわれてみれば、そんなカンジの色やった。

そうです。
重りつきで走ってたよ。
レイボーブリッジも!
やっぱ走った後のおやつはウマイ!のかな?
タイヤキ食べたいですかー?
私は本日、こないだみっけた巣鴨航路を歩いて巣鴨のタイヤキ屋に行って食べてきたよ。

あのね…。

めーーーーーーっちゃウマイよ!
はよ帰国しといで~。
2005/11/23(水) 23:43 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。