野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我愛東京(01)「石黒のあめ」
2006年01月24日 (火) 23:57 | 編集
東京に来てはや4ヶ月。
趣味のランニングや、甘いモンめぐり、パンめぐり。
その道すがら、めっけた大好きな場所を紹介してみたい。

東京で仕事をするのも、実はコレで4回目なのだが、今回までは、一度も東京を好きやと思った事が無かった。
渋谷、池袋、新宿…。
人、人、人。
道端で道をたずねても無言で過ぎていくいけ好かないヤツら。
なんじゃ、この街は。
最低やん。

そんな風に思っていた。

しかし、それは誤りであったのだ。

これまで千葉県浦安市に2回、埼玉県富士見市に1回住んだのだが、それでは見えなかったモンが、今回の東京滞在で見えてきた。


東京ってゆー街は。

昔と今が同居する街。

すんげー近代的なビルが立ち並ぶ都会にも事欠かない。

しかし。

ちょっとブラっと散歩すれば、シブ~い街や、なんじゃコリャっつー面白い街、誰でも耳にした事のある歴史ゆかりの街などが広がっている。

そして、オレが一番好きなのが、すごくこみごみしてたり、細い路地が入り組んだ街。
東京にゃこんな場所はもう無いんやろうとばっかり思ってた。

そんな街の片隅で、まだまだ昔ながらのスタイルを貫き通す、イキな商店などが東京にはチラばっているようなのだ。

素敵やん!


さて。

今回お届けするのは、そんなお店の中でも、ひときわ目を引く、このお店!

「石黒のあめ」さんである。


※クリックすると大きい写真が見れる。


どうです。
このキレイさ。
潔さ。
まわりの変化に揺れる事なく、どしんと構えたこの風格。

以前にも少し紹介したこのお店だが、本当に凛とした美しさを感じる。


さて。
そして、店に並ぶ飴の数々。


※クリックで大きくなるでー






最初にこの店をめっけた時に購入した「きなこ飴」。
これが大ヒット!
すげーウマイ。
工場で流れ作業で作られる飴は、この味は絶対出せないと思うヨ。

人間が食べるモンは、人間の手でどれだけ触れて作られるかで、味が全然変わってくると思う。

もちろん今のご時世、この飴より美味しいオヤツはなんぼでもある。
でも、食べるモンって舌で味わう味だけとちゃう気がするでぇ。
口から入ってくる食べモンを食べながら、気持ちも幸せになる。
その幸せ度は、機械作りの飴やオヤツでは、とても味わえないモンやと思う。

昔は街中にそんな幸せが溢れてたんやろなー。
食べる人が何も感じないぐらいに、当たり前のように。



※クリックで拡大できまっせ!

このチラシは、2度目に行った時におっちゃんがくれたチラシ。
どっかの雑誌にでも載ったんやろか??
そりゃ載るさ。
こんな素敵な店やったら。

レトロだからいいんじゃないよ。
このスタイルで、現在なお現役で、商売されてるトコがイイ。
博物館やとか、客寄せの存在意義しかないようなんじゃなくって、今もしーーっかり呼吸して元気に生きてる店だからイイのだ。


さて、では、この店への行き方。



北千住を西口から出て、目の前の商店街をまっすぐ。
すぐに「宿場通り商店街」なるモンにでくわすので右折。
しばらく行くと、「サンロード」への曲がり角に着く。
曲がり角の写真はコレだ。

この店とミニストップか何かコンビニとの間の道を曲がって、まっすぐ行けば「石黒のあめ」に到着する。

さぁ、飴を買いに急げ、急げ!

お、一応住所と連絡先。

-------------------------
「石黒のあめ」
住所:足立区千住3-19
電話:03-3888-1366
開店時間:9:00~20:00
休日:無休
-------------------------

2度目に行った時。
北千住は結構遠いので、買いだめしようと、1000円分ぐらい買ったら。
意外や意外。
こんなカワイイ袋に入れてくれた。

うーむ。
ちゃんと店のロゴ入りやで。
ビニール袋じゃなくて、紙の袋っつーのがイイ。

ちなみにほとんどの飴は、100g120円。
ほとんどの飴が量り売りだ。

オレ量り売り大好き。
なんかこう、自由な空気を感じる。


店の人に聞いたワケではないが…
「うまい飴を作るのに、小奇麗な店舗など必要ねぇ」…と言わんばかりの存在感があるではありませんか!

小奇麗な店舗で工場でベルトコンベアとか流れ作業でモクモクと生産されていく飴。
その対極にあるのがこのお店の手作りの飴たちではなかろうか?


さて。
家に帰って紙づつみを開ける。


※これもクリックでバカデカくなりますぜ、ダンナ。


こーんないっぱい、いろんな種類の飴。

もう、これが家にあるだけで、なんだかウキウキしてくるね。
食べるのが勿体ない。

でも、きなこ飴はあんまり日持ちしないそうなので、現在ブログを更新しつつ、パクパクっと!
くぅーーー。
ウマイ!
そして幸せ!
なのである。

皆さんもどーぞ!
コメント
この記事へのコメント
はじめまして~☆
東京の安宿を探していて
ここにたどり着いた者です。
MAIと言います♪
めっちゃ素敵なブログですね!
貧乏旅が大好きなので
見入ってしまいました((笑
でも最近は暇がなく、なかなか
旅行が出来ないで居ます・・・(>△<;
貧乏旅行万歳です☆
私にとって一人旅は新しい
出会いの場です!英語も喋れない
くせに、外人さんに話しかけまくり
ます。。。笑
泊まるのはゲストハウスばかり。
でも今度は漫喫に泊まってみようかな。笑

なんか一人よがりな文でスミマセン!
また遊びに来ます(*´∀`*)
2006/01/25(水) 21:32 | URL | MAI #-[編集]
はじめまして
MAIさん、いらっしゃい!
こーんなブログでよろしければ、お楽しみください!

貧乏旅大好きですか!
うん、うん。
わかるわかる!
でも日本ではリミットがあるなー。
リミット無限大のアジア旅が貧乏旅の聖地やね。

外人さんとコミュニケーションすんには言葉しゃべれない方が楽しいかもね!
30分とか1時間とか話して…よーく考えたら、日本人同士なら1分ぐらいで終わる会話やったりね!
それがまた楽しい!

漫喫泊、チャレンジしてみますか!
ある意味やばいヨー!
漫画もあるし、ネットもあるし。
寝るために入ったのに、全然寝れねーっつー事もあるかもしれん!

それもまた…オツかな!

いつでも遊びに来てや。
ホナ!

あ、東京の安宿といやー、千住のあたりに外人さんがいっぱいのゲストハウスがあるとか聞いたけどなー。
未確認情報!
2006/01/27(金) 00:33 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。