野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洛陽の客引き
2005年03月06日 (日) 23:59 | 編集
今日はなーーーんにも無い。
AM2:45~PM9:45まで、ひたすら列車で移動。
ひたむきに座る。
がむしゃらに座る。
いちずに座る。

そう。
どんな表現を用いても座っているだけなのである。

しかし今回の列車ではイライラしっぱなし。
なぜか今回の旅では列車で寝れない事が多い。

寝不足で、真夜中、無邪気にはしゃぐオヤジとかを見ていると、もうたまらん。
どれぐらいたまらんかと言うと、ゴルゴ13が実在するなら、あのオヤジを狙撃してもらおうかなっというぐらいである。

今回は3人掛けシートの窓側。
席は悪くない。
しかし、俺をとりまく家族ずれがうざかった。
特にガキんちょ。
もう、超うぜー。
足とか蹴ってくるし。
俺も大人げなく蹴り返してたし。

目には目を。
蹴りには蹴りを。
コレ、中国硬座旅の掟である。

で、一気に洛陽。
すでに夜。
さっそく明日夕方の襄樊ゆきチケット(無座)を購入。
46元。

ここは他の場所より宿の客引きが多く、そしてしつこい気がした。
3度、4度と、怒鳴る俺。

ここで中国の旅、ワンポイントレッスン。
客引きにはついてくな。
ろくな事は無い。
当然彼らもボランティアでは無い。
さんざん連れまわされた挙句、高い宿にチェックイン。
当然ホテルから彼らにはキャッシュバック。
値切れるモンも値切れやしなくなるのだ。
それどころか、夜などは客引きについていくのは、かなり危険であろう。

---------------------------------------------
ためになる中国旅講座
「客引きを振り切るポイント」

・レベル1>
 無視。
 ひたむきに無視。
・レベル2>
 それでもついて来るのなら、ぶっきらぼうに「不要!」
・レベル3>
 それでもかたくなについて来るのなら、不機嫌に「俺に構うな!うるせぇ!」
 無理にでも不機嫌さをアピール。
 ホンマに頭来てるなら、さぁ、怒鳴ろう。
・レベル4>
 このレベルまでついて来る客引きなら、もう迷う事はない。
 あらゆる汚い言葉を駆使して、罵るのだ。
 ここまでついて来るという事は、アホなのか、罵られたい真性のMかどちらかである。
 思う存分、関係ないストレスまでも、ここで発散するのだ。

 ♪あぁ~
  罵る事は~♪
 ♪難しぃ事じゃない~
  ただ、声に身を任せ~♪
 ♪頭の中をから~っぽにす~る~だけ~♪

 ♪ず~っと~
  言えなか~た~♪
 ♪言葉がある~
  短いから~、聞いておくれ~よ~♪
 ♪あぁ~
  「他媽的狗屁!煩死了!イ尓給我滾!」

※免責事項←重要!
読者の皆様が当ブログに記載された内容に従って行った行動により発生した、いかなる損害、問題等に対しても、わたくし、および当ブログは一切の責任も負うものではありません。
実践に際しては、読者の方々個人の責任において行ってください。
---------------------------------------------

…。
ゴホン!

さて。
いつもなら俺に組み込まれた安宿レーダーが敏感に反応して安宿を探知するのであるが、今日はどうもついてない。
さんざん歩いてようやく標準間30元。
中国ではどんな安宿でも置いてあるお湯すらない。

腹減ったんで、刀削面をさびれた飯館で食う。
3.5元。
帰りがけに携帯湯のみにお湯をわけてもらう。

今日は以上。

明日に向かって、その1
寝るべし!寝るべし!寝るべし!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。