野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野望への道(33):渋谷・富ヶ谷
2006年06月04日 (日) 12:23 | 編集

2006年6月3日

えー。
今日は、渋谷に魯肉飯を食える店があるとゆーので行ってみる事にする。
魯肉飯とは?
台湾で食べた、すんげーウマイひき肉丼。
あの味は絶対忘れられん。
あの味が東京で食べられるとは…!
台湾から帰る時に、魯肉飯の素みたいなモンを買ってきたけど、どうも即席ではあの味が出せないらしく、マズイもんしかできなかったのだ。
実に3年ぶりぐらいに魯肉飯と再会…できるのだろうか?


東池袋から雑司が谷を通り明治通りを南へ。
馬場、大久保、新宿、代々木、原宿と通って渋谷。

何度も通った道だが、代々木のあたりにちょっと良さげなカフェを発見。


ちょっと中国っぽいカンジ。
名前も「如意庭」となっている。
今度行ってみよう。

目的の魯肉飯の店は道玄坂を登っていった「交番前」の交差点を玉川通り方向に曲がったトコにある。



悪趣味なオヤジの絵が目印だ。

…が。

よく考えると、朝早すぎて、まだ開いてねー。

しまった。
魯肉飯が食えるって聞いて嬉しくて、開店時間をみとくのを忘れてた。
うん。
後でまた来よう。

走って帰る。
この辺りに来たら、富ヶ谷の「ルヴァン」に寄らずに帰る事はできない。
「ルヴァン」は開いてるのか心配やったけど、ちゃーんと開いてた。

本日は…。

チーズコンプレ25(小)
カシュー・チェリー
メランジェ

を購入。

チーズコンプレのみ食べて、残りは家で食べることにする。

小田急小田原線の代々木八幡駅で踏み切りの信号待ち。

長い…。

一本通ったと思ったら、反対方面の電車がまた来て、反対方面のが通ったと思ったら、また次のが来て…。

すみません。

踏み切り無視して渡りました…。

…。

だいたい、東京だけとちゃうかもしれんけど、踏み切りってもうちょっとなんとかならんの!?
早めに踏切を下ろして安全確保したいのはわかるけど、電車が駅に到着する前から踏み切り下ろすんはムカつきすぎるんやけど。
電車が駅で止まってる間中踏み切り下りっぱなし。
で、ようやく電車が動きだしても、まだ動き出したばかりでノロノロノロノロ通過しやがって、そうこうしてる間に反対方面が来て…。
少しの時間でも開けば、歩行者が通れてストレスも小さいのに。
まぁ、事故発生時に安全に万全を期してたと言いたいために、踏み切り下ろす時間を少しでも長くしたいんやろけどさ。
だったら、線路の下掘って、交通を遮断せんようにしろよと言いたい。


まぁ、いいや。

そんなこんなで、踏み切りを渡り、新宿方面に向けて走ってると、こんなものを発見。

なんとあの「菱田春草」さんの終焉の地だ。

…。

…と、書いてみたもんの、誰?「菱田春草」って?

東京を走ってると、結構でくわす、だれだれの終焉の地。
文京区を走ってると、何気なく「徳川慶喜終焉の地」を発見したし。
でもさ、終焉の地って…別にいらなくねー?
なんか活躍した場所とか、事件のあった場所なら立て札してもいいかもしれんけどさ。
人が亡くなった場所をそんなにアピールしてどうすんのさ!?


まぁ、そんなこんな思いながら、走る。
もうだいぶ家も近づいた早稲田あたりを走ってると、「戸田公園」に迷いこむ。
すごくでかくて、うっそうとした森みたいなトコもあって、いい公園。
チビっこが野球してたりする。
いい公園なのだが、デカすぎて迷う。
さまよっているうちに、走る気が失せる。
せっかく走っていったのに、行き止まりだった精神的ダメージはデカイ。
それが連続した場合には、もう走る気失せまくりだ。

なんとか戸田公園を抜け、音羽通りを通って東池袋に。

今日はまだ10時半くらいやから、久しぶりに「群林堂」の豆大福を買って帰ろうとウキウキして店に向かう。
すると…。



こんな時間から長蛇の列…。

…ちょっと異常じゃねー???

50人は並んでるよ…。

オレも食いたいよ…。

でも、並ぶ気が微塵も起きないよ…。

30分は待つでしょ、50人やと。

断腸の思いで豆大福を諦める。

いったい何時に来れば人が並んでないのだ…。


以上、ランニング終了。


その日の午後、電車で渋谷へ。
魯肉飯の店「髭鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)」へ。

住所)
東京都渋谷区道玄坂1-17-10
第2宝ビル1F


思いがけず、ここでは「鶏肉飯(じぃろうはん)」も食べられるらしい。

魯肉飯(400円)
鶏肉飯(小)(220円)

を頼む。
すぐ来る。


これだ。


…しかし、魯肉飯を見て…。
アレ?
なんか、ご飯の上の肉がトロトロしてる。
嫌な予感がしたが、食べてみる。

…ハァ…。

そっか。

やっぱ本場の味はなかなか食べれないんやね。

渋谷来る暇あったら、台湾へ飛べという事でしょうか。

残念。

鶏肉飯は台湾では食べた事なかったけど、知り合いがめちゃくちゃウマかったって言ってたので、食べてみたが、たぶんこれも現地の味とは違うんやろなー…。

まぁ、でもこの味がいいって人もいるやろから、何も言わんけど。
オレはもういいや。

違う。
この味じゃない。
オレが食いたいのは。

誰か東京で台湾の魯肉飯が食べれる場所を知ってたら教えてください!
お礼に、ホンモノの大陸の中華料理を食べれる店をご紹介しますから!
コメント
この記事へのコメント
おお、あのひげのお店は台湾で結構店舗持ってるチェーン店ですよ!

台湾に居るときあそこで食べたことはなかったけど・・・。どこのお店にも魯肉飯ってメニューはあったしね。
んで、お店ごとにやっぱ味が違うんだよね。
まあ、食べ歩くほどは食べてないですけど・・・。

でも、社食で、ご飯にかけ放題だったので、毎日魯肉飯食べてたんですけどね。
社食て言っても、快餐ですよ。
オカズ何品かに、ご飯と魯肉はお好みの量で・・・って感じで。

んで、たまに外食して魯肉飯たのんで、「うーん、やっぱり社食のより美味しい!」って思ってました。
2006/06/04(日) 14:42 | URL | じゅうめい #-[編集]
魯肉飯
あー。
魯肉飯食いてーーー。
中途半端に期待した分、余計に魯肉飯が食べたくなりました!

そっかー。
店によって味違うんやー。
オレの覚えてる味はどこで食った魯肉飯やろー?

あーーー。
食いたい!
2006/06/05(月) 20:41 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。