野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪のパンとタコ焼きとコロと
2006年06月04日 (日) 22:23 | 編集

そういえば、ゴールデンウィークに大阪の実家に帰った時の記事を書き忘れてた。

ではまず。
大阪梅田の阪急電車。


梅田駅にて撮影。

この茶色の車体。
ずーっと前から変わらない阪急電車のボディーカラー。
この色を見ると、帰ってきたなぁと思うのだ。


では、まずたこ焼きから。

皆さん大阪のたこ焼きと言うと、どこのたこ焼きを思い浮べますか?
アメ村の「甲賀流」?
なんば千日前の「ワナカ」?
どっちもなかなかイイけど、間違っても道頓堀のあの行列の店(“隣とは関係ありません”とか看板出してる方の店)だけはヤメといた方がイイと思う。
あの店は、地元の評判最低なのに、何故か観光客が絶えず行列を作る不思議な店だ。
そして、別にウマくもなんともない。
あれが大阪のたこ焼きの味と思われるのは大阪人として情けない限りである。

まず、今日ご紹介するのは大阪梅田の「梅ダコ」。

これは梅田勤務のH子さんに教えてもらった店。
ここのタコ焼きの「梅あじ」がどえりゃーウマイ。
今回の大阪帰郷でもH子さんと「梅ダコ」で待ち合わせて飲んできた。

そしてもう1軒。
我が故郷中の故郷。
阪急三国駅の東側にある「カリトロ」というタコ焼き屋。
ここの「ポン酢」味の「ネギ・マヨネーズ大盛り」。

超ウメー。
オレの中では大阪一。

で、もう1軒は、御堂筋線「西中島南方」の「十八番」。

ここもウマイ。
でもちょっと前と味が変わってきた気がする。

大阪北部ばっかりやけど、この3軒はどこもオススメのタコ焼き屋。



で、パン屋の紹介に入る前に、我が家の愛犬コロを紹介したい。


彼女がコロだ。

だが。
写真にも、よそよそしさが漂っている。
「なにしてはるん、この人…?」
そんなカンジだ。

オレが痩せたのと、東京暮らしのため、すーーっかりオレを認識しなくなっている。
初日に家につくと、小屋の中から「ぐるるるるる…」と低い声でウナられた。
完全によそ者扱いである。
だが彼女は決して小屋からは出てこない。
警戒はしているモンの、飛び出してどうこうという事は全くない。
番犬としては使いモンにゃならねー。

ちなみに母の話では、今でも街で太った人を見つけると、オレやと思って狂喜してしっぽ振って飛んでいくそうである。
せつないね、コロ!
まぁ…。
太ってたオレをまだ覚えててくれて、そんなに心待ちにしてくれてて、ありがとう…といいたい気分だ。

大阪を帰る頃には、一応オレを以前のオレとは別のまぁまぁエエヤツやと認識してくれたらしく、フレンドリーな関係になれた。

うーん。
嬉しいのか、悲しいのか…?


ついでに、我が町・三国の写真を2枚ほど。
三国で見たキレイな花。


三国駅前の商店街


あともう2枚。
我が家の写真を。

ウチの父親はすげー阪神ファン。
阪神ファンなのは別に特別な事ではない。

…しかし…。
ウチのパソコンの上に、阪神優勝記念のコーヒーを飾るのはやめてほしい。


そして、更に言うと…。
その飾ってある缶は既に飲んだ後の空き缶である事!


…あのさぁ…。
ケースに入れてあるけど、すでに汚いよ、この缶。
そして、どうせなら、もうちょっとマシな阪神グッズを飾ろうよ…。
せめて…せめて…、せめてコーヒーを飾るなら、飲んでないコーヒーを飾ってくれ!!

…はぁ…。


さて気をとりなおして、お次は大阪近辺のパン屋さん。

関西でパン屋といえば、やはりまずココへ行かなければ始まらない。
兵庫県芦屋の「ビゴの店」本店。
こないだテレビをつけてたら、フィリップ・ビゴさんが出てた。
うーーーん。
あのおっちゃん、結構有名なの?

ま、オレはパンがウマければそれでイイけど。

「ビゴの店」のパン達。




やっぱり焼き色が只者ではない。

そして、本日オレが購入したパン。


この中で、左上のパンに注目してもらいたい。
これこそ、「明太フランス」様だ。
すげーウマイ。
フランスパンに明太子。
この組み合わせを発見した人に感謝したい。
それも、あのビゴの店のフランスパンとのコラボレーションである。
マズいはずがない。
というか、超ウマイ。

東京のビゴの店に行ってみたけど、東京店には「明太フランス」が無いそうである。
残念すぎる…。

ついでに、JR芦屋駅の近くでみた壁を突き破る木の写真を。

突き破ったのか…それとも枝が先で壁が後なのか?
突き破ったんやったらスゴイのにね。


お次は大阪府吹田市の岸辺にある「LeSucre-Coeur」。



超不便な場所にある。
電車でJRの岸辺から歩いたが、たぶん自転車で行った方が早かった。

ここは妹が教えてくれた店。
かなりイイかんじのパン屋さんだ。
中でも妹推薦の「クロワッサン」。

こりゃー、こりゃー。
かなりのレベルですぞ。
ウマイ。


そして、最後にやってきたのは、大阪パン屋の大本命。

「Boulangerie Takeuchi」
本町の靭公園の脇にあるこのお店。
昼過ぎに行くと、パンが売りきれで、PM3:00に再開すると張り紙があるので、ブラついて早めに戻ってきてみると…。


行列…。

すげー。

並んでパンを買うのは、人生2度目である。

待つこと30分。

いよいよ入店。



パンがかわいい。
そして店の中がオシャレだ。

その店のサイズといい、売っているパンといい、関東で今火がついてる北小金井の「zopf」を彷彿とさせる。

そして、この日オレが買ったパン。



…。

…超買いすぎた…。
だって、こんだけ並んだら、ちょこっとだけ買うのは勿体無さすぎやん…。
買ってしまうよ。
パンで2000円も使ったのは、これが初めてだ。

そして、お味。

ウマイ。
どのパンもウマイ。
そして味がこじゃれてる。
こんだけいろんな種類を買ってハズレなしってのも珍しい。

zopfもそうやったけど、超ウマイ!!…というパンは無い。
でも、どのパンもハズレが無い。
どれもウマイ。
そして、外見が良い。
これが、今、関東で超行列の出来るパン屋zopfと、関西で超行列が出来るパン屋Takeuchiの共通点のように感じた。

あ…。
超ウマイパンが無いと言ったが、訂正。

「マンゴー入りのパン」
これ、超ウマかった。
マンゴーがちゃんとマンゴーのままパンになってて、幸せなカンジ。
あれって、パンと一緒にのっけて焼いたらカラカラになるよね?
焼いて途中からマンゴー載せてるんかな?
いや、マンゴーの上に何かかぶせて焼いてるのかな?
ま、ウマければそれでイイか。
あと、小さい立方体の紅茶のパンもウマかった。


さすがのオレも一人で全部食えんほど買ったので、いろんなトコにお土産にあげたけど、どこでも好評やった。


最後に、実家に残していた中国土産が少し出てきたので、紹介しよう。


昆明の雲大ちかくで地べたで飽きないするサニ族のおばちゃん達から買った、ブキミな人形。


顔がすげー手抜きだ。

そしてブキミだ。


後ろの子供の人形もブキミだ。

土産を全部一緒にして、知り合い達に好きなモンを取っていってもらった結果、最後まで残った歴戦の猛者だ。十人以上に見せて、そのうち誰もが「欲しい」と思わなかった人形だ。
買ったオレ自身、早く処分したいが、捨てると祟られそうで捨てられない。
恐るべし!




そして、いっぱい貯まった中国で買ったバッチ。
西双版納で、工芸品を作ってるお店で、帽子にいっぱいピンバッチがついてるのを見つけ、店のおばちゃんと交渉して「帽子はいらん。ピンバッチだけ全部くれ」と、買ってきたバッチが半分ぐらいを占めている。
超ズサンな品質のバッチたちだ。



そして、桂林で悩んだ挙句に購入したZIPPOライター。
どこがスゴイって、こいつ。
超デカイ。
超重い。

他のライターと並べてみた。

ちなみにこの写真、手前にあるZIPPOも昆明で買った、普通の2倍ぐらいのサイズのZIPPOライターだ。
それを前にして、このデカさ。
普通に弁当箱として使えるサイズである。
脇にあるライターが日本で買った普通の100円ライターだ。


以上。
大阪見聞録でした。

最後は、ちょっとフレンドリーになれた愛犬コロの写真でお別れしましょう。


コメント
この記事へのコメント
姿も考慮してるんですねぇ
>大阪を帰る頃には、一応オレを以前のオレとは別のまぁまぁエエヤツやと認識してくれたらしく、フレンドリーな関係になれた。

私も、数年実家を離れた後、戻ったら犬に吼えられましたが、すぐ近くに来たら私だと気づいてくれました。だから、匂いで判断しているのだろうと思ったら、体型も考慮されているんですねぇ。動作の仕方とかも関係あるのだろうか。
2006/06/11(日) 18:44 | URL | 華南の靴 #-[編集]
うーーーん…
華南の靴さん、こんちわ。

さー、どうなんやろねー??
体型も考慮されているのか…?
それとも、太っている人は、共通の独特の匂いを身にまとっているのか…?
微妙っすね!

犬も個性があるかもしんないですよね?
匂いで人を見るタイプ、
体型で人を見るタイプ。
どうでしょ?

今後はコロと新たな関係を築いていこうと思っている所存です。
2006/06/11(日) 21:50 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。