野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野望への道(34):人形町タ○ネ
2006年06月11日 (日) 19:22 | 編集


2006年6月10日

さてさて。
今週も週末のランニングがやってきました。

本日の課題は。

ドイツパンである。

ドイツパン…。

どうにも好きになれないパンである。
でも…。

もしや、たまたまマズイパンばかりをチョイスしてしまっているのではあるまいか。
もしや、たまたまマズイタイミングのパンばかりを食べているのではあるまいか。

そういう気がしないでもない。

そんなワケで、原点に立ち戻り、東京は人形町にあるドイツパン屋さん「タンネ」に再び行ってみる事にしたのである。

…最近、まったく目的地が場所ではなく食べ物屋になってきているが、気にしないでもらいたい。


では。

東池袋から人形町なら春日通りをまっすぐ行って神田に抜けるコースが理想的だが、本日はもう1軒寄りたい食べ物屋があるので、江戸川橋を通って市谷脇を抜け、靖国神社へ。

その前に、音羽通りの超有名豆大福屋「群林堂」の前を通る。
今日はゆっくり出発したので、すでに10時過ぎ。
開店してる頃だ。
あわよくば早速ここで豆大福を…。
…と、思っていたのだが…。
すでに30人は並んでた…。
ホンマにいったいいつ来れば並ばずに買えるのだ、ここの大福は!?
土曜はアカンね。
会社の昼休憩に速攻で抜けだしてタクって来るしかないのかな…?


市谷の少し東側の橋を渡って外濠を越える。
この道のあたりは、少し妙な感じがした。
なんとなーく、素朴で昭和の香りがした。


靖国神社のあたりでは、御輿が出ていた。




靖国神社のすぐそば、靖国通り沿いに一軒のケーキ屋さんがある。
ここのパウンドケーキがかなりイケてるらしいという噂を聞きつけた。

パウンドケーキというと、私も良く作るバターケーキと大差ない。
自分で美味しく作れるのだが、実は店で売ってるパウンドケーキというのを、ほとんど食べた事がない。
ので、客観的に見て、自分の作ってる物体がどれほどのモンなのかというのがイマイチよくわからないのだ。

本日立ち寄ったのは「ゴンドラ」というケーキ屋さん。


早速パウンドケーキを購入。

…?

なに?

1切れ270円?

…こんなちっこいのに?

ウチで作るパウンドケーキの1/10ぐらいしかないで、これ。

…ホンマにウマイんかいな…?


小さい紙袋に包まれた2つのパウンドケーキを持ち店を出る。


おもむろに紙袋を開けるオレ。

基本的に買ったらすぐ食う。
これがランニング中の買い食いのオキテだ。
以前にランニング中に安売りバナナを買った時はドエライ苦労した。
そうそう、確か山手線一周した時や。
あん時ゃ、ホンマに大変やった。
結局重いので全部食べたのだ…。


そんなこんなで、荷物になる前に全て食べ尽くす。
(…だからリバウンドすんねん)

まずオレンジケーキ。

オレンジピールが練りこんであるらしい。
まずまず。

原材料。

小麦澱粉?
乳化剤?
フムフム…。
それ以外はなんとなくわかる。

次。
パウンドケーキ。

ラム酒の香りが上品。



…。
うむ。
見切った。
オレの作るケーキも、こんなカンジにできる。

ケーキがシットリしてるのは、焼き上げてから早めに密封して水分が逃げんようにしたらいーだけやろ?
あとウチは室温で冷まして保管するけど、冷蔵庫に入れれば、これと同じようになりそうやし。
多少は違っても似たようなモン、似たようなモン。
まいぺんら~い。
と、タイ人なら言うだろう。


さて。
ランニングに戻る。

しかし、ここ数日風邪で寝込んで会社を2日も休み、まだ完全回復していないので、一瞬…今日はこれで帰ろかな…と思った。

しかし、やっぱり世のため、人のため、パンのため。
…というか、オレのため。
ドイツパンを食べなければ。
という執念が足を人形町に向けさせるのであった。
我ながら健気である。


靖国通りをひた走り、山手線を抜け、清洲橋通りを南下。

ここに本日のターゲット・「タンネ」がある。

ある?

…ハズだが???


…店の前に立つと、「店舗移転しました」の張り紙が。
何を~!?

と思ったのも束の間、移転先はすぐ傍だ。
路地を曲がってスグのトコにあったのが、大通り沿いに移転しただけ。
あぁ、良かった。


…と、思ったのも束の間。
移転先は電気もついていないし、店員もいないし、パンも無ければ、シャッターも降りてる。

…?
まだオープン前なのか?

仕方が無いので、日本橋浜町の本店は辞めて、人形町店へ。

良かった。
ここは開いてる。


ドイツパンを購入。
そして、もう説明するまでも無く、買ったら即食い。
buy & eat 作戦だ。

ランニング中断して、ブラブラ歩きながら、ドイツパンを食べる。

まず、こんなドイツパンと違うが、クロワッサン。

うむ。
普通のクロワッサン。
若干硬め。

…特に可も無く不可もない。

お次はこんなパン。

…。
硬い。
…なんか上に乗ってる白い粒がマズイ。

次は、チーズが乗った、こんなパン。

…。
なんや、これ?
チーズのせてマズイって…あんまり無いよね。
パンで。

なんか変な味つけ。


最後にこんな甘そうなパン。

…。
まぁまぁ。
でも、パンというか、お菓子?
サブレの大きいヤツっぽい。
上の白い粉も微妙。


…。

以上。

…ダメだ。
ドイツパン…。
ここのドイツパンって美味しいんでしょうか?
ドイツパンの美味しいのって、こんな味なんでしょうか?
ドイツに行った事も無いので、オレにはわからんけど…。
どうやら、オレはドイツパンと相性が悪いらしい。
元同盟国なのにね、ドイツ。


しかし、ここで、マズイものを食った時の女性の気持ちがわかった気がした。
女性の多くはダイエットしてるでしょ?
ダイエットまで行かなくても、体重に少しは気をつけてるハズ。
すると、当然、一日に摂取できるカロリーは決まっているのだ。
となると、せっかくならその一日に取得できる限りあるカロリーは、せめて美味しいモンで摂取したい。
そう思うのが当然だろう。

…。
うん。
わかる、わかる。

オレも帰り道に名も無いパン屋の前を通り過ぎ、あぁ、せっかくやったら、こうゆー食べた事ないパンを食べれば良かったなー、とか思ったのだ。
そして、自然に銀座方面に向かおうとする我が足を制しながら、「今日はこれ以上パンを食べたらアカン」「ドイツパンじゃなくて、ビゴやPAUL、VIRONやカイザーにすれば良かったな…。」とか思いながら家路についたのだ。

うーん。
どなたか美味しいドイツパン、知りませんか…?


帰りに春日通りで、軒先やそこに泊めてある自転車に小さなサボテンギャラリーができているのを発見。






最後にランニングとは関係ねーけど、東池袋で見かけた看板。

「危険物安全週間」…?
言ってる意味もわからんし、何故、琴欧州関…?


以上、本日のグルメ・ランニング終了。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。