野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
捨てネコ・ミー(後編)
2006年10月07日 (土) 13:33 | 編集
ミーは、ご主人様に捨てられちゃったのです。


第1話はこちら→<捨てネコ・ミー(前編)




[21] その日
-----------------------------------
それは、いつもと何も変わらない午後でした。

花が咲き、チョウチョが舞う、気持ちの良い日でした。

ミーとタロは出会ってから日課のようになっていた拾い主探しをしていました。

ミー『ニャ~ンニャ~ン。』

タロ『くぅ~んくぅ~ん。』

いつものように鳴く二人。

しかしこの日はいつもとは違っていました。

女の子が二人の前で立ち止まったかと思うと、タロだけを抱き抱え、歩きはじめました。

ミーからは肩に抱かれたタロの前足しか見えませんでした。

前足が大きく振られました。

それは、サヨナラとも、行きたくないよとも、言っているように見えました。




[22] その時
-----------------------------------
その時、ミーは何が起こったのかわかりませんでした。

ミー『あれ?タロちゃんがいない?』

次の瞬間、嬉しくなりました。

ミー『やったね。タロちゃん。ご主人さまが見つかったね。』

何かのゲームのゴールに達したような喜びが込み上げてきました。

そうか、こんな風に拾ってもらえるんだと、思いました。

自分とご主人さまのような世界にタロは行くんだなと思い、それを想像しました。

温かい部屋に温かい手。

夢の中にいるような幸せな世界を想像していました。

あたりは夕暮れ。

想像の世界から戻ったミーは気がつきました。

もうタロはいない事に…。




[23] 第1夜
-----------------------------------
朝が来た。

ミーは一晩中泣いた。

朝日が昇る頃、泣きつかれて眠ってしまいました。

ミーは夢を見た。

タロの夢だった。

一緒に散歩してた。

河辺を歩きながら、二人で楽しくお話しした。

チョウチョをみつけて、二人で追いかけた。

暖かくて、楽しい夢でした。

…ミーが目を覚ますと夕方でした。

ひとりぼっちのミー。

よくタロとお話しした花畑。

今はもうミー1人。

ミー『タロちゃん、どうしてるのかなぁ…』

不意にミーの目には涙がこぼれてきた。

ご主人さまの事で落ち込んでた自分が贅沢に思えた。

ミー『タロちゃんさえいればミーは幸せだったよぉ…』




[24] 第2夜
-----------------------------------
ミーはアリの行列を見ていた。

ぞろぞろと列を作り歩くアリさん。

皆、めいめいに何かを担いで巣に向かいます。

ミー『仲間がたくさんいていいねぇ』

寂しそうに笑うミー。

空を見上げるとスズメが2羽、楽しげに飛んでいました。

ミー『空とべるといいねぇ、タロちゃん。気持ち良さそうだよぅ』

独り言をつぶやくミー。

前はタロがいてくれたのに寂しがってたミーですが、今はタロと過ごしたあの時間が何も悩みなどなく、楽しかったように思えます。

ミー『タロちゃん…ミーは大丈夫だから…幸せになってねぇ』

ミーはつぶやいた。

涙がポロポロこぼれます。




[25] 第3夜
-----------------------------------
朝から雨が降り続いていました。

ミーは雨の中、ズブ濡れになりながら歩いていました。

この天気はちょうどミーの気持ちと同じでした。

タロが行ってしまって以来、フトした事で涙がでてしまうミーでした。

家につくと、すぐ眠ってしまいます。

夢の中ではタロに会えるから、ミーは眠るのが好きでした。

…ふと、目が覚めるとすっかり雨はあがっていました。

お日様がミーにはちょっとまぶしく感じました。

足元に残った水溜まりがキラキラと輝いていました。

のぞきこむとミーの顔が映ります。やつれて元気のない自分の顔がありました。




[26] 夢?
-----------------------------------
ミー『こんなんじゃ、タロちゃんが帰ってきてくれても、ミーのことキライになっちゃうなぁ』

そういえば3日間も何も食べてません。

ぐぅ~っ。

おなかがなります。

ミー『おなか減った~っ何か食べよっ!』

少し元気になったような気がします。

でも夜になるとやっぱり寂しい。

お花畑の前で星を眺めます。

フト隣を見るとタロがそこに居ます。

固まるミー。

タロの顔が見れません。

ミー『アタマおかしくなっちゃった。幻まで見えてきちゃったぁ。…でもねぇ、夢でもイイから会いたかったんだよぉ。タロちゃん。』

そのまま眠りにつくミーでした。




[27] 朝が来る
-----------------------------------
朝がきた。

雨上がりの朝は気持ちいい。

一つ大きくあくびする。

ふぁ~っ。

なんか昨日の夜いいことがあったよーな…、そうだ!

タロちゃんの夢みたんだ。

思い出し笑いをするミー。

ミー『エヘヘ…。タロちゃん。また夢で会いにきてねぇ』

朝の散歩に行こうとしてると、何かにつまずいて、ヨロけるミー。

そこには、見覚えのある、小さな犬さんがぐっすり眠っている。

ミーには解らない。

何故ここにいるのか?

本物のタロか?

夢なのか現実なのか?

ブルブルしながら鼻先をなめてみた。

タロの味がした!

帰ってきたんだ!

涙がポロポロとこぼれおちた。




[28] 目が覚めて
-----------------------------------
タロ『…ん、んん~?』

鼻先がくすぐったくって目を覚ますタロ。

タロ『わ!』

タロの目の前に何かいた。

鼻水たらして涙ながしてるのは…よく見ると…

タロ『…ミーか?ナハハ。オマエ今、すっげえ顔してるぞ。ナハハハ』

ミーは涙ぐみながら

ミー『ダロ゛ぢゃ~ん…』

ミーはタロの背中に顔をこすりつけて泣きます。

ミー『う゛ぇ~ん』

タロ『わ。コラ、バカ。よせよぅ。くすぐったいぜい。ナハハハ…』

タロは逃げます。

追いかけるミー。

花畑で駆け回る2人。

ミー『待ってぇ。もうどこにも行かないでよ゛~』

タロはミーの様子がオカシイのにようやく気がつきました。




[29] 2人の暮らし
-----------------------------------
春がきました。

暖かい日差しがふりそそぎます。

暖かい日差しの下、2人の日常が戻ってきました。

ミー『ねぇねぇ、タロちゃん。今日はごはんどうする?』

タロ『う~ん?ハンバーガーはあきたからなぁ。よし!ミーの好きな寿司屋へ行ってみるか。』

ミー『うわ~い!お寿司。たくさん捨ててあるといいねぇ~』

ミーにはタロがいた。

タロにはミーがいた。

2人にとって、その他の事はどうでも良かった。

タロ『なぁ、ミー。もう飼い主探すの、止めようか。だってよ。別に人間に拾ってもらわなくたって、イイよな。2人でずっと一緒に暮らそうぜい。な?』




[30] 出発
-----------------------------------
ミー『…』

タロ『…?どうだ?ミー?』

ミー『キャー、タロちゃん。それってプロポーズ?』

タロ『バ…バカ。そんなんじゃねぇやい。』

ミー『…ミーはねぇ、タロちゃんがいないと生きていけないんだぁ。』

2人は旅にでる事にしました。

行く先もなく、行く目的もない旅です。

ミー『タロちゃ~ん。見て見て。あの木。すっごくキレイな花咲いてるよ~』

タロ『ほんとだな。』

桜が満開です。

もう、2人は捨てネコや捨てイヌではありませんでした。

自分達の力で生きている、自由なネコ、自由なイヌでした。

ミー『タロちゃん。』

タロ『ん~?どうした?ミー』

ミー『タ~ロちゃ~ん』
コメント
この記事へのコメント
良い話やね~
ラブストーリ?
2006/10/07(土) 14:08 | URL | 北京っ子 #TjD7Q8PM[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/07(土) 14:09 | | #[編集]
とぅるー・らぶすとーりー
読んでくれて、ありがと。
北京っ子さん。

この作品、はじめはラブストーリーじゃなかったのに、最後はラブストーリーっぽくなってしまいました。

当時知り合った1人の女の子のために書いた物語で、文章はわたしが書いたのですが、こんな事があってほしいなーとか、その子のアイディアも入ってます。
最後は、その子の希望で、「絶対ハッピーエンドにして!」…っという事で、このようなハッピーエンドになったのでした。
だから、その子がいなければ、タロとミーは再会できなかったかもしれませんね。
2006/10/08(日) 13:10 | URL | 寅 #-[編集]
良かった
それは、あの子に感謝しないと…

私も、ハッピーエンドじゃないと嫌な人なの…
切ない物語だと落ち着かなくて、イライラするんだ~
ちょっと悲しい話になると、すぐ泣くし…ダメ人間だね(笑)
だから、日本のテレビ番組は好き…笑い番組ばっかりだからさぁ~

この物語、読みやすいし、ハッピーエンドだし、とても良かったと思います。
2006/10/08(日) 19:53 | URL | 北京っ子 #TjD7Q8PM[編集]
ぐらしあす!
どもです、北京っ子さん。
そっかー、ハッピーエンドじゃないと嫌なんですかー。

ワタシはあんまり日本のテレビ番組は見ませんねー。
ワタシは中国の武侠片が結構好きです。
あと周星馳とか!
2006/10/09(月) 11:46 | URL | 寅 #-[編集]
いっしょかっ!
周星馳!!!!!!!!
私も彼のファンでございます^0^/
2006/10/09(月) 16:09 | URL | 北京っ子 #TjD7Q8PM[編集]
周星馳!!!
お!
北京っ子さんも好きですか、周星馳!!!

楽しいですよねー!

少林足球や功夫だけじゃなくって、昔の作品も楽しいのや変なのや、大話西遊みたいな経典のモノもありますもんね。
私は結構、国産007が好き。
2006/10/10(火) 08:58 | URL | 寅 #-[編集]
私も、国産007が好き。
あと一番と言ったら、唐伯虎点秋香かな~^^

同じファンであってうれしいっすね~
2006/10/10(火) 21:30 | URL | 北京っ子 #TjD7Q8PM[編集]
北京っ子さん
唐伯虎点秋香もいいねー。
私はやっぱり一番は少林足球かな?
中国で留学してる時、互相学習の相手の人と何回も何回も観たよ。
最初は会話が速くてわかんなかったけど、何度も聞いてると、「快回火星、地球是hen危険的!」とか面白いセリフがあって楽しい。

同じファンで嬉しいね!

周星馳は世界の宝だと思う。
2006/10/11(水) 09:08 | URL | 寅 #-[編集]
ははっ!私も、少林足球を数えないほどの回数で見てました。
うちの旦那はいつも「また見るの?」とびっくりする・・・(笑)
でも、日本にしか見たことがなくて、広東語もチンプンカンプンだし、そんなセリフの存在何か知らなかったわ・・・すっごく損だね・・・

見直す!
2006/10/11(水) 15:31 | URL | 北京っ子 #TjD7Q8PM[編集]
何回見ても
何回見てもイイよね、周星馳の映画は。
楽しいのが基本にあるけど、他にも淡い恋の話や、せつない話とかが入ってたりして。
周星馳が演じる役がいつもちょっとお調子者でユニークで、どこか憎めない感じで好きやなー。
2006/10/15(日) 23:13 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。