野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレとグロ(第2話)
2006年10月22日 (日) 21:57 | 編集
♪ ワシらの 名前は グレと グロ~♪
♪ この世で 一番好きなのは~♪
♪ 炒めつけること 煮込むこと~♪
♪ グレ グロ グレ グロ グレ グロ~♪


グレ『ねぇ、グロ兄…。
  この歌ってさ…炒めつけるは痛めつけるに聞こえるし、
  煮込むは、憎むに聞こえ…。』

  ドカッ!(グレのケツにケリを入れるグロ)

グロ『ドアホゥ!
  炒めるは野菜炒めの炒めるや!
  煮込むは味噌煮込みの煮込みやないけ!
  お料理の基本やど!』

2人は大の仲良し。
2人の行く先には、いつも美味しい料理の香りと笑顔(…と多少の罵声)が広がります。
今日は何を作ってくれることやら。


東京駅で電車に乗って上野に向かう2人。
連日、飲み歩いて疲れていた2人。
あらあら。
電車に乗るなり、ぐーっすりスヤスヤお眠りです。


『…次は~、終点~、終点~、熱海~…』

グレ『うーん…むにゃむにゃ…
   グロ兄ィ…、なんか終点らしっすよ~…』
グロ『zzz…』


グロ『どこや、ここは?』
グレ『…熱海っつったら、上野と反対ですよ、アニィ…!』
グロ『乗り間違えたか…。まぁええ、次の電車で引き返すど!』


乗り換えた電車でもスヤスヤお眠り。
お空のお日様も少し苦笑いしています。

ガッタン、ゴットン、ガッタン、ゴットン…。


『次は~、浜松~、浜松~』


窓から入ってきた赤トンボがグロの鼻先に止まって羽休め。

ガッタン、ゴットン、ガッタン、ゴットン…。


『次は~○○~、○○~、終点です~』

2人は気がつくと、大阪梅田駅で降りていました。
人ごみに流されてるウチに、キップも片手に握ったまんま降りてきてしまいました。


グレ『アニィ、大阪って結構近いんすね。
  箱根のちょっと先ぐらいなんですかね?』

2人はグロの生まれ故郷の天王寺動物園に向かいます。

しかし、そこはすっかり変わってしまっていました。

グロが育った頃は、路上で生活するおっちゃん達が大勢いて、道端でカラオケなんかをして盛り上がったモンです。
今は小奇麗になったけど、誰一人いないその路上。
そばにはボロボロのたこ焼き屋台が打ち捨てられています。

グロはしばらく無言で立ち尽くしていました。

グレ『グロ兄…』

グレは立ち尽くすグロを残して買い物に行きます。



グロ『…ん?なんや、この匂いは??』

グロが振り向くと、壊れた屋台でグレがたこ焼きを焼いています。

グレ『兄ぃ、そんなしょぼくれてないで、手伝ってくださいよ!』

グロ『グレ…。
  うっし!
  オラ、のけのけ!
  そんな手つきじゃウマイたこ焼きは焼けんど!』


♪ ワシらの 名前は グレと グロ~♪
♪ この世で 一番好きなのは~♪
♪ 切り刻むこと 燃やすこと~♪
♪ グレ グロ グレ グロ グレ グロ~♪

グレ『…』
グロ『なんや!
  切り刻むのはタコ切る事や!
  燃やすのはガスに火ぃつけてこんがりタコ焼き焼く事や!』
グレ『…いや、オレは何も言って…』

  ゴスッ!(グレのみぞおちにヒザ蹴りするグロ)


美味しいたこ焼きの香りにつられて、近くの天王寺動物園のオリを抜けだした動物たちが集まってきます。
クマさん『タコ焼き1コおくれ』
トラさん『ワシも1舟もらおうか』
チンパンジーくん『オイラも、オイラも』
フラミンゴさん『あたしも1つお願いするわ。』

2人の屋台を取り囲むように、たーくさんの動物たちが列を作ります。

ゾウさん『うまいパオーーン!』
ゴリラくん『ウホ、ウホ、ウホ (ハフハフハフ…)』
ウサギちゃん『キャー、おいしー!!
  普通のたこ焼きと違って、美味しいソースがかかってるよー!』




グロの顔にも、いつの間にか笑顔が戻ります。
グロ特製の「肉みそたこ焼き」と「赤ワイン酢ゴマソースたこ焼き」でした。


グロ『やっぱりウマイって食べてくれるヤツらがいてこそ、料理のしがいがあるっつーモンやの、グレ』
グレ『ハイ、兄貴!』
グロ『…ん?タコが切れたど、グレ』
グレ『ほな、買ってきましょか、グロ兄』
グロ『うーん、いや。
  別にタコじゃのーても、なんでもえぇんや。
  鳥肉とかな…』

タコ焼きを食べていたニワトリどんを見つめるグロ。

ニワトリどんの隣のフクロウじいさんがニワトリどんに耳打ちします。
ニワトリどん『…ぼ、ぼ、ぼ…ぼく!そ、そ、そろそろ寝ようかな!!』

コケッ、コケッ、コケッ!と叫びながら動物園に帰っていくニワトリどん。

グロ『豚肉とかもえーなぁ…』
グロの手には包丁が握られています。

ブタちゃん『ブヒッ、あ…あ…アタチも、今日は彼氏とデートなの、そろそろ行かなきゃ!ブヒッ、ブヒッ!』

グロ『まぁ、この際、牛、羊、馬でも、なんでもえーか…。』

辺りは騒然となります。

ヒヒーーーン!
ウホッ、ウホッ、ウホッ!!
キキー、キーー、キー!!

阿鼻叫喚の大騒ぎで、動物たちは動物園に帰っていきました。


あたりは元の静かな通りに戻りました。

グレ『ありゃ、兄さん…、オレらなんか夢でも見てたんですかねぇ???
  動物がたこ焼きなんか食べるハズ…』

グロ『ふん…。
  まぁ、わしらもたこ焼き食おか。』

最後のタコ焼きにハリ(千枚通し)を伸ばすと、突然屋台の上からニワトリが落ちてきて、最後のたこ焼きをくわえて逃げていきます。

グロ『おら!待て、コラ!ワシはまだ1個も食ってへんねんど!』
包丁片手に走りだします。

グレ『あ、アニキィ!包丁なんか振り回してたら、サツが来ますで!』
グロを追いかけて走るグレ。


1匹を追いかけるグロ、グロを追いかけるグレ。
ぐるぐる回る2人の背後では、火をつけたままの屋台が炎上しています。
パトカーのサイレンが近づいてきます。

グロ『おい、グレ、撤収や、撤収!
  あのニワトリ!今度みつけたらチキンソテーにしたる!!』
グレ『アニキ、そんな事より早くずらかりましょ!』

ヤジウマが集まりつつある現場を立ち去る2人。

駆けつけた警察は炎上する屋台と、あたりに散乱している動物のフンを見て、すっかり混乱しています。
あそこのでっかいウンチはゾウのでしょうか…?


お空には、まんまるお月様が2人を見て苦笑いしていましたとさ。

おしまい。






『おまけ』
グレとグロのたこ焼きの作り方。

---------------------------------
・肉みそたこ焼きのソース

 材料)
   牛豚合い挽き肉  100g
   味噌  けっこうイッパイ
   だし汁   2カップ
   塩コショウ  適宜

 作り方)
   ?だし汁を加熱し、合いびき肉を煮込む
   ?肉に火が通ったら、みそをとかし入れる。分量は要調整。
   ?塩コショウを適宜。カレー状のドロっとするまで煮込む。
     (ミソが少ない場合には追加。ちょっと味が濃すぎるぐらいがたこ焼きに合う)
---------------------------------
・赤ワイン酢ゴマソースたこ焼きソース

 材料)
   蜂蜜  大さじ1
   黒酢  1/4カップ
   赤ワイン  大さじ1
   バター  20g
   すりゴマ(黒+白)  大さじ2
   塩コショウ  適宜

 作り方)
   ?蜂蜜を中火で熱する。
   ?茶色くなったら黒酢と赤ワインを入れ、かきまぜる。
   ?泡がわくが、かきまぜつつ中火で3~4分加熱。
   ?火を止めて、すりゴマ、バターをぶち込んで、溶かす。
   ?塩コショウで味を調える。
---------------------------------
・たこ焼き(1人分16コ)
 材料)
   小麦粉  1カップ
   卵  1個
   だしの素  適宜
   水  1+1/4カップ
   ネギ、タマネギ、ピーマンなど、残り物の野菜をみじんぎりにしたモノ  適宜
   紅生姜  適宜  (※重要)
   天カス  適宜  (※あれば)
   メインの具  タコでも、鶏肉でも、ウィンナーでもなんでも。モチとチーズなどもいい。

 作り方)
   ?小麦粉に水を少しずつ、かき混ぜながら入れる。
   ?卵をよく溶いて?に入れる。
   ?だしの素も入れる。
   ?みじん切りにした野菜や生姜も入れる。
   ?よく熱したたこ焼き鉄板でうまいこと焼く。

コツは中火強ぐらいでよく熱した鉄板に多目の油をしき、生地を流しこむ。
生地は9分目ぐらい。
1個ずつメインの具を入れていって一呼吸おいたら、一番火が強い場所のはすぐひっくり返せるぐらいの火加減。
(鉄板の10cmぐらい上に手をかざして十分熱いけど、耐えれるぐらい)
たこ焼き器は電気のヤツは火が弱すぎるからガスコンロに鉄板がイイ。
あとは…、ひっくり返す時は、タコ焼きの穴の外周に沿って、思い切ってグルっと千枚通しでまわすと、自然に生地がひっかかって回ってくれる。
完全に回らなくても、次々まわしていく。
時間との勝負。
火が通り過ぎると、ひっくり返しても丸くなってくれない。
あとは、丸まってきたら、火の強い場所と、火の弱い場所のタコ焼きを入れ替えたりしながら、定期的にタコ焼きをまわしてやる。
初めて使う鉄板は油いっぱい敷いても生地が鉄板にひっついて大失敗になりがちやけど、気にしな
いで2度、3度焼いてるとうまく焼ける…はず?
何度やってもダメなら、それは火加減が弱すぎるのかも。
具を入れてほんの少し待ったら、タコ焼きの丸の外周部分の色が変わって固まり初めてるぐらいがイイぐらい。
途中、たこ焼きが丸くなって、火が強すぎるようなら弱火にして、中の具に火を通しても良いかも(生の鶏肉とかを使う場合)。

できあがったら、2種類のどちらのソースでも、上からからめてできあがり。
肉みそソースは、さらにマヨネーズをかけてもウマイ!
---------------------------------


写真はある日の野良人の昼メシ。
肉みそたこ焼きと、赤ワイン酢ゴマソースたこ焼き。
そして一番奥は、バナナパウンドケーキの自家製カスタードクリーム和え。
…。
すべて手作りってトコが…我ながら、少しコワイ。
…オレって何モノ???


まぁ、たこ焼きの最大の弱点はソースやと思う。
今時、ソースとマヨネーズだけなんて…寂しすぎる。
もっといろんな自由なソースをかけると、すっごいいろんな味になる。
ベースのたこ焼きは、変な主張もなく、いろんなソースに合う非常に優秀な食べ物。
ソース次第で可能性無限大!!
…っと、オレは思うんですが…。


皆さんの健闘を祈ります!
それ以前に皆さんのたこ焼き鉄板購入の検討を祈ります!
美味しいよ、タコ焼き!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。