野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カキのタコ焼き!!!
2006年12月01日 (金) 08:27 | 編集
いやー。
本日は、なんとなんと!
カキのタコ焼きを作ってしまった!



さぁー大変!






いやー。
すごいね、オレ!
そして、これがまたウマイ!!!



…えー…。

味オンチじゃないよ…

一応…。


では。
美味しいカキ・タコ焼きの作り方!


といっても、いつもと同じ生地で、同じ材料を入れてタコ焼きを
作ります。

もちろん具は切ったカキ。

で、本日は、タレを、バンバンジー用のソースにしてみる。
超手抜き。


すりゴマ 大匙2
しょうゆ 大匙1
砂糖 大匙1
水少々

を適当に混ぜるだけだ。
水は他の材料を混ぜてみて、水分が足りなければ少しくわえるぐらい。
すりゴマは、普通白ゴマを使うようだが、オレは黒ゴマにしてみた。
特に何か理由があるワケではなく、家に黒ゴマしかなかったからだ。


で、一通り焼きあがってから、生地が少し残ってたんで、更に2個焼く。


で、ソースをかけて出来上がり!!


ついでにマヨネーズもかけてみる!




…ん?

特にカキ用の工夫がないって…?

そうです。
特に何も工夫は要らないのです。


…しいて言うならば…。
こいつです。




はい。
「牡蠣」です。
カキ入りタコ焼きを美味しくする秘訣!
それは「柿」ではなく「牡蠣」を使う!

ですね!

えー、ちなみに、冒頭の柿の写真。
あれは、本記事とは一切関係ありませんので、ご了承ください。
ウソ、大げさ、まぎらわしいけど、公共広告機構には通報しないでください…。


いやー。
さすがのオレも、たこ焼きに「柿」は入れへんで…。


いやー、牡蠣タコ焼きウマかった!
いや、タコは無いから牡蠣焼き?



牡蠣と言えば、台湾の牡蠣オムレツ…というか…牡蠣お好み焼きの「おあじぇん(台湾語)」!
コレすごいウマかった。
ピンクっぽいソースがかかってて。

で、どうせ牡蠣入りのたこ焼きを作るなら、その「おあじぇん」のピンクのソースを作りたかった。
が、ネットで探してみたもんの、何も見つからんから、やめた。
残念。

で、本日のようなたこ焼きになったワケですね。

いつか、おあじぇんを習得しに台湾へ行こう!

アディオス、アミーゴス!
コメント
この記事へのコメント
まさに・・・
牡蠣でたこ焼きとは、形状は違うけど、まさにオアジェンじゃないでしょうか!!
あ、もっとたまご多めでお願いします。

でも、あのピンクのソースは好かんかった~!
何?あれ。甘いんだか、しょっぱいんだか、得体の知れない液体だったよ!

何か屋台の食べ物にあれがやたらとかかってるので、(おでんとか粽子とか)いっつも「いらん!」っていってました。
後もう1つ「醤油膏」とかいうたれも甘いんだかしょっぱいんだか分けがワカラン味で料理を台無しにしてました。
でも台湾人は両方とも好きみたいで、いろんな料理にかかってたなあ・・・。
2006/12/01(金) 23:09 | URL | じゅうめい #-[編集]
ピンクのソース
ありゃりゃ???
ピンクのソース、まずかったですか!?
私の記憶の中のピンクのソースは、かなりウマイソースやったんですが…???
気のせいかな??
偶然、うまいピンクのソースの店やったんかな?
今となっては、全て謎ですが…。
でも、日本ももっと屋台料理を増やして欲しい!

その意味では、巣鴨が一番理想的かもしれませんね。
月3回は縁日やし。
2006/12/04(月) 13:55 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。