野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I LOVE アオザイ!(ホーチミン3日目)
2007年01月03日 (水) 23:59 | 編集
本日のベトナム語

「Chúc 1 ngày tốt đẹp」 = 「良い一日を!」

今日は宿に含まれているという朝食を食べてみる。
…が…。
パン1個、コーヒー、バナナ1本…。

これで宿泊すると朝食が付くと宣言できる図々しさがステキだ。

ホテルの兄ちゃんに、ホーチミンで一番デカイ本屋はどこか聞いてみる。
たったこれだけの事だが、ベトナム語で聞いて、ベトナム語で返事を聞くとなると、なかなかに大変だ。
地図を片手に、あーだこーだ言って、「Nguyễn vãn cù」に行けと言われる。
そして頼みもしないのに、宿前で客待ち中のバイク便のオヤジに、そこまで連れていってくれという。

10千VNDだと、宿の兄ちゃんは言っていたが、いざ乗って向かっていると、バイクのおやじは往復で30千VNDだとか言いだした。
…なぁ、オヤジぃ…。
なんで片道の倍の値段より高くなってんの?
意味わかんねーし。
片道だけでえーわと言って、本屋前で降りる。
まぁ、行きは場所探す手間が省けるからバイクもイイね。

そして、デカイ本屋。

すげー。
デカイ。
欲しい本がいっぱい!
欲しい本とは、主にチビっ子が読むような、簡単で絵がいっぱい入ってる、楽しい童話などの本だ。
そう。
オレのベトナム語はまだまだ、ちびっ子以下やからね!
今回の旅は、(今のところ)あんまり観光する気もなく、ベトナム語の勉強と、カフェでのーんびりするのと、うまい飯とフルーツを食べるのが目的や。
特に、日本ではベトナム語の本などは手に入りにくかったり、非常に高かったりするから、ベトナムの本を買うというのも1つの大きい目的なのだ。
特に辞書。
「越日日越辞書」というのは、定価で1万2000円する。
が、それがベトナムで買うと、紙の質と印刷の質は著しく劣るが、内容は全く同じのものが、60千VND(=500円弱)で手に入る。
こりゃあ、買うしかないでしょ。
ベトナム語教室の仲間のためにも、5~6冊は買って帰るつもりだ。
とりあえず1冊だけ購入。
こりゃ、ベトナム最後の1日は本屋めぐりかな!?

ちなみに、この時買った辞書。
後で宿でさっそく開いてみると…。


すごいオマケつき!
なんと、辞書のクセにいろんなところに袋とじ付き!


ホラね。
…でも、べつにスケベな写真が入ってて袋とじなのではない。
単純に、切れていないページがいっぱいあるだけだ。
ま…。
1万2000円が500円やねんから!
多少の事は…ね!


バスで宿あたりまで帰ろうとするが、不明。
ベトナムのバスは、かなり不親切な気がする。
で、ブラついてると、大学や高校のあるエリアに。
おーーー!
すごい。
緑色のアオザイ着た娘さんがいっぱい!!



いやーー。
なんまんだぶ、なんまんだぶ…。
えーもん見せてもらいました。
やっぱり、アオザイってカワイイよなー!

ベトナムでは女子高生の制服がアオザイである。
だが、今まで2回ハノイに行ったけど、どうやらハノイの高校生はアオザイを着ないらしく、一度も自然にアオザイを着ている人を見たことがなかった。
まぁ、不自然にアオザイを着ている人(観光客向けなど)は見た事あったけど…。

うん。
やっぱりアオザイはステキ。
ぜひ、このアオザイを高校の制服にするという文化を、ベトナム以外にも広めて欲しいものである。
アオザイ推進委員会というのが、もしあるとすれば、ケチな私も必ず寄付をするだろう。
で、道端でアイス食べたり、肉まん食べたりしつつ、とりあえず宿方面に向かって歩いてみる事にした。


すると、もう1つ高校。
こっちは白いアオザイ!


おーーー!
これもカワイイね。

けっきょく歩いて宿まで帰りついた。
うーん。
結構歩いたで。

そういえば、さっき食べた肉まん。

ビックマックとかのハンバーガー用の箱に入れてくれた…。
ビニール袋だけでいいのに…。
肉まんはベトナム語では「bánh bao(ばいんばお)」と言う。
しかし、ベトナムの肉まんはマズい…。
これは、中国の肉まんの味を知るモノにとってはツライぐらいにマズイ。
生地がなってないね。
中身はベトナム風にアレンジしてあって、なかなかウマイのに。
肉まんはやっぱり中国がNo.1やね。
オレがベトナムで唯一マズイと思った食べ物だ。

で、ブログに書いたかどうかわからんけど…。
暑い!!!!
書くまでもないけど、暑っつい!!!!
話には聞いてたけど、暑っつすぎる!!!
日本じゃ正月やっつーのに…。
宿に一旦引きあげて、シャワーを浴びて、クーラーをガンガンにきかせて、しばし休憩。
冷蔵庫には、常に飲料と美味しいフルーツを欠かさず補給しておくのがホーチミンでの日課となるのだった。

宿の近くにはモンキーバナナの屋台が出ていた。



休憩完了。
昨日に続いて、ベンタイン市場に行く事にする。
あそこはブラブラしとるだけでも、結構楽しめる。
途中で今度は赤いアオザイっ子に会う。

これは何高の制服やろ?


今日は途中で「加トちゃん」を名乗るベトナム人に出会う。
このオヤジも日本語を使うバイクタクシーのオヤジだ。
バイクに乗るのは断ってたけど、「ただ日本語が話したいだけだよ」っと言うので、少し道端で話し込む。
最後の方は、オレの方が「これはベトナム語で何ていうの?あれは何て言うの?」っと加トちゃんを質問責めにしていた。
そして冒頭に書いた「本日のベトナム語」は、この時加トちゃんが最後に言った一言だ。

「Chúc 1 ngày tốt đẹp」 = 「良い一日を!」

…もちろんの事だが、これを1発で聞き取る実力はまだオレにはない。
別れる時にお互い手を振ってたのに、また戻って「何?何?今の何て言うたん??」…っと聞いて、ノートに書いてもらったのだ。
「今日一日良い日でありますように」、英語で言う「Have a nice day.」だ。
これは今回の旅でオレが聞いた一番ステキなベトナム語かな。
覚えとこ。
加トちゃんのクセして、なかなかアジなセリフを吐きよるの~!

本日はベンタイン市場でいっぱい魚眼レンズ写真を撮影。












その後は街をブラつきつつ、買い物のフリをして(買う気なし)、ベトナム語の練習をしてまわる。

こんな店も発見。

看板に「日本No.1ラーメン」っとある。
…知らんかった。
日本No.1のラーメン屋は、ベトナムにあったんやね。

昨日晩飯を一緒に食べた日本の女の子2人組みが言ってた2Fにスーパーがあるというデパートに行ってみる。
すると、何の事はない、昨日ストーカーに追い詰められた時に逃げ込んだ建物やった。
スーパーで、短パン、タオルとおやつ少々を買い込む。
やー、もうジーパンも暑い。
短パンで十分や。
が、このスーパーは日本人がやたら多くて嫌。

レジの前で日本人のジジ・ババがなにやら店員さんとモメてるから、オレのつたないベトナム語で通訳っぽい事をしてあげる。
ジジ・ババは、どうやら、USドル建てのT/Cを、そのままこのスーパーで使おうとしているらしい…。

…。

…それはちょっと…無茶じゃないの…?

ちょっとベトナム語で店員さんと話てみるが、店員さんらは、最初T/Cが何かわかってなかったらしいが、突然「大丈夫だ」と言いだした。
…え?
まじ?
T/Cってさ、銀行でも換金できないとこあるじゃん。
なんでスーパーでそれが使えるの?
換金するのにパスポートいるで…。

…オレはアカンやろと思うが、ベトナム娘の店員さんらがOKと言うので、オレはどうしよもない。

別れ際、ババが「旅行で来られたんですか?」と聞いてきたので、「はい。旅行で。」と言うと、ババが突然火がついたように笑い出した。

…???
…なんもボケてへんのに…なぜ???

そしてババはボソッと一言。
「日本人かと思ったわ…」…とか言ってる。

…あの~…オレ…一応、たぶん、日本人やと思うんですけど…。
耳が遠いらしく、オレの言った「はい。旅行で。」という言葉がババにどのように伝わったのかはわからないが、どうやらババァはオレが日本人ではないと認識したらしい。

…。
…めんどうなので、もう、どうでもイイや。
…いいよ…日本人じゃなくたって…。

なんか、ババの笑い声が人をバカにしたような響きがして嫌なので、帰る。
…っつーか、オレが日本語話せるベトナム人やったとして、手助けしてもろといて、ろくに礼も言わずに、意味不明の大笑い。
そりゃぁ、日本人は何考えてるかわからんと言われるわな。
オレもわからんし。

ちなみに、ババァ。
たぶん、スーパーでT/Cは使えんと思うで。
まぁ、困る時は、勝手に困ってくれ。
オレは知らん。


その後、もう少し時間があったので、どないしよか迷ったが、ずーっと遠くの方にある「チョロン」という中華街?に行ってみることにした。
昨日少し乗った1番バスが、ベンタイン市場のすぐ南からチョロンに通じているらしかったので、とりあえず乗ってみた。
3千VNDだ。
バイクやタクシー使うより、よっぽど安く安全だ。
バスなら、事故っても、たいがいケガするのは相手側やろう。

30分ぐらいしてチョロンのあたりに到着する。
が…。
このエリア…。
ゴジャゴジャすぎる。
いや、オレはゴジャゴジャしたトコは好きやけど、ここは危険なゴジャゴジャ具合。
すげー狭い道も、バイクがビュンビュン走ってる。
ここはヤバイね。
事故に会うよ。
事故に会うか会わないか…ではなく、いつ事故に会うか…。
そう。
事故に会うのは時間の問題だ。
そういう場所だ。

一応チョロンあたりの写真を少し。


チョロンの教会。


チョロンの関帝廟。



ビンタイ市場。

まぁ、しかしせっかく来たから、このあたりの有名な「ビンタイ市場」でサンダルを探してみる。
が、何軒か、靴屋で、「コレいくら?」とベトナム語で聞くが、なぜか手で「ダメダメ」をされる。
最後に寄った店で、ようやくベトナム語が聞き取れた。
どうやら、「không bắn 1 cái」 = 「バラ売りはしないよ」
っと言っているらしかった。
なんだよー。
アカンやんかー。
帰る。

バスで宿に戻る。

ん。
そうそう。
ベトナムのバス。
一応降車のボタンがあるが、どうも、誰もそれを使ってないらしかった。
自分が降りたい場所に来たら、降車口の前に立っとく。
そして、運転手がそれに気づいたら、ドアが開いて降りれる。
そういう仕組みのようだった。
だからして、運転手が気づかなかった場合、他に誰も降りる人がいない場合…。
ベトナム語がしゃべれない外人は、ずーーっと、「あぁ…だんだん降りたかった場所が遠くなっていくなぁー…」とか思いつつ、悲しい事になるのかもしれない。
いまいち良くわからんね。
システムが。


今日は行きはチョロンが終点やったし、帰りは、勘で出口前に立つとすぐ開いて、思いがけず、ピッタリの場所で降りれたが、次回はこうウマクは行かないかもしれない。
んでも、とりあえず、ホーチミン観光してて、チョロンに行ってみたい人は、ベンタイン市場すぐ南から、西方面(デタム方面)に行く1番バスがオススメだ。
3千VNDだし、行きは終点まで乗ればいいし、帰りもベンタインあたりで大勢降りるやろから、そんなに行きすぎる心配もなさそう。


宿に戻り、休憩。
クーラーが気持ちよすぎる…。
夜に、昼間に見かけたベトナム語版「ドラえもん」がどうしても欲しくなって、買いに行く。
一冊たったの50円だ。
安い。
全巻欲しい。
でも、重いから、帰国前に買えても数冊やろなー。

夜の街を歩いてると、ケバい化粧のベトナムねーちゃんが、マッサージを誘ってくる。
この暑い街ホーチミンでその厚化粧を保つのはきっと大変だろう。
まぁ、がんばんなよ。
オレはいらんけど。

歩いて帰る途中、良心的フルーツ屋さんを発見。
宿からも結構近く、そして値段表示してあるし、ちゃんと電気式の価格計算機(中国でよくあるような、単価+重さで自動計算するヤツ)もある。
これからは、ここでフルーツ補給だ。



宿に戻り、昼間買っといたチョムチョム(ランブータン)を少しほおばって、ペプシ・コーヒー味を飲んで寝る。

ペプシ・コーヒー味って…。

なんかバニラの味はするけど、全くコーヒーの味はせーへんねんけど…。



そういえば、本日買ったオヤツ全集。


これは、ワッフル型みたいなので、ものすごい薄くカリカリに生地を焼いてた。
なんか…使い方間違ってない?
これでイイの??


お次は、バナナをうすーーーく切って、それを乾燥させて焼いたもの…???
うーん…。
オツな感じ。


お次はベビーカステラみたいなヤツ。
なかなか美味しい。


そうそう。
土産に「100% pure essential Oil」ていう、あろまてらぴー?用のオイルを依頼されてる。
で、何軒か覗いてみた。
ある庶民的土産物屋で、こんな感じのモノを売っていた。

これは香水なんやろか…?
コレがオイルなんやろか?
バイオレットとか、花のラベルとかが書いてある。
…が…。
その中に、こんなラベルのものが…混じってた…!

「POISON」

え!!!
100% pure essential POISON!???
毒ですか!!!???

…ねぇ…。

お前らさ…。

辞書に載ってる適当な単語を適当にラベルに付けてるだけじゃねーの!??

それとも本物の毒を売ってるの!??

…。

…まだまだベトナムは奥が深いようだ…。

…とりあえず、こんなモン入れてて、税関でひっかかったら、どないなるんやろね!?

求むチャレンジャー!
シンカフェの向かいあたりの数件のうち1軒に売ってたよ。

※えー、とりあえず、私および当ブログは、あおってみたものの、一切の責任は負いかねます。
 ご自分の責任の下でご購入ください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。