野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初プノンペン(カンボジア1日目)
2007年01月06日 (土) 23:59 | 編集
カンボジアのパンも美味かった。



朝5:30起き。
用意して6:15に宿を出る。
チェックアウト。
初日23ドル+12ドル×4日=71USドル。

6:30出発予定のハズが、バスが出たのは6:50。
予定は未定。
そして20分など、日本以外の国では、特に問題にならないほどの誤差…かな?

ホーチミンは思ったよりデカイらしい。
行けども行けども街中を走る。
さすが人口700万人いるというだけある。
とりあえず休憩。




やがてボーダー(国境)。
2~3時間ぐらいかな?
おっさんがパスポート持って行ってしまう。
ベトナム側イミグレで待つ事しばし。

このバスは、1人韓国人の女の子が乗っている。
けっこうゴッツイ。
柔道の選手やろうか…?
つたない英語で話す。
その娘も、この国境越えるんは初めてらしく、パスポートを持ったバスのオヤジがどこ行ったか慌てて探してたが、結局待つしかなさそうやって事で意見一致。

…まぁ…、あのオヤジが悪いヤツで皆のパスポート持って逃げたなら、どうしょもないしな。

が、しばらくして、何事もなく、オヤジが手続きを済ませ、皆の名前を呼びだす。
呼ばれたヤツはパスポート受け取ってイミグレを抜けてバスに乗り込む。
お、オレも呼ばれた。
ホイホイ。

で、再びバスに少し乗って、カンボジア側。
こっちはベトナム側より多少のどかや。


でも、国境って不思議やよね。
ほんのすぐソコの国境にある2つのイミグレを通り抜けると、あら不思議、さっきまで使えてた言葉が使えなくなる。
また違った、その国の言葉になる。

いつも国境をまたぐ時は、個人でイミグレ通ってたから、今回みたいな、いたれりつくせりっつーのはなんか気持ち悪いね。
なんか、もうちょっと、不安になりたいな。
なんか、もうちょっと、ドキドキしたいな。

西洋人のオヤジが、カンボジア側のイミグレでバックパックを開けろとか言われて、中身ひっくり返して検査されてたけど、別に異常を発見したワケじゃなさそうやし。
ただの見せしめ?
カワイソウに。
またバックパックに荷物詰めなおしやん。

で、カンボジアに入ってスグのトコで飯休憩。



まだボーダーが見える場所で飯休憩。


西洋人や韓国人の子らは、汚いから食べようとしない。
パンを買ったり、くだもの食べたりしてる。
オレは20千VNDでぶっかけ飯を食べる。
オイ。
これで20千VNDはボッタクリすぎやで。

飯食った後、さっきの韓国人の子としばしおしゃべり。
オレは、とりあえず、このプノンペン行きのバスに乗ったモンの、その先どうやってアンコールワットのあたりに行くのかもよく知らん…。
この子にいろいろ教えてもらう。
で、どうやら、彼女はこのバス到着後に、4USドルで今日のウチにアンコールワット付近の「シュムリアップ」へ行くらしい。
えーーー!
何それ?
ホーチミン出発時点でそんな切符買えるんやー!
知らんかった。
夜8時ぐらいに着くんやって。

お!
じゃ、オレも今日の切符あったら、今日のうちに到着できるやん。
えー、それやったらステキやなー!

バスオヤジに聞くと、到着したらチケットを買えと。
そうやね。

韓国の子とおしゃべりして、しばらくするとバスは出発。
…いやー…。
英語…わからんね!


ん。
そうそう。
ベトナムの国境側の街は「モクバイ」って言うらしい。
なんか格好いい響きやね。

途中、幅の狭い川を渡る時には、なんやぎょうさん者売りさんが集まってくる。

賑やかでイイね。
皆頭の上に売り物をのっけてる。



そして、こん時に見た、カンボジアの(おそらく一般的な)庶民の人達の移動風景。

間違いなく車の中より、車の上に乗ってる人が多い…。
いつか乗ってみたい。
…いや、今じゃなくってね…。
いつか…。



pm1:30、プノンペン到着。
なんか人でごった返してるカフェのようなバス停?に到着。
CAPITALツアー?
何やろ?
有名なんかな?

で、さっそくチケットを聞いてみるが、当日は売り切れ。
で、その場にいた日本人らしい2人組みの女の子に安宿この辺りに無いか聞くと、すぐこの後ろにいっぱいあるよ!って。
なんやー。
便利なトコやん。
この娘らもアンコールワット行くらしい。
「良い旅行を!」っつって別れる。

韓国人の子にもお別れを。
「一足先にアンコールワット楽しんできやー!」って……英語が出てくるワケもないので、これは心の中でつぶやいた。


宿は、すぐ側にゴロゴロ。
バスの停留所そばで1軒、満室やっつーから、少し離れに行く。
2人部屋で6US$。
即決。


鍵だけもらって、さっそく近所を散歩や。
初カンボジア!
どんなトコやろう??

すぐ側に大きい市場があるので、見物してみる。
中ではいろーんなモンが売ってたが、とりあえず、オレは、バインミー(フランスパン・サンドイッチ)を食べてみる。
ピンクの爪のババアがサンドイッチを作ってくれる。
ピンクの爪がオレの食べるハズのサンドイッチに食い込んでいる…。
しかし味はかなりウマイ。

ひょっとするとベトナムで食べてたのよりウマイかもしれん。
2500リエル。

出口付近で鳥をいっぱい買うてる人がおる。
自転車にいーーーっぱい鳥をくくりつけとる。



近くのネットカフェ、1時間2000リエル。
ネットカフェでコーラが1缶1500リエル。

そうそう。
で、街中の両替所みたいなトコで日本円1000円を両替していったら、3500リエル+7US$をくれた。
…なぜUS$???
よくわからん…。


でも、やっぱ旅は陸路で知らないトコに移動するのが素敵だよね。
飛行機でビューンだと実感沸かないけど、陸路で移動したら、こうちゃんと繋がってるのがわかるし。
どっか知らない場所に到着して、ちょっとずつでも目的地に近づいてく、この感じがイイよね。


一旦宿に帰るが、何もせんまま眠りそうになったんで、外を散歩する。
寺っぽい建物などを見物。


再び両替所があったんで、2US$をリエルにする。
1US$=3950リエルだそうだ。


スーパーに入る。
すると、スーパーはなぜか$で値段がついてる。
屋台ではリエルで答えてくれるのに。
うーーーん…
よくわからん。

スーパー前におった猫。



…ちょっとぐらい、本とかを読んでから旅に来るべきかもね…!

屋台で肉まんの美味そうな湯気につられて、1個買ってしまう。
店の女の子が最高の笑顔で「サンキュー」と言ってくれた。


…これまでの旅でもそうだが、こんな最高の笑顔は写真に残っていない。
こういう本当の笑顔は写真には残らないモンなんだよね。
だって、目の前でその最高の笑顔をしてくれてるのを、突然カメラ取り出して撮影なんてできないじゃん。
だれか、メガネ組み込み型デジカメとか作ってくれんかなー???


宿に戻って、フロントで「アンコールビール」2500リエルを買って部屋に戻る。

アンコールビールは、そんなに悪くない感じ。

そういや、プノンペンでも海賊版のいろんなソフトが1枚6USドルで売ってた。
6USドルって、高いよ!!
(中国に比べて!)

良い子は、こんなトコロでソフトを買ってはいけません!!


以上。
カンボジアの初日が暮れていく。
明日も早起きせな。

あ、今日も洗濯した。
明日朝一で出発せなアカンから、早く乾かさな!
…で、考案したのが、この方式。

室内にある扇風機に直接洗濯物をブラ下げる!
これは早いでー!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。