野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬は天国・深セン
2004年10月10日 (日) 23:59 | 編集
map41010.png
本日は旅…じゃなくて、深センで仕事中の生活を紹介。

深センにはオレの大学時代の同級生T中がいる。
貿易会社を興し、大奮闘中である。
T中こそ、オレの中国語の目標となる男である。
そして、なんとオレを一緒に仕事しようと何度も誘ってくれていたのである。
ありがたい話である。

じゃまず、T中のとこでの仕事の話。
オレはパソコンが使えるんで、貿易会社のパソコンを使う仕事を一手に引き受ける。
どんな仕事があるかというと、新商品などのパッケージをデザインしたり、商品のラベルを作ったりするものから、深センにIT設備を導入しに来た会社の手伝いをして工場にネットワークの配線しに行ったりと幅広い。
変わったものやと、車の写真画像を加工して、イラスト風にしたり…。
なかなか変わった仕事ができて楽しかった。
そして報酬は完全出来高制である。
部屋代と昼飯代のみはT中が負担である。
…つまり、仕事がゼロの時は報酬もゼロ…となってしまうのである。

しかし、途中から、オレはダイエットに打ち込む事となる。
仕事よりもダイエット。
T中にも「ダイエットに響くような仕事は請けへんで。」などと本末転倒な事を平気で言っていた。
せっかく呼んでくれたのにヒドイ話である。

ブログにも、いつかダイエットコーナーを作る予定だが、数ヶ月に渡るダイエット生活のおかげで、120kgあった体重は85kgぐらいまで減る。
無理な事はしていないので、かなりストレス無く、健康に痩せる事ができた。
そして、ここまでダイエットに打ち込める環境をくれたT中にホンマに感謝している。
RIMG0066.jpg
写真は100kgを突破した時に知り合い連中にばら撒くために撮影した写真である。


そして、深センの近くには、第1回昆明留学時代に知り合ったS田小姐がいた。
いた…というか、今もいるらしい。
たまに週末には遊園地行ったり、羅湖にバッタモン買いに行ったりと、結構楽しく深セン生活を満喫していたのである。
S田小姐にこの場を借りて、謝謝と言いたい。
でもまぁ、そんなに世話になってないし、謝謝というほどでもないかもしれない。

また、深センの特徴として、飯がうまい事が挙げられる。
昆明のような個性的な味ではなく、日本人が食べてもウマイ料理がたくさん。
さすが広東省。
そして香港のすぐ側にあるだけの事はある。
やはり特筆すべきは「海鮮」と「飲茶」。
めちゃくちゃウマイ!!!
そしてS田小姐に教えてもらった「福建チャーハン」!!!
IMG_1103.jpg
これ、マジでヤバイ。
中国最強のチャーハンである。
しかし、後に福建省に行った際、「福建チャーハン」を探すが、福建省には「福建チャーハン」は無いらしい。
天津に天津甘栗、天津飯がないのと同じである。

も1つ深センの特徴。
深センには「賽格」というハイテク専門ショッピングエリアがある。
電子部品から携帯電話、ゲーム、なんでもこいである。
そして、そこには大量のバッタモン・ソフトが溢れている。
ま、パソコンのソフトなど中国全土にバッタモンが溢れているワケだが、深センがすごいのは、「日本語版」とか「多国語言語版」とゆーソフトも結構出回っていることだ。
他の地域には「中国語版」しか売って無いことが多いもんな。
ちなみにソフトの相場は、そのソフトがどれだけ値打ちがあるかで決まるワケではなく、CD何枚組みか、DVD何枚組みか…で決まるのだ。
CDなら1枚4~5元。
DVDで1枚6~8元ぐらいだろう。
ヒドイ世の中である。


それではこの辺で、深セン・写真ギャラリーを。

まずは…
PDR_0019.jpg
T中のとこで見た人民元・現生「10万元」。
ステキ。
これ欲しいなぁ…。
ちなみに10万元のデータを。

高さ:11cm
重さ:1124g

金が重いってどーゆーこと!?
一度でいいから、これを窓からバラ巻きたい。
もちろん、自分のではなく、他人の金で…。


PDR_0416.jpg
次、深センのシンボル的な建物。
「地王大厦」
390m。
アジアで2番目に高い建物と聞いたけど、ホンマかな??


朝の「ライチ公園」
朝の中国の公園はとてもニギヤカである。
中国に旅行をする人は、是非一度早起きをして近くの公園を散歩してみてほしい。
中国の底知れぬパワーを体験できる事うけあいだ。
特に深センの中心部にあるこの「ライチ公園」。
オレが毎朝運動してた場所だが、毎日とてもニギヤカなのである。

PDR_0421.jpg
彼女は水で公園の道に習字の練習をしている。
こんな人が何人もいる。
水で書くので、ほっとけば消えていく。
ナイスな練習方法である。

PDR_0434.jpg
朝の太極拳、中国の風物詩である。
中には剣振り回すおばちゃんなども。
銃刀法違反では無いのであろうか???

PDR_0438.jpg
朝の7時、8時頃から、大音量で音楽をかけている一角がある。
なんやろかいな?
と覗いてみると…。
そこはダンス会場だ。
老いも若いも。
男も女も。
朝っぱらから踊り狂っているのである。
もはやミステリー。
キミ達、仕事は?
キミ達、何歳?
キミ達、毎朝やってんの?
興味は尽きない。

PDR_0458.jpg
「ライチ公園」朝の太陽。
遠くに地王大厦が写っている。


PDR_0466.jpg
PDR_0467.jpg
PDR_0469.jpg
そしてこれは、オレが毎朝、朝飯を買っていたボロいパオズ(肉まん)屋。
これがまたウマイ!
そして安い!
ちょっと小さいけど1コ0.25元。
となりで小麦粉焼いたオヤツも売ってるし。
あーー、食いてぇ。

ちなみにオレの朝飯はだいたいこんなモン。
PDR_0470.jpg


深センの夜の景色を少々。
PDR_0481.jpg
PDR_0488.jpg
PDR_0495.jpg


こっからは「深セン」の窓口「羅湖」駅付近の写真。
深セン・羅湖駅(これは昼の写真)
電車の駅。
旅立ちはいつもここからである。

うわさのバッタモンビル。
PDR_0583.jpg
看板にキャ○ンとデカデカと書いてある。
しかし、このデカイビル全てバッタモン売り場だ。
…キャ○ン…。
こんなビルに広告出していいのか???
まさかキャ○ンが経営するバッタモンビルでは無いやろな…???

ちなみにバッタモンビルの内側写真。
PDR_0578.jpg
PDR_0581.jpg
グッチにプラダ、オメガにロレックス…なんでもコイ。
オレの減量祝いにT中がバッタモンのアルマーニのスーツをプレゼントしてくれた。

羅湖のイミグレ。
PDR_0585.jpg
電車の駅、バッタモンビルにはさまれた奥に控えている。
ここを抜けると、もう香港である。

そして、もう1つ深センで推薦すべき食べ物。
PDR_0596.jpg
これが「木桶飯」だ。
街をブラついてるとたまに見かけるこの木桶飯屋。
PDR_0599.jpg
ただ単にぶっかけ飯が木桶に入っているだけやん…と言うなかれ。
…まぁ、それはそのとおりなのだが、なんとなくウマイのだ。
出前もOK。
深センで食べ物に飽きてきたら、コレどうぞ。

PDR_0586.jpg
最後は当時映画上映中やった周星馳の「功夫」ポスター。
邦題は「カンフー・ハッスル」である。
周星馳の映画はだいたい見ているが、映画館で見た事がない。
「功夫」こそは…と思っていたが、知らん間に上映終了してた。
無念…。

ちょっと周星馳の情報を。
昔は超B級のアホな映画ばっか撮っていたのだが、「少林サッカー」、「カンフー・ハッスル」と、かなり完成度の高い映画を作りだしている周星馳。
昔留学してた頃には、周星馳が日本の映画館で観れるようになるなんて想像すらできへんかった。
しかし、日本でもウケてるみたいで、結構嬉しい。
彼の映画の中で必見のモノを自分勝手に紹介してみたい。

「少林サッカー」
「カンフー・ハッスル」
「食神」
「大話西遊(チャイニーズ・オデッセイ)」
これらは、かなり完成度が高い。

「国産007」
「破壊之王」
超B級映画ではあるが、これぞ周星馳の真骨頂!
アホアホである。
このアホさ加減がたまらないのである。


えー、そんなこんなで、暑いのを除けば、非常に過ごしやすい街である深セン。
特に冬場。
寒くない。
めちゃ過ごしやすい。

ビザも朝一で香港行けばその日のうちにFビザ・半年マルチとか余裕で取れるし。
深セン、それは中国に住むための拠点である。
コメント
この記事へのコメント
羅平じゃなく羅湖
ブログで深センの「羅湖」の事を「羅平」と書いてしまってたので修正した。

「羅平」は雲南省の菜の花がキレイな町の名前やった。

間違い、間違い。
2005/09/10(土) 12:12 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。