野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若葉への道(12)
2007年10月11日 (木) 23:13 | 編集
さて。
今日も、今日とて、教習所通い。
本日も技能2時間、学科2時間受講してきました。



今日の教習で教わった事。

1.走行中、見た物を漫然と見るだけじゃなく、何をしようとしているかまで見るように。

2.周りの車について行こうとしないで、自分主体の運転をするように。
  →オレの場合、周りの流れを邪魔せんようにとか、とにかく周りを気にしてる。
  →つまり、周りがスピード違反してても、それに合わせて自分がスピード違反して流れに合わせてしまうっていう事。
3.遠くにいるウチにしか確認できん事は、遠くにいるウチに。
  →信号待ちで停車中、あれ?なんで第一車線におらんのやろ?と思って聞いてみたら、第一車線は、もうちょっといったトコで、車が停車中やと、指導員さんに教えてもらった。
  →オレ、全然知らんし…、そんな事…。

4.停車中の目
  昨日2時間乗って、非ッ常に目が疲れた事を踏まえて、ちょっと聞いてみた。
  「あの…。目が疲れるので、信号待ちとかの停車中に、ちょっと目を休憩して、周りのチェックとかせんようにしてはいけませんか???」
  →ダメだそうだ。
   信号待ちのときも、周囲の状態に目を配り、状況を把握しとくようにとの事。
  →なので、疲れたら、運転を休む…しかないのかな?

うーーーん…。
やっぱり目やなぁ。

で、目と言えば、最近路上に出て走ってて、なるべく周囲やミラーをチラチラと見るようにしてる。
大阪やと、それでなくても、路駐の車とか多くて、目を休めるヒマがない…。
で、今日走ってて、周囲をチラチラ見るのに神経を使いすぎて、肝心の前がおろそかになってる事あり。
川を越えた下り坂下りてすぐの信号が赤なのを、少し接近して気がついた…。
まぁ、ちゃんと止まれる距離ではあったけど、普通に気づいてれば、もっと早い時点から減速して信号に近づけたのに。

考えてみれば、かなり怖い。

いろいろ見る事ばかり気にしてたけど、当然基本は「前」を見る事やからなぁ。


あと、一度、「一時停止」でキチンと停止せずに徐行ぐらいで行ってしまいそうになる。

何をアセってるんや、オレは???


…。

どうも、他車に迷惑かけんように、さっさと行かなアカン…ってな事を気にしてる。
指導員の方に言われたように、多少遅く走っても、自分がやらなアカン事は、キチンとやらないかんよな。
反省。


よく、運転できる人に聞くと、「流れ」という便利な言葉が出てくる。
「流れ」を止めないように、とか、「流れ」を乱さないように、とか。
合流するトコとかは、まぁ、トロトロ入って来られたら迷惑やし、事故の元になるのはわかる。
でも、こう、一般道とか、高速とか、周りが多少スピードオーバーで走ってるのに、合わせてやる必要はあるんやろうか???


あと、もう1つ。
やっぱり標識とかの見落としが多い。
こんな信号も人通りも多い街を走ってて、標識が無いワケないもんな。
もっと、標識も見つけるようにせな。



さて。
そんで、事故をしない運転を目指しているワケですが、それには、どんな風に事故が起こってるのかを知らないかんよね。
教科書なんかも、一枚絵があって、3つぐらい選択肢があって、さぁ、あなたなら、次の3つの行動は正しいか、誤りか?みたいな問題が出てる。
いや、それもいいとは思うんやけど、やっぱり、実際運転してると、そういう知識をひっぱりだしてくる時間が無いねんね。
そういう問題自体は初心者にとって勉強になるのは、確かに勉強になるねんけども。


で、もっと、こう、体に直接叩き込めるようなのは無いのかなーと思って、ちょっとネットを探してたら、いくつかあった。


なんかね、ドラレコ(ドライブレコーダー)ってのがあって、車運転中の映像とかを記録してて、その車が事故した時の映像とかを公開されてるページがあるそうや。
事故の映像なんて、怖いもん…ホンマは見たくもないけども…。
…ほんでも、こんな映像を見てたら、自分が同じような道を走ってる時に、こんな危険もあるかも…って、体が覚えてくれるもんな。

なので、ちょっと見てみた。
怖いけど…。

==========================================
※以下、現在教習中の方は見ない方がイイかもしんない。
 翌日の教習で、これらの場面が怖って、すごくリズムを崩した。
==========================================
たとえば…。
国土交通省のやってるページなのかな?
ドラレコがとらえた事故の瞬間」っていうページ。

…怖い。

でもね、ここの先頭にある「クルマの陰から子どもが飛び出し!」
…。
…あかん。
そんなタイミングで、そんなスピードで、路駐の影から飛び出されたら…。
止まられへん…。

…。

路駐のそばを通る時は、徐行クラスの低速で走るしかないよな…。

2番目の「カーブの死角からバイクが出現!」

…これも…。



そして、もう1つ。
チューリッヒの事故ゼロ教室
このページでは、過失割合とか、事故時の保険の対応とかも載ってて、すごくタメになる。


これの「車の飛び出し1」とかもさ。

オレがこの車の運転手やとしても、まずぶつかってる…。



今日も、信号待ちの停車の時に、その道路の交差する細い道があるのを気づかずに、交差点をふさぐ形に停車しそうになって怒られたばっかりや。

…。

目でいろいろ見るだけじゃなくて、今いる道路と周囲の道の状況とかも頭でイメージして走らないかんよな。



…。

…なんにせよ、この目線とか、周囲の状況を把握するのは、たぶん、教習中になんとかなるモンではないな。
ちょっとずつでも、自分に合った方法を見つけて、意識していけるようにならんと。

ほんで、今は走ってて、近い危険がどうしても気になって、そうするとだんだん遠くがおろそかになってしまう。
ほんで、超重要な、信号の状態まで見落としそうになってたりする。
恐ろしい。


なんで、明日気をつけたい事。

1.とにかく重要な情報は絶対見落とさないように。
2.目で見る注意点も、きっと遠くが重要な時、近くが重要な時、があるように思うから、そのメリハリをつけよう。
  →スピードを出さなアカン時は遠くを、スピード落とさなアカン時は近くを、かな???
3.周囲の道路の形、状況をなるべくイメージして、更に自分の進路もそこにイメージできるようにしたい。


…うーん。

…でも、なかなかいっぺんにイロイロできへんからなぁ…。
とにかく、1番最優先やな。
あとは、余裕があれば。


…怖い気持ちは常にあるけど、運転すると決めたからには、運任せやなくて、怖さを減らせる運転を身につけたい。
もう、免許取得がどうとかと別次元の話になってきたなぁ。

どうすれば、安全な運転になるんやろう???

…ちょっとずつでも、体に覚えていかなアカンな。



あ。
そうそう。
こないだの休みの日に、交差点を曲がるタクシードライバーが、チラチラっと曲がる方向と反対とかも見ながら曲がっていくっていうのを、昨日、師匠に話しをして、あれはイイ方法なんですか?って聞いてみた。
そしたら、師匠がおっしゃるには「あれは、ただ、客を探してるだけやで。」との事…。


……。

…なんや…。

…てっきり、とてもいい方法を発見したと思ったのに…。


よかった。
身につける前で。

さぁ。
ま、悩んでも仕方ない。
明日も2時間乗るんやし。

できる事をやろう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。