野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2度目のベトナム・ハノイ
2005年03月21日 (月) 23:59 | 編集
map50321.png
2005年3月21日。

S原さんとオレはベトナムと中国の国境の街・河口に向かう夜行バスに乗り込んだ。
バスは順調に河口へ。
ちなみに国境付近を通るバスは必ず検問がある。
国境に近づくと、検問で停車し、公安のヤツらが乗り込んでくる。
身分証を検査する。
当然オレらはパスポートを提出するのだが、毎回のように、「ほぇ~」とか「おー」とか言って、関係ないページやら、ペラペラめくったり、覗き込むほかの乗客に見せたりする公安が多い。
暇なヤツらや。

河口からベトナムに入るのは2度目っちゅー事もあって、(あまり)迷う事なく無事国境を突破。
今回も前回に同じく、国境の街ラオカイから鉄道のハードシートで10時間かけてハノイへ。

PDR_2565.jpg
ラオカイ駅。

PDR_2567.jpg
電車内の風景。

PDR_2568.jpg
これぞベトナムの硬座。
木でできている。
ホンマに硬いのだ。
しかし!
今回はきちーんと昆明のウォールマートで「座布団」を買ってきてあるのだ。
これはホンマに必需品。

PDR_2572.jpg
車内で食べたオヤツ。
「バイン…」…なんたらという名前。

列車移動でラッキーやったんは、今回はそんなに暑くなかったこと。
前回はマジで死にかけたからな。
快適な電車の旅やった(オレは)。
しかしである…。
日本で普通の生活をされているS原さんにとっては、かなりキツイ旅であったに違いない。
日本で10時間電車乗る事なんて普通無いもんな。


ではこっからは、またまたダイジェストで。

PDR_2679.jpg
まず、ハノイの町並み。
イロトリドリ。
いっぱつで外国やって実感させられる。

PDR_2607.jpg
そして、ハノイの道路。
バイクが多い。
写真に写ってるのは、まだ少ない方である。
もう、洪水のように押し寄せるバイク。
バイクはいらんから、アオザイの女の子が見たかった。
…ハノイにはアオザイの女の子が一人もいないのであった…。

PDR_2650.jpg
これは、ある日の昼食を食べたレストラン。
値段高し。
そのくせ特にうまくもない。
やっぱり海外に出たら、ボロ飯屋で飯食うのがオススメである。
まず…。
あまり期待しないですむ。
期待してない分、なかなかウマイのを食った時の喜びがあるのである。

そして、そこのレストランの男子便所で見た標識。
PDR_2653.jpg

…。

いったい何を禁止しているんや???
しょんべん禁止?
…いや…ここはトイレやし…。

口笛吹きながらしょんべん禁止??
…それぐらいええやん…。

今もって、謎である…。


PDR_2697.jpg
これは街で見かけた日本語看板。

「いらっさりませ。
 ベトナムの伝統的
 なお茶をお楽しみ
 くださり。」

ちょっとカワイイ。
ベトナム人だけじゃなくって、外国人がしゃべる日本語ってちょっとカワイイ。
でも、中国で眼にする日本語よりはよっぽどマシである。

そういえば、中国では「の」がよく使われている。
中国の友達は「“の”ってゆー文字は美しい!」と絶賛してた。
“の”…。
キレイか…???


では、ベトナム料理編。

PDR_2584.jpg
コレコレ!
超オススメでっせ!
「ブンチャー」
なんか肉の団子がうまい汁にとっぷりつかっている。
ベトナムで知り合った日本人の人がつれてってくれた。
これがあれば、オレはご飯どんぶり3杯ぐらい食う自信がある。

PDR_2588.jpg
こっちの写真は「ブンチャー」をうまそうにいただくオレ。

PDR_2627.jpg
お次は「バインミー」
ベトナムのサンドイッチ。
このパンがうまい。
そして具もうまい。
だから全部うまい。

PDR_2629.jpg
これは「バインミー」を売る店。
具をトッピングできる。


お次は、ベトナムみやげ物編。

ベトナムのみやげ物って中国と比べモンにならんぐらいセンスがイイ。
何がイイって、その色づかい。

たとえば食器。
PDR_2602.jpg
色づかいがエグイ。

コップ
PDR_2604.jpg
形もなんかカワイイ。

アオザイ。
PDR_2631.jpg

そして服。
PDR_2632.jpg

あとセンスとは関係無いけどベトナムタバコ
PDR_2595.jpg
安い!

最後は有名な「バッチャン焼き」の茶器。
PDR_2639.jpg

他にもまだまだセンスいい物が溢れてる。


さて、最後になってしまったが、ハノイで会ったS原さんのベトナム人のお友達。
PDR_2655.jpg
皆、めちゃくちゃ陽気で楽しい人達だ。
皆さん、以前、日本で日本語を習っていたので、結構日本語がしゃべれる。
そして…。
皆、下ネタ大好きなのである!
もう笑いっぱなしやった。

そして、彼らの中には…。
当日彼女にフラれたばっかりの人が1人いた。
オレと彼は「女って難しいよナ…。」と硬い握手を交わしたのであった。
国際交流である。

PDR_2662.jpg
この子らは、その時メシ食ったレストランの女の子たち。
眼がクリクリしててカワイイ。

その後、ベトナム人の彼らのバイクに乗せてもらって到着したのが、湖ほとりの怪しいショーパブのような店。
カメラは没収されたので写真が無い。
真ん中のステージで何人かダンサーが踊る。

…踊るのはいいのだが…。

…。

なんか、途中で明らかに下着で登場した女の子とかいたけど…??

そして、ステージのコらは大いに踊ればイイんやけど、カウンターの女の子が時おり思いついたかのように中途半端に踊る。
なんでそんな中途半端なん?

どうにも怪しい店やった。


その夜の食いモン代や遊び代は、全部、彼らがおごってくれた。
ほんま、ありがと!


そんなこんなで2度目のハノイ終了。

帰りは前回に同じく寝台列車。

しかし。
一番高いソフト・ベッドを買ったハズやのに、どうやらランクが下のベットをあてがわれている模様。
他の外国人達がさわいでる。

…。
恐らく適当に来た人全員にソフト・ベッドのチケットを売ったら、実際に存在するベットの数以上に客がいたのだろう…。

皆何そんなにさわいでんの??
いいやん。
ベッドがあるだけで幸せやん。

列車移動でベッドに寝るのは本当に久しぶりなのであった。
やはり快適。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。