野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若葉への道(24)
2007年10月23日 (火) 20:24 | 編集
秋晴れの火曜日。
いつもより早く、教習所に到着したワタクシ野良人。
33歳・オヤジ教習生、いよいよ、勝負の時である…。
卒業検定…。
いつもより早く来たのは、今日にならんとわからない、検定コースと、教習所内の科目を確認するためだ。


検定は6コース、教習所内の科目は「縦列駐車」。
細目の道を小回りに回る以外は、直線の多い、どっちかというと走り易そうなコース。

すってぇ~、はいてぇ~。
すってぇ~、はいてぇ~。

冷たいカフェオレを飲みつつ、タバコを吸いつつ、誰かさんのくれた応援メールを見てる。


と、知ってる顔が目の前を通る。

オレ「おー!」
無線っ子ちゃん「おー!」

「無線っ子」ちゃんや!
無線っ子…と言っても、このブログで勝手にそう呼んでるだけである。
ちなみに、趣味が無線…っという変わった女の子ではない(…ハズだ…)。
1段階で無線教習が一緒やったんで、ブログではそう書いてみた。

オレ「あーーー!オレ、今日、検定やねぇ~~ん…!」

教習を受けに来てる無線っ子ちゃんと、しばし世間話。
年下の子に励ましてもらう!


さて。
チャイムが鳴った。
授業開始や。

説明を受ける。
長い。
終了検定の時に、「眠り姫」が眠ってたのも、まぁ、うなずけるっちゃあ、うなずける。
今日は、「眠り姫」のような、大胆かつアグレッシブな眠りをしている方はいなかった。
残念!
でも、思い出したら、ちょっとリラックスしてきた。

で、説明終了。
オレは1番バッターとして、打席に入る事となる。


本番前の休み時間。
急激に腹の調子が悪くなってくる。
きっと、さっきアイスカフェオレなんて飲むから腹が冷えたのだ。

トイレの中で、誰かさんに「今からや!」とメール。
すぐメール返ってきて、オレなら大丈夫、行ってらっしゃい、とメールが来る。
うん。
大丈夫。
オレならできる!
ちょっと勇気がわいてきた。

せやねん。
検定、検定って言うけど、やっぱり路上を走るんやから、歩行者に気をつかって、交通事故を起こさんように、安全に走るんが一番やもんな!

そうそう。
ちなみに。
このブログの1つ前の記事。
「若葉への道(たった今から検定)」ってタイトルのヤツ。
それはね。
この時、トイレの中でがんばりつつ、携帯のメールで登録した記事なのである。
…汚い???
ハイ。
ま、どこで書こうと、ブログはブログ…ってね!


トイレを出てロビーに向かう途中、女性の指導員さんが私服で通られてるのに出会う。
以前に急ブレーキの時に乗ってもらった方や。
オレがbBで仮免プレートで練習してるの見ましたよ!って言ってはった。
今日検定なんです!って言うと、励ましてもらった。


そして、時間。
出発地点に集まる。

指導員さんは、以前に「観察」の教習をしてもらった、すごく安全でマナーの良い運転をされる指導員さん。
先頭バッターのオレは、助手席に座り、同じグループの2人は後部座席に座り、出発点までいく。
そう。
この指導員さん。
この方の運転をもう1回見てみたいと思ってたから、出発点までの少しの道やったけど、超ラッキーやった。
やっぱり、すごく安全、確実な走り。
オレもこういう風に運転できるようになりたい。


さて。
で、あっちゅー間に出発点へ。
座席を入れ替わり、検定開始。

エンジンかけて、出発。

いろんな人のおかげで、なぜか今日は、修了検定のようにガチガチにならずに、かなりリラックスできてる。
歩行者、自転車、バイク、他車。
自然な感じに運転できる。
皆、ありがとう!

細い道も、2~3路駐があるぐらいで、やばい歩行者さんや、道路真ん中を走る自転車さんにも出くわさず、広い優先道路に出る。
こっからはさらにデカイ優先道路まで一直線。
でも、やっぱり路駐してある。
早々と、第2車線に進路変更して、前の車に続いて走る。
が、その前の車。
交差点手前でストップ。
ウィンカー出してへんけど、明らかに右折や!
かんべんしてぇ!!!
左に戻るスペースを空けて一時停車。
第一車線は、こういう時に限って途切れる事なく車が走っていく。
左に戻っても良かった。
普通に教習中なら、左ウィンカー出して戻るんやけど、ただいま検定中。
ここは、ムリせず、前の車が出るのを待とう。
チキンな走りをする事に早々と決定。
だって検定ですもの!!!

そんな時に限って、信号が変わるのが遅いが、ひたすら待つ。

そして、優先道。

交差点直前で2~3台数珠繋ぎに路駐。
信号赤やけど、それ避けて左折レーンに行こうとして、あやうく停止線を越えそうになった…。
ヤバイ、ヤバイ。
後続の直進車の心配してる場合やない。
停止線を越えない範囲で、めいいっぱい前に出る。
そっからは左折3回で、自主経路開始地点で停車。
あれ?停車って、ハンドブレーキしてパーキングでよかったでしたっけ???
聞いてみたが、「今もう検定中やから答えられへんわぁ」との事。
たぶん、それでOKやろう。
一時停車。

自主経路で走る道を指導員さんに伝えて、再発進。
左折3回小回りして直線に戻れればこっちのモンや。
あとは直進して、どんつきを右折、T字路右折で路上の検定終了や。

これは後から、無線っ子ちゃんに言われて気づいたのだが、オレは一番で運が良かったかもしれん。
昼すぎとか、人が多くなると、駅に近いこの辺りは、きっとオフィス街のサラリーマンがコンビニに弁当買いにきたりで、狭い道路が田の字になってるこのあたりは、交通的に無法地帯となる可能性大だからだ。
オレの時は、運よくあまり歩行者がいなかった。
周りと、路駐に気をつけて直線へ。
川を越える都合、坂を上り下りするが、坂の頂上付近の徐行もちゃんと行った。
後続のトラックも少し車間距離が開いてたので、自然に徐行できた。

そして、直線をどんづきまで。
右折。かなり細い道を進む。
途中一箇所、自販機が開いてて、中身の入れ替えをしている場所を通過。
人がいるのも扉の向こうに見え、対向車も無かったが、なぜかセンターラインを割らずに若干速度を落として通過してしまう。
うーむ…。


もうちょっと間隔開けるべきやった。

右折し、ゴール地点で駐車措置。
エンジンを止めようとしたところで、何を思ったか、エンジンをかけるように右に回してしもた。
うぅ…。
若干、車内に軽い沈黙が流れる。
気を取り直して、エンジンOFF。
次の人に代わって、後部座席へ。


あぁ…。
とりあえず、終わった…。
検定中止にはならんかった。
て、事は、判定は所内に持ち越しやな。

自分が終わってしまえば、後は気楽なモンや。

グループの2人の走りを後部座席で見させてもらう。


2番手は、シブ格好イイ、20台半ばぐらいの男性。
「シブカッチョエー君」とでも(ブログでは)呼ぼう。

「シブカッチョエー君」は、どう見ても、手慣れた運転。
もう、オレが見てるとベテランっぽく見える。

んでも、以前に一緒に教習した人達と同じく、障害物を越える時に、センターラインをなるべく割らないようにしてて、どうしても間隔が狭いように見えた。
規定の間隔ギリギリぐらいかな?
それで、結構スピード出てるから、何度か、何か飛び出したら止まれんな…と思った時があった。
でも、それ以外は、オレのように右折待ちに並んで待つ事もなく、スムーズに終了。

3番手。
おとなしそうな女子大生っぽい子。
「しとやかちゃん」とでも(ブログ上)名づけてみよう。
でも、ミラーでたまに目が見えるねんけど、やっぱり、ちょっと安全確認中の目って、コワイよね。
誰でもそうやろうけども…。
しょっぱな「停止線」でキチンと止まらず行こうとしてしまったのと、歩行者や自転車を追い越すときに、やはりセンターラインを割らずにそのままの速度で通過するのが怖かった。

なんで、皆センターラインをそんなに割らずに行くのにこだわるんやろう?
っと、少し考えてみた。
対向車もおらん時やのに…。
オレが思うに、センターラインをまたぐって時は、まず方向指示器で合図必要でしょう。
で、歩行者とかが直前に迫ってくると、後方確認とかで前を見ないタイミングがどうしてもできてしまうので、なるべくセンターラインを割らないように行こうとするんじゃないのかな?
ウーーーン。

って言うか、オレがセンターラインを簡単に割りすぎてるんでしょーか???

でも、「しとやかちゃん」。
一回、電柱が直前にある手前を歩行者(おばちゃん2人組)が歩いてる狭い道路で、いつもと同じような間隔で通行しようとしてて、電柱を避けようと歩行者が車道側に出てきたらぶつかる…!!!
って怖くなった。
もしも、電柱を避けようと車道に出てきたら…。
…後部座席でハラハラしてた…。
指導員さんが、ブレーキをいつでも踏める状態に身構えたが、何事もなく通過。


でも、3番目とかって、嫌やろうなぁ…。
他の人が終わる間も、ずーっと緊張したまんまやもん。
オレなんて、早々に自分のが終わってるから、2人が走る間も、かなりのんびりできたし。


さてと。
「しとやかちゃん」も完走し、指導員さんの運転で教習所内へ。

オレはまだ縦列駐車が残ってるのをすっかり忘れてた。


んでも、大丈夫。
こないだ何べんも練習した。
行けるハズや。
やっぱりオレ、先頭バッター。


が、縦列駐車に入る直前。
前に縦列練習してる教習車に少し意識が行ってしまう。
ほんで、いきなり、曲がるタイミングが遅れて、脱輪するんちゃうか!?
ってな曲がり方をしてしまう。
嫌やーーー!
縦列駐車の駐車位置にもたどり着けず検定中止なんて、絶対イヤやーーー!!!



…。

まだ曲がりきってない…。

行くか…。

バックするか…。

…とか考えながら、チョビチョビ進む。

チョビチョビ進んでも、ハンドルはいっぱいに切ってるから、曲がりきれるかどうかは既に決定しているのだ…。

行けるか…。

戻るか…。


えーーい!
行けるやろう!!!


行けた。

あぁ…。
良かった…。

その後、縦列駐車は特に危なげなく完了!
ほんとは、縦列駐車後、まっすぐ平行にしたかったが、奥側の車輪が脱輪するかもしれんので、車体がエリアに入ったトコで、早々に駐車措置して、「駐車完了!」っと宣言。
えぇー…。
そう。
縦列駐車では、このように宣言しないとイカンらしい。

指導員さんと2人の場合ならいいけど、後部座席に2人も乗ってると、ちょっぴり、恥ずかしいよね!

「任務完了!」とか、特撮モノのヒーローが言うてるみたいやん…ちょっとさ…。


その後、2人もそれぞれ、方向転換、縦列駐車を成功させ、ロビー前で降車。

降りる際に、指導員さんに、運転の感想・問題点を知らせてもらう。

オレの場合。

1.例の右折待ちにつかまった際。
  突然右折になったとしても、あそこは、もう1度第一車線に戻る努力をして欲しかった。
  後続の車も、オレにつられて、あっこで待たなアカン事になってしまう。

2.左折時の左寄せ。
  きちんとできている場合と、左寄せがあますぎる場合と両極端。
  毎回きちんと寄せれるようにせなアカン。
  →これは、オレ自身、あんまり意識してなかった。
   交差点前で路駐がおって、ちゃんと左に寄せる前に停止線がある時は寄ってなかったけど、それ以外もあったんやろか???

3.歩行者保護
  歩行者の保護に関しては、気を配って、たいへん良くできていたと、おっしゃっていただいた。
  これからも、この調子でとの事。
  →あぁ、良かった!!!



そして、ロビーに戻り、結果待ち。
ちょうど、無線っ子ちゃんが、技能教習終えて、学科待ちしてるのに遭遇。
オレ「おぉー、終わったぁ~…!!!」
無線「おつかれさま!」
そして、右折待ちにつかまった話などを少々。
オレ「あぁ、受かってるかなぁ~?どうやろなぁ~???」
無線「どうやろなぁ~って思うって事は、きっと受かってるよ!
   アタシ、修了検定のとき、もう絶対アカンと思ってて受かったモン」
オレ「…ナハハ。オレも。そうやな。受かってるとえぇな!」

授業に行く無線っ子ちゃんを見送って、結果を待つオレ。

オレ「…もしかしたら、こっから追いつかれるかもな!何ヶ月か先にも『まだ受かれへんねん~』とか言ってるかもな!」
無線「…絶対ありえへんわ!」

なんつーか、こう、ちょっとした話してるだけでも、結構、結果待ちの気がまぎれるね。

タバコ、スッパーっと吸って休憩してると、「シブカッチョエー君」がやってくる。

おつかれさん!

お互い、健闘をねぎらいつつ、しばし世間話。

でも、お互い、「変な歩行者とか自転車出て来んで良かったよなぁー」って。
シブカッチョ君「合格してたら、もうすぐ門真行くんっすか??」
オレ「おー。もう、今日にでも行きたいぐらいや。
   もし受かってたら、明日行くでー!」
シブカッチョ君「いやー、大丈夫っすよ!受かってますよー!」

「いやー、でも、何が嫌って、この結果待つ時間が長いんが嫌やよなー!」
と、意見が合う。


で。

そう。
嫌な時間が終わる。


ぴんぽんぱんぽん♪

「お待たせいたしました。
 本日の検定の結果を発表いたします。
 検定を受けられた方はホワイトボード前にお集まりください…。」



おっちゃんが来て何か言うてはるけど、誰も聞いてない。
番号が表示されるデカイ液晶モニターに釘づけや。


「結果発表」とデカデカ表示されている画面がなかなか切り替わらない。



と、思ってると、パッっと切り替わる!


オ、オ、オ、オレの番号?
オレの番号?
どこやー!?
オレの番号!!!?


おーーーーーーーーーーー!!!!!




♪明日にはぁ!
 夢ぇ~叶う!
 夢ぇ~叶う!いい風ぇ~が吹く!
♪明日にはぁ!
 夢ぇ~叶う!
 夢ぇ~叶う!いい風ぇ~が吹く!


モンパチの懐かしい歌が頭の中に響いてきた!

あった、あった!
あったでぇーーー!
オレの番号、あったでぇ~!!!

やった!
合格や!!!
一番にウキウキしながら階段上がって、合格者の部屋へ!

指導員の人が来る前に、今朝、携帯に応援メールをくれてた誰かさんに合格報告。
「受かった!」と…。
書きたかったけど、指導員の人が入ってきたので、あわてて「うかた!」と打ち込んで送信してしまう。
…。
暗号か!?


お!!!
シブカッチョ君もやってきた!!!

眉毛を上げて、合図を送る。
オレもシブカッチョ君もニコニコや!
やったなー!
良かったなー!


しばらく入ってくる人を眺めてた。

でも。
「しとやかちゃん」は入って来なかった。

…。

がんばって運転してたのにな…。

試験受験者の6~7割ぐらいの人が席についた。

これから、卒業式。



♪くれぇ~なずぅ~む街にぃ~♪

定番の音楽が頭で流れてきた。
卒業式の準備は万端。

でも、卒業式って書いてたのに…。
卒業証書授与、みたいなのもなくって、事務的にすべて終わった。

…まぁ…。

…そんなモンやね…。

こん中の人、ほとんど知らん人やし。

唯一知り合いっちゃあ、「シブカッチョ君」やけど、今日はじめて知り合ったんやし。

んでも、なんか、ちょっとセンチメンタルになってきた。

早いような、長いような教習所生活が、今日終わった。

もう、明日からは、教習所に来る事ないんや…。



無線っ子ちゃんや、眠り姫、そして、今日励ましてくれた女の指導員さん。
そして、師匠。
師匠にも、もう会えへんのや…。
最後にもう1回技能教習に当たらんかなぁ…って思ってたけど、最後の補習にも師匠にあたらんかった…。

…。


卒業式を終え、ロビーをぶらついてると、師匠がたまたま通りかかられた。

オレ「や、やりました!○○さん!検定受かりました!!!!」
師匠「おぉー、やったなぁ!」

師匠にも喜んでもらえた!

別れ際。

もう1回振り返ってくれて、「…。そうかぁ、受かったかぁ!良かったな!これからもがんばりや!」
オレ「ハイ!これからもがんばります!!!」


師匠。
ホンマにありがとうございました!

きっと師匠に教えてもらえんかったら、もっともっと初歩のところで、グズグズしてたに違いない。

ありがとうございました!


休み時間も終わり、「卒業生」も皆帰り、となりの教習所内の喫茶店の人しかおらんくなったタバココーナーで、タバコを吹かしてみる。

…ここともお別れか…。

いろんなトコを旅してきたから、出会いがありゃ、別れがある事も体が知ってる。
でも、この教習所。
こんなに楽しい場所やとは、最初は思ってへんかった。
この辺りでも、この教習所は厳しいっていうので、ちょっと有名なトコやったし。

師匠や、その他の指導員さんにイロイロ教えてもらって。
眠り姫や、無線っ子ちゃん、そのほか、いろんな人にも会って、一緒にがんばってる人おるんやなーって励みになって。


しばらく、ロビー内からガラス窓ごしに、ぼんやり教習生が練習を始めた所内コースを眺める。
そしたら、なんか、足が動かんようになってね。
10分ぐらいぼんやりながめてた。



そして重い足をやっと動かして教習所を出る。
教習所出て、軽く一礼。
ありがとございました!



ちょろっと、教習所のコースなどを外から写真撮ってみたりする。


なんかさ。
教習所のコースって、こう…、カワイイよな。
小さい小さい箱庭みたい。
ほんで、オレみたいに、超初心者が、そこで練習して巣立って行くために、昨日も、今日も、そして明日も、大勢が練習してる。
なんか、ステキやな。
こう、外の坂の上からみると、ホンマに、箱庭みたいに見えてくる。

オレの免許持ってる姉貴が前に言ってた。

「姉ちゃんなぁ、学校って名のつく場所で、自動車学校が一番好きやったわぁ!」

なんか、オレもわかる気がする。




帰宅中。
ちょっと、美味しいセンベイを買いに教習の路上コースの付近を通って帰る。
ちょっと教習車の番号を見ながらチャリンコこいでた。
そしたら、教習コースをはずれる直前で、師匠の車を発見。

ありがとうございました!

もう1回心の中でつぶやいて、家路についたのだった。


以上。
超長いブログになってしもた。
最高記録更新したんちゃうかな!?


そして。
忘れてたが。
もうちょっと「若葉への道」は続く。
よく考えたら、まだ免許もろてへんし。
明日。
大阪やと、門真っちゅーとこで筆記試験を受けて、合格すると、晴れて「運転免許」をいただけるのだ!

よーーーし!
またNintendoDSのやつで問題を練習や!!!
明日!
明日取るどーーー!!!!!


あ。
そうそう。
もう1個書き忘れ。
なんか、卒業式で、門真での試験について話を聞いてたらね、ごく稀に、抜き打ちで技能の試験を受けなアカンようになる人がいるらしい。
えぇーー!
そんな不公平な。
っと思ったけども、話を聞くと、それは試験に不合格でも免許はいただけるのだそうだ。
つまり、その免許を取得する人が、その時だいたいどれくらいのレベルなんかっちゅーよーな事を試験されるのだ。
早い話が、テストされるのは、オレらじゃなくて、教習所…ってなカンジらしい。

えーーー!
そしたら!
そしたら、オレ、それやってみたい!!!
教習所代表!
みたいなカンジでしょ!?

…。

そして、外の公安委員会とかの、難しいっていわれる審査基準がどれほどなんか…。
是非受けてみたい!

…。

…だって、落ちても免許はもらえるねんで!

もしも、落ちたら、免許ももらえないのならば…。

…死んでも受けたくないけどね!!

明日のために、その2!
早く寝るベシ!寝るベシ!寝るベーーーシ!!!


では、皆さん、おやすみなさい!
コメント
この記事へのコメント
おめでとう~
おめでとうございます!!

祝・卒業!!

そしたら寝台バスで移動しなくても、東京まで自走で来れるね。

全下道だったりして・・・。


2007/10/23(火) 22:10 | URL | じゅうめい #-[編集]
やったね!!
ひと足先に卒業ですね!!

おめでとうございます(^^)


しかも筆記、明日のこと。
今ごろ勉強ですね~。


本試験も頑張ってくださいネ!!
2007/10/23(火) 22:28 | URL | yatoka #-[編集]
じゅーめいさん!
ありがとう!
じゅうめいさん!

もう、寝台バスで移動しなくても、自力で東京行けます!
でも、やっぱり寝台バスの方が全然安いです!
今、ガソリン高いし!

全下道!?
もちろん!
小気鬼は健在ですぞ!
2007/10/25(木) 08:15 | URL | 寅 #-[編集]
yatokaさん!
ありがとう、yatokaさん!

そうそう。
教習所でもいろんな人に知り合ったけど、このブログ通じて、免許取得のおかげで知り合えたんが、yatokaさんですよね!
yatokaさんも同級生やな!

卒検間近とのコト。
がんばりやーー!!
大阪で応援してるでー!
2007/10/25(木) 08:20 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。