野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少数民族の街・サパ
2005年03月26日 (土) 23:59 | 編集
map50326.png
2005年3月26日。

ハノイからオレらを乗せた列車は無事国境の街ラオカイへ到着。
あいかわらずめちゃ早朝である。
そして、オレらはせっかくなので、そこから結構有名な少数民族の街・サパへ行ってみる事にした。
なんでココに行ったんやったかは、記憶がない。

ラオカイ駅前で何台もワゴン車などがたむろしている。
もちろん、駅に到着する外国人客をGETして、周辺のツアーに誘うためだ。
ラオカイから見て東の方にも少数民族の村があるらしい。
そして、今回行くサパはラオカイの西の山ん中である。
オレらが乗り込んだワゴンはしばらく客待ちして出発。
外は雨がざざぶりであった。

サパ到着。
車で30分ぐらいやったやろか???
それすらハッキリしないが、そこはエライ霧が発生していた。
PDR_2714.jpg
PDR_2720.jpg


サパはそれはもうえらい数の少数民族の人達がいた。
市場のような地帯があり、人、人、人。
そのほとんどが外国人観光客と少数民族の方々である。
PDR_2737.jpg

市場近辺はオレの好きなオヤツがてんこ盛りだ。
道端で2~3つまみ食いした後、ベトナムの麺を食べる。

PDR_2731.jpg
この少年は、麺屋さんとこの子。
キャップの蓋を楽しそうにいじって遊んでた。
彼にコインを使った遊びを教える。
えらい喜んでくれて、こっちの方が嬉しかったぐらいである。

さぁ、そして市場を見学。
すぐさまおばちゃん達が群がってくる。
布をひろげて「これ買いな、ダンナ。お安くしとくよ、あんただけ特別!」
…言葉は理解できないが、きっとそんな事を言いながらぼったくろうとしているのは見え見えである。
でも、ぼったくろうとするおばちゃん達、オレは嫌いじゃない。
結構値切り交渉ってのは中国でもベトナムでも楽しいし、ハマる。
ゲームみたいなモンや。
そんなワケで、ゲーム感覚で値切ってると、こっちの言い値になってしまい、買うハメになった品物がたくさんある。
ちなみに…。
値切り交渉で、自分から値段を言って、おばちゃんがOKを出した場合に、「やっぱりイラン!」ってのは反則である。
一度口に出した以上、それは買わなければいけないのだ。
だからこそ味わえる緊張感。

たとえば。

ババア「お兄さん、この手飾り。安いよ。30元でどう??」
オレ「高いなー。10元にしてよ!」
ババア「高くない、高くない。じゃ15元でどう??」
オレ「いや、10元。」
ババア「しょうがない。じゃ、10元ね。お兄ちゃんだけ特別やで!」
ババア「(笑顔)」

…これは完全に敗北である。
こういったケースでは、恐らく10倍近い値段をふっかけてきているのだろう。
まだまだ読みが浅いのだ。
買い物した後、売ったおばちゃんが笑顔やったら、それは敗北。
ちょっとシブイ顔をするぐらいで始めて五分五分の戦いをできた証である。

…ちなみに、オレの長い値切り人生(?)の中で、改心の買い物をした時。
あん時は確か安い指輪やったけど、20分の1ぐらいに値切ってやった。
そん時のババア。
売りモノの指輪をテーブルに叩きつけて金握って無言で去っていった。
…。
きっと、あのババアはどうしても急に金が必要になったんやろな…。
でも悪い事したなぁとは思わないのである。
ヤツらは散々ニコニコしながらぼったくりまくってるよーなヤツラなのである。
たまには負け戦も経験してもらわんと。


あれ?

話がそれたな。

まぁ、とにかくココでは少数民族の人らと熱い値切りバトルができるのである。

それでは、おばちゃんやチビっ子の写真を。
PDR_2726.jpg
PDR_2738.jpg
PDR_2740.jpg
PDR_2742.jpg
PDR_2748.jpg
PDR_2756.jpg
PDR_2759.jpg
PDR_2763.jpg
PDR_2769.jpg

途中で奈良県は生駒から一人で遊びに来たという女子大生さんと知り合う。
でも、名前は忘れちゃった。
ゴメン。
S原さんと「生駒っ子」、「生駒っ子」と言ってたら、名前が定着しなかったのである。
PDR_2744.jpg
写真右の子が「生駒っ子」である。


サパは結構楽しかった。
しかし、めちゃ寒かったので、カフェで暖かいモン飲んで、帰る事にする。
タクシーを呼んでもらって、また国境のラオカイへ。

アレ?
そういや、さんざん値切ったりなんやかんやしてたのに、何一つ買い物してへん…。
まぁ、そんなモンである。


そして、イミグレを通過すれば、そう。
懐かしの中国である。

PDR_2771.jpg
PDR_2776.jpg
写真は国境の橋からとったベトナム、中国それぞれのイミグレ。

…そういや、国境の橋とかで写真撮ったらアカンとか誰か言ってたな…。
どこでもそうなんかな?
オレらパシャパシャ撮ってたけど。
ま、いっか。
誰からもお咎めなしって事は、OKって事やろう。


中国側の国境の街、「河口」でブラブラして、寝台夜行バスでいざ、昆明へ。

これにて第2次ベトナム旅行・終了!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。