野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP3rdの評価
2011年08月11日 (木) 17:59 | 編集
はい。
今日から短い間夏休み!
夏休みも半分返上で休日出勤なのでした!
モンハンの開発者さんたちもあれだけのゲーム作るんやから、きっといっぱい残業して作ってはるんやろうなー!!

そんな開発者さんには申し訳ないが…

今回はモンハンの悪口を書かせてもらいます。

MHP3も2Gもソロで全部の武器縛りでクリアしたモンハンバカなりの、MHP3rdへのイチャモンです。

3rdを始めたばかりの頃は大満足で夢中になっていた私ですが、3人目、4人目あたりから、明らかに何か違和感を感じはじめていた。
あれ……?
何か……俺、モンハンやってるのに楽しめてない?
次第に、それは確信に変わっていきました。
今回のモンハンは、これまでのシリーズより、遥かに遥かに、寿命が短い。
もちろん、他のゲームより飛び抜けて遊べるゲームなのは間違いありません。

でも…

以前のモンハンなら、何百時間やっても飽きがこない、スルメのようなゲームやったのに…今回のは明らかに飽きるのが早い。


んで、いくつか、思い付くままに、書き留めてみた。
なぜMHP3は面白くなくなったのか??を。

■モンスター編
モンハンの主役は何といってもモンスター。
モンハン以前に、こんな、一匹モンスター倒すのに3~50分とかかけて、倒して、密度の濃い戦略を駆使して闘い遊ばせるゲームがあったでしょうか??
これまでのモンハンを引っ張ってきたのは紛れもなく、クック、レウス、ティガ、ナルガん筆頭とするモンスター達なのです。
それがMHP3では…

まず全体について言えるのは、ボスモンスターの疲労システム。
これがいらない。
疲れたら極端に動きがにぶくなる。
そのため、ノーマルや怒り状態では動きまわりすぎるほど動きまわりすぎで嫌な動きをさせる。
でも、攻撃力は弱めだから、大丈夫でしょ?っていう難易度調整。
たぶん、慣れない人でも戦えるようにっていう配慮なんやろうけど、はっきり言って、大きなお世話。
疲れて反撃してこない状態の敵を殴っても何も面白くないし、怒り状態は暴れまくりで近寄る事すらままならない。

しかも、疲れた時にいっぱい攻撃せれる前提やから通常時は一気に届かないところまで行ってしまう事が多い。
モンハンの闘いは、そんな両極端なもんでなく、標準状態で動きを見つつスキを見つけて攻撃、離脱。
攻めるタイミングが悪いと反撃をくらうから、もっと動きを見極めたり、攻める部分を変えたりという、リアルタイムの攻めぎあいの中にある気がします。
もちろん3rdでも、その要素はありますが、以前よりだいぶ少なくなった。

あとは、中盤以降の敵が軒並みやってくる、後退り。
あの動きも、1体2体ぐらいがやってくるなら、お、こいつはなかなか嫌な動きをするな!っと、個性的な魅力になったんでしょうが、揃いも揃って後退りされると、イライラするだけやし。

で、先ほども少し書いたけど、皆攻撃力低めで、戦っていて緊迫感がない。
昔のモンハンは、『俺は生きてるんだ!』『人間どもなど返り討ちにして当然や!』と活き活きせてるのに対して、3rdのモンスター達は、『あ、ハンター来た。ちょっと抵抗してやられてあげなきゃ!俺達ゲームだし。』みたいな。
プレイヤーにそう感じさせたら、おしまいやなぁ。

ついでに言うと、皆が皆長い尻尾を振り回してくる。
攻撃避けても尻尾に当たる。当たるけどそんなに痛くない。
なにこのストレスゲーム。

まぁ、修行が足りんのやと言われればそれまでやけど、なんだかなぁ。


■武器

武器についても、何か個性が無くなった。
前は、かなりバラつきがあったバランスも、何か無理矢理どれでも同じようになるぐらいに調整されちゃった感がある。
前はアイツにはあの武器なら楽勝!この武器やとキツイかなーてのが結構あったのに、今回はどれもこれも、そこそこ闘える感じ。
もちろん、多少の有利不利はあるけど、もっとバラバラでいいんちゃうのー?って思う。
おかげで、攻撃力が魅力やったハンマーやヘビィはなんか可愛そうな感じがした。

たいがいは、自分の得意な武器でやってて、アイツにはこれがめちゃ有利らしいから、これを試してみよう、とかなって新しい武器にチャレンジしてみたりするのに、それが皆大して変わらないなら、あんまり意味無いしなー。
大会やったら、皆ハンマーやってもええやん。
それだけ使いにくさを乗り越えて、使いこなしてるんやから。
それを、中途半端な移動攻撃とかをつけて、そのぶん魅力の攻撃力を落として平均化したら、面白くなくなるわー。

■防具

防具はなぁ…
俺は集めんかったけど、護石システムがあかんやろう…
モンハンの素材集めは運がからむのは魅力の1つやけど…
防具のスキルが完全に運次第の護石で付けれるスキルが大きく変わるって…
そこまで運にしてどうすんの??って。
まぁ、それほどスキルにはこだわらずにやってきたから、俺的には困らんかったけど、やりこみしようとしたら、きっと火山でアホほど掘らなアカンのやろうなぁ。
アホらし。
運次第は素材集めだけで充分やろー。

■狩猟アイテム
閃光玉とか、せっかく使っても暴れすぎてほとんど攻撃のチャンスがないとか、タイミングを気をつけないと、効果時間がえらい短くなったりとか、ストレスにしかならない。
持ち込める数を少なくするなりして、プレーヤーがせっかくアイテムを使ったのに、意味無いって状態は、あかんよなー。
まぁ、前作もラージャンみたいに閃光すると暴れすぎて近寄れんていう奴もいたけど、あれはラージャンの個性になってたからええと思うけどなぁ。

■農場
農場は特に悪いとこないかな?
でも、ちょっと便利になりすぎ??

■オトモアイルー
特に悪いとこはないかなー。
でも、なんだか、便利になりすぎてないのかなー??
アイルーの婆ちゃんに、スキルリクエストできるしなぁ。
まぁ、便利やけどなぁ…

■総評
勝手な推測ですが、アイルー村シリーズも含めて、欲を出しすぎたんじゃないのかなー?と思う。
会社としては、より多く売れる方向を目指すのはわかるけど、そのためには、より簡単にして敷居を下げなければいけない。だから攻撃力低めにしたり、疲れ状態になったモンスター殴り放題を導入したり。
でも、ここまでやりつづけてくれたコアなファンも満足させなければいけない。
だから護石でランダムにスキルを増やせる面倒なシステムを導入したり。
で、できた結果は…


MHP3の売上的には大成功やったと思う。
廉価版なしでこれほどの本数売り上げたんやから。
でも、それはMHP3の成果ではなくて、真の怪物ソフトやったMHP2Gのおかげ。
あれほど長く遊び続けられる、あれほどファンに愛されたソフトは無かったと思う。
MHP3はG級が無いから、続編を出す気マンマンやろうけど、よっぽどの事をしないと、売れる本数は減ると思うなー。
2Gのモンスター全員参戦とかね…。


以上、さんざん遊んでおきながら、不満点をいっぱい書いたわけやけど…
気になってる事もあるにはある。
それは、俺自身が、モンハンに飽きてきてるんじゃないの??
ってこと。
1から数えると、いったいトータル何時間やってるのかわからんぐらいやりこんで、正直、飽きてきて、他のゲームもしたりした。
んでも、やっぱり他のソフトやと、モンハン程長く遊べるのは無くて、やっぱりモンハンに戻ってきてた。

そんな俺でも、さすがにモンハンに飽きてきていて、それがここに書いた不満になってるわやろか…??

それがわからない。
わからないから、確かめてみよう!!

と、言うことで、新しいチャレンジを始めてみる事にしました!!

それは、MHP1から、イチからキャラクターを育てて、MHP1→MHP2→MHP2G→MHP3までデータを引き継いでキャラクターを育てよう!
そして育てるなら、やっぱり武器縛り!
それ一本で、MHP3のアマツ討伐まで行ってやろう!
もちろんソロで!
というか、通勤電車ぐらいしかモンハンできんから、必然的にソロやねんけどね。

そうする事で、今の俺がモンハンに飽きているのか?それとも、MHP3がやはり悪い方向に向かってしまってるのか、確かめて見れるんじゃないのか?と思ったわけです。
武器縛りに選んだのは、MHP3で一番気になった武器、ランスです。
これなら1から3まで全シリーズにあるし。


はい。
そんなこんなで、チャレンジを始めている現在なのでした。
このモンハンブログを書き始める前からMHP1を再スタートしてまして。
モンハン歴を書いてる間も通勤電車で狩りをしてまして、今朝!ようやくMHP1のG級に上がれたのでしたーー!!
ぷはー!

さすがにMHP1はキツイ!
しかし、3rdには無い何かがMHP1にはあります!
3rdが無くしてしまった何かが。
とにかく、ボスモンスターはもちろんの事、ランポスやらイーオスやら、特にファンゴやら、皆殺気を身にまとって、明らかにハンターを殺しに向かってきます。
そして、野原で薬草をむしってまで戦ったり、野原で肉を焼いて食べたりします。
MHP3rdは人間の世界にモンスターが迷い込んだ感じですが、MHP1は明らかにモンスター達の世界にハンターが迷い込んだ感じがするのでした。

古きを温めて新しきを知る。

もしも、万が一、モンスターハンターの開発に携わっている人がこのブログを見てくれる事があったら、モンハンのコアなユーザーの中にはこんな奴もおるんやなー、という事と共に、開発の方々がこれまで作ってきたモンハンは、こんな素晴らしいゲームやったんや、ということを思い出してみて欲しいなぁ、と思うのでした。


はい。
そんなわけで、次回からは、そのMHP1から3rdアマツ討伐までの道のりを実況していきたいと…思うのですが!
その前に!!

以前に2ndで最後の招待状をクリアした時、2ndGでモンスターハンターをクリアした時、全武器で武神闘宴をクリアしたときのメモが見つかったので、このブログで紹介しちゃいまーす!
なんか、『狩られ道』や『逆鱗日和』に影響されてたので、そのまんまブログに載せれるよーな文章やったので、そのまんま載せまーす!!
今日この後すぐに!
なんか、懐かしい当時の文章を読むと、夢中になっていた当時の気持ちが甦ってきました。
下手な文章ですが、よかったら読んでみてくださいませ!
ではでは!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。