野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP2G 『武神闘宴』03・弓・ソロ
2011年08月11日 (木) 18:46 | 編集
MHP2G 『武神闘宴』弓ソロ(期日不明)

やったーーー!!!
遂に弓で武神闘宴ソロクリアできましたー!!!
めちゃ嬉しい!
ガンランスほどではないけど、かなりハマってしまってました!
100回ぐらいはやりなおしたかなぁ><;
スキルも煮詰めて、弓選びも煮詰めて…。
ようやく、ようやく…。
プハー!

最初はXLinkKaiの狩り友で弓で武神闘宴をクリアした人からネコ火事場で行ったー…っと聞いてたので、頭の中に「弓で武神ソロ行くなら、火事場しかないだろう」…っという固定観念ができてまして。
確かに弓の火力を考えると、時間との戦いである武神闘宴は火事場またはネコ火事場で行く…というのが順当なように感じましたが…、それが間違いの素だったと気づくのはだいぶん後の事でした。

ひたすらネコ火事場&ネコ火薬の状態で何度も挑戦していました。
防具のスキルは、集中・回避性能・罠師・ボマー、というものでした。
で、闘技場に入ってからネコ火事場を発動しないといけないんですが、BCでは小タル爆弾しか使えないので、何回かやって、小タル爆弾4~5回ぐらいくらってからナルガの待つ闘技場に入って即大タル(ネコ火薬中なので大タルG相当)を足起爆→少し回復してから小タルで体力調整…というパターンでやってみてました。
その後、ナルガに大タルを2度くらわせて、小タルで調整がいいかなぁー、とかいろいろ試行錯誤を繰り返しました。
で、最終的には、小タルすらアイテムからはずす事にして、ナルガの攻撃くらって削ったり、爪につまづいて削ったりして体力調整する方式に移行していきました。
そもそも、ネコ火事場なんて使った経験はないので、ひたすら自爆で死んでリセットとかを繰り返してました><;

で、結構安定してネコ火事場を発動できるようになってきました。
さぁ、でもネコ火事場です。
もうスズメの涙ほどしか体力はありません。
武神のメンツを見ると、後ろの4頭はネコ火事場でもそれなりに戦える気がするんですが、先鋒として登場するナルガクルガ…。
ヤツにネコ火事場は非常に厳しい気がします。
9割5分ぐらいは攻撃を避けれるのですが、残りの5%…。
それが避けれずに、一発くらって死亡→リセットを繰り返しました。
立ち回りで次の攻撃を誘ったりする高度な戦術を取れるほどの経験はなく、華麗な回避行動でパーフェクトにかわす事もできません。
何せ武神闘宴です。
しかも攻撃力が控えめな弓です。
攻撃も相当アグレッシブに行かなければクリアはできるはずもありません。
そうすると、微妙に攻撃をしてはいけないタイミングでも攻撃態勢に入ってしまって、殺される…というパターンから抜け出せませんでした。

クリアした後から思い出してみても、弓ソロ武神闘宴の最大の鬼門はグラビやディアではなく、ナルガクルガだと思います。
おそらく100回ぐらいやったうちのほぼ95回ぐらいはナルガに殺されたり、ネコ火事場失敗で自滅したりでリセット…というパターンです。

選弓もいろいろ試してみました。
最初は剛弓、ユミ【凶】、角王弓などを試してみました。
それぞれ、なかなかにイイ弓ではあるのですが、イマイチ、夢を託す可能性を実感できるほどではありませんでした。
このあたりで、ナルガの弓がいいんじゃないか…と思ってしばらく使ったりしていましたが、運良くナルガクルガをしとめても10分以上経過してたりする始末…。
その後、ナルガに怒りを通り越して憎しみをいだきはじめていた頃、拡散弓にたどり着いたのです。
私の場合、基本的に弓は連射と貫通を撃てる弓を好んで使ってまして、拡散は使える弓でも溜めにあせりすぎて失敗として発射してしまうぐらいでした。
ザコ敵を狩るにしても、拡散はほぼ使わず、連射の練習として、小さいザコも連射で倒してきていました。
しかし、ネットで見つけた武神闘宴ソロクリアの情報の中に、カジキ弓Gで行けた…というのがありました。
そして、スキル「散弾・拡散矢威力UP」をつけると、連射や貫通の追随を許さないぐらいのパワーアップをする…との事でした。
試していなかった拡散弓。
試してみない手はないでしょう。
そこでスキルを適当に発動させて、カジキ弓Gで、まずは火事場なしでいどんでみました。
するとすると…。
もちろんクリアまでは届かないものの、ちゃんとディアまでは到達できました。
拡散弓…。
これはイケるんじゃないだろうか??
ネコ火事場も発動してないのに。

そこで次はネコ火事場でカジキ弓G。

…あっさりナルガに殺されました…。

やっぱりナルガです。
この頃から100%ナルガを避けきるのは無理だろう…と思うようになってきていました。

逆に、火事場の分を「散弾・拡散矢威力UP」に託して、体力満タンで挑んだら何とかなるんじゃないのか…?という考えが出てきました。
しかし、それをするにはカジキ弓Gは役不足にも思えました。
何といっても、カジキ弓Gは「毒瓶」のみ撃てません。
一番撃ちたい「毒瓶」が…。

そこで攻略本をひっぱりだしてきて、もう1度、選弓からやり直しです。
これまでは見向きもしていなかった拡散弓を…。
そして、遂に最終兵器にめぐりあえました!!!
そう。
龍属性弓の「龍弓【天崩】」です。
攻撃力360で龍220もついています。
まさに破格の攻撃力。
そして溜め2が拡散5。
こいつしかないでしょう。
ナルガ、ティガ、ディアブロスには龍は若干効きます。
攻撃力360にオマケがつく時点でかなり有効な武器だと思います。

そして、装備のスキル。
ナルガ用に「回避性能+1」ははずせません。
攻撃回数やスタミナ問題的に「集中」もはずせません。
拡散弓なので、「散弾・拡散矢威力UP」は大前提となるスキルです。
…となると、装備のスキルはこれで打ち止め。
他に何でもいいから発動できるスキルは無いかといろいろシミュレータでやってみましたが、ダメでした。
しょうがないので、このスキルで挑みます。
…ボマーがつかないのがかなり痛いので、そこをカバーする意味で、天崩が使える睡眠瓶を調合分まで持っていきます。(グラビ用)

準備として、ネコ飯リタマラをして、運良くネコ火薬+調合術【大】が発動したので、迷わずセーブです。
そして前述の3スキル発動する防具に身をつつみ、サクサクっとアイテムをそろえました。
天崩は全ての瓶が使えるため、強撃、接撃、睡眠、毒の各瓶を調合分までフルに持ち込みます。
爆弾系は大タルを調合分(錬金含め20発分)+大タル爆弾3コを持ち込みました。
調合術【大】が発動しているので、調合書は1~3。錬金用に調合書Gも持ち込んでいます。
回復系は0。
剥ぎ取りで回復Gがもらえるので、倒しつつ貯める方向で。
後は怪力の種10コと鬼人薬G3コ、強走G5コです。
守りの爪・護符は、もともとネコ火事場でやってきてたので、持たずに行きます。
力の爪・護符は、攻撃力底上げのため、両方持ち込みです。


ここから反撃ののろしが上がりました。

…が、初戦は凡ミスで敗退。
というか時間切れ。
ラージャンに7分残しぐらいだったでしょうか…。
時間いっぱい戦いましたが、残念ながら時間切れ。
痛恨の凡ミスは、立ち回りではなく、アイテムでした。
すっかり閃光玉の事を忘れておりました。
このため、ティガとディアでえらい時間がかかったのが原因です。
特にディアブロス…。
閃光無しにしては、結構頑張ったんですが…。
いかんせん、もぐらせると時間がかかるかかる…。

でも、ラージャンもあと少し…という所まで追い詰めていたハズです。

これまでのスキル・弓ではグラビを倒した時点で残り15分ぐらいがやっとでしたが、今回は明らかに追い詰めています。
閃光玉さえ持ち込めば、間違いなく狩れる。
そう確信した戦いでした。


そこで、アイテムを再度調整。
どんだけ効果があるか不明な接撃瓶は調合分も瓶自体もはずしました。
ついでに大タル爆弾3コもはずします。
グラビは睡眠爆破と毒でなんとかなりそうな気がしました。
これで3つ枠が空いたので、閃光弾と調合分で15発分を持ち込みました。

さぁ、そして、龍弓【天崩】2戦目。
ついに運命の瞬間が近づいてきました。

ここで装備を書いておきます。
頭:金色ノ添髪・真
胴:ナルガXレジスト
腕:オウビートXプラッソ
腰:黒子ノ帯・真
脚:オウビートXフェムル

これに装飾品として

短縮珠×2、散弾珠×2、剛散珠×2

をつけて、回避性能+1、集中、散弾・拡散矢威力UP
の3つのスキルが発動します。

いざ、開戦!!!

あ、そうそう。
その前にオトモを。
爆弾オトモで、大タル爆弾の術、爆弾強化の術、爆弾ダメージ軽減の術をマスターしています。


BCにて、鬼人薬Gを飲む→毒瓶装着→強走薬Gを飲む→怪力の種を飲む。
そしてナルガと対面。
深追いをせずにクリティカル距離を意識しつつも、手数重視で攻撃します。
途中2度ほど攻撃をくらいますが、体力満タンからなので、全然へっちゃらです。
こちとらネコ火事場でナルガと連戦してますから。
で、ナルガが地に落ちて5分30秒ぐらい。
以前のネコ火事場では到底出す事ができなかったタイムです。

爆弾採取をしたけど、小タル×2で破棄。

お次はティガ。
曲者指数的にはディアブロスの方がキツイので、ティガは閃光5発までと決めて挑みました。
怒っても結構間合い次第で立ち回れますが、あまり時間を食うわけにも行かないので、怒ったら閃光を5回繰り返し、残りは突進の避けざまに拡散をぶち込むのをメインに立ち回り討伐。
これで14~5分ぐらい経過。

シビレ罠をとりに行ったら、閃光2発だったので、ディアブロス用に温存。
調合分まるまる残してるので、計12発の閃光あるので、ディアブロスはサクっといけそうです。

そうこうする間にグラビ登場。
着地点に大タル2個おいて毒瓶装着で着火。
そこから毒化させて、その後は睡眠爆破を3セット。
残りの爆弾はグラビーム着火などで全爆弾撃ちつくしました。
どのタイミングだったか忘れましたが、2度目の毒化もさせました。
あとはひたすら手数で拡散矢をおみまいしてやりました。
グラビ討伐で30分ぐらい経過。

結構回復Gもたまってきています。
暇だったので、一応回復Gを採取して回復Gを満タンに。

そこでディアブロス登場。

登場直前に少し迷ったのですが、微妙に残っていた(4発)毒瓶に調合分の残りを足して10数発の毒瓶を手持ちにします。
なんとか毒ってくれるだろうと。

閃光づけして、毒を全部お見舞いしてやります。
しかし、毒ってくれません。
モドリ玉を持っていないので、支給品の毒瓶を取りに行くには、ディアブロスに殺されるしかありません。
どうしようか迷っていると、咆哮からの突進と起き上がり突進で迷う必要なく昇天…><;

荷車でBCへ。

再度鬼人薬Gを飲んで、毒瓶をもらって装着し、怪力の種まで飲んで、戦場復帰。
さすがにこれだけ打ち込めば毒るだろう…。
っとタカをくくってたのに、閃光チャンスももらえずに、単発だったり貫通を発射してしまったりで結局支給品の毒瓶を撃ちつくしても毒ってくれませんでした><;
そんな><;
かなりブルーになりましたが、まだ閃光がいっぱいある。
気を取り直して、攻撃しますが、なぜか気がつくと、BCにいました。
油断かまして体力が少ないまま立ち回ってて、尻尾ぶんぶんに殺されました。
ピヨってる最中にディアの位置が微妙に動いてて、ギリギリ当たる位置にされていた模様…。

さぁ、ラージャンも残ってるのに、2アウトになっていまいました。
歯ぎしりしながら、ディアの待つ戦場に戻ってしばし格闘の末、ディアブロス討伐。
やっぱりディアブロスは尻尾が弱い。
閃光玉は3コも残ってしまいました。
こんな事ならティガにもう2~3発使ってもよかったなぁ><;

ディアブロス討伐時点で残り時間9分30秒。
龍が効かないラージャン相手で微妙な感じの残り時間です。
本来弓ならラージャンはお手のものなのですが、残り10分きってるのと、慣れない拡散矢でラージャンなので、多少不安もありましたが…。
アイテムを整理していると、強撃瓶の調合分がまるまる残っているのを発見。
全部調合して、強撃瓶を装着し...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。