野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP2G 『武神闘宴』09・狩猟笛・ソロ
2011年08月11日 (木) 18:53 | 編集
MHP2G 『武神闘宴』狩猟笛・ソロ(期日不明)


ふはぁぁぁぁあぁぁ~~!!!!!

これが、狩猟笛ソロで武神闘宴ソロをクリアした時の私の第一声です。

疲れた…。
本当に疲れた…。
何度も何度も挫折しそうになり、あんなに大好きだったモンハン自体を嫌いになりかけた頃でした。
狩猟笛…。
ツライです…。
試行錯誤の連続でした。

まず悩んだのが武器選びです。
最初の2~3回。
武器はギザザミハルス、装備はいつもとおりミラルーツZにボマーと砥石使用高速化をつけた装備でした。
まったく話になりません。
ラージャンを引きずりだす事すらままならず、ディアブロスで時間切れ。
なんとか倒せても、残り20秒ぐらいとか…。
狩猟笛はムリなのか…とも思いました。
それから、シャミセン【凶】、崩笛イコカムルバス、夜笛【逢魔】。
どれもいまいちパンチに欠けるものでした。
笛なので、攻撃力UP【大】を吹きたいというのが選択の第一条件になっていました。
スキルも悩みました。
笛の場合、笛吹き名人を発動したいので、ボマーか砥石使用高速化をはずさなければなりません。
グラビ対策としてボマーをはずすと、どれだけ時間をロスするかは目に見えていたので、そうなると砥石。
しかし、砥石使用高速化をはずすと、砥石を使いたい時にもタイミングを見つけるために待ちが発生して時間をロスします。
いろいろと試してみましたが、どれもこれもしっくりきません。
タイムもせいぜいディア討伐で残り5分。
これではラージャンは倒せません。
途中からは、モドリ玉調合素材を10回分持ち込んで、砥石と旋律効果のかけなおしをBCでやる…という戦法で挑んでいました。
この戦法でギザザミハルスを使ってディア討伐で残り7:52までタイムを縮められた事もありましたが、それ以上に縮まる事はありませんでした。
やはりBCで笛+砥石、やられている時はベッドで休憩となると、バカにならない時間をロスします。

そんな頃、ネットの動画で数少ない狩猟笛ソロ武神闘宴で使われていた「マジンノオカリナ」を使ってみようか…という気になりました。
これまでの笛と違い、攻撃力UP【大】は吹けないかわりに、長目の斬れ味と、なかなかの毒属性値、そして控えめな攻撃力を持っていました。
しかし、これでもタイムは縮まりません。
それもそのはず。
私の笛での立ち回りに問題があったのです。
これまで私は、笛というと、攻撃力UP【大】を吹いて、力技でねじふせる…というスタイルしか知りませんでした。
しかし、マジンノオカリナは、明らかに異なる立ち回りを求めていたのです。
奥が深い…モンハンは…。

ネットのクリア動画を見ていると、回避の腕前やスタンの取り方など、どれもスゴイのですが、その中で私が理解できなかったのが「柄殴り」です。
めちゃめちゃ威力の低いこの技…。
はっきり言うと、これまで全くといってイイほどに使っていませんでした。
しかし、ネットの動画では結構な頻度で使っています。
グラビの脚に柄殴り、ぶん回し前に柄殴りを1~2回当ててぶん回し…などのように。

どうやら、それは毒属性値を蓄積する目的での攻撃のようでした。

この頃には、相当精神的にも疲れがきていました。
ガードできない笛での立ち回りは、結構な頻度でナルガに殺されリセット。
リセットしてまたナルガに殺されてリセット…。
これを繰り返していました。
もうナルガのあの鳴き声、聞くのもうんざり…という状態です。
もちろん、時間をかけて戦えばてこずる相手ではありませんが、何しろ武神闘宴ソロです。
時間との勝負です。
5頭のモンスターで50分なので、1頭10分としますが、手ごわい敵が次々出るので、ナルガでは2~3分ぐらいはできれば貯金したいところです。
そうすると、多少ダメージ受けていても向かっていかねばならず、アグレッシブに攻撃もしなければならず、防御系スキルが無いばかりか、アイテムも切り詰めているため、守りの護符や爪をはずしているため1発のダメージもバカになりません。
ミラルーツZの龍耐性の低さも影響していたかもしれません。

かなり煮詰まっていた私は、ついにキッチンアイルーの調整まで手を出しました。
これまでソロしばりで育てたキャラが飼っていたキッチンアイルーのスキルを全てチェックして、イイスキルを持っているネコを今使っているメインキャラクターのところに引越ししてくる事です。
受け渡しはkaiでお暇な方にお願いして手伝ってもらいました。
ありがとうございました。
この時に引っ越してきたのは、「ネコ火薬」「ネコ火事場」、「ネコ調合【大】」などを持つネコ達です。

しばらくして、追加で引っ越してきたのは、「ネコ火薬」、「ネコの特殊攻撃術」などを持つネコ達です。

そして、何度もリタマラを繰り返して、ようやく発生しました。
「ネコ火薬」、「ネコ調合【大】」、「ネコの特殊攻撃術」。
毒で戦うなら、もうこれに頼るしかないでしょう。
そして、マジンノオカリナはどうせ攻撃力UP【大】は吹けないので、笛吹き名人をはずして、砥石使用高速化を発動させます。

この装備に変えた後、立て続けにナルガを42分以上残して討伐する事ができました。
どれぐらい「ネコの特殊攻撃術」が有効かはわかりませんが、明らかに毒りやすさが変化した気が…しないでもありません。


…が、しかし、この状態でも限界を感じはじめます。

まだ何かないか?
もっと有利にできないか???
笛での武神闘宴ソロは、それほどまでに困難を極めました。

そこでいきついたのが、JUMPタル爆弾、ポリタン爆弾です。
せっかくボマーが発動しているんだから、これを有効活用するには爆弾を増やすのが一番ですが、調合素材はアイテム1枠あたり5発分(調合素材4種類で20発分)になりますが、調合した後の大タル爆弾は3発。大タルGにいたっては2発だけです。
その代わりにJUMPタル爆弾、ポリタン爆弾を持ち込めば…。
かすかな希望をいだき、せっかく発動したネコスキルを捨てて、何度か素材ツアーに通い、JUMPタル爆弾5発、ポリタン爆弾10発を引き換えてきました。
その後、再度ネコスキルが発動するまでリタマラし、準備完了です。

さぁ、そして早速JUMPタル爆弾、ポリタン爆弾を持ち込んで武神闘宴です。
以前に片手剣のナルガクルガ動画で、バックジャンプしたらJUMPタル爆弾を発射して、ナルガが飛び掛り準備中に炸裂させてダウンを奪うというのを見た事があり、試してみますが…。
そうそう、そんなにタイミングよく当てれるものではありません。
せっかく飛び掛り中でも、ナルガのはるか前方に爆弾が炸裂して何も起こらず…とか…。

それならばとグラビモスにJUMPタルやポリタンを当てます。
まぁ…確かに効果はあるようですが…。
多少グラビの討伐時間が短くなる程度でした。

その後、ネットでJUMPタル爆弾やポリタン爆弾の威力を調べてみることに。
爆弾の威力1位は大タル爆弾Gで150。
2位は大タル爆弾とポリタン爆弾で80。
3位がJUMPタル爆弾で50というものでした。
JUMPタル爆弾は50×5個=250、ポリタン爆弾は80×10=800のダメージが見込めます。

そうなると、アイテム1枠の有効利用としてはポリタン爆弾だけにしよう、という結論に至ったのです。
(ただ、クリア時にポリタン爆弾は持ち込んでいましたが、有効活用できたのは1発分だけでしたが…)
アイテムも武神闘宴ではいろいろ厳選しなければいけません。
これもクリアまで、いろいろと試行錯誤しました。

そしてスキル。
剣士はミラルーツZでいけるだろう…という感触を持っていましたが、空きスロットに関しては、最後まで試行錯誤を繰り返していました。1つはボマーに決定ですが、もう1つは、武器スロ2も使えるので、砥石使用高速化+体術、状態異常攻撃強化、笛吹き名人+体術、回避性能の4パターンが考えられました。
これは本当に試行錯誤を繰り返し、クリアした時も、その試行錯誤の途中でした。

しかし、これまでの挑戦でいくらかプレイスキルもUPし、確実にクリアに近づけるタイムを出しつつありました。
これまでの武神ソロクリアの経験では、剣士でのディアブロス討伐時の残り時間は9:44~14:08となっています。
ランス・ガンランスは結構ラージャン戦が厳しいので13~14分ほしいところですが、笛の場合はラージャン自体は10~12分でいけそうな気がしていました。

マジンノオカリナ&ミラルーツZで、ネコ特殊・ネコ調合大・ネコ火薬が発動したセットで挑戦中の惜しい戦いをした時のタイムをいくつか書き出してみると…


ナルガ…41:03
ティガ…リセット
グラビ…
ディア…
ラージャン…


ナルガ…42:55
ティガ…32:26
グラビ…23:04
ディア…13:09
ラージャン…死


ナルガ…40:34
ティガ…31:28
グラビ…16:24
ディア…死
ラージャン…


ナルガ…41:30
ティガ…31:30
グラビ…22:16
ディア…死
ラージャン…


ナルガ…41:26
ティガ…31:04
グラビ…リセット
ディア…
ラージャン…


ナルガ…40:47
ティガ…30:47
グラビ…20:52
ディア…10:00
ラージャン…

特に②ではディア討伐時の残り時間が13分。
これはクリアできてもおかしくない時間でした。
しかし、2死していた事もあり、安全に戦いすぎてしまい、時間が切れそうになりムチャ攻めをして残り20秒ぐらいに3死目を喫して敗北しました…。
これはかなり精神的にキツかったです。

しかし。
これはいける。
ようやく狩猟笛での武神闘宴ソロに確かな手ごたえが残りました。
もう1度13分と言わず、11分。
11分あれば…今度こそクリアしてやる。
そしてできればラージャン戦に罠1つと爆弾を1~2発残せれば…。



そして、ついに運命の戦い。

武器:マジンノオカリナ
防具:ミラルーツZ一式
スキル:真打、ダメージ回復速度+1、不運、ボマー、回避性能+1
キッチンスキル:ネコ火薬、ネコ調合術【大】、ネコの特殊攻撃術
オトモアイルー:なし

アイテム:
 素材玉×10
 光蟲×10
 落とし穴×1
 力の護符&爪
 守りの爪
 調合1~3・G
 回復G×10
 こんがり肉×10
 砥石×20
 爆薬×20
 大タル×10
 竜骨【中】×10
 ツタの葉×10
 ポリタン爆弾×10
 鬼人薬G×3
 音爆弾×10
 閃光玉×5
 トラップツール×2
 ネット×2
 秘薬×2

※この回には回避性能をつけたので、守りの爪をはずして爆弾かシビレ罠を持ち込もうと思っていたのに入れ替えを忘れていました…。


まずBCにて。
こんがり肉と鬼人薬Gを飲み、旋律を吹きます。
紫紫青青紫紫。
闘技場内で笛を吹く回数を減らすため、自分強化は2回かけておきました。
闘技場に入って対面したのは、やや大きめぐらいのナルガでした。
今回は回避性能をつけてきたので、結構危ないタイミングでも回避で避けれました。
スタンも1回とれてイイペースかな、と思ったのもつかの間。
壁際で尻尾ビターン攻撃をくらって、あえなく1死…。
いつもなら、ナルガで死んだりした場合はリセットして再戦だったのですが…。
今回はもうあのナルガの鳴き声が非常にカンにさわりまして、こいつだけはギャフンといわせてやらねば気がすまん…という心理状態になり、続行。
クリアできた今思えば、本当にリセットしなくって良かった…。
1死の時点で8分ほど経過していました。
どうせナルガだけ、という気持ちだったので、落ち着いてBCで秘薬、こんがり肉、鬼人薬Gを飲み闘技場に戻ります。
少し戦ったらナルガは地に倒れました。
頭を2回ほど蹴ってやりました。
残り時間40:23
ギリギリ許容範囲。たぶんダメだろうぐらいのタイムでした。

さぁ、これでリセットするか…とも思ったのですが、せっかくティガまで来たんだから、ティガをあまり閃光使わずに戦う立ち回りを試してみよう、と思いました。
これが非常に後々大きな効果を生んでくれました。
ティガ出現地点に落とし穴を敷き、アイテムの空きができたので、爆弾を採取。
小タル×2だったので、捨てて、持ち込んだ爆弾調合素材から2個分を調合し落とし穴脇に設置。
どうも笛でティガは苦手なので、爆弾でちょっとダメージを稼ぎたい。
この時点でナルガ剥ぎ取り合わせて回復Gは6個ぐらい。
本気で続行するにはキツイ感じでした。

ティガ出現前に旋律を吹きます。
紫紫...
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。