野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと一息・昆明
2005年03月27日 (日) 23:59 | 編集
map50327.png
2005年3月27日。
ベトナムとの国境の街「河口」から昆明に帰ってくる。

こっから数日間、昆明でブラブラする。

なんと言っても俺たち元雲南大学留学生にすると、昆明は第二の故郷のようなモンである。
コレが変わった、アレが変わったと言っても、やはり懐かしい愛すべき街なのである。

帰ってきたその夜。
S原さんと2人で焼kao(焼き肉)を食べに行く。

PDR_2809.jpg
PDR_2813.jpg
この焼kao。
昆明に来たら是非食べてもらいたい食べ物の1つである。
ウマイ!
火は頼まなくても標準で炭火焼きである。
そして自分達で焼く。
そして片手には瓶ビール。
コップなんていらない。
ラッパ飲みでいいじゃないか!

焼kaoにはイロイロ思い出がある。
留学生仲間とよく食べに来たもんや。

臭豆腐を焼くのが大好きな子は、時間をかけてめーっちゃウマイ焼kaoを作ってた。
彼女が焼いてる臭豆腐は触ってはイケナイ。
臭豆腐奉行やから。

インテリ・スペイン人と食べに来た時は、彼は野菜に油を塗ろうとして、油をたらしすぎて、網のテーブルを炎上させていた。
やはり勉強だけできてもダメなのだ。

また、焼kao屋で出る炒面(ヤキソバ)はウマイ。
この店も例に漏れない。
焼肉をたっぷり食べて腹いっぱいでも、最後に追加注文してしまうウマさだ。

いっぱい食べても1人3~400円あればOKやろう。

昔は雲南大学の裏などにもたくさんあったが、今では無くなってしまって悲しいかぎりである。


お次の写真。
PDR_2824.jpg
散歩中に撮影したものだが、手前には古い建物が。
奥には改革開放の象徴のように高層ビルが建ち並ぶ。
俺はこういう古い建物も味があって好きやけど、いつ頃まで残るのだろうか…。
昆明では、古い建物は次々に破壊されていく。
「折」と書かれた建物は取り壊し予定だ。
「折」は中国語の発音は「chai」。
今、昆明のみならず、中国全土で「チャイ」の嵐が吹き荒れているのである。
でも、実際住んでる人からしたら、周りにキレイな建物がいっぱいできていってると、やっぱキレイな家に住みたいよなー。

PDR_2825.jpg
さぁ、これはさっきの写真の近くの店で撮影した。
ガチョウだかアヒルだか知らんが、店先にいっぱいつるしてある。
中国生活が長いと、別になんという事もないのだが、初めて見るとちょっとビビるかもしれない。
市場へ行くと、真っ二つにした牛とか犬とかが姿がわかる形で売られてたりする。
生きたニワトリを買って家でシメて殺して食べる人もいる。
日本人はウワーとか騒ぐんやけど、ちょっと待った。
日本人やって肉食うやん。
スーパーで買ったら何も感じへんけど、オレらもどっかで殺された肉食ってるんやから、同じやし。
こういうトコが今の日本人はヤワである。
きっとシメたばっかりのニワトリを調理したらウマイと思うで。

お次は昆明で超オススメの揚げ包子(肉まん)。
PDR_2828.jpg
鳥のダシ汁が入った肉まんを油で蒸すような揚げるような作り方で作られている。
めちゃウマイ。
ちなみにお店の外観。
PDR_2829.jpg
蓮花池という地名のあたりの線路ワキすぐにある。

PDR_2830.jpg
これはオヤツ王国・昆明のちょっとマイナーなオヤツ。
ジャガイモを調理器具のオタマにすくって、そのまま揚げる。
これに辛い粉を振りかけてもらうと、またウマイ。
振り掛けてもらう…というか、ほっとくと振りかけられてしまう。
辛いのがキライなら「不要la椒」と言わなければいけない。

お次は交通事故現場。
PDR_2834.jpg
中国ではよく交通事故を見かける。
中国で生活した人ならわかると思うが、あの運転で事故が起こらないワケが無いのだ。
写真ではすでに警察が来て取調べを行っている。
そして周りにはウザイほどのヤジ馬。
中国では暇でブラブラしている人が多い。
事故など起こそうもんなら、ヤジ馬の餌食になるのは明白である。
良く言えば好奇心旺盛!

とりあえず、今回の昆明はそんなトコだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。