野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP2日記011_雪獅子二重の咆哮
2011年09月09日 (金) 13:00 | 編集
またまた因縁のクエストにやって参りましたー!

ドドブランゴ2頭クエです。

これは、このブログの最初にも書いたんですが、最初のMHP2プレイ時のお話し。
ドドブランゴ2頭クエで大いに詰まった当時の私ですが、頑張りに頑張って50分タイムアップすれすれまで激しい攻防を続け、舞台は足を引きずったドドブラを追って、雪山の巣穴。
残り時間わずかのため、決死の特攻を試みるも、敢えなく時間切れ。
しかし、時間切れ間際に放った最後の一発が当たって、壮絶に倒れるドドブランゴ…
え?え?え?
倒せたの??
倒せなかったの???

…倒せてませんでした…

という、因縁のクエスト。

あの時はマジで悔しかった!
狙ってできるもんじゃないよね、そんなドラマチックな最後…


ていうか、このブログは、こんな昔の懐かしい思い出を語る場になりつつあるのですが、まぁ、どうしても懐かしいからそうなってしまいます!

今回は、その時のリベンジを兼ねて、先に防具を揃えずに、下位防具のまんまでドドブランゴを2頭討伐してやろうという訳です。
でも負けたらギザミS先に作ってこよっかなー!!

さぁ、そして、開戦です。
早々にドドブラに遭遇して戦います。
さすがに1対1なら、下位防具でも、ドドブラごときにはおくれを取りません。
ランスでお猿系を相手にするときは、徹底してインファイトに持ち込むしかありません。
以前にも書いたバックステップで行きたい方向の反対を向いて移動する方法ができるようになったら、お次は、体をたおしてドッシン!と地面を揺らすやつを、ステップで回避しましょう。
これは、耐震があれば問題ないのですが、難関クエストで出てくるラージャンを見据えて練習しといて損はありません。
回避性能も無くてもできるようにしておけば、そういったクエストで、防御系スキルを外しても戦えるようになります。
が、最初は回避性能+1あたりを着けて練習するのがいいかもしれません。
これは、お猿系に限った事ではありませんが、実際に目に見えてるのと、当たり判定は違うという事を覚えておくと、シリーズ全般を通して約にたつでしょう。
ナルガの尻尾降りなんかも、もう当たってるやん!?と、思ってから回避するぐらいで、スキルが無くても楽々避けられるようになります。
脱線ついでに書くと、ナルガを早く倒すには、この尻尾振り避けをナルガの頭向きに行うのが近接武器全てで基本となります。
これができれば、2Gでの村モンスターハンターや、武神闘宴をソロクリアも近づけるというものです。
それらのクエストやと、有効なアイテムは他の手強いモンスターに使いたいから、ナルガ当たりは、何も無しで勝ちたいですもんね、素早く。


さて。
今回のドドブランゴ。
開始5分ちょいで、キャンプに凱旋です。

…。

はい。
1アウトです。

偉そうな事を書いときながら、これです!
いやー。
下位装備でドドブランゴ2頭はキツかった!
仕方ない、仕方ない!

言い訳と、立ち直りの速さもモンハンでは必要なのでした。

さぁ!
まだ後一回死ねる!
行くぞー!

5分後…


再びキャンプにアイルーの荷車で帰還!!


なんでー!!??


何かドドブラ2頭、ラブラブなんですけど!!
どこまでも添い遂げるかのようにコンビプレー。
痺れをきらして、2頭同時のところをビット&エリアチェンジでダメージ稼ごうとして、サクっと狩られてきました!!!


うーん!

初回の時もこんな感じやったのかもしれません!
全く成長ナッシングぷりを発揮してます!

モンハンでは、我慢もハンターに求められるのです。

でも、こちとら、通勤ハンター。
電車に乗ってる30分ちょいで終われないと、仕事が手につかないのです!!

こんな時用に持ち込んだ肥やし玉も、空中に拡散するだけで、役に立ってくれません。
いつからモンスター単体に当てれるようになったんやっけ???

さて。
野球は2死から、モンハンも2死から!!
ハンター歴が長いと、自然と状況に応じて、各モンスターとの闘い方がセレクトできるものです。
あと一発入れてもなんとかなりそうやけど、早めに回避するとか、ギャンブル要素を減らして闘うわけですね。
はい。

今回の最大のギャンブル要素は、ドドブラ2頭同時なので、これは完全に避けます。
とはいえ、なんかこやし玉も効いてないっぽいので、そこは、別の方法で分断します。
多少運も必要ですが、2頭が揃っているエリアに入って、1頭だけ気づかせて、すぐに逃げます。
すると、2頭で状態が変わるので、動きも変わって、シンクロしてたエリア移動もズレるというわけです。
そして、今回は自マキついてない装備なので、ドドブラが来そうな雪山の上の残り2エリアを出たり入ったりして、未発見だったもう一頭のエリアチェンジを待ってから、先ほど発見させた方がいるエリアに行きます。
発見させた方に行かないと、いずれ警戒をといた1頭が元の行動に戻り、再合流される危険が高いので、お気をつけを!!

そんなこんなで、1頭になってしまえば、下位装備とはいえ、ドドブラには負けません。
ほどなく巣穴に戻った一頭目を討伐。
残り1頭もザクッと突きまくって完了です。

リベンジ完了!

しかし、モンハンはやっぱり追い込まれてからが面白いですね。
神経が研ぎ澄まされるというか、なんというか。
なかなか普段の生活では味わえない経験ができます。

さて。
んじゃ、ドドブラに下位装備でリベンジも達成したので、ギザミS装備でも作りに行くとしますか!

では、また次回!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。