野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP2日記019_塔の金さん銀さん
2011年09月17日 (土) 12:43 | 編集
はい。
いよいよ終盤戦です。

残すとこ、集会所は金、銀、シェン、アカム。
村は、ラージャン2頭。

いやー。
この嫌がらせ的な100匹狩りとか、全モンスター2匹づつ討伐とか、面倒やったなー!!!

でも、達成できてしまえば、それもイイ思い出になるから、モンハンは不思議です。

さて。
まずは塔の銀レウスから。
この銀レウスには特別な思い出があります。
初回のMHP2プレイ当時。
すっかり大剣に魅せられていた私は、何度も何度もこの銀レウスを狩りに塔へ登ったのでした。
それは、別に勝てなかったわけではなく、素材を集めていたわけでもありません。
ただひたすら、格好良くレウスを狩るために、何度もソロで戦ったのです。
大剣でダントツに格好イイ瞬間は?と、聞かれたら、私は即答します。
モンスターの狂暴な一撃を逃げるのではなく、溜めてカウンターを狙う時です。
当たればもちろん最高ですし、相討ちでも充分なんですか、もう、溜めてるだけでカッコイイ!!
俺は逃げないぞ!!
その姿勢だけで、もう既に格好イイ!

特にカッコイイのは、ティガの突進に溜めぎり。
たとえば、その溜めてる大剣のすぐ後ろに攻撃受けて寝転がってるガードできないガンナーさんとかいた日には、もう、失禁してもおかしくないレベルのかっちょ良さでしょう!!!


そして、かっちょ良さでは、ティガの突進に並んで格好イイのが、レウスの空中からの滑空攻撃に対する溜め斬りです。
これまた、涙ちょちょぎれる格好良さです。

村のレウスで、一度だけ溜め斬りで撃墜できた時がありますが、もう、シビレまくりました!!

はい。
そんな思いで深い銀レウスと戦ってきました。
塔に登るのは面倒くさいのですが、まぁ、今回は一度だけですし、懐かしさもあって、苦になりません。
2ndではヤマツカミもでてきてたなぁとか感慨にひたりつつ、屋上へ。
さっそく銀レウスと開戦です。
MHP1をやりなおした時にも戦っていますが、やっぱり銀レウスには塔頂上が似合います。
音楽もすごくいいですよね!
塔のレウス&レイアは。
なんか重厚な感じがして、ほどよく神々しい感じがして。
音楽も俺は2ndとかの音楽が好きやなぁ。

さて、で、しばらくはアイテム無しで闘った後、サクっと閃光玉も使って勝ちました。
やっぱりアイテムつかったら、ちゃんと効果のでる2ndGまではいいです。

お次は金レイア。
またまた塔に登ります。
何か、この、ターゲットに会うために塔を登るという儀式も、今にして思えば、なかなかイイ雰囲気を醸し出しています。
銀レウスも金レイアも、特別なモンスターなんだよ、という雰囲気が出ています。
100匹狩らないと出てこない。
出てきても、あっちから来るんではなく、こちらが出向かないといけない。
そして、独特のBGM。
2nd、2ndGには、ゲームを越えた思想というか、世界観というか、何かがいろんな所に息づいている気がします。

そして、レウスと同じく塔の頂上でハンターを待ち構える金レイア。
こいつにも思い出があります。
ネットの仲の良い狩り仲間さんと、もう一人、たまたま一緒に行く事になった新米ハンターさん。
新米君が大剣を練習中というので、立ち回りを教えてあげて、と、狩り仲間に言われて、レイアに溜めを当てれるタイミングをフルコースで見本見せてあげたなぁ。
あの新米君は、それっきり会う事もなかったけど、3rdまで続けたんやろうか??
モンハンって、なんか、いろんなレベルの人が、いろんな役割を担えるというか、体育会系の、先輩後輩みたいな役割が演じられるのも魅力やよねー。
経験者が初心者に狩りのイロハを教えてあげたり。
それは、実社会での上下とは全く別次元であって、たとえば、上司だろうが、モンハンしてるときは、新米ハンターとしてビシビシしごいてみたり…。

さて。
そして、金レイア。
こいつも、なかなか手強いんではあるものの、立ち回りは知り尽くしていると言っても過言ではありません。
空中にやたら飛び上がるレウスよりも、地上戦をしかけてくるレイアのほうが闘いやすい気がします。
注意すべきはサマーソルトですが、それも、そうそう喰らうようなタイミングで攻撃しなければ、危険な事もありません。
20分針ぐらいで討伐。

さて、続くシェンガオレンも、特別なモンスター…

あれ?
そんな事もないか。
美味しくなさそうな蟹ってぐらいの印象かな!
でも、ラオとならんで、モンハンで闘う巨大モンスターの一角で、ガンナー超有利な、ハンターをガンナーに誘う重要な役割を担う一匹でもあります。
やっぱり、2ndはモンスターのキャラがたっていますよね。
そういや、2ndの初回プレー時のお気に入り武器のガオレンズホオビーは、この蟹さんの素材で作る武器で、溜めると赤く刀身が変色していく、カッコイイ武器でした。

とりあえず、上位も終盤のシェンガオレンということもあり、一応爆弾も持参で挑みましたが、特に危うい事もなく撃退。
倒しきれはしなかったものの、何発ぐらい足を攻撃したら怯むかを最初の1~2回目くらいで感触をつかんで、怯む前に攻撃をやめ、砦を攻撃しに来たところを爆弾、足りなければ攻撃で怯ませるオーソドックスな方法さえ知ってれば、ブラックテンペストぐらいの攻撃力あれば問題なく撃退できます。


さて、お次はアカム。
こいつは、日記一回分使うかなーと、思ってたのですが、あっさり討伐できてしもて、拍子抜けしたので、今回まとめて書いてしまいました。
龍属性武器でもないので、念のため、手こずる事も考えて、いにしえの秘薬調合10セット分や大樽G2発分も持ってきてたのですが…
闘っていると、不意にアカムが死んでしまった。
え?
何で??
って感じです。
残り時間を見ると、28:10…
回復G使用数、わずかに3…

ええー!??
アカム、こんなに弱かったのー???
確かに、ランスはアカムとの相性バツグンではありますが…

やっぱり、初回プレイ時になかなか倒せなかったのは、闘い方が未熟やったからなんやね…

うーん。
そうかー!
今回MHP1からやり直してみて、以外にそれほど難しくはなかったんやー、と思う事は珍しくはない。
しかし、アカムはもっと手こずると思ったんやけどなぁ…
そうかぁ…
ちょっと嬉しいような悲しいような…

ま、クリアできればOKか!

さぁ!
いよいよ、残すは村のラスト!
最後の招待状を残すのみやー!
行くぞー!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。