野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西へ・昆明
2005年04月07日 (木) 23:59 | 編集
map50407.png
2005年4月7日。
S原さんを見送り、昆明にいる必要が無くなったオレは、新たな旅へ出発する事にした。
目的地は西だ。
とくにゴチャゴチャ予定はたてていない。
西といえば、最終目的地はただ一つ。
中国の西の果て。
カシュガルである。

とりあえず四川省西部を目指すため、嫌な思い出でいっぱいの香格里拉へ向かう。
昆明からなら夜行バスで1晩ちょいだ。
火車駅と西駅とチケットを両方見比べるが値段も同じなので西駅で購入。
146元。
他、パン、くつ下、瓜子などを購入する。
ネットカフェで時間つぶしてると、ベトナム人留学生のC玲が1人で晩メシを食うと言ってるんで、一緒に晩メシを食いに行く。
メシが出てくるのが遅く、気がつくとPM7:15。
バスの出発はPM7:30。
まぁ、中国のバスやから、すぐには出んやろと思ったが、タクる。
8元。
1メーター100円である。
水1元。
バスに飛び乗ると、PM7:30、定刻通り出発。
どうも、最近のバスは時間にキッチリしすぎてイカン。
あれ?
日本人的にはありえない発言???
まぁ…、もう日本人離れしてきてる事は、このブログを見てもらってればお分かりだろう。

C玲が携帯電話の短信で話そうって言ってたのに、バスに乗り込むとすぐ深い眠りについてしまう。
どうにも。
バスの揺れが気持ち良すぎる。
こんなトコでも日本人離れっぷりを披露している。
だが、中国で旅するなら、寝つきの良さは、非常ーーーーに大切な才能である。
この点において、オレはかなり天才的な才能を持っているかもしれない。

さぁ。
今回の旅はどーーーなる事やら。
今度こそ、今度こそ、カシュガルに!

…だが、今回の旅は、それどころでは無い歴史の大きな渦に巻き込まれてゆくニシノであった。
…というのは、ちと大げさや。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。