野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP2G日記026_MHP2Gまとめ
2011年10月17日 (月) 12:48 | 編集
はい。
それでは、MHP2Gのまとめを書いてみましょう。

いやー。
素晴らしい出来ですよね、MHP2G!
なんといっても、そのボリューム。
これ一本あれば、普通のペースで遊んでて、一年くらいは余裕で遊べそうです!
奥の深さは尋常じゃないです。
スタッフロールを見たらクリアかというと、そうではなく。
集会所のウカムを倒したら終わりかというとそうではなく。
村の最終モンスターハンターをクリアしたら終わりかというとそうではなく。
全部の武器を集めたら終了かというと、そうではなく。

一つの武器でも、驚くほどプレイヤーができる動きがプレイヤースキルの上昇に従って変わってくる。
そして、プレイの目的も、正しく無限大!
別に武器を練習して上手くなることも、絶対通らないといけない道でもない。
大勢でアホな事やりながら、ワイワイ楽しむのだって、立派な遊び方。
そして、強くなりたい、上手くなりたいと思ったら、本当に際限なくやれることはある。
そして、モンスターと戦うだけではなく、トレジャーハンターでお宝探しに明け暮れてもいい。
訓練所でタイムを縮める闘いを目指してもいい。
一つの武器をある程度使えるようになるのでも、かなりの時間を遊べるけど、更にモンスターに合わせて有利な武器を使いこなそうと思ったら、全部で11種類もある武器それぞれで、本当に11種類のゲームが入ってるかのごとく遊べる。

ホンマにどこまで遊びを詰め込んであるのか??
という感じです。

さぁ、では、勝手に恒例としてます項目別評価に行ってみましょう。

■モンスター
モンスターは、これまでのモンスターを全て詰め込んだ、正に集大成的なボリューム。
亜種も含めると、いったい何種類になるんやろか??
亜種にしても、色が違うだけではなく、行動のパターンが違うしね。
村上位や集会所G級では、MHP2Gで追加になった新攻撃をしてきたり。
本当にすごいボリュームです。
ただし…
やはり、その大半が1や2から引き続き登場するモンスターやから、さすがに飽きは…くるかな…
MHP3で一部を除いてリストラされてしまったのも、まぁ、無理もないのか…な??
うーん。
でも、蟹さんや猿さんなど、リストラするには惜しすぎるモンスターもたくさんいたよなー。
それも、MHP3G(?)への布石なんやろか??
MHP3Gではリストラされてたモンスターが総登場、てなことになったら、間違いなく皆さん買っちゃいますよねー!!!

…商売上手なカプコン…

■グラフィック
グラフィック的には、MHP2と大して変わらない。
というか、MHP2からのモンスターは全く同じかな?
でも、十分すぎると思うけどなぁ。
これで。
MHP3では、MHP2Gよりも、モンスターの動きがヌメヌメ動く感じやよね。
かなりモーションを細かく増やしてるみたいに見える。
でも、まぁ、MHP2Gレベルでも全然いいと思うなぁ。
MHPシリーズ以外のゲームと比較すると、明らかに一歩も二歩も抜きでてるよなぁ、モンハンは。
普通はあそこまでモーション凝らへんで。
ロボット系なら、角々した動きでええんやろうけど、生き物として出てくるモンスターでは、そうは行かんもんなぁ。
他のゲームでは、ゴッドイーターが一番モンスターハンターに近づこうと努力してるみたいやけど、なかなか、あそこまでは難しい感じやなぁ。

■武器
武器はMHP2を引き継いで、しっかりとした安定感のある作り。
やっぱり、どの武器もシンプルで、落ち着くなぁ。
それでいて、アンバランスな有利不利が適度にあって、いろんな武器をいろんなモンスターに合わせる楽しみがあるなぁ。
特定のモンスターにハメをするために一からその武器を練習したりしてね。
まぁ、主にガンナー系でハメができるかな。
テオの岩ハメで大宝玉狙ったりね。
それはそれで、モンハンの楽しみの一つやし、それもプレイヤーの知識として、熟練者から初心者に伝える経験談としていい味になってたしね。

■防具
防具は、G級で、一度に発動できるスキルが増えたり、ウカム討伐後に、上位装備の防御力がG級並みに上げれるようになったりで、ものすごく幅が広かった。
いろんなスキルを組み合わせて楽しむ事もできたなぁ。
また、スキルと外見を両立させるために、いろいろ工夫したりね。
やっぱり、外見は大事やから、それがいろいろ組合わせられる2Gは素晴らしい。
MHP3は、3Gへの布石なのか、今一種類も少な目やしなぁ。

■アイルー
今や当たり前となった感じのある、ソロプレイ時の仲間、オトモアイルーが登場するのはMHP2Gから。
とはいえ、3のように武器や防具をいろいろ変えれる訳ではないが、それでも、孤独なハンターに付き添ってくれる恩恵はありがたい。
私なんかは、甥っ子を始めとして、姉貴や嫁さんなど、まわりに付き合ってくれるハンターが結構いたし、X linkkaiというネットプレーでアホというぐらい協力プレーもしたので、協力プレーの楽しさも十分満喫したけど、そういう環境が無いハンターさんには、まさに初の協力者やったやろから、その有り難さは計り知れなかったやろなー。
まぁ、モンハンやってる時点でほとんどの人が協力プレーしてたんやろけども。

でもまぁ、有難い、カワイイ存在です。
オトモアイルー。
たまに、いや、結構邪魔な時もあるけども。
アイルーに簡単な指示でも出せればええねんけどなぁ。

■農場&アイテム
MHP2から2Gで、最も劇的に良くなったのは、ここいらかもしれません。
アイテムボックスの容量もそこそこ増えたし、落とし穴やシビレ罠などが1個で1枠を占める事が無くなったのはデカイ。
更にボックス内調合もここから。
○ボタン押しっぱなしで連続高速調合できるようになったのも大きいなぁ。
これは、MHP2から続けてるハンターは、かなり気づいてなかったんじゃないのかな??
私はだいぶやりこんだ後で気づきました!!
農場もアイテムいっぱいで採取して溢れたらアイテムボックスに送ってくれるようになって有難い。
でも、所持数MAX持ってるアイテムを採取すると捨ててしまったり、怪力の種を農場で使うと、アイテムボックスからではなく、所持アイテムから使ったり、まだ若干アラも見えるかな。
まぁ、細かいけれど。
農場が面倒くさいというのは必要な事かな?
コツコツやると報われる、という要素やからね、農場は。

■難易度
難易度は、シリーズ一の調整かな。
そのボリュームからできた事ではあるけど、村下位、村上位、集会所下位、集会所上位、集会所G級と5段階もあることから、初心者から上級者まで楽しめる難易度調整。
そして、村モンスターハンター、イベクエ武神闘宴と、ソロでのやりごたえあるクエストも、ミラ系や古龍などの要素もあり、かなりいろいろ楽しめる。

■フィールド
フィールドはMHP2、MHP1と変わらない。
変わらないものの!
1と2のマップが総出演なので、ものすごい量のマップ。
MHP3ほど無駄に嫌らしいエリアの繋がりになってないのはいいところ。
ただし!
フィールドのエリア端っこで視点が変になる所は未修正。
これはこれで、熟練ハンターは視点を上下させて、ある程度克服してたし、エリア側では特別なケースを除いて戦わないようにするなどの戦いの知恵にはなっていたけど…、やっぱり視点が変にならないMHP3の方がいいよね。

■ロード時間
ロード時間は短い!
メディアインストールが超便利。
さらにはダウンロード版もあるし。
MHP2やと、クエスト始まる前にKaiでしばしチャットする時間があったが、MHP2Gではすぐ始まってたね。

■総評
総評は、かなり高い。
MHP3がある今でも、充分オススメできる出来。
モンスターも、そこまで酷い動きをしなかったり、各武器のバランスも均一ではないというバランスがちょうどいい。
ハンマーとか、ヘビィボウガンは、素であれだけのパワーがあるかわりに、立ち回りが難しかったりする。
それでこそ個性的な武器って感じやなぁ。
何度か書いてるけど、ヘビィなんて、最初から武器庫に入ってるボウガンの攻撃力をアップさせるだけで村下位のシェンガオレンを撃退でもすごいのに、討伐でけてしまうんですから!!

いきなりヘビィボウガンで始めるプレーヤーは、恐らくいないから、上達したハンターへのご褒美として、ハンマーもヘビィも存在価値があったと思う。

まぁ、そんなこんなで、足早に駆け抜けてしまったMHP2Gですが、もともと、MHP3の不満点を見付けるためにやり始めた、このMHP1からのやり直しの旅。
その大きな転換地点となりました。
どちらかというと、昔は良かった、という点を洗い出すために始めたようなものでしたが、だんだんモンハンを楽しむためにはMHP3に何が足りないのか?と言うことを考え出したのでした。
既に一度、ランスソロでクリアしているMHP2Gやったので、時間さえあればクリアできるのは分かっていました。
そこで、防具の防御力を強化しないという縛りを儲けたところ、めーーーっちゃめちゃ楽しめました!
何気なく、多少攻撃くらっても大丈夫な防具に身をつつんで、ダラダラと狩っても、モンスターとの闘いは面白いわけない。
弱い防具で挑めば、たかが一発でかなりのダメージを受ける。
それでこそ、敵との闘いの緊迫感も高まるというものです。
少々喰らってもビクともしない防御力での狩りと、一発で危険なダメージを受ける狩り。
そこには、立ち回りの違いが大きくでてきます。
そのハードな環境での戦いの中に、プレイヤーの成長がある。
モンハンの魅力の大元には、ハンターが成長できる、というのがあると思います。
上級者になればなるほど、何も成長しなくても敵に勝ててしまうので、そうなると、戦っていても面白くない。
で、成長するためには、ハードな環境に身を置くしかないのです。

…別にマゾじゃないけどね!

さぁ、そんなわけで、すっかり次のMHP3に向かう姿勢が変わってきました!

なんかすげぇ楽しみになってきた。

貧弱装備、万歳!!
MHP3では、より貧弱な装備で挑もう!!!

では!
次回からはいよいよ、MHP3編となります。
待ってろよー、アマツ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。