野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP3日記004_対ジンオウガ
2011年10月21日 (金) 12:13 | 編集
はい。
やってきました、ジンオウガ。
このモンスターだけは、いろいろ不満の多いMHP3モンスターの中でも、もう最大級の1000点をあげてもええぐらいに素晴らしいモンスターやと思う私です。
最初に会った時はシビレたなぁー!
めちゃめちゃ格好いいですもんね。
なんか風格は外人さんが着物着て侍になったような佇まい。
そして、体操選手のような身のこなしからのソバットや回転空中ひねり?みたいなヤツとか。
獲物を逃がさないダッシュ力とか、戦いの最中に悠然とノッシノッシと歩き出すふてぶてしさ。
彼は間違いなく、これまでのティガ、ナルガに続いてモンハンの看板を背負うに相応しい資質と風格を兼ね備えていると、体で感じたものでした。
あの時はキークエがどうとか、何もかも忘れて、初めて出会ったジンオウガと何度も何度も戦ったなぁ。
もちろん、全て撃退したんやけどね。
なかなか、楽しい時間を過ごせたなぁ。


そして。

あれから、長い時間を経て、今、再び対面するジンオウガ。

今の私は、レザー装備一式という貧弱装備です。

さぁて。
一狩り行きますか!

もしくは、狩られるか!?

今思い出した。
X Link Kaiに繋いで、毎晩のようにMHP2で夢中になって狩りをしてたころ。
MHP2では、クエスト開始までにかなり待ち時間があってチャットできたんですが、それぞれが狩るぞー、と、期待に胸を膨らませる中、私の口癖は今書いた『もしくは、狩られるか』だったのです。
狩れるのか、狩られるのか?
やっぱり、モンハンには負けるんじゃないのか?という緊張感がないと楽しくないです。
でも、モンハンを好きで、やればやるほど、上達すればするほど、その感覚からは遠ざかってしまいます。
だから今こそ!
貧弱装備を武器屋で買って出掛けよう!!

はい。
そんなこんなを書いてるうちに、目の前には最後の雷光を放ってジンオウガは力尽きました。

二回も殺されて、ひぃこら言いながら、回復Gをがぶ飲みしながら、討伐です。
きっと、私の分身であるハンターは泥だらけになってた事でしょう。
でもでも。
モンハンをはじめたあの頃も。
今と同じように、泥だらけになりながら戦っていたはずです。
泣きべそかきながら、大逃げするドスゲネポスを追いかけまわし、イャンクックの大きさにビビり、レウスなんてこのモンハン世界を統べる神様やと恐れ崇めていたあの頃。


村のジンオウガを倒した後に流れるムービーを見ながら、ひとり何かを噛み締めておりました。

が、、、

スタッフロールになったので、これは長いからセレクトでカット!
ごめん、カプコン!


ていうか、なんか今回は最終回みたいな文章になったけども、まだまだ村のジンオウガやー!
まだまだ狩るでー!

一狩り行こうぜ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。