野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP3日記009_小さなマ王様
2011年10月27日 (木) 12:15 | 編集
さて。
集会所上位にたどり着きました。
さぁー!!
久しぶりの防具新調です!
新しい武器や防具を作るのは楽しいですねー!
しかも今回は、かなり防御力が切なくなってきた無強化レザー装備を新調するのですから、楽しくないわけがない!
とはいえ、作りたい防具はスティールS一式。
必要なのはグラシスメタルくらいです。
さっそく上位の凍土行くぞー!

イベクエの小さいウルクススが出てくるクエストを受注します。
いやー、いきなり凍土行けていいね!
まぁ、石集めて即帰ってもいいけど、せっかくやし、ウサギちゃんでも狩ってみるかなー。
お肉、砥石、回復セットも持っていきます。

ルンルン気分で凍土をめぐり、ウサギちゃんを探します。
お!
いたいた!
ちっちぇーーー!
小さいウルクススは全くもって本当のウサギにしか見えませんねー!

戦闘開始!
小さいウルクススは、回転攻撃も範囲めちゃ狭いし、攻撃なんて喰らわない、喰らわない。
順調にダメージを与えていきます。
小さいからこちらの攻撃も当てにくいかというと、そんな事もありません。
さすがにMHP1からランス使い続けていますし、微調整しつつ、的確に攻撃していきます。

しかし、さすがは上位のモンスターだけあって、そうそうは倒れてくれません。
ちょっと単調な攻防に飽きてきて、砥石でも使うかっと、ランスを納刀しようとした瞬間。
ヤツが雪をほじくってるのが目に入りました。
あら、こりゃ喰らったなー、、、と思いつつも、そのカワイイ容姿から、大したダメージも受けるとは思っていませんでした。

が!!!

『力尽きました』

ええええーーー!!???

そ、そ、そ、

そうなの???

ちと、雑魚にちょっかいかけられて体力削られてたとは言え、、、

そ、そうなの?

ウサギさん??

呆然自失のまま、猫に放り投げられキャンプへ。

唖然となりつつも、こんがり肉を食べてスタミナアップ。
砥石も使って切れ味回復させます。
そして、ウサギさんの待つエリアに向かいます。
キャンプのエリアはホットドリンクがいらないので、キャンプから出るギリギリで飲もうと思っていたら、飲む前にエリアチェンジしてしまいました。
ローディング画面で□ボタンを連打します。
エリアチェンジすると同時にゴキュゴキュとホットドリンクを飲む私。
すると、同じくエリアチェンジしてきたウサギちゃんが、事もあろうに、またしても雪だるま投げの体制に入るではありませんか!!?
うわーーー!
やめろ、やめろーー!!!

叫んでも、時既に遅し!!
復活直後に雪だるま直撃くらって、またしても、キャンプ送りになる私。

………。

もはや、怒りを通り越して、恐怖しました!

何、あのウサギちゃん!?


しばし、キャンプで佇んだものの、こうしていても始まりません。

気をとりなおして、三度、ウサギ狩りに出掛けました。
今回は、ビビりつつも慎重に立ち回ったものの…
横飛び退きで尻餅つかされて、そこから飛び付き引っ掻きみたいなのを喰らってしまい、見事三死。

マジで怖いー!!!
一発で死ぬとなると、ホンマに別のゲームやわ!

まぁ…
グラシスメタルさえ手に入れば目的は達成ではあるねんけどもね…

いつもなら、くそー!
リベンジー!!
と、なるのですが…

なりませんでした…

最近モンハンやってて、最も恐怖した相手でした。
ちびウルクスス…

敬意と畏怖の念を込めて、『小マ王』の称号を贈らせてもらおう。


その後は、何度か小マ王様のクエストを受注して、めでたく必要分のグラシスメタルを集めて、スティールSを揃えましたとさ!

もちろん、小マ王様に出会ったら、一目散に逃げます!!
だって、怖いんですもの!

アラフォーおやじハンターの胸に、小マ王様の残した爪痕はデカかったようです。
トラウマ!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。