野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Let’s突撃・重慶
2005年04月17日 (日) 23:59 | 編集
map50417.png
2005年4月17日

AM11:00前までたーっぷり、くつろぐ。
さすがに前の晩あんま寝てないと、ぐっすり眠れる。

タマゴの餅みたいなの2コ、快餐(ぶっ掛け飯)5元。
腹は満たされる。


さてと。
本日昼から電車2泊3日ツアーだ。
物資を買わなければ。

水×2
クッキー×1
タバコ×1
ヒマワリの種(大)×1
落花生×1
パン×1
合計16.3元。
日本円で200円ちょっとか。

買い物を終え、駅でボーっと休憩。
タバコを吸う。

と、オレが吸うのを待っていたかのように、ツカツカツカと忍び寄る人影が。
「ここはタバコ吸うダメアル。罰金払うヨロシ。」
…え?

確かに禁煙マークが出ている。
だが。
中国では「本」禁煙マークと、「ハッタリ」禁煙マークの2種類ある。
この禁煙マークを見分けるのは現地人以外にはなかなか難しい。
別にマークが2種類あるのではない。
慣例的に禁煙マークがついてても吸って良い場所とイカン場所が決まっている。
たとえば、あるバスなど、運転席の真上にデカデカと「禁煙」マークをつけときながら、そのすぐ下で運転手自身がプッカーとやっているではないか。

…ハァ…。
真倒mei(マジついてねぇ~)…。

ニコやかに自分のつけている「タバコ禁止管理人」みたいな身分証をつきつけるそいつに10元払う。
不幸中の幸いは10元ポッキリの罰金やった事である。

タバコに火付ける前に注意してくれりゃえーやんけ。
…まぁ、それは無理な注文か。
ムコウも罰金の何割かはフトコロに入れてるんやろし。
もしかしたら、全部ニセモンで、オレからせしめた10元でウマイ昼飯でも食いに行くのかもしれない。


とりあえず、タバコを吸う時は周りを見渡すのがイイ。

さて。
そうこうする間にそろそろ出発の時間や。


中国で電車の旅をするなら、遅くとも30~40分前には駅に入っといた方がイイ。
30分前やとすでに門が開いてごった返しているかもしれない。
そして門が開いて検票(改札を通る事)が始まる前に、前の方に並んどくのがオススメだ。
中国で硬座に座るなら、必ず押し合いへし合いに参加しなければならない。
スタートは早い方が良い。
検票の門の前のイスに座ってるヤツらは並んでるウチには入らないので、ヤツらが座ってる間に前の方に並ぶのが正解だ。

そして検票をしに駅員が来ると、皆いっせいに立って並びだす。
検票…といってもチケットを駅員が見て改札を通ったしるしの穴を開けるだけだが、それが終わると駅のホームへ歩く。
中国の駅はプラットホームがいっぱいある事が多いので、自分のホームは何番なのかを電光掲示板やアナウンスで確認しておく。

検票を終えた人の半分ぐらいがホームに走っていく。
この国では競争が当たり前だ。
日本人はそれを見て「まぁ、お下品ね。そんなに急がなくても…。」などと言う人が多いが、それではダメだ。
郷に入りては郷に従え。
走れ、走れ!
まぁ、オレはたまにしか走らんけど。
「無座(座席なし)」の場合は走っとけ。
リアル椅子取りゲームだ。
押しのけてでも先に車両に乗り込むのだ。
ま、今回は一応座席があるので、そんなには慌てない。


ホームに到着すると、始発駅でない限り、電車はまだ来てないだろう。
一応自分の車両あたりで待つわけだが、皆はっきりは車両の位置をわかっていない。
この時、だいたい並んで待つが、車両が到着すると、修羅場に変わる。
まず皆自分の座席のある車両に走る。
そして、乗り込み口に人民殺到。
我先にと、超デカイ荷物を抱えて突っ込んでくる。
負けるな。
あんなデカイ荷物抱えたヤツを先に行かしたら、自分の荷物を置く場所がねーかもしれんではないか。
押しのけんでもイイけど、自分の順番は死守せよ。
トロイ日本人とか入ってると、前に割り込ませ放題割り込ませて、そいつの後ろに並んでる人達まで道連れになる。
「争い事は好きじゃない。」
結構な心がけである。
んじゃ、そういう人は、列の外で全員乗り込むまでボケーっとしといてくれと言いたい。
列に並ぶなら並ぶで最低限の仕事(割り込ませない)をしなければいかん。
後ろに並ぶ大勢のチームメイトのために。
…いつからチームメイトなのかは知らないが。


車両に乗り込んだ後は、すばやく自分の席に向かう。
この時、中は人民が通路をふさぎまくっているだろう。
押しのける。
かわす。
突き飛ばす……まではせんでもえぇか。
まぁ、とにかく自分の席へ一直線。

もしも、チケットが「無座」で中が既に満員状態だった場合。
そん時は、すばやく連結部の落ち着ける場所に荷物を置いてスペース確保だ。
誰が来ても場所を譲ってはならない。
連結部ってのはタバコ吸えるスペースやから、考えようによっては、普通の席よりも快適に旅を楽しむ事ができる。
いち早く荷物を降ろし、その上に腰かけながら、プッカーっと一服しておきたい。


さて。
自分の座席に到着したら、座席上のネットになった荷物置き場にデカイ荷物を押し込め。
恐らく日本人なんかがマゴマゴしている間に歴戦の兵・人民はすでに自分の荷物を置きたい放題たなに置いている事だろう。
落ちない位置に、なるべく汚い荷物などがおかれて無い場所に、すばやく自分の荷物を詰め込め。

この時、トランクの上などに置くと、その荷物の持ち主が、「中つぶれやすいモンが入ってるから上に荷物置かんといてや。」とかイチャモンをつけてくる事がある。
その大半は、ただのハッタリだ。
その証拠に、最近では駅員が荷物を整理しに回ってくる事が多いが、上に荷物を置かれても平気な顔をしている。
とりあえず、他に置く場所があったら、そっちに置いておこう。

もう1つ注意。
荷棚がいっぱいなら、下に置いときゃえーやん…って?
却下である。
後で解説する(…かもしれない)が、中国の電車の、それも硬座の床を、電車の床と思う事なかれ!!!
床ではない。
ゴミ箱なのである。
こんなトコに荷物置いとくと、どんなエキスが付着するか知れたモンではない。
ヘタをすると数日間の硬座の旅で、新品のバッグが2~30年使い古した歴戦のバッグに浦島太郎してしまう事になるだろう。
そして、数時間に一回、駅員が大量のゴミをホウキで掃いてくる。
そん時一緒にゴミとして捨てられかねない。


荷物のスペースを確保したら、ちゃーんと自分の座席に座る。
座って一歩も動くな。
とりあえず列車が動いて、周りが落ち着くまでは。
列車に乗り込んですぐトイレに駆け込むなど、もっての他だ。
ここをどこだと思っているのか?と問い正したい。

どこって、電車の中でしょ?
…。
これだから日本人は。

違う。
ここは「戦場」なのである。

うかうかしてると全然知らないオヤジとかが、図々しくオレの席に座ってやがる。
なんて事になりかねない。
もちろん座席が自分のなら、キップ見せるなり、文句言えば、元通り自分の席になる。
たいがいは。
しかし、中には、とんでも無いヤツもいるのだ。
特に中国語に自信の無い人は、こんな事にならないように気をつけてもらいたい。

また、座席に座った後も、自分の荷物をちゃんと目で追うべきである。
後から乗ってきたヤツらが、好き勝手に荷物を動かして、気がつくと自分の荷物が遥か彼方に追いやられている可能性もある。
基本的に人民は好き勝手やる。
勝手に自分の荷物を遠くに押し込もーとするヤロウがいたら、的確にツッコめ!


以上、野良人、中国電車の旅・乗車・入門編でした。


ま、そんなワケで。
恐らく人生で1回きり(…であると願いたい…)の2泊3日電車座り旅、出発である。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
いやぁ、寅節炸裂な文章でしたね。

小心者ニホンジンの私は、ちと高くてもやはり硬臥で旅してました。

でも、競争しないといけない点は納得しながら読みました。

ほんとスゴイものがありますよね。
2005/10/03(月) 01:02 | URL | しーぐぅ #-[編集]
私の罰金経験
中国での罰金。
トルファンの公園の大きな噴水に
足をちょっとつっこんで冷たいかどうか調べていたら(この行為自体意味?なんだけど)罵声とともにそういう公安的なやつがやってきて、中国語わからないふりしていたら事務所までよばれ、結局20元払いました。300円程度ですが当時の私にとってはとほほでした。
2005/10/03(月) 18:09 | URL | やしず #7FLnJDfM[編集]
炸裂してましたか?
しーぐぅさん、ども!
いつも見に来てくれて、ありがとございマス!
いやー、なんだかんだ、このブログ開始当時からずーっと読み続けてくれて、コメント書き込んでくれて、多謝、多謝です。

その、しーぐぅさんが「炸裂」とおっしゃるなら、きっと「炸裂」しておったのでしょう。
寅節。
自分自身どんな節なのかわかっておりませんが、暴言のオンパレードですなー!

いやいや。
私も小心者ですよー。
でも小心者よりも小気鬼な要素が勝っているらしく、電車といえば硬座…な旅をしてました。

56時間とか乗って、なんだかんだ疲れはするモンの、そんな時ほど小気鬼ごころ(?)が満たされるのでありました。

でもそのうち中国も競争が減っていくんかなー?
都会っ子とか、あんまり競争しない人が多いですもんね。
2005/10/03(月) 23:05 | URL | 寅 #-[編集]
罰金
やしずさん。
「旅のちわわ」!
おもろい!

しかし、公園の噴水で罰金とは風流なお遊びをなさっておられますなー。
20元はデカイ。
走って逃げてみるぐらい試す価値のある金額ではありませんか!!!
なんか中国やと公安がピストルで撃ってきそうで怖いけど…。
20元と命。
どっちを取るか…。
難問である。
2005/10/03(月) 23:16 | URL | 寅 #-[編集]
これも値切った結果です
いやいや、もちろんはじめから20元ではないのですよ。。。なんだったかな、忘れたけどたぶん100元くらいから始まったような。。。
罰金ってねぎれますね。ていうか寮の部屋代も値切れたしね(笑)今は違うらしいが、、、。
2005/10/05(水) 02:51 | URL | やしず #7FLnJDfM[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。