野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソチ五輪
2014年02月26日 (水) 06:01 | 編集
はい。
今回は初めてですが、ソチオリンピックについて。

いやー、なんか、いろいろ面白かった。
冬のオリンピックって、あんま観るもん無いよなー…と思いつつも、なんだかんだで、深夜の放送を録画して観まくりました。

スノボも面白かったし、レジェンド葛西も同年代ということで、妙に嬉しかったり。

中でも、特に興味深かったのはフィギュアスケート。
フィギュアスケートは、嫁さんと二人とも好きで、オリンピック以外の大会もずっと見てるんですが、やっぱり真央ちゃんのフリーの演技。
素晴らしかったです。
オーバーでも何でもなく、見終わった時、少し涙がでてきました。

オリンピック、いや、スボーツは、えてして、順位を競うものですが、順位がどうかなんて越えた領域に到達した感じがありました。
何か他の選手には無いものがありました。

特にフィギュアスケートなんて、採点基準が変われば、順位も大きく変わるもの。
女子でトリプルアクセルを跳べるのは今は真央ちゃんだけらしいのですが、じゃあ、そのトリプルアクセルを決めた時の点数は何点が妥当か?
この辺は、観客よりも、実際に演技している選手の方が何万倍も感じている事でしょうが…。

単純にその1回のジャンプだけではなく、それを入れる事で、プログラム全体の難易度や、体力、精神的プレッシャー、などなど、大きく違ってくるらしい。
当然、1つ難しいジャンプがあるだけで、練習もその1つのジャンプに比重も高くなるやろうし。

更に真央ちゃんは、トリプルアクセルだけならず、8回も三回転を取り入れるというすごい構成。

更には前日のショートの、今まで見たことないくらいの失敗もあって、凄まじいくらいの試練の中での演技でした。
我々、ファンの期待も大きい事も、きっと大きなプレッシャーになっていたでしょう。

そして、フリーの演技を滑り終えて泣き出す真央ちゃんを見てると、背負っていたものが、いかに大きかったかが伝わってくるようでした。
フィギュア界では熟練者に入るかもしれませんが、まだたったの23歳。
ほんまにスゴいと思いました。

演技も、私みたいに素人には、回転が足りてる足りてないなんかは、全くもってわからないのですが、真央ちゃんのあのフリーに賭けたプライドというか、全てを出しきるためのひたむきさのようなモノはひしひしと伝わってきました。

あの演技は、人を本当に感動させる演技だったと思います。
金メダル取った選手の演技でも、私のような素人を感動させるような演技はできません。

私もイイ歳ではありますが、真央ちゃんの演技を観て、一つの事に打ち込む事の大切さ、素晴らしさを教えてもらったと思います。

ありがとう!
真央ちゃん!


しかし…、高橋選手や真央ちゃんが抜けてしまうと、ホンマにフィギュア界は寂しくなってしまうなぁ…。
お二人とも、演技が上手いだけではなく、生きざまというか、こだわりというか、とにかく輝いていた選手やから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。