野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MHP2GforiOSプレイ日記016
2014年05月29日 (木) 21:15 | 編集
iOS版MHP2G

さぁ、昨日の狩りはかなりの充実っぷりでした。
まずは、仕事帰りにティガをソロで狩りました。
G級ティガ、ソロで10戦目ですが、また天鱗が出た。
熱砂の虎ばかり連戦してますが、こんなに出たかなぁ、天鱗?
ていうか、PSPの時は、マガティガあったから、このイベクエは1~2回しかやってない。

まぁ、この戦いで、大王虎の最後の厚鱗でたので、もうティガはいいかなぁ…。

その後、G2のキークエを進めようと、G級だけ指定して入った部屋で、2人知らない人と一緒に狩りに行ったんですが、超サクサクとクリアしました。
中でも、ガルルガのハンマーにディア系の装備の方がめちゃうまくて、毎回さらりとスタン取ってくれて、速攻でクリアしていけました。

3つほどキークエをやった後、誰かがヤマツカミを受注。
私はまだキークエ残ってましたが、ヤマツカミのヘビィは作りたいので、参加。
手伝ってもらってるしね。
途中一人吸い込まれてお亡くなってましたが、危なげなく討伐。

帰ってきたら、再び誰かがクエスト張ってた。

こうなりゃキークエ置いておいて、お手伝いさしてもらいまっせー!
クエストを見ると、G3。
何かなぁ~っと、中を見ると…。

竜王の系譜…。

マジっすかー!?

闘技場の金銀同時??

しかし、こういう流れ、嫌いじゃない。
軽めのクエストをやってみて、『お?こいつら、なかなかやるやん?ホナ、このクエスト、行けるか~?』みたいな。

少しXLinkKaiで、見知らぬ人との狩りに夢中になってたPSPでのモンハン気分が戻ってきた。

まぁ、できればウカム後にやりたいクエストではありますが。
今までの3人+ナルガ笛使いさんが合流して4人で。
途中、お一人落ちられたようだが、皆さん、初めて会ったとは思えない連携プレイで、見事討伐です。
間違いなく、皆さんPSPで結構やり込んでたハンターさん達やね!

いやー、楽しかった!

次を受注する人いなかったので、キークエのドドブラ亜種を受注したのですが、5分後くらいに、3人一斉に離脱…。
しかたないので、ソロで続行して、25分くらいで捕獲しました。

皆さん、楽しい一時をありがとう!

さて、皆さんのおかげで、蟹2匹しかやってなかったG2キークエが、一気にヴォルガノスのみに。

ヴォルガノスさんは、せっかくなので、こないだ作ったナルガのヘビィで入り口ハメしてやりました。
防具は以前に寄生呼ばわりされた下位装備の貫通強化のみのやつです。
ま、一発も食らわないから余裕です。

さて。
いよいよG3への緊クエであるヤマツカミが私の集会場にも現れました。
この時点で夜中の1時でしたが、とりあえずオンラインで募集をかけてみた。

すると、一人の弓使いさんが現れ、『これ終わったら、自分のも一緒に行ってくれますか?』…と…。

貫通弓でビシビシと攻撃してもらえたら15分針くらいで終わるかなぁ~?っと、思ったのと、どのみちヤマツカミのヘビィ素材が欲しいから何度かやらなアカンかなぁ…と思ってたので、夜も遅いが、引き受けた。
さぁ、そしてヤマツカミ2連戦が始まるのだが…。

…なんだろう…。
この違和感…。
怯み具合とか、なんかソロで戦っているかのような感触。
ふと見ると、貫通弓ではなく連射の弓が飛んでいる。
そして、ヤマツカミから一番離れて射つもんだから、明らかに矢が垂れ垂れな感じで当たっている…。
そして、なんかいつもより多めに吸い込みをしかけてくるヤマツカミ。
そして、ほぼ毎回吸い込まれてボロ雑巾のように舞い落ちる弓使いさん…。
そして、地面に落ちる前に粉塵を飲んであげるわたくし…。
粉塵フルで13個持ち込んでおいて良かった…。

ふと…。
終盤も近づいたであろう30分過ぎ。
ネットワークトラブルで離脱しようか…とも思ったが…。

とりあえず、別エリアで引きこもってる訳でも無いし、手伝うと約束してしまったのは私なので、そのまま続行。
ほどなくして、討伐完了。
集会場に戻り、『だいぶ遅くなったから、また今度にします~』…。
…という言葉を期待したが…。

その代わりに、きちんと、彼の緊クエが張られた音が、2人しかいない集会場に鳴り響いた。

…。

その後、ふたたびありったけの粉塵を飲みつくそうかという頃に、2戦目のヤマツカミも完了~。

手を振って弓使いさんとお別れしました。

明日も仕事という水曜日の夜中。
時計は2時半に近づこうという頃、最後の力を振り絞り、武器屋を覗くと、ヤマツカミのヘビィの素材は、あと雷光ゼリーのみとなっていました…。

ゼリーは…、絶影のクエで…、大雷光虫の…無限沸きを…、狩ればいい…かな…。

薄れゆく意識の中、そんな事を考えながら眠りについた、40歳おやじハンターでした!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。