野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスラエルの旅人・カシュガル
2005年04月23日 (土) 23:59 | 編集
map50423.png
2005年4月23日

朝イチ、日の出頃(8時頃)、山を見に行く。
昨日夕方探し出した倒影スポットは湖面が凍っててダメやったけど、他に良いトコを見つけて写真撮りまくり。
なかなかイイのが撮れた…ハズ。

夜が明けてきた。




慕士塔格峰の反対を見ると、太陽が山の間から上がってくる。


そういや、朝日を見るなんて何年ぶりやろー。
オレが見てないだけで、毎朝こんな風に朝日は昇ってんねんなー。
おはよう!太陽!

傍ではロバが朝飯を食っている。



ついでに他の山の倒影された景色も。


宿に帰って一服して引き払う。
今日の朝メシ。

昨日車で買ったパンだ。
小麦粉多目らしく、すごく腹持ちがイイ。

湖の門。

カラクリ湖、カラクリ湖と書いていたが、漢字ではこう書くようだ。
「喀拉庫勒湖」

湖の門のあたりで車が通るのを待ってると、キルギス族の物売りが来てクズのようなガラス(慕士塔格峰で取ったと言ってた)を売りだした。
最初は高値で言っていたが、オレの小気鬼オーラを感じとったのか、結局2コ1元になったので、まぁ、ゴミではあるが、記念に購入。
本当にただのガラスの破片のようだ。

しばらく物売りのキルギスおやじと話ししてると車が来る。
ちょこっと交渉してカシュガルまで50元。
そんなモンなんやろか?
中に入ると、助手席に1人、ドデカイ西洋人男性。
後部座席はムサイおやじが既に3人座っている。
おい!
既に座るトコ無いやん…。
ここから後部座席は4人乗りとなる…。
行きの車と180度環境が違う。
助手席の西洋人は話はしてないが、オレと同じ宿に泊まっていた人だ。

途中、布侖口ってトコに小ぢんまりとした集落があり、タバコを5元。
助手席の西洋人もタバコを買いたいらしく、一緒に近くの人に聞いて売店へ。


彼はイスラエル人だそうだ。
そうや。
確かイスラエル語を1つ知ってた。
使ってみる。

「シャローム」(こんにちは)

通じた、通じた!
彼は学生で、休みをとって世界を回っているらしい。
結構イイ人。
ウッディというそうだ。
彼は中国語をしゃべれない。
仕方ないのでオレのつたない英語で会話。
ウッディはでかいので、目立つ。
チビッコ達が寄ってくる。
チビッコ達の帽子にかかれた文字を見て笑ってる。
「I Love N.Y.」だとかニューヨーク・ヤンキースのロゴ入りだ。
彼らは意味も知らずにかぶってるんやろなー、とウッディ。

再びカシュガルを目指し走り出す車。

こんな道をひた走る。

ギューギューだ。
普通の車の後部座席に大人の男4人乗りはキツい!
身動き一つできない。
そんな中助手席のウッディだけが快適そうにウォークマンとか聞きながら景色を楽しんでいる。

カシュガルが近づいたあたりで少し休憩。

ウッディと話す。
明日の大バザールの場所を知らないかと聞くと、車に戻り地図を持ってきて教えてくれる。
しかし地図は英語しか書かれていないので、よー分らん。
まだ中国の漢字だけの地図の方がオレにはイイ。

13時頃、色満賓館到着。
ウッディはここに泊まるらしいが、2人部屋の1ベッドで25元らしい。
やめた。
オレは他探すか、こないだの宿に泊まるよ。

町をブラつきながら、宿を探す。
1軒安くて、ちょっとエキゾチックな宿を見つけるが、日本人宿泊拒否。
別にオメーら泊めたくなきゃ泊まらねーよ、こんなボロ宿!
…。
…オレとした事がお下品な事を書いてしまった。
でも、ここんとこの日本人宿泊拒否連チャンで、いい加減イライラしてくる。

再び歩く。
冷たいジュース2.8元。
粉コーヒー11杯分11元。
市内での宿探しはヤメ、バスで火車駅へ。
駅でまず明日午後のトルファン行き硬座チケット購入、175元。
高いけどちょっと速いし、バザールを見た後すぐ移動できるし。
しかし、同じ硬座でもこうも違うモンか。
今回買ったのは通称、快車と呼ばれる快速。
ウルムチより近いトルファンまでで175元。
対して行きは通称、慢車と呼ばれる遅い普通電車。
ウルムチからカシュガルが78元だ。
時間的な問題が無ければ慢車のベッドに乗った方がよっぽど快適やろう。
その方が安そうである。

そして、こないだの宿へ。
30元。
カラクリ湖良かったでー、などと、しばし世間話。

一休みした後は再びバスで市内へ。
人民広場ってあたりで降りる。
ブラっとしてたらネットカフェがあったので入る。
日本語は打てないが表示はできる。
日本語をアルファベットでメールを返信しまくり。
皆、反日の影響を心配してくれてる。

ネットカフェを出ると、出たトコでウッディと再会。
一緒にブラブラする。

街は何もかもが珍しい。
人も、建物も、そして路上で売ってる屋台オヤツも。
焼肉屋台の前でウッディが、「おまえ、これ食べた事あるか?」と。
中国の他の地方で売ってるヤツとちょっと違う焼肉。
串もかなりデカイし金属製だ。
「これはシシカバブと言ってな、イスラエルでも良く食べるんやで。」と教えてくれる。
シシカバブ1元。
ウメー。
腸の焼き物も食べる、3元。
ビールが飲みたくなってくる。

他の屋台で羊肉ギョーザみたいなのを2コ1元。

楽器屋に立ち寄る。
独特の楽器がたくさん並べてある。
ウッディーが弦4本しかないギターみたいなのを弾き始める。
どこかイスラエルを思わせるメロディーだ。
…と、言っても、イスラエル行った事ないから、イスラエル人のウッディが弾くならきっとイスラエルっぽいんやろうと思ったまで。
なかなかウマイ。

その後一緒に寺見てから旧市外へ。

写真は一緒に見た寺。
寺は何やら、中国最大の清真寺(モスク)だそうだ。
「艾提gaer(エイティガール/Id Kah Mosque)」
という。
中東っぽい雰囲気がプンプンしている。

ウッディと一緒に寺前で記念撮影。

ウッディにモザイクは…いらんかな?
イスラエル人がこのブログを見る事も無いやろう。

市場になってて賑やかだ。
今度は揚げパンみたいなのを食う。
1コ0.5元。
屋台の軒下でウッディとお茶飲みつつ揚げパンを食べる。
時間を見るともうPM9:30だ。
そろそろこの辺の夕方だ。
ウッディと別れ、宿に向かう。
あ、ウッディのメールアドレスとか聞いとけば良かった。
ま、また縁があったら会うやろー。

帰り際1元アイス。
宿の近くでメシ。
またまたお気に入りの西紅柿鳥蛋拌面。
今日もウマイ。
タバコやらビールやら氷紅茶やら買いこんで宿に帰る。
今夜もビールがウマイ!
そして、飲んだら寝る。
今日もめーーーっちゃ気持ち良く眠りにつけた野良人であった。
コメント
この記事へのコメント
うっでぃさん
どうでもいいけど うっでぃさん、イラン人の芸人に似てるよね。平成観光のCMの人。
2005/10/10(月) 19:29 | URL | やしず #-[編集]
うっでぃ
毎度です。
平成観光CMのイラン人?
うーーーん。
わからん。
すっかりテレビ見ない人になってるし。

それはもしや名古屋限定CM?
結構名古屋限定CM多いもんなー。
「まぁ~1本、まぁ1本と!
 大概にせにゃイカンよ!
 かまくらさんもイカンわ!
 ウマ過ぎるモン!」
by山田まささんとか。

さぁ、今頃ウッディはどこで何をしてるんやろか???
きっとどっかで元気に旅してるに違いない。
結構、旅先で知り合った人が今、どこで、何してるか、って気にならん???

オレはもう旅終えて日本で生活してるけど、旅先で知り合った人はまだ旅続けてて、あん時と同じような時間を過ごしてるかもしれんもんな。

うーーーん。
羨ましい!
2005/10/10(月) 21:47 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。