野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万里の長城西の果て・嘉峪関
2005年04月26日 (火) 23:59 | 編集
map50426.png
2005年4月26日

AM8:06、嘉峪関着。



到着間近に出口のあたりで待ってると、乗務員のおやっさんが、すごいイイ人で、嘉峪関の事をイロイロ教えてくれる。
万里の長城がな…。
ほんで、この街は結構新しい街でな…。
世間話をしていると駅に到着。
こんな気さくな乗務員さんも珍しい。
なんか気分良く電車を降りる。

駅前で荷物を預けて、さぁ、どうしよかいなーと一服。
いつも通り、右も左もわからない。
でもなんとかなる。
行きたい場所の名前さえわかれば、あとはどーにかなるもんや。
プハァ~。
今日もタバコがウマイ。

さてと。
いつもなら駅の近くとかに長距離バス停とか、市バスとかが走ってるけど、売店のおばちゃんが言うに、長城行くヤツはないらしい。
んじゃ、タクろう。
タクる前に値段を交渉する。
乗る。
だが運転手は遠くに遠くに連れて行こうとする。
しまいには交渉してた値段は初乗り料金やとか言うシマツ。

この、金の亡者が!!!

「もうえぇ、もうえぇ!ここで降ろせ!!!キチガイおやじ!」

…。

…いやー、お下品ですねー、オレ。
でも罵れる今に感謝も少ししている。
だって、日本とか台湾じゃ、罵れるタイミングが非常に少ないやん…。
しかし、久しぶりにムカつくボッタクリにあったなぁ。
ボられた金額は11元。
車の後部席にバラまいてきたった。


外はイイ天気。

降りたのは長城が見える大きな道路の真ん中。
写真はズームしてるから、長城はまだまだ遠い。
まだ動き出したばかりの街を歩いていく。

結構歩いて到着。
門票(入場料)60元。
高い。

長城はなかなか。
結構有名な観光地のワリに余計な飾りが少なくて良い。

写真は門の更に中の門。

オレは中国の建築のこの部分が好き。
いろいろな形があるなぁ。
これは何やろ?
孔雀?鳳凰?


中の建物の変な穴。


これは長城の城壁。

中国では。
何故か知らんが、電球で建物のシルエットを見せるのが大好きだ。
それは世界文化遺産だろうと、由緒正しいお寺だろうと…。
あたりかまわず。
まるで、それが必然であるかのように。
夜に城壁とかにまめ電球を敷き詰めて浮き上がるシルエットを見て、何度興覚めした事か…。
もったいない。

ここはどうやろ?
と思って注意して見る。
…。


…。
ここも例に漏れない。
夜はココに来たく無いもんや…。


あと、中国建築のコノ部分も好き。
いろいろ動物とかが載っかってる。



中にはお寺みたいなモンがあり、線香スポットもホレ、この通り。

さて、ほんじゃ解説も面倒になってきたんで、嘉峪関写真を一挙公開。






嘉峪関とオレ。



周りをちょっと見渡すと、城壁が遠ーーーくへ伸びている。
これずーっと行けば北京あたりに行くんやなぁ。
スゴイなぁ。
でもサ…。
北京あたりの八達嶺とかは城壁の上も歩けるぐらいの幅あるし、もっと凝った城壁やのにな。
このあたりはホンマにただの壁や。
たぶん山とか入ると、なんじゃコリャってゆー貧相な城壁なんやろな。




レンタル・コスプレと、土産物。
全くもって興味が沸かないモノが沢山あふれている。


オレがココに行きたくなったのも、また四川省の稲城と同じく1枚の写真が決めてやった。
夕暮れの嘉峪関。
バックには空を真っ赤にさせながら沈んでいく太陽。
太陽に照らされて真っ黒に浮びあがるその嘉峪関は、すごく存在感ある、荘厳な感じを受けた。

その写真を撮ったあたりは、たぶん嘉峪関を正門の真裏からでた小高い丘の上か、そのさらに遠くから望遠で撮影したか。
その小高い丘に立ってみる。

そうそう。
こんな感じ、こんな感じ!


しかし、嘉峪関の開門時間にこの辺りにいるのは、なかなか難しそうだ。
時間的に。
やっぱプロのカメラマンとかが何日も待機して、ようやく撮れる写真なんやろう。
オレのような、なんちゃって写真愛好家は、運に頼るのみ。
気持ちよい晴天で、気持ちよいが、さすがに夕焼けまで待つほど暇じゃねー。

丘のあたりには、ラクダがたくさん。




もちろんラクダは野生のラクダではなく、観光客を乗せて金をボッタクろうとする人々がここで休ませている。

さぁ、これでオレの中で嘉峪関は終わった。
行こう。
次の場所へ。

門の外には、オマケの観光地がついてるらしい。
誰も行かないようだ。
変テコなオブジェが…。

機関車トーマス…?
…の、機関車ナシ版???
微妙な表情や。

門の近くにバス停らしきモンがある。
4路バス。
この路線に沿って歩いてりゃ、きっといつかバスが来るやろう。
歩きはじめる。

歩く歩く。

歩き続ける。

歩き疲れる。

バスは来ない。

結局、街に入っても1台のバスも通らなかった。

ねぇ、あのバス停、何なの???
飾り?
未来のバス停?
昔のバス停?

もうイイよ。
街着いたし。
歩いててウスウスそんな感じしたし。

街までたっぷり1時間は歩いた。
水1元、アイス1元。


街を「ある物」を探しながら歩く。
その「ある物」とは…。
あろうことか、「飛行機のチケット屋」である…。
どうした野良人!
おまえは電車旅に命をかけていたのではなかったのか!!!

…。

お叱りはごもっともである。

…。

でもね。

オレ疲れてん!

最近の旅日記を見てもらえばわかるように、最近アホほど電車、電車の毎日や。
しかも、どう考えても、これから超ハイスピードで旅せな、5月の労働節(ゴールデンウィーク)までに昆明に到着する事はできん。

もう、飛行機乗ってもえーやん!

そう、自分に言い訳する野良人。

だが…。
無い…。
飛行機のチケットを売っているトコが無い。

…。

…オレは電車の旅をする事が運命なのだろうか…。


諦めて1元の市バスに乗って火車駅へ。


フラフラと駅のキップ売り場へ。
出てきたオレは蘭州ゆきチケットを手にしていた。
59元。
夕方には出発である。

…。

やっぱり野良旅には火車が似合うのだ。
それでこそ「野良人inチャイナ」。
飛行機乗って数時間で目的地到着など、ありえないのだ!!

さぁ、でもキップを買ったら買ったで、体が自然に火車向けになってくる。

メシ食って火車用品を買わんと。

炒拉面(炒めラーメン)っつーのを食べてみる。
4元。
うん。
炒めたラーメンや。

スーパーで水とお菓子。
ネットカフェに寄る。
1時間で3元。

懲りずに蘭州→昆明のエアチケットなどチェックしてみる。
なんと1200元!
火車の旅とはケタが1つ違うのだ。
高すぎるのだ。
どないしよ!??

とりあえずリンゴを買ってみた。
道端でナイフで皮向いて食べる。
ウマイね、リンゴ!
3個でたったの1.8元。
飛行機代1200元あれば、リンゴが2000個買えるよ!

PM4:53から翌日AM6:30までの火車の旅、出発!
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
続いてカキコです。

いいなぁ。こんなところでぼぉ~~っとしていたい。

中国のなぁんもないところでぼぉ~~~っとするのが、私にとって贅沢です。

2年前撫順の炭鉱でぼぉ~~~っとしたのがよかったな。
2005/10/15(土) 01:39 | URL | しーぐぅ #-[編集]
嘉峪関とオレ。
嘉峪関とオレ。
に妙にはまってしまいましたよ。。
嘉峪関えらい小さいし。
2005/10/15(土) 11:31 | URL | やしず #-[編集]
歓迎連続カキコ
ほいほーい。
続いてカキコ大歓迎です。
いいでしょ、いいでしょ!
やっぱこんなトコきたら何もせず、何も考えず、タバコでも吸いながら…。

ぼぉ~~~…。

と、するのが贅沢かな。
ここは遠くの方に雪山が見えててキレイやったし、すごい快晴やったモンな。

ぼぉ~~~…。

と、するには最適でした。

ちなみに私は、いつ、どこ、誰とでも

ぼぉ~~~…。

とする自信があります!
何の自慢やねん…。

しーぐぅさんは炭鉱でボーですか。
やっぱり炭鉱での重労働の合間にボーっとする時間は大切ですよね!

…ん?
やっぱり違う?
中国で炭鉱で重労働しても、間違いなくそれに見合う金は入らんしね。
事故とか起きてもモミ消されそうやし!
2005/10/15(土) 15:03 | URL | 寅 #-[編集]
やしずさん…
やしずさん。
あなたマニアック過ぎ!
いくら野良人でもソコにそんなにハマっていただけるとは思いもせんかったですタイ!
ばってん、ハマってくれてありがとう!

私もやしずさんのブログの「うつろ商事」記事にハマっております。
是非とも早急な謎解明をお願いいたします。
うつろに出社して、うつろに仕事し、うつろにお茶を入れるOLさんなどがいるのでしょうか…?
考えだすと夜も眠れません。


…。


ゴメンなさい。
わたくしウソを申しておりました。
夜は眠れます。
2005/10/15(土) 15:04 | URL | 寅 #-[編集]
ありがとうございます。。
うつろ商事の調査をこれからどのように進めようか苦難しております。どんな会社なのか知りたいけど、もちろんHPない。やはり電話すべきなのでしょうか。。。

これからもやさしく見守ってくださいませ。。
2005/10/17(月) 15:05 | URL | やしず #-[編集]
待てない
アカンよ、やしずさん。
電話とかまだるっこい事してたら!

…。

…就職しよう!
やしずさんが!
うつろ商事に!
潜入取材!

うつろな瞳にならんように気をつけて!
祝ni好運!
2005/10/18(火) 08:54 | URL | 寅 #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。