野良人inモンハン
 ~野良人・寅の旅(モンハン編)~ 
 
  モンハン [325]  車 [44]  旅 [106]  走 [35]  パン [21]  食 [49]  歌 [62]  痩 [16]  童話 [10]  他 [116]  東京 [24]  スペ [6]  中国 [20]
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本「バッテリー」あさのあつこ
2005年10月17日 (月) 21:53 | 編集
battery6.jpg
6巻が手に入った!
いよいよ最後の1冊!!
なんと、意表をついて、たまに読書もする野良人。

図書館で予約を入れたら、2~3週間かかったけど、楽しみや!

この本は旅の途中にS原さんが昆明に来た時に単行本を1冊くれたのがキッカケで読み始めた。
児童書らしいけど、スゴクおもしろい。
大人が読んでも十分おもろい。

主人公は中学生天才的ピッチャー・巧(たくみ)。
ピッチャーとしてはスゲーけど、どこか孤高なトコがあり、いろんな思いを抱えて生きてる。
そして、病弱やった弟の青波(せいは)。
弟とは正反対のような無邪気でカワイイ子。
そして人の事によく気をつかうキャッチャーの豪(ごう)。
巧をとりまくいろんな人が天才巧と関わって変わっていく。
巧自身も。

読んでて、何か静かな感動がある。

ハデな感動じゃなくって。

かなりハマる。
読みだすと止まらない。

もう最初の1巻読んでから早7ヶ月。

さぁ、最後はどーなる?


これは以前に借りた4巻、5巻。
battery4.jpg


…ちなみに、東池袋の我が家は図書館まで歩いて5分。
いやー。
図書館ってえぇな。
本もタダで読み放題。
CDもタダで借り放題。
いやーーー。
えぇトコに引っ越した。

こんだけ近いと本屋行くより近いからな。
もう本買う気もおこらんわ。

でも、本職プログラムの仕事関連の本だけは最新の知識がいるから本買ってる。
すごいで、専門書って。
5~6cmもあるブ厚い本とか。
1冊平気で4~6000円とかしやがるし…。

そういや、中国も本だけは高かったなぁ。
最近はキレイな写真入りの本とかも増えてたけど。
深センなどの都会でも、本屋にいると大勢立ち読みしてる。
そりゃそうや。
中国物価からしたら、本はとーーーっても高い買い物やもん。
そのわりに、パソコンのソフトとかはCD1枚50円とかで買えるけども…。
あ、あれは海賊版か…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック



読んでくれてアリガト!

Powered by FC2.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。